SSDの使い方は?実はとっても便利なSSD!

目次

SSDの使い方を解説します

SSDといえば、パソコンの記憶装置の一つとして有名ですよね。

おそらくパソコン関連の知識があまりない、という方でも聞いたことがある名称ではないでしょうか。

そんなSSDはパソコンの重い、という状態を改善するのにとっても便利なのです!

ということで今回の記事ではパソコンとSSDについて

「SSDの使い方は?実はとっても便利なSSD!」

に注目してお届けしていきます。

パソコンのSSD化をしたいけど、初めてだしよくわからないと感じている方はぜひこの記事を読んでみてください!

SSDとは?使い方を教えて!

ssd 使い方

それではまず、SSDとは一体何なのか、そしてその使い方はどういった物なのかについて紹介していきます。

SSDはコンピュータ記憶装置

SSDは数あるコンピュータの記憶装置の一つに数えられるものです。

HDDが針のような部品によりデータアクセスを行う一方、SSDではそういったものを使用せずに、より簡潔にデータへのアクセスを行うことができるということが特徴としてあります。

なので、SSDというのはHDDよりも数段早い処理能力を持っている記憶装置である、ということになります。

ちなみにメモリーカードとしておなじみであるSDカードもSSD同様に半導体素子(フラッシュメモリ)を使用しデータを記憶しています。

あくまでもメモリーカードとコンピューターの記憶装置ということなので、全く同じものではありませんがSSDと似た物にSDカードがあるということも豆知識程度に覚えておいてはいかがでしょうか。

そして下記より、SSDの使い方について紹介していくわけですが、SSDの使い方には大きく分けて以下の二通りの使い方があります。

  • OSをインストールし、必要なファイルだけ抽出する
  • そっくりそのままデータ移行する

これらを紹介していきます。

SSDの使い方手順① OSをインストールし、必要なファイルだけ抽出する

SSDの使い方その1である「OSをインストールし、必要なファイルだけ抽出する」を選択する場合の手順は以下になります。

  • SSDにOSをインストールする
  • ホームフォルダ内にあるファイルをSSDにコピーする
  • アプリをHDDを見つつ、再度インストールする
  • 必要または重要なファイルをSSDにコピーする

こちらは、必要なファイルとそうでないファイルを識別する方法であるため、また再度OSをインストールするため時間がかかることが容易に想像できる方法です。

とはいえその分SSD内に無駄なファイル、使用しないファイルを持ち込まない方法でもあるため、容量を節約したいという方に向いている使い方です。

SSDの使い方手順② そっくりそのままデータ移行する

SSDの使い方その1である「そっくりそのままデータ移行する」を選択する場合の手順は以下になります。

  • 移行させるデータ量をSSDの容量に収まるように調整する
  • 実際に移行させる

こちらの使い方の場合は、SSDにそっくりそのままデータを移行するということもあり、ほぼ間違いなくデータ容量を調整する必要が出てきます。

しかしOSインストールを行わなくていい分、それほど時間がかからないということが利点としてあります。

SSDの使い方としては以上になります。

どちらの使い方もそれぞれに利点がありますので、SSDの容量等を参考にどちらを選ぶか決めてみてください。

パソコンをSSD化するメリットと使い方

ssd 使い方

それでは次にパソコンをSSD化するメリット及びその使い方について紹介していきます。

SSD化するメリット

SSD化する場合のメリットは以下のようになります。

  • ブラウジング速度を含め、PCの読み込み速度の上昇
  • HDD使用時よりも耐久性の向上
  • 静音性の上昇
  • 重量の軽量化

特に読み込み速度の上昇というメリットは魅力的ではないでしょうか。

PCの立ち上げまでにかかる時間だったり、ソフト起動時の時間、ブラウジングにかかる時間が長いとイライラしてしまいますし、何より時間の無駄ですからね。

その部分が改善、解消できるということはSSD化のメリットの中でも非常に強いでしょう。

と、言うことで下記よりそのようにメリットを感じられSSD化の使い方について紹介していきます。

SSD化する場合の使い方

SSD化する場合の使い方については以下になります。

  • SSDの初期化を行う
  • HDDの複製を作成する
  • PCのHDDを外してSSDを取り付ける

特に難しい、と思われる作業はありませんので、おそらくパソコン初心者であるという方でも問題は無く行えるでしょう。

実際に行うという方は、以下のサイトを参考にしつつ行ってみてください。

参考サイト:ド素人がSSD換装したらクッソ早いパソコンが誕生!【結構簡単】

SSDの寿命を延ばす使い方

HDDもそうですが、SSDも同じように寿命があるコンピュータの記憶装置です。

そこで、気になるであろうSSDの寿命の延ばす使い方について最後に紹介していきます。

①データ量の上限を遅らせる

SSDの寿命を延ばすにあたり、どのようにしてデータ量の上限を遅らせるかということが重要になります。

メーカーの上限に到達していなければまだ使用可能である、寿命ではないと考えられるからです。

なので、SSDの寿命を延ばしたいという方は無駄な読み書きを減らす等し、データ量が上限に達することを遅らせるように努力をしましょう。

②デフラグする

SSDの寿命を延ばしたいのであれば、データの整理整頓を行うためにデフラグを行いましょう。

そうすることにより、無駄なアクセスが軽減され、結果的に寿命を延ばすことにつながります。

③SSDの最適化を行う

SSDの寿命を延ばしたいという方には、SSDの最適化をフリーソフトにて行うということも有効な手段です。

そうすることにより、現在のOSに最適な状態及び設定へと変更してくれるためこちらも結果的に寿命の延命につながります。

参考元:Dropbox

まとめ

SSDの使い方には主に以下の2種類の方法があります。

  • OSをインストールし、必要なファイルだけ抽出する
  • そっくりそのままデータ移行する

どちらが優れている方法ということではありませんので、自分が行いたい方を自由に選んでみてください。

ただし、手間は方法ごとに異なるため、手間の多さも含めて方法を選んだ方がいいでしょう。

SSDの使い方に悩む方の助けにこの記事がなりましたら幸いです。

関連リンク

こちらの記事ではSSDの寿命について詳しく解説しています。使い方だけでなく、どれくらいの間使用するのかも知っておくとSSDへの理解が深まりますよ!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧