kindleで電子書籍の支払い方法を紹介!クレカ以外でも支払える!

目次

kindleの支払い方法について紹介します

今回の記事では

「kindleで電子書籍の支払い方法を紹介!クレカ以外でも支払える!」

という内容でお届けしていきます。

初めてkindleを使用する方にとって一番気になるのが、支払い方法ではないでしょうか。

そんな気になるであろう点について今回の記事では紹介していくので、知りたい方は
ぜひ読んでみてください。

kindle電子書籍の支払い方法の種類は?

kindle 支払い

Kindleで電子書籍の支払い方法の種類はどれくらいあるのかと言うと、以下になります。

  • クレジットカードによる支払い
  • プリカによる支払い
  • Amazonギフトカードによる支払い
  • 携帯のキャリア決算

それぞれ詳しく紹介していきます。

クレカによる支払い

Kindleで電子書籍の支払い方法の種類の一つ目としてまず挙げられるのは「クレカによる支払い」です。

色々な買い物でクレカが使用できるように、kindleで提供している電子書籍を購入するのにもクレカが利用できます。

限度額まで好きにかつ簡単に電子書籍を購入できるため、便利ですよね。

しかしスマホ等の端末にクレジットカード情報を入力するのは抵抗が..という方も多い方法になります。

プリカによる支払い

Kindleで電子書籍の支払い方法の種類の二つ目としてまず挙げられるのは「プリカによる支払い」です。

ここで言うプリカというのは、プリペイド式クレジットカードであるVプリカ、Visa プリペイドカード、au WALLETプリペイドカード等のプリペイドカードのことです。

これらはクレジットカードという立ち位置ではありますが、プリペイド式であるため審査等の必要はありません。

クレジットカードだとお金を使いすぎてしまう、クレジットカードを持っていない等々の方に便利な方法なのがプリカによる支払いになります。

Amazonギフトカードによる支払い

Kindleで電子書籍の支払い方法の種類の三つ目としてまず挙げられるのは「Amazonギフトカードによる支払い」です。

Kindleがそもそもamazon提供であることからか、amazonギフトカードによる支払いも可能となっています。

さらにamazonギフト券の他、amazonショッピングカード、amazonポイント、クーポンも同様に使用することができます。

このようにAmazon関連のカードだったり、ポイント等はkindleで電子書籍の支払いを行う際に使用可能ですので、amazonをよく利用するという方は覚えておきましょう。

携帯キャリア決算

そしてKindleで電子書籍の支払い方法の種類の4つ目として挙げられるのは「携帯のキャリア決算」です。

毎月引き落とされる携帯使用額と同時に支払うことができるため非常に楽な支払い方法ですね。

ただ、一番お金を使い過ぎやすい方法でもあるかと思いますのでその点にはご注意ください。

参考元:Amazon プリペイドカードのご利用についてAmazon コンテンツの支払い設定を管理する

Kindleで電子書籍を購入代金を支払う際の方法には以上のような方法があります。

一般的にこういったネットを介してのサービスはクレジットカードがなければ使用できないと思われがちかもしれませんが実はそうではないということがお分かりいただければ幸いです。

それでは下記より、それぞれのkindleでの支払い方法の支払い手順について紹介していきます。

kindle電子書籍をクレカで支払う方法

kindle 支払い

まずkindleで電子書籍を購入する際の支払いにクレカを使用する手順について紹介していきます。

支払い手順①クレカを支払い設定に追加する

kindleで電子書籍を購入する際の支払いにクレカを使用するにあたり、支払いに使用するクレカをkindleに登録しましょう。

登録は以下の手順にて行えます。

  • Amazonのアカウントサービスというタブから「コンテンツと端末の管理」を選択
  • 設定タブから「Kindleの支払い設定のお支払い方法を編集」を選択
  • クレカの情報を入力し登録する

Kindleで電子書籍を購入するのにamazonから登録するの?と思う方もいるかもしれませんが、そもそもkindleはamazon提供のサービスになります。

Kindleアプリ等にログインする際、amazonのアカウントが必要となりますよね。

よって、amazonからkindleの支払い設定を登録する必要があるのです。

ただおそらくですが、kindleアプリ等からでも支払い方法の設定等は行えるでしょう。

流石にamazonからでしか行えないというのは不便ですからね。

以上がkindle電子書籍をクレカで支払う方法となります。

参考元:Amazon コンテンツの支払い設定を管理する

kindle電子書籍をプリカで支払う方法

kindle 支払い

次にkindleで電子書籍を購入する際の支払いにプリカ(プリペイド式クレジットカード)を使用する手順について紹介していきます。

支払い手順①プリカを支払い設定に追加する

プリカもプリペイドカード式クレジットカードということなので、クレカとほぼ同様の手順でkindle電子書籍の購入時に支払いに使用できます。

ということで、クレカの時と同様に支払い設定に追加していきましょう。

  • Amazonのアカウントサービスというタブから「コンテンツと端末の管理」を選択
  • 設定タブから「Kindleの支払い設定のお支払い方法を編集」を選択
  • プリカの情報を入力し登録する

クレカの際と異なるのは、クレカの情報入力ではなくプリカの情報を入力するということだけです。

プリカでkindleで電子書籍を購入したい、という方はぜひ参考にしてみてください。

kindle電子書籍をAmazonギフトカードで支払う方法

kindle 支払い

次にkindleで電子書籍を購入する際の支払いにAmazonギフトカードを使用する手順について紹介していきます。

支払い手順①コンビニ等でamazonギフトカードを購入する

kindleで電子書籍を購入する際の支払いにAmazonギフトカードを使用するにあたり、まずはamazonギフトカードをコンビニ等で購入する必要があります。

ただ、以前登録したamazonギフトカードの残高がまだ残っている場合、そしてその残りを使用する場合は必要ありません。

支払い手順②購入してきたamazonギフトカードの情報を登録する

Amazonギフトカードが用意できれば、次は自身のamazonアカウントにギフトカードの情報を登録します。

登録手順については以下になります。

  • Amazonにログインし「残高・利用履歴を確認する」を選択する
  • 「Amazonギフトカードを登録する」を選択する
  • 表示に従い必要情報を入力し、「アカウントに登録する」を選択する

このように行えば、注文時に支払い方法の一つとしてギフトカードが表示されます。

そしてこちらの手順についても、前のamazonギフトカードの残高が残っているという方には必要ありません。

ちなみにamazonポイントやクーポンがアカウント内に残っている場合支払い方法として自動的に適用されます。

また、amazonショッピングカードについては上記ギフトカードと同様に、amazonアカウントに登録し使用します。

kindle電子書籍を携帯キャリア決算で支払う方法

kindle 支払い

最後にkindleで電子書籍を購入する際の支払いに携帯キャリア決算を使用する手順について紹介していきます。

支払い手順①携帯キャリア決算を行う準備をする

kindleで電子書籍を購入する際の支払いに携帯キャリア決算を使用するには以下の手順が必要となります。

  • Amazonのアカウントサービスというタブから「コンテンツと端末の管理」を選択
  • 設定タブから「Kindleの支払い設定のお支払い方法を編集」を選択
  • 「携帯決済を追加」を選択し、利用携帯のサービス事業者及びアカウントタイプを選択
  • その後「続行」を選択し、上記で選択したサービス事業者のサイトで、引き続き手続きを行えば完了

やはり、携帯のキャリア決済ということで、amazonやkindle側だけでの手続きでは完了しません。

そのため手続きが他よりも多くなってしまうことに注意しましょう。

まとめ

Kindleで電子書籍を購入する際に代金を支払う方法には以下のような方法があります。

  • クレジットカードによる支払い
  • プリカによる支払い
  • Amazonギフトカードによる支払い
  • 携帯のキャリア決算

様々な方法が支払いを行う選択肢としてあるということが分かるでしょう。

しかし今回紹介したそれぞれの方法には、手間がかかるもの、そうでないものと様々にあります。

自分に何が一番合っているのか、を考えたうえで行うようにしましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧