iPhoneのイヤホンはワイヤレスが当たり前!おすすめワイヤレスイヤホンはこれ!

この記事を執筆するにあたって

まだスマートフォンが普及する前にはミュージックプレーヤーが個人的な必需品でしたが、イヤホンも様々な製品があって悩むもの。 目新しい物を見つけるとすぐに購入してしまうため、自宅には有線タイプ無線タイプ併せて7つ程のイヤホンやヘッドホンがぶら下がっています。それぞれ音も違えば面白い機能が搭載されている物などもあり意外と飽きないものですね。

Written By 田奈 修

目次

iPhoneで使うワイヤレスイヤホンについてご紹介します

今回は、イヤホンに関しての記事を書いてみたいと思います。
イヤホンやヘッドホンと言えば、今まではケーブルをイヤホンジャックに差し込んで使うのが標準的な物でした。
ここ数年のスマートフォンの普及に併せて、イヤホンもワイヤレス化の流れがやってきました。
ワイヤレスイヤホンと言えば運転中に使う物というイメージも強く、実際販売されている商品には片耳タイプの通話をメインに捉えたイヤホンを多いです。
そこで今回は【iPhoneで使う為のワイヤレスイヤホン】に関して解説やおすすめ製品の紹介を行っていこうと思います。

iPhoneで使うイヤホンはワイヤレスが当たり前!

まず、現在のiPhoneで使う為のイヤホンはワイヤレスが当たり前と言える程にiPhoneの仕様が整えられてきました。Apple社も純正のワイヤレスイヤホンを開発、販売するなど力の入れ具合が覗えます。実際、ワイヤレスってどうなのかと疑問に感じる人も居るかと思いますので、幾つか解説を行っていきます。

iPhone7以降イヤホンジャックがなくなった

まずワイヤレスを進める一番の理由にもなっているのがこちらです。
イヤホンジャックが廃止になったことで防水機能なども更にアップしたと言われています。
イヤホンジャックが無くなった状態は今のiPhoneにも引継がれていますし、今後発売になるiPhoneでもイヤホンジャックは非搭載である可能性が非常に高いです。

ワイヤレスだっていい音!

ワイヤレスと聞くとまず心配になるのはその音質ですね。
音にノイズが入ったり、頻繁に接続が途切れたり。その他にも音飛びが激しいなど不満点が多く出るようではワイヤレスイヤホンを使う意味がありません。
しかし、現在のワイヤレスイヤホンはしっかり音質にもこだわった高品質な製品が数多くなってきており、有線接続のイヤホンと比べても決してひけを取らない良い音を出してくれます

もちろん通話にも使えます

音質が良いから音楽を聴くのにも最適とお話をしてきましたが、音楽や動画の視聴だけで無くもちろん通話に使うことも可能です。
全てのワイヤレスイヤホンが通話をサポートしている訳ではありませんが、siriなどの音声コマンドを使うためにマイク機能もサポートしている製品は多いので、製品選びの際の参考として通話機能の有無を考えてみるのも良いと思います。

iPhoneで使うワイヤレスイヤホンの選び方

iphone イヤホン おすすめ ワイヤレス

続いては、実際に【iPhoneで使うワイヤレスイヤホンの選び方】です。
bluetooth機能を使用して接続を行うので、殆どのワイヤレスイヤホンはiPhoneで使うことが出来るわけですが、製品によっての特徴は様々なのでどんな物を選べば良いかは悩みがちです。ここでは、ワイヤレスイヤホンを選ぶ際に注目したい幾つかの項目を解説していきます。

バッテリー性能

まずはバッテリー性能です。音楽をとにかくよく聴くという人には、連続再生時間がどれくらいかという部分は非常に重要になりますし、通話にも使うという人であれば、連続の待ち受け時間も重要となるでしょう。
ワイヤレスイヤホン単体で長時間使用が可能なバッテリーを搭載している物もあれば、専用の充電ケースと一緒に持ち歩いて定期的にバッテリーを充電するようなタイプもあります。
通勤や通学、趣味のランニングだったり家事の最中だったりと、自分がイヤホンを使うシーンを考えて、それに応えられるだけのバッテリーを搭載している製品を選ぶのが良いでしょう。

リモコンの操作性

続いては、こちらも重視したい項目の1つである【リモコンの操作性】です。
折角のワイヤレスイヤホンなのに、実際に音楽をスキップしたり音量を変えるのはスマホからというのでは残念です。
ワイヤレスイヤホン単体で、【電話の発着信】が出来たり【音楽の再生・停止】が出来たりと、操作性が高ければ使い勝手も大きく向上します。

対応コーデック

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際にはしっかりと確認をしてもらいたいと思うのがこちらの【対応コーデック】です。
コーデックって何の事?と思う人も居ると思うので簡単に解説をしますと、bluetoothを用いて【音声を圧縮、変換する方式】の事を指します。
ワイヤレスで音を送受信するためには、音源を一定のデータ量まで圧縮したり変換を行わないと、データ量が大きすぎてリアルタイムに音を送信するのが難しくなってしまいます。
そこで、その方式を【この様な方式を採用しています】と示す単語がコーデックと言う事になります。
iPhoneで対応しているコーデックにはSBCとAACの2つの種類があり、AACの方が低遅延で高音質なコーデックとなっています。
最近のワイヤレスイヤホンにはAACに対応している製品も多くなりましたが、やはり一部の製品ではSBCのみに対応という物もまだ少なくありません。
イヤホンを選ぶ際にはこのAACに対応した物を選ぶのがおすすめになります。
補足としては、現在更に高品質なコーデックとしてAPT-XLDACといった最新コーデックに対応したワイヤレスイヤホンも出てきて居ます。
現状のiPhoneには関係が無いかも知れませんが、今後の仕様変更やiPhone以外の機種でも使いたいという場合にはこれらのコーデックを搭載したイヤホンを選択しておけば今後使える幅なども広がると思います。

肩掛け、完全ワイヤレス

最後に、形状に関して選び方の解説を行います。
ワイヤレスイヤホンと一言で括ってみても、実は形状が幾つかの種類があります。
基本的な物では、左耳と右耳の部分がケーブルで繋がっており、その途中にイヤホンマイクやリモコンを搭載している製品が多いです。
しかし、ケーブルが引っかかったり余ったケーブル部分が煩わしく感じたりという事もあり現在は完全ワイヤレスや肩掛けタイプのワイヤレスイヤホンも登場してきました。

  • 肩掛けタイプ 

左耳と右耳と右耳をケーブルで繋げているのでは無く、樹脂などのパーツを用いて両耳感をつなげているタイプです。耳に装着するイヤホン部分だけが樹脂パーツから外に出ており、途中のケーブルは樹脂の中に入っているのでケーブルが引っかかることもありません。

  • 完全ワイヤレスタイプ 

左耳と右耳部分もケーブルが無く完全に独立しているタイプが完全ワイヤレスイヤホンになります。
間のケーブルがないので、ケーブルがこすれてノイズが入るという心配も無く、場合によって片耳だけの使用と使い分ける事も可能です。
イヤホン内部にバッテリーも搭載されているのですが、イヤホンは小型である以上単体のバッテリー性能は低めになっています。
とはいえ、専用のバッテリーケースなどが付属されている製品が多く、イヤホンのバッテリーが少なくなったらケースで再充電を行える為、基本的な使用時間は大きな差が出ないように工夫されています。
Apple社が販売している【Airpods】も、こちらの完全ワイヤレスタイプにあたります。

iPhoneで使うおすすめワイヤレスイヤホンご紹介

iphone イヤホン おすすめ ワイヤレス

ここまでは、iPhoneでワイヤレスイヤホンを使用するにあたり、製品の選び方などを解説してきました。ここからは、iPhoneで使用するワイヤレスイヤホンの中からおすすめの製品をいくつかご紹介したいと思います。

①Bluetooth イヤホン (JPRiDE) JPA1 MK-II

まずはこちらの製品からご紹介です。
こちらの製品のおすすめとしては、非常に高いコストパフォーマンス部分が挙げられます。
amazonランキングでベストセラー1位を獲得するなど、入門用の1つとしては大変おすすめしやすい製品です。
コーデックも、iPhoneで扱える高音質コーデックのAACに対応しているほか、iPhone以外で扱うときにも考慮してAPT-Xに対応しているなど高機能。
連続再生時間も6時間と長時間バッテリーで、イヤホン裏部がマグネットになっているので使用しない時は両耳部分をくっつけておくことが出来ます。

②SoundPEATS Q35 PRO

続いて、前回iPhone7などの記事でもご紹介した【SoundPEATS】社より、【Q35 PRO】を紹介したいと思います。
こちらも、その低価格と高品質であるコストパフォーマンスの良さから【amazon'sChoice】の製品に選ばれているおすすめしやすいワイヤレスイヤホンになっています。
コーデックは上記で紹介した製品と同じくAACとAPT-Xの両方に対応。
IPX6等級の防水性能も備えているので、汗をかきそうな運動時や、外出時の急な小雨などにも安心して使う事が出来ます。
持ち運び時に使えるケースが付属するほか、リモコンもしっかり搭載されているので音量の調整や曲送りなども手元で行える操作性も良いと思います。

③AirPods

iPhoneで使用するものなので、純正イヤホンもご紹介したいと思います。
こちらはApple社から販売されているiPhone用の純正ワイヤレスイヤホンとなっており、とにかく使い勝手を考えて作られているのが一番の特徴です。
専用ケースは充電の役割も兼ねており、イヤホン部分に常に充電を行う役割も果たしています。
ケースやイヤホンのバッテリー残量は常にiPhoneから確認が出来るほか、バッテリーの駆動時間もイヤホンだけで5時間の連続再生が可能です。
初回の接続設定も簡単であり、マイクもしっかり両耳に搭載されているので通話を行ったり、siriを利用して音楽を再生、停止するなどiPhoneとの連携効果は抜群と言えます。
また、イヤホン部分をダブルタップする事で音楽をスキップしたりsiriを呼び出したりとあらかじめ設定した動作を行う事も出来るので、完全ワイヤレスでありながらも操作性も重視した作りになっている等こだわりを感じる作りになっています。

④Jabra Elite 65t チタニウムブラック

iPhoneで使用する、完全ワイヤレスタイプのイヤホンでもう1つおすすめなのがこちらの製品です。
価格は2万円以上と、AirPodsよりも少し割高ではありますがその機能性や品質はその価格差を充分に補ってくれる物に仕上がっています。
コーデックもAACにしっかり対応しており、専用アプリの設定からは使いたい音声コマンドの選択も可能です。
これにより、iPhoneで使う際にはsiriを扱えるように。andoroid機で使うならばGoogleNOWを扱えるように。と言った具合に設定を行う事が出来ます。
専用ケースは充電ケースの役割も兼ねていて、バッテリーも最大15時間の駆動を行える等長時間の使用にも安心です。
また、今ではAirPodsの他に唯一「耳から外すと音楽を停止してくれる」機能をサポートするなどiPhoneで使う為のワイヤレスイヤホンとしては大変おすすめの製品ではないかと思います。

⑤Bose SoundSport Free wireless headphones

最後に、【BOSE】から完全ワイヤレスのイヤホンをご紹介します。
今までのおすすめ製品とはうってかわり3万円近くの高価格となっていますが、さすがは高級イヤホンと思わせるその音質は、有線タイプのイヤホンと比べても違和感を感じさせません。
コーデックに関しても、公式で発表されているものではありませんが、AACでの接続が可能だと使用者からの確認が取れているのでiPhoneで使用するのにも安心して使っていけると思います。
完全ワイヤレスでありながらも、イヤホンに搭載されたボタンによって、音声コントロールの使用はもちろん、通話の発着信や音声のミュートなど各種の操作が行える点も優れていますね。
右耳のイヤホン部分にはマイクも搭載されているので、しっかり通話にも対応していて便利に扱える製品になっています。

iPhoneとワイヤレスイヤホンを使うための設定方法

iphone イヤホン おすすめ ワイヤレス

ワイヤレスイヤホンを購入した後は、必ずiPhoneと接続を行うための初期設定が必要になります。
初期設定と言ってもそれほど複雑な物ではないので、初回の1度だけ済ませてしまえば次回からは自動で繋がります。
その設定方法を細かく解説していきましょう。

1 iPhoneのホーム画面の「設定」をタップ

まずは、iPhoneのホーム画面から歯車が表示された【設定】アイコンをタップします。

2 設定画面の「Bluetooth」をタップ

続いて、画面上部に表示されている【bluetooth】部分をタップします。
以前にその他の設定画面を開いていると、表示されている画面が違う場合もあります。その際には落ち着いて、設定の一番初めの画面まで戻りましょう。【bluetooth】の項目が表示されるのが分かると思います。

3 Blutoothをオンに切り替え

初めての使用時には、機能がオフになっている場合もあります。
【bluetooth】と書かれた横に、オンオフを切り替えるスイッチが表示されているので、こちらをタップして機能をオンにしましょう。
スイッチ部分が緑色になっていれば、それがオンの状態を示しています。
この状態になれば、近くにあるbluetooth製品の検出が可能になりますので次の設定に進みましょう。

4 イヤホンの説明書通りにペアリングモードにする

ワイヤレスイヤホンには、決まった製品と接続するための【ペアリングモード】というモードが用意されています。
このモードにする事で、接続する端末を設定できるという仕組みになっています。
特定のボタンを長押ししたりなど、操作方法はイヤホンによって違いがありますが【説明書に記載】されている通りに操作を行い、ペアリングモードにしましょう。

5 iPhoneのデバイスの項目に製品名が表示されるので使用する製品名をタップ

bluetoothの機能をオンにした上で、イヤホンが正常にペアリングモードになっていればiPhoneの画面上に該当製品の名前が表示されると思います。
そうなれば、あとは製品名をタップするだけでお互いの接続を行ってくれます。
iPhoneを修理に出して新しくなった時や、接続がうまくいかなかった時などは再度ペアリングの設定をする必要があります。
ペアリングモードへの移行が分からなくなってしまうと設定が困難となりますので、説明書などはしっかりと保管をしておく事をおすすめします。

まとめ

一言でワイヤレスイヤホンと言ってみても、製品には多くの種類が存在します。
価格も、低価格の物から高価格の物まで幅が広く、製品を選ぶ際には「何を基準に選べば良いのかがわかりにくい」という人も少なくないと思います。
形やデザイン、音質や操作性と、重視したい項目は人によって異なると思いますが、選択する際の基準としての項目の解説などが参考となれば今後のイヤホン選びにも役立つのでは無いでしょうか
今回も長めの記事となってしまいましたが、お気に入りのワイヤレスイヤホンでより便利に、より快適にiPhoneを使っていってもらえればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧