iPhone8にはイヤホンジャックがない⁉どうやってイヤホンを使うの?

この記事を執筆するにあたって

現在IOS機器としてはiPadAir2とiPhone7,iPhone6sを使用中です。 その他、andoroid機種でmate10proを使っており、最近の機種はイヤホンジャックが無いのが普通になりつつあるなと感じつつ、いくつかのワイヤレスイヤホンを使用して使い勝手や音質などを比較検討中です。

Written By 田奈 修

目次

iPhone8のイヤホンジャックについて解説します

今回は、iPhone7に続いて、iPhone8に関しての記事となります。
iPhone7で廃止となったイヤホンジャックですが、iPhone8になってもその状態は継続されているようです。
ここではイヤホンジャックの無くなったこの機種で、イヤホンを使う方法から注意点までを解説していきたいと思います。

またiPhone7のイヤホンジャックについてはこちらの記事で解説しているので気になる方は合わせて読んでみてください。

iPhone8ではイヤホンジャックがなくなったまま

iphone8 イヤホン ジャック

まず、イヤホンジャックが無くなった理由がなんなのか?
前作のiPhone7からイヤホンジャックは廃止となりました。Apple社が公式に発表しているものではありませんが、その理由には次の様な効果を期待しての廃止であったと言われています

  • 音楽データの音声信号をアナログに変換する事なく、デジタル信号のまま出力出来るので音質が向上する
  • 水の侵入が起こり得るイヤホンジャックが廃止となった事で防水性能がアップする
  • イヤホン端子を挿入する事が無くなるので、機種本体をより薄くする事ができる様になる
  • スペースの関係で困難だったバッテリーや部品を搭載するなど、より高性能な機体の開発が期待できる

この様に、イヤホンジャックを廃止する事で生まれるであろうメリットも多様に渡る事もあり、イヤホンジャックが無くなった状態は新型のiPhone8にも引き継がれています。

しかし、今までイヤホンが必需品だったと言う人も多く居るでしょう。
そう言った人からすれば、イヤホンジャックをが無いのは確かなデメリットでもあると言えると思います。

iPhone8ではイヤホンジャックがないけど、どうやってイヤホンを使うの?

では、実際問題としてイヤホンジャックが廃止されたiPhone8ではイヤホンの使用は出来ないのでしょうか?
多少心配に感じる人も居るかとは思いますが、イヤホンジャックが無くなった今でもイヤホンはちゃんと使えます。
ここでは、実際にイヤホンを使う方法と注意点などを解説していきたいと思います。

使用法①ワイヤレスイヤホンを使う

イヤホンジャックの廃止に伴い、ワイヤレスイヤホンに興味を持ち始める人々も多いのでは無いでしょうか?
まず1つ目の方法として挙げるのはこちらのワイヤレスイヤホンを使用する方法です。
iPhoneに限らず、現存するスマートフォンはbluetoothでの機器接続をサポートしている機種が殆どだと思います。
ワイヤレスイヤホンと言うと、ドライバーなどが使用している片耳に装着する通話用イヤホンが真っ先にイメージされるという人も居るかと思いますが、【AirPods】をApple社が販売したこともあり、現在は各社ワイヤレスの高音質・高品質イヤホンを続々と開発、販売を行っています。
今後、iPhone以外の機種に買い換えをしたり端子の形状などが一新されたときでも対応が容易という事もあり、ワイヤレスイヤホンの使用は今現在非常におすすめの方法の1つとなっています。

使用法②専用の変換コネクタを使う

もう1つの方法がこちらになります。iPhone7でもそうでしたが、iPhone8を購入すると同梱されているイヤホンの裏には、【Lightningコネクタを従来のイヤホンコネクタに変換】する変換コネクタが同梱されています。
こちらを用いることで、従来のイヤホンジャックに挿入していたイヤホンやヘッドホンを使うことが出来ますので、こちらを使用するのもおすすめの1つとなっています。
注意点としては、【非常に小さい】という事もあり紛失などには気を付けなければいけないと言う点も上げられます。後述しますが、紛失した場合や破損などをした際にそなえて【他メーカー開発の変換コネクタ】を準備、使用するという方法もあるかと思います。

iPhone8で充電しながらイヤホンジャックを使用する方法

iphone8 イヤホン ジャック

ここまでは、iPhone8でイヤホンを使用する方法を含めていくつかの解説を行ってきましたが、実際変換コネクタなどを用いる場合はバッテリーの残容量も気になる物では無いでしょうか。
しかし、同梱されている変換コネクタはあくまでも廃止されたイヤホンジャックに代わり、イヤホンを使える様にするために同梱されている物。「イヤホンで音楽を聴きたい」という希望と「電池を充電したい」という希望が同時に出てきた時にはどちらかを諦めるほか無いという問題も発生してしまいます。
しかし、そんな時でもしっかりと充電を行いながらイヤホンジャックの使用が出来る様解決策も準備されている物です。
ここでは、それらの解決策などを解説しながら注意点などをまとめてご紹介していきたいと思います。

方法①専用アダプターを使用する

まずは、オーソドックスな方法として【充電もイヤホンジャックもしようが可能なアダプタを使用する】と言う方法をご紹介です。
前述したとおり、同梱されている変換コネクタでは【Lightningコネクタをイヤホンジャックに変換】をするのが主な目的になっているため充電とイヤホンの同時使用はサポートされて居ません。
しかし、他社製の専用アダプターには充電が出来る様専用のLightningコネクタも搭載した製品も販売されています。
これらを用いることで、イヤホンを使用しながらも充電を行う事が出来るようになります。
しかし、純正の変換コネクタと比較して価格は高価になりがちという注意点もありますので、購入及び使用する際には紛失や破損には特別注意が必要になるかと思います。

方法②ワイヤレスイヤホンを使用する

2つ目の方法としては、前述したとおりワイヤレスイヤホンを使用するという方法が挙げられます。
文字通り、ワイヤレスイヤホンはiPhoneとイヤホン間を物理的にケーブルなどで接続する必要が無いため、充電器を接続したままでもイヤホンの使用が可能というメリットがあります。
しかし、充電器に接続したiPhoneとワイヤレスイヤホンの距離が離れれば、「接続の安定性」に欠ける部分もあり、
- 音が途切れる
- 通話中に、相手の声が聞き取れないorこちらの声が相手に届かない

などの問題も起きてしまうので、距離や間にある遮断物(壁など)には注意が必要です。

方法③ワイヤレス充電器を使用する

イヤホンジャックが廃止になったのはiPhone7からの話になりますが、同じくイヤホンジャックが廃止となったiPhone8ではiPhone7と比べて1つ大きな違いがあります。
その違いは【qi規格によるワイヤレス充電に対応した事】です。
専用の充電台の上に、携帯電話本体を置いておくだけで充電が可能なこちらの機能は、iPhone8になって初めてサポートされました。
これにより、Lightningコネクタに充電ケーブルを接続せずとも充電が可能となりました。
つまり、Lightningコネクタには変換コネクタを接続し、そこから更にイヤホンを接続していると言う場合においても【専用の充電台においておけば同時に充電が可能】と言う事になります。
こちらも便利な機能の1つとして注目したい部分ではありますが、注意点としては【手帳型カバー】などを使用している際には、【充電速度が著しく劣る】場合があったり、そもそも【充電が出来ない】という問題点も起こりうるので、自分が使用しているカバーと充電台の相性なども含めて製品を吟味しなくてはならない点には注意が必要です。

イヤホンジャックがないiPhone8で使用する際のおすすめワイヤレスイヤホン3選

iphone8 イヤホン ジャック

ここまでは、イヤホンジャックが廃止となったiPhone8でもイヤホンを使う方法や、イヤホンを使用しながら充電を行う方法を解説してきました。
その方法の1つとして【ワイヤレスイヤホンの使用】を挙げましたが、実際に数多くの種類がある製品から1つを選ぶというのも苦労する物だと思います。
こちらでは、イヤホンジャックの無くなったiPhone8で使用する為のおすすめワイヤレスイヤホンを幾つかご紹介していきたいと思います。

商品①SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン

iPhone7での記事でもご紹介をしましたが、まずは【soundPEATS】よりイヤホンのご紹介です。
こちらの商品の一番のおすすめポイントとしては、やはりコストパフォーマンスが非常に高いと点です。
水準以上の高音質をキープしながらも、その低価格からamazonでは未だにベストセラー商品となっているワイヤレスイヤホンであり、売れ筋の1位2位を争う実力となっています。
ワイヤレスが良いか、有線接続が良いかはそれぞれの好みも出てくる部分ではありますが、これくらいの価格であれば入門やお試しに購入してみるのにそれほど苦では無い価格設定で【まずワイヤレスイヤホンがどの程度の物か】を確認してみたい人には大変おすすめの製品となっています。

商品②Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX

続いては、イヤホン部分やヘッドホン部分に配置された【b】マークで有名となった【beats】からイヤホンのご紹介です。
こちらも同じく、iPhone7でのおすすめワイヤレスイヤホンとしてご紹介した製品です。
使う人の好みに合わせた多様なカラーリングから、ファッション性に富んだ製品になっており【おしゃれなアイテム】としてもおすすめしやすい製品になっています。
バッテリーの充電速度に驚く部分があり、たった5分の充電で、2時間の音楽の試聴が可能になっているのも大変嬉しいポイントです。
ワイヤレスイヤホンは、毎回定期的に充電しなければいけなくて煩わしいと感じる人でも、この程度の充電時間で1日の使用時間を賄えるなら苦にならないはず。
価格は13000円台と、少々高価な製品ではありますが「これから先長い間使っていく」製品として考えるなら、投資する価値が充分にある製品では無いかと思います。

商品③Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン

最後に、Apple社純正となるワイヤレスイヤホンとなる【AirPods】のご紹介です。
純正と言えども、bluetoothを使用して接続する点は一緒なのですが他社製品と違う点としてはやはり【純正ならではの使い勝手】が挙げられます。
通常、bluetoothで接続を行うワイヤレスイヤホンは、【ペアリング】と呼ばれる初期設定を行い、iPhoneとイヤホンの間の接続を確立します。その際の設定方法は製品によって様々であり、「手順通り進めているのに何故か繋がらない」と、使用する前からストレスとなる要因をはらんでいる製品も残念ながら存在します。
対して、こちらの【AirPods】は、初回の設定が非常に簡単且つシンプルな物となっています。
イヤホン本体をケースから取り出すと、自動的に近くにあるiPhoneを検知してiPhone上にAirPodsとの接続を促すメッセージを表示してくれます。
これにより、端末への接続が非常にスムーズに行えるので初めてワイヤレスイヤホンを使うという人でも安心して使用する事が出来ると思います。
また、耳に装着すると音楽を自動で再生してくれたり、逆に耳から外すと自動で音楽を停止してくれたりなど、iPhoneと組み合わせて使うには便利な機能が備え付けられています。
イヤホンの形状から、激しい動きには対応が難しい面も挙げられますが、日常的な使用をするのには問題もなく品質や音質は高い水準でまとまっているおすすめ製品の1つになっています。

イヤホンジャックがないiPhone8を使用する際のおすすめ変換アダプタ3選

iphone8 イヤホン ジャック

続いては、変換アダプタの解説となります。
ワイヤレスイヤホンでもおすすめの製品をいくつかご紹介致しましたが、「お気に入りのイヤホンを持っている」という人も少なくないと思います。
そういったイヤホンを今後も使いたい人からすれば、それらを捨ててワイヤレスイヤホンに切り替えるのも躊躇してしまいますね。
有線接続でも、変換アダプタを用いればイヤホンが使えるのは前述でお話した通りなので、ここではその際に使える変換アダプタの中からおすすめ製品をいくつかご紹介したいと思います。

商品①iphone lighting イヤホン充電ジャックアダプタ

まずはこちらの製品からご紹介です。
iPhoneのLightningコネクタに接続するアダプタですが、コンパクトで無駄なケーブルなどが無いのが特徴となっています。
接続した部分が逆T字になっており、両端にLightningコネクタを搭載しているため、充電をしつつイヤホンの接続が可能となっています。
amazonでも人気の製品の1つであり、価格も比較的低価格で購入できるのが嬉しい点です。
両端がLightningコネクタであるため、接続するイヤホンが従来のイヤホンジャックでは無くLightningコネクタである必要があるという注意点もありますが、「純正イヤホンをそのまま使用したい」という人には非常におすすめしやすい製品となっている為、おすすめの1つとしてご紹介しました。

商品②iTker iPhone X/8/8plus/7/7plus(IOS11対応) iphone Lightning - 3.5mm イヤホン イヤホン変換アダプタ

続いてはこちらの製品をご紹介です。
ストレートタイプのケーブルとなっており、接続したケーブルの中間にLightningコネクタを搭載し、先端にはイヤホンジャックを搭載している製品となっています。
見た目もシンプルで扱いやすく、価格も低価格でコストパフォーマンスに優れた製品であると言えます。
使う際に注目したいのが、先端にイヤホンジャックが搭載されている点。
ポケットなどにiPhoneをしまい込む人も多いと思いますが、左右に分かれた二股タイプではポケットの中でイヤホンの接続部が大きく折れ曲がる事になるので断線が心配になります。
ストレートで先端にイヤホンジャックがあるという事は、ポケットにしまい込む際にもイヤホン接続部はまっすぐな状態を保ちやすく、断線の防止に繋がるなど細かい点を考慮した作りになっているのが地味に嬉しい一品です。
ただし、イヤホンその物にマイクが搭載されていても、イヤホンジャックその物にマイク端子は非搭載な事から、通話の際にはこちらの声を届ける事が出来ないため注意が必要です。

商品③ライトニング イヤホン iPhone 充電 変換 ケーブル

最後にご紹介するのはこちらの製品です。
amazonでも人気の製品の1つとして高評価を得ているアダプターとなっています。
価格もやはり低価格で、気軽に購入できる価格帯なのは嬉しい点ではないでしょうか。
特徴としては、変換アダプタに搭載されたLightningコネクタが急速充電に対応しているのと、音質も48kHz・24Bitのハイレゾ音源の再生が可能など、音質にもこだわった作りとなっている製品となります。
製品その物も、コンパクトで持ち歩きに最適なサイズとなっており、メーカーでは1万回の端子の抜き差しテストを行って居るなど、耐久性に優れたコネクタを搭載しているのも安心できる要因の1つになっています。

まとめ

今回は、今でも廃止となったままのiPhone8のイヤホンジャックに関して解説を行いましたが如何だったでしょうか?
iPhoneが世に出てから長い年月が経ち、今では【如何にコンパクトに】仕上げ、【如何に高性能、高機能を実現するか】という観点からもイヤホンジャックの廃止を決断するメーカーや機種が多くなってきています。
iPhone4まで採用されていたdockコネクタから、今ではLightningコネクタに変更がなされandoroid機も今ではUSB TYPE-Cコネクタが主流になりつつあるなど大きな変化が行われてきています。
今後も、より良い製品を作るためにコネクタ部分を含めてスマートフォン本体には様々な仕様変更が行われると思います。
ワイヤレスと有線接続のどちらが正しいという事では無く、1つの方法としてこの様な方法があるという事を知って貰った上で【より快適かつ、より便利】なアイテムの使い方としてこちらの記事が参考になれば幸いだと思います。

関連記事

iPhone7のイヤホンジャックについてはこちらの記事で解説しているので、気になる方は読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧