iPhone7はイヤホンジャックが無い?iPhone7でイヤホンを使う方法を解説

この記事を執筆するにあたって

デジタル機器の中でもとりわけ通信機器が好きで初めて所持したスマホは法人向けのwindows mobile機でした。 時代と共に様々な進化を遂げてきたスマートフォンですが、iPhoneにもandoroidにも良い点悪い点があると思いつつ両方を未だ所持して使用中。

Written By 田奈 修

目次

iPhone7のイヤホンジャックについて

今回は、iPhone7に関しての記事となります。
毎年新しいiPhoneが発表・発売されていますがこのiPhone7からは防水対応やApplePayが搭載されるなど、いつもと変らぬ見た目と裏腹に様々な機能が盛り込まれて人気の機種になったと思います。
機能が追加されただけで無く、いつも見慣れていたイヤホンジャックは何と今回のiPhone7からは廃止になるなど別の意味での驚きもあったのではないでしょうか。
今回は主に、廃止となったiPhone7のイヤホンジャックに関して解説を行っていきたいと思います。

またiPhone8のイヤホンジャックについてはこちらの記事で解説しているので気になる方は合わせて読んでみてください。

iPhone7のイヤホンジャックとは?

イヤホン

現在、7以降のiPhoneを使用中の人の中で更にiPhone6S以前のモデルを使用していた人はどのくらい居るでしょう?
そういった人なら既にお気づきかも知れませんが、初めてiPhone7を手にしたときには少し違和感を感じた人も少なからず居るのではないでしょうか?
その違和感の1つとして、今回はイヤホンジャックの廃止を挙げてみたいと思います。
お気に入りのイヤホンを挿そうとしても、【イヤホンジャックが見当たらない】訳ですから、どうしたら良いかと少し考えてしまったような人もきっと居るはずです。
何故今期よりイヤホンジャックは廃止になってしまったのかと併せて、まずは解説をしてみたいと思います。

イヤホンジャックが無くなった理由

まずは、イヤホンジャックが無くなった理由から解説を行いたいと思います。
公式な発表などはありませんが、appleを皮切りに現在は各メーカーでもイヤホンジャックの廃止が目立ってきています。
イヤホンジャックの廃止の理由として挙げられる物の1つとして、【今後の性能向上を目的とした】という意見が見受けられます。
イヤホンジャックを廃止にすることで、より薄く高性能な端末を作ることが出来る様にもなるでしょうと言う見解です。
もちろん、廃止によるデメリットも多少なりとも出てきてしまっていますが、それを補うメリットもしっかり存在します。
果たして、どのようなメリットとデメリットがイヤホンジャック廃止の裏に隠れているのか見ていきましょう

メリット

音質の向上

イヤホンジャックを廃止したことにより、今後イヤホンを接続する部分は充電端子でもある【Lightningコネクタ】を使用することになりますが、従来のイヤホンジャックはそこから出力できる信号はアナログ信号でした。
しかし、iPhoneの内部で取り扱われるデータの殆どはデジタル化されており、音楽データも例外ではありません。
従来のイヤホンジャックからLightningコネクタにイヤホンの接続先を変更したことにより、音質もデジタル信号のまま出力できるようになったため音質の向上が期待出来るようになりました。

防水性の向上

iPhone7からは防水に対応したという事で、今まで防水に非対応だからとiPhoneを敬遠していた人にとって防水対応はまさに夢に見た機能の1つでもあったのではないでしょうか。
従来までのモデルでは、イヤホンジャックとLightningコネクタの両方が搭載されていましたが、こちらの端子をLightningコネクタのみにする事で、本体内部に干渉しうる接続口が1つ減ったことになります。
本体へ続く口が1つ減るという事は、その分だけ水分などの侵入にも対応しやすくなったメリットがあります。

軽量化と薄型化

こちらも地味なメリットとなっています。
イヤホンジャックを廃止したことにより、今まで確保せざるを得なかった本体の厚みを減らすことが出来る様になりました。その結果、更なる軽量化と薄型化を望めるようになった為によりコンパクトな機体を作成する事が出来る様になったと考えられます

バッテリー持ちやカメラ性能にも影響

今までイヤホンジャックがあったが為に、使用することが出来なかった大型のバッテリーやカメラも搭載が可能になったと思います。最近ではダブルレンズ搭載のスマホなども出てきて居るので期待したい部分ですね

デメリット

続いてデメリットとなります。
メリットと比べて機種その物に大きく関わるデメリットではないですが、どんな物があるのか見ていきましょう

従来のイヤホンを使うのには変換コネクタが必要

まずはなんと言ってもこちらです。
従来のイヤホンジャックが廃止となったため、同梱品には【Lightningコネクタをイヤホンジャックに変換するコネクタ】が同梱されています。
従来のイヤホンを使用する際には、この変換コネクタを通してiPhoneとイヤホンを接続しなければならないため、少々手間に感じる人も多いのではないでしょうか。

充電しながらイヤホンを使うことが出来ない

今まで、充電に使用してきたLightningコネクタは今後イヤホンを接続するためにも使うことになります。
従って、【充電を行うのか】【イヤホンを接続するのか】を選択しなければならなくなりました。
bluetoothなどのワイヤレスイヤホンを用いたり、専用の【充電端子付き変換コネクタ】を用いれば、充電しつつイヤホンを使用することも可能ではありますが、やはり手間取るという点ではデメリットとなり得ます。

イヤホンジャックがないiPhone7でイヤホンを使用する方法

では、イヤホンジャックの無くなったiPhone7ではどのようにイヤホンを使用すれば良いのでしょうか?
ここでは、その使用方法を幾つかに分けてご紹介したいと思います。

同梱の専用イヤホンを使う

まずは一番シンプルな方法として、純正のイヤホンを使用するという方法を挙げたいと思います。
従来のモデルから一貫して、iPhoneには充電器やイヤホンマイクなどが初めから同梱されています。
iPhone7に同梱されている純正イヤホンは、もちろん接続端子もLightningコネクタになっていますのでそのまま接続をすればすぐにイヤホンを使用することが出来ます。

変換コネクタを使用する

続いては、同じく同梱品である変換コネクタを用いる方法です。
iPhone7には、純正イヤホンの裏側にこちらの変換コネクタがしまわれており、Lightningコネクタを従来のイヤホンジャックに変換してくれます。
これにより、お気に入りのイヤホンやヘッドホンもしっかり使うことが出来るので安心ですね。

bluetoothなどのワイヤレスイヤホンを使用する

3つ目には、有線での接続が不要なワイヤレスイヤホンを用いる方法です。
bluetoothイヤホンと聞くと、やはりイメージしてしまうのは運転中などに付けるイヤホンマイクとしての製品だと思いますが、最近では音楽を聴く事に向けたワイヤレスイヤホンも豊富になってきました。
初回こそ、【ペアリング】と呼ばれる初期設定などが必要にはなりますが、その後はiPhoneとイヤホンをワイヤレスで接続してくれるので端子の事を心配する必要がなくおすすめの方法となっています。

イヤホンジャックがないiPhone7で使えるAirPods以外のおすすめBluetoothイヤホン

iphone7 イヤホン ジャック

ここまでは、iPhone7のイヤホンジャックの廃止に関して解説を行ってきました。
上記のイヤホンを使用する方法でも触れましたが、イヤホンジャックが廃止となった事がきっかけでワイヤレスのイヤホンに移行を考える人も少なからず居ると思います。
ここでは、【iPhone7で使えるおすすめのワイヤレスイヤホン】を幾つかご紹介したいと思います。
純正では【AirPods】も販売されていますが、純正以外でもiPhoneとの組み合わせにおすすめのイヤホンは数多くあります。
価格や音質など、自分で使用した感じなども踏まえて出来る限り分かりやすくお伝えできればと思いますので、是非イヤホン選びの参考にしてみて下さい。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン

まず、【SoundPEATS】より、低価格で高音質なコストパフォーマンスに優れたイヤホンをご紹介します。
現在でもamazonではベストセラー商品となっており、その人気は1位2位を争う程です。
IPX6の防水機能を備えており、スポーツによる汗やランニングなどの運動中に雨が降ってきても多少なら心配要らない等、低価格なのに嬉しい機能が多く搭載されていて非常におすすめしやすいと思います。
イヤホンも搭載されているので、イヤホンを付けたまま通話を行う事も出来ますし、連続再生時間は8時間と長時間の駆動が出来るのもありがたいですね。
イヤーピースもサイズ違いで同梱されていたりと、細かい点などを考慮しても万人におすすめしやすい製品の1つだと思います。
価格も3千円台と比較的リーズナブルなのでお試しや入門に買ってみるのも良いのでは無いでしょうか?

Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX

続いては、bのマークでおなじみの【beats】から、製品をご紹介です。
価格は13000円台と少し高価になってきますが、さすがbeatsと思わせる品質で、amazonでの評価も未だに高いイヤホンの1つになっています。
イヤホンの裏面がマグネットになっており、使用しない時には左耳と右耳部分をくっつけてしまっておくことが出来ます。
これによりケーブルの絡まりなどを防止してくれるため、しまってまた使う際にも不便を感じる事がありません。
また、5分の充電で2時間の連続再生が可能となっているバッテリー部分もおすすめの1つです。
「うっかり充電を忘れてしまった!」なんて時でも、着替えたり支度をしている間に充電しておけばその日1日の通学や通勤くらいならまかなえてしまうので安心です。
カラーリングもbeatsならではで、豊富なカラーリングから希望に合った色を選択出来るので見た目もおしゃれなイヤホンを探している方にはぴったりの製品だと思います。

SHURE ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ SE215 Special Edition

こちらは、【SHURE】というメーカーから販売されたワイヤレスイヤホンとなります。
名前はあまり聞いたことが無いという人も少なからず居ると思いますが、イヤホンを耳の上からかけるいわゆる【シュアかけ】という言葉のきっかけともなったメーカーで最近よく耳にするようになってきましたね。
高音質なイヤホンの定番として定評があるメーカーであり、そのメーカーが作成したワイヤレスイヤホンと言う事で音質面では高い評価を得ています。
価格も2万円を切る価格帯であり、高級イヤホンが気になる人への入門機としてもおすすめしやすいと思います。
他のワイヤレスイヤホンと大きく異なる特徴として、イヤホン本体とケーブル部分が着脱出来る事が挙げられます。
これにより、より高音質なケーブルと組み合わせて使用をする事も出来るなど、ケーブル部分だけを交換して使い分けると言った使い方も可能となっているのは面白い点です。
見た目も中が透けて見えるスケルトンの様な仕様であり、おしゃれで音も綺麗なイヤホンが欲しいという人には是非おすすめです

Jabra Elite 65t チタニウムブラック

続いてはこちらの製品です。老舗のメーカーである【jabra】から販売されている完全ワイヤレスイヤホンとなります。
「ワイヤレスなのに、完全ワイヤレスってどういうこと?」と、疑問に感じる方も居るかも知れませんので補足として簡単に解説すると、従来のワイヤレスイヤホンと言うのは、あくまでも【iPhoneとイヤホンの間がワイヤレス】という感じでした。左耳部分と右耳部分を繋ぐケーブルはしっかりあるので、場合によってはこのケーブルを煩わしいと感じる人も居るかと思います。
これに対して、完全ワイヤレスというのは【左と右が完全に独立したイヤホン】と言う製品を指します。
ケーブルが一切無いので、ケーブルの引っかかりなどにストレスを感じること無く使用が可能です。
そして、今回のこちらの製品ですが、価格は23000円程度と少しお高めではありますがそれだけの金額を払う価値が充分ある一品になっています。
【AirPodsのみの機能だったイヤホンを外すと自動で音楽を停止】する機能も搭載されており、連続再生時間も5時間とロングバッテリーとなっています。
完全ワイヤレスでありながらも音質も良く、iPhoneと接続した際の安定性が高く音などが途切れることが非常に少ないという点は、日頃使う製品であればこそ高い評価の出来る部分でもあると思います。
専用アプリも用意されていて、こちらを使用してイコライザーの編集や音楽プロファイルの保存など細かい設定を行う事も出来ます。
完全ワイヤレスイヤホンの中では、【価格・安定性・音質】のバランスが高水準でまとまっておりおすすめの製品と言えます。

Bose SoundSport Free wireless headphones

最後に、スピーカーやイヤホンではおなじみのメーカーである【BOSE】から完全ワイヤレスイヤホンをご紹介です。
BOSEのイヤホンで、まず他メーカーと違いを伝えたいのはやはり音質面だと思います。
価格は3万円程度とかなり高価な製品でもありますが、無線で音楽データをやりとりしているとは思えない程の高音質で、その音質は有線接続のイヤホンと比べてみても劣化などを感じさせない高い品質に仕上がっています。
充電ケースもあり、単体で5時間。ケースで充電を行えば最大10時間の連続再生が可能と使用時間の心配もありません。
その装着感や音質は勿論のこと、完全ワイヤレスで10時間にも迫るバッテリーの持ちなどから、【高価な物を大事に長年使っていきたい】という人には、特におすすめとなる高品質なイヤホンであると思います。
最近では、中規模な家電量販店でもBOSEのイヤホンコーナーを設けてあるなど、比較的手に入りやすい環境であるのも嬉しい部分だと思います。デモ機を展示している店舗も増えてきているので視聴をしてから購入という流れを取りやすいのもおすすめポイントの1つになっています。

まとめ

今回も、商品の紹介などがあり少し長めの内容となってしまいましたが参考になったでしょうか?
iPhone7だけでなく、最近は多くのスマホがイヤホンジャックの廃止を行うなど、ますますワイヤレスイヤホンへの注目が集まる時代になってきています。
もちろん有線接続となる従来のイヤホンも、差し込めば使えるというシンプルさや音質、価格の面では非常に優れており大変使いやすいですね。
変換コネクタの要らない製品なども今後増えてくることが予測されますし、種類も豊富で悩む製品の1つがイヤホンという製品では無いでしょうか?
イヤホンジャックの廃止に伴って、新しくイヤホンを新調していようと考えている人などには特にこちらの内容を参考にしてもらって、是非ともお気に入りの1つを見つけて貰いたいと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧