kindle本でdrmを解除する方法とは?方法別に詳しく紹介!

この記事を執筆するにあたって

kindleをはじめとした電子書籍にはdrmと呼ばれる電子著作権保護がかかっているコンテンツがあります。これにより、家族間で同じ本をシェア出来なかったり、別の端末に買い換えたときに過去の本を読むことが出来なくなるなどのデメリットがあります。この互換性を解除するには、それ専用のフリーソフトを使うことで対応できます。そのやり方を注意点とともにご紹介しましょう。

Written By アテ ワン

目次

kindleのdrmの解除

電子書籍の規格はさまざまあり、各メーカーからすばらしい製品が製造販売されています。しかしながら、その電子書籍のデータにはデジタル著作権管理(drm)で保護されたコンテンツが存在します。これらのデータは、場合によっては、特定の機種でしか楽しむことが出来ません。しかし、やり方によっては、このdrmを外してコンテンツを楽しむことも可能だとしっていますか?このdrmのはずし方と、はずした(はずす)際の注意点をお伝えしますので、しっかりと使い方を守って、電子書籍を楽しみましょう。

kindle drm 解除

kindleからdrmを解除する方法①calibreプラグインを使用する

手順①Amazonにログインする

まずは準備としてAmazonにログインしましょう。

手順②calibreをダウンロード、インストールする

次にcalibreというフリーソフトをダウンロードしていきましょう。ダウンロード方法を紹介します。

  • calibreのホームページにいく
  • 自身の使っているOSを選び選択する
  • 開いた画面からDownload calibreというボタンを選択する ※calibre-64bit-~.~~.~.exeというファイルがDLされてれば完了
  • 手順に沿って表示されたsetup(設定)画面の利用規約に承諾しインストールを行う

I accept the terms in the License Agreementという欄のチェックを忘れないようにしましょう

  • その後、install⇒finishの順でクリックしていく
  • インストール完了するので起動する
  • 言語とライブラリを選択⇒次へをチェックし進む
  • 電子書籍デバイスの選択をできるのでAmazonのKidleを選択しましょう

※もちろん、慣れてきたらそれ以外のデバイスでも使用可

  • メールアドレスの入力をする(しなくても大丈夫です)
  • おめでとうの画面で完了を押してインストール終了

ここまででインストールの作業が終了となります。

手順③DeDRM_toolsをダウンロードする

calibreをダウンロードインストールしたら次にDeDRM_toolsというソフトもダウンロードしていきます。DeDRM_toolsをダウンロードし、プラグインをcalibreにいれていきます。手順をご紹介しましょう。

  • DeDRM_toolsを検索し、ダウンロード画面を開く
  • Clone or downloadというボタンが右端にあるのでクリックしましょう
  • Download ZIPを選択し、ダウンロードを開始する
  • ダウンロードした圧縮データを解凍する
  • 解凍した中にDeDRMtools-masterから **DeDRMcalibreplugin**を開くとその中にDeDRMpluginがある
  • DeDRM_pluginをcalibre上でプラグインとして読み込む

手順③DeDRM_pluginをプラグインとしてcalibre上で読み込む

DeDRM_pluginををcalibre上でで読み込んでいきましょう。

  • calibreの右上にある工具のアイコン、設定をクリックしましょう
  • 左下にある緑のプラグインというアイコンをクリックします
  • プラグイン画面の右下にあるファイルからプラグインを読み込むをクリックします
  • 先ほどと同じようにDeDRM_tools-masterからDeDRMcalibrepluginの中にあるDeDRM_plugin.zipを開きます
  • よろしいですかという警告マークが出てきますのではいを選択しましょう
  • calibreソフトの再起動画面になるのでOKを選択し、再起動する
  • 再起動後、再度calibreを開き、設定からプラグインを確認するとDeDRMが入っている

ここまできて準備完了です。

手順④kindle for PCからkindle本のdrmを解除する

ここからようやくkindle本のdrmを解除する方法をご説明します。

  • kindle for PCを開きましょう

開いたらcalibreにdrmを解除したい本をダウンロードしましょう。

  • kindle for PCでKindle本をダウンロードする
  • パソコンのドキュメントにMy Kindle Contentの拡張子azwのファイルとして保存される

※この時、別のデバイスからやる場合は、デバイスをパソコンにつないで、そのファイルを開くことでも出来ます。

  • calibreでデータを読み込む。方法は1.My Kindle Contentのデータをドラッグ&ドロップするか2.本の追加からユーザー名選択⇒Documents⇒My Kindle Contentと読み込んでいく

この作業のあとにcalibreにデータが表示され、本の内容を読むことが出来ればdrm解除終了となります。

kindleからdrmを解除する方法②pythonスクリプトを使用する

pythonとはプログラミング言語のことです。つまりpythonスクリプトを利用するとはプログラミングの内容をいじりdrmをはずしていく方法のことです。その手間と、リスクを考えるとあまりオススメできる方法ではありませんが、方法のひとつですので簡単な流れをご紹介します。

kindle drm 解除

手順①pythonスクリプトをインストールする

まず最初に公式サイトからインストールします。

  • Pythonの公式サイトへアクセスしましょう
  • Downloadsをクリックしてください
  • インストールに必要なファイルをダウンロードしましょう

手順②KindleBooks.pywの実行を行う

インストールしたらKindleBooks.pywを実行します。実行出来たら、入力ファイル、出力ファイルなどの情報を入力していきます。この方法でパソコン上でkindle本のdrmをはずしていけますが万人うけする方法でないことは確かです。

kindleからdrmを解除する方法③kindle drm解除ソフトを使用する

初心者にとってもっとも簡単な方法はKindle drm解除ソフトを使うことです。そのやり方を解説していきましょう。
※この方法はKindle PaperwhiteとKindle Voyage上のkindle本のみに対応しています。

手順①インストールを行う

まずはkindle drm解除ソフトをインストールしましょう。「kindle drm removal」と検索し、専用ページを開いて、インストールを行います。

手順②デバイスを接続し設定していく

  • インストールが出来たらデバイスをUSBでパソコンとつないでいきましょう。
  • 「Kindle Device」というアイコンを開く
  • 本のデータが表示されるので、スペース部分にドラッグ&ドロップし移動
  • KSNを入力しdrmを解除
  • ポップアップウィンドウが表示されるので端末のシリアルナンバーを入力しましょう
  • 「Remove DRM」をクリックすることでファイルを確認できます
  • あとは各端末で使用できます。

drm解除の注意

drmを解除するメリット

これだけの手順を踏んでdrmを解除メリットはなんでしょうか。ひとつはdrmがかかっていると、同じ所有者でも規格の違うタブレッドなどデバイス間での互換性がないデータを使うことが出来ないという点にあるでしょう。これにより、ひとつのデバイスが使えなくなったときに、ほかのデバイスで読むことが出来なくなるなどの不利益がでます。また、家族や友人間で本をシェアすることが出来ないというデメリットも同時にあります。紙の本なら貸し借りが出来るのですが、drmのかかっている場合では出来ません。

drmを解除するデメリット

drmはもともと著作権保護のためにあるシステムです。drmには以下の種類があります。

  • AmazonのKindle
  • Google Play Books
  • 楽天Kobo
  • SonyのReader
  • B&NのNook
  • AppleのiBooks

この内、もっともシェアがあるのがkindleですがkindleは独自のdrmを持っています。(Google Play Books、楽天Kobo、SonyのReaderは同じAdoveのdrm)ですので、他の製品との互換性が問われるわけです。そんなときにdrmを手作業で解除すれば互換性を持たせて使用することが出来るので便利なわけです。
しかしここでひとつ注意せねばならないのは、違法性がある可能性を消し去ることが出来ないということです。明確に違法である、といえる根拠はないのですが、ネット上では絶えずその論争が続いており、かつAmazonのヘルプでは明確に「デジタル著作権管理(DRM)で保護されたコンテンツは転送できません。」と記されています。

kindle drm 解除

実際に使う場面、使用方法などにも詳細にその違法性は左右されますので、行う際は自己責任となります。
しっかりと法令に遵守し、気持ちよく電子書籍を楽しみましょう。
参考Amazon
参考電子透かしによる著作権保護への取り組み

まとめ

いかがでしたでしょうか。電子書籍にはデジタル著作権管理(DRM)で保護されたデータが存在し、端末間でのシェアが出来ないデータもあります。
しかしながら、calibreや、Python、kindle drm解除ソフトを使うことでdrmを外して快適に電子書籍データをシェアして利用することも可能でした。
しかしながら、本来の目的は著作権保護の観点から設定されているのがdrmなので使用する際は注意が必要です。しっかりと法令に則った方法で楽しく快適に電子書籍リーダーを楽しみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧