コンセントが原因で火事になる⁉発火する原因と対処法!

目次

コンセントが原因で火事に!なぜ火事は起きるの?

コンセント 火事

コンセント周りの火事の原因で多いのは、「トラッキング現象」というものです。長い間、差しっぱなしになったコンセントと電源プラグの間やその周りには、ホコリがたまりがちになります。そのたまったホコリに湿気が加わると、電源プラグの刃の間で火花放電が繰り返されます。その熱がコンセントに接する絶縁部を加熱し、電源プラグの刃と刃の間に「トラック」と呼ばれる電気の道をつくります。やがてはそこから放電をおこし、発火してしまいます。これがトラッキング現象です。

参照元:中部電力

トラッキング現象もコンセント火事につながるひとつの要因です。火事で全てを失う前に、気をつけたいポイントをしっかり押さえ、コンセント火事を防止しましょう。

原因① コンセント回りのホコリ

そのトラッキング現象の原因のひとつが、ホコリです。物の隙間だったり、裏側だったりお掃除がしにくい場所になってしまいがちなコンセント位置です。トラッキング現象の引き金にならないよう、そして火事を起こす原因にならないように、気をつけたい箇所になります。

原因② コンセント回りの湿気

コンセント 火事

トラッキング現象を起こさないようにするために、コンセント周りの湿気にも気をつけましょう。トラッキング現象が発生しやすい場所としては、以下のようなところは特に注意が必要です。

  • 台所や洗面所などの水気の発生源の近いところ
  • 冷蔵庫など物体が大きく掃除がしにくい場所にあるコンセント
  • 冷蔵庫などの長期間連続して、挿され続けている電源のコンセント
  • エアコンや暖房など、湿気により結露の発生しやすい場所にあるコンセント
    • 熱帯魚などの水分の近くにある電気機器のコンセント
    • 小さなお子さまなどの突発的な出来事

など、たくさんのポイントがあります。身近な部分だからこそ、「今じゃなくても、いつでもできる」と見落としがちになりやすいです。火事は他人事ではありません。いつでも起こる可能性を秘めているのを、忘れずにいましょう。

コンセントで火事にならないための対処法

火事の原因で多いものがトラッキング現象によるコンセントの発火の可能性が高いことが現状のようです。ここでは、トラッキング現象を防止・コンセント火事を防止する対策を解説します。
コンセント火災・トラッキング現象を防ぐには、「普段の掃除」や「日頃の手入れ」が重要です。細かく分けてご説明します。

対処法①コンセント回りの掃除

普段の掃除として、コンセントと電源プラグの掃除方法を紹介します。

  1. 必ず電源プラグをコンセントから抜いてから作業しましょう。電化製品のメンテナンスの基本です。面倒ですが実施しましょう。
  2. 乾拭きや掃除機を用いてほこりを取り除いてください。掃除の際、水分を残すことは避けましょう。
  3. コンセントの穴の中にもほこりが溜まっていないことをチェックする事を忘れずに行ないましょう。ホコリがコンセントを差し込む際、奥に入っては本末転倒です。こまかな気配りが火事を防止します。

電源プラグ注意点

トラッキング現象の他には、グロー現象というものもあります。こちらは、冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品を長時間挿したままの状態にしていることで発生する現象です。時間の経過にともない徐々に接続部がゆるみ、その異常な状態でいたことにより微弱な電流が瞬間的に異常なほどの熱を持つ場合があります。その熱により電気火災が発生する可能性が高まります。日頃のチェックを心がけましょう。

参照元:一般社団法人 関西電気管理技術者協会

  • トラッキング現象は、長期間差しっぱなしにしているコンセント(例えば冷蔵庫など)にホコリがたまることで発生しやすくなっています。ですので、使用していない家電のプラグは、コンセントから抜いておくことをおすすめします。安全性がアップします。
  • コンセントと電源プラグの「隙間」にほこりが溜まると、火災が起きやすいと言われています。プラグを差し込むときは、コンセントの奥までしっかり差し込みましょう。
  • コンセントから電源プラグを抜くときは、本体をしっかり握って抜くようにしましょう。配線を引っぱると配線が損傷したり、プラグが緩みやすくなったりと、火災や故障の原因になりやすいので、日頃から気をつけましょう。
  • コンセントや電源プラグなどから異常に発熱している場合があったら、すぐに使用を中止してください。電化製品などの中は見えないので、注意が必要です。コンセントやプラグを電気店に点検してもらうことをおすすめします。火事予防はもちろん、電化製品の長持ちにもつながります。
  • コンセントや電源プラグの位置は、家電や家具の裏、部屋の隅など目立たない場所に設置してある物も多く、ついあることを見落としてしまいがちになってしまいます。コンセントの位置がどこになるのかを把握し、定期的に清掃と合わせてチェックをする習慣をつけることが、火事の予防・安全の第一歩になります。

対処法②コンセント火事の防止グッズをうまく活用しよう

コンセント 火事

ホコリを掃除してコンセント火事を防止する方法と大切さを解説してきました。ですが自宅では、コンセントを長時間指し続けている家電(冷蔵庫・テレビ・洗濯機など)たくさんの種類が存在しています。コンセントと電源プラグの間にだんだんとホコリが溜まっていきます。掃除はもちろん重要ですが、なかなか行き届かない部分や場合もあります。コンセント火事を防止するために、トラッキング現象をを未然に防ぐグッズうまく活用しましょう。掃除+防止器具で安全性はさらにアップします。防止グッズを使用することにより、次のような部分が防止されると考えられます。

プラグにホコリを溜めない

プラグにホコリが溜まらない様に、カバーやトラッキング防止加工されたパーツを取り付けて、コンセント部分をホコリから守りましょう。

使わないコンセントを塞ぐ

普段使用しないタップの差込口やコンセントの差込口にもホコリは進入します。きっちりフタをして、ブロックする事でホコリや異物の侵入を防げます。

プラグのタップの古いものは使用しない

防止グッズも消耗品です。変色・変形などがあった場合、すぐに取り替えましょう。

ケーブルなどのホコリをこまめに掃除しよう

テレビの配線などどうしてもケーブルやコードが多くなってしまう電化製品もあります。まとまったケーブルには綿ぼこりが付着しやすく、掃除もしづらいので掃除も敬遠しがちです。コンセントやケーブル周辺にホコリが出ないよう、収納グッズをうまく利用しましょう。

コンセント火事を防止する対策グッズ

コンセント 火事

ここではコンセント火事を防止する対策グッズを紹介します。対処法でも解説しましたが、うまく防止グッズを利用する事で、コンセント火事の防止と安全性のアップが期待できます。ご自宅のどんな場所にあったら便利なのか、参考にしてみてください。

コンセントキャップ

使用していないコンセントにフタをして、ホコリや異物の侵入をブロックする防止グッズです。ホコリから発生しやすいトラッキング火災を未然に予防し、コンセント火事を防ぎます。

コンセントプレートカバー

こちらはプラグをコンセントに差し込む時に使うカバーになります。プラグ本体と差し込み刃の根元の両方を覆うことで、ホコリや湿気からダブルでガードする防止グッズです。

タイトラキャップ

タイトラキャップを各機器の電源プラグの刃の根元に取り付けて使用します。そのことにより、刃の根元部分を絶縁させてショートをしないように防止するグッズです。普通の電源プラグが、トラッキング火災予防電源プラグに大変身します。

ケーブルボックス

テレビラックの裏などコードやケーブルをすっきり収納するケーブルボックスです。すっきり収納することで、ホコリも掃除がしやすくなりトラッキング現象の発生を抑えることが可能です。

など数多くのコンセント火事・トラッキング現象防止グッズが存在します。完全に防止できる訳ではありませんが、掃除がしやすくなったり、安全性がアップする事には違いありません。うまく活用して、日常の掃除をしやすくするだけでも、効果は絶大です。

コンセントで火事が起きたら火災保険はおりるの?

コンセント 火事

いろいろな災害がある日突然起こるように、コンセントからの火事もいつ何時自分の身に降りかかるか分かりません。今一度住宅の価値や家財の価値を考えながら、適切な補償とはどのくらいなのか判断し、しっかりとその保障が受けられるよう、日頃からの備えや保険内容(適切な補償内容・商品比較など)について把握しておきましょう。人に言われるがままの保険を選ぶのではなく、ご自宅に合った保険を選ぶことが重要です。いざという時に役に立たなくては意味がありません。

火災保険とは

損害保険に該当する種類の保険です。建物や建物内(一戸建てやマンション、ビルなど)に収容された物品(家具や什器、家電製品など)がの火災や災害などによって損害を受けた損害を補填する保険となっています。

マイホームなど不動産物件を購入した場合、火災保険のことを特に慎重に考える機会だと思われます。そして、賃貸契約であっても一般的に火災保険に加入することが、契約に対して条件付けられている場合もあります。そして他の災害より火事の恐ろしい所は、自分だけの損害で済まない部分です。自分だけの損失だけですまず他の人に迷惑をかけてしまう場合も多いからです。

火災保険は文字の通り、元々火災という事故により生じた損害を補償する保険でした。しかし現在では、補償範囲は火災による損害だけに限らない契約も増えています。ですが基本は、保険をかけた対象が補償範囲となる場合が多いです。ですから建物なのか、中の家具や電化製品までなのかなど、しっかりと保障内容を把握しておく必要があります。

コンセント火事は火災保険で保障されるの?

いったいどのような場合、補償が受けられるのかが知りたいところです。数社のホームページを確認してごく一般的な補償内容をまとめてみました。

自らの過失で火事を起こしてしまった場合や隣の火事で被害にあった場合、放火で家が焼けた場合に補償してもらえるとの内容でした。

(例)

  • コンセントから出火してしまった
  • 天ぷらを揚げていて鍋に引火してしまった

など、重大な過失がないと判断された場合は保障されるようです。
ですが各保険会社や、自分の加入している火災保険によっては違いもありますので、参考にお使いください。

火災保険のデメリット

火災保険のメリットが保障される部分であれば、反対にデメリットも存在します。ここではデメリット部分も簡単に解説します。

実際の被害状況を保険会社に申請することになるのですが、この申請手続きが難しいようです。目や手に届く部分だけならいいのですが、火事ともなるとそうでない部分まで被害が広がる可能性も高いからです。その状況をまとめる訳ですから、簡単にはいきません。大変さが想像できます。そして被害の状況を事細かに説明し、保険会社に認めてもらって保障される訳ですが、説明や証明ができない場合、最悪認めてもらえない可能性も考えられます。1番大切なのは、火災保険のお世話にならないことです。そのために日頃の清掃とメンテナンスを行なうことが重要となる訳です。

まとめ

今回はコンセントが原因で火事にならないように、その原因と防止法や対処法をまとめてきました。火事は本当に怖いものです。一瞬で全てのものを、焼き尽くしてしまいます。あの時そうしておけば・・・とならないよう、こまめな掃除とメンテナンスで安全性をアップしましょう。そして日頃は気にしない火災保険など、ここの記事をきっかけに見直してみてはいかがでしょうか。「備えあれば憂いなし」この一言につきます。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 73b450d6 2ac7 4c95 8d45 d1ecbf40e57b
Written By
しげの はな
読んでよかったと思ってもらえる記事を、書いていきたいと思っています。
記事ライターとしてはまだまだ未熟な点も多々ありますが、 頑張ります。よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧