洗濯機の蛇口から水漏れが、、なぜ?水漏れをどう対処すればいい!?

目次

洗濯機の蛇口からの水漏れについて解説します

洗濯機 蛇口 水漏れ 工事 業者 電気 掃除 床 蛇口

洗濯機を普段と同じように使っているにもかかわらず、急に水しぶきが噴出! あるいは 急に大量の水がだくだくと流れてきて、あたり一面から階下までが水浸しに! などという経験をされたことがある方も少なくないかもしれません。

洗濯機の蛇口からの水漏れはなぜ起こるのでしょうか?

そして洗濯機の蛇口からの水漏れにはどうやって対処すればよいのでしょうか?

洗濯機の蛇口からの水漏れについて、原因から対応、応急処置などについてご紹介します。

洗濯機の蛇口から水漏れが…考えられる原因は?

洗濯機 蛇口 水漏れ トラブル 悩み

洗濯機の蛇口からの水漏れが発生したら・・・もちろん洗濯機は水を含んで非常に大きな重量物を動かす家電製品。電気&水による事故は、洗濯機の故障や、建物の電気配線やご近所のお宅の家電製品の故障など建物内近隣の家中のトラブルにつながるばかりでなく、時には人の命にかかわることすらあります。

洗濯機を接続している給水ホースの蛇口水漏ればかりでなく、洗濯機下部の排水ホースからの水漏れも含めて非常に怖いものがあります。

さて、洗濯機の給水ホースが取り付けられている蛇口からの水漏れ原因ですが、

  • 洗濯機や水道蛇口などのハードや機材的な理由に由来するもの
  • 水道そのものの利用状況やサービス設定、その他特殊な事情に由来するもの

などに大きく分けることができます。

ではまず、そのこまかな原因や内容についてみてみましょう。

原因①ニップルやナットの故障や老化

洗濯機に給水するための水道の蛇口には様々なタイプがあります。
ここにニップルやナットなどを取り付けて、洗濯機の給水ホースを接続しますが、この各種取り付けパーツや金具が古くなり劣化したり、あるいは故障によってうまく水が止まらなくなったといったことがあります。

単に使用している間に、水圧や洗濯機の振動などが伝わることで、取り付けねじや金具自体が緩んでしまったということもあります。

原因②建物内の利用状況に伴う、水圧の大きな強弱変化

洗濯機に給水するときにも、水道から出てくる水の水圧が関係します。
ご存知の通り洗濯機の給水ホースは強い水道の圧力を受けている時間が長いもの。そして給水を始めると一気に圧力が変化しますが、このときに、水圧の強弱差から、給水ホースの接続部がずれてくることがあります。
住宅地や集合住宅、高台の住宅地など、ご近所一斉に水道を使う、朝や夕方などの建物内水圧変化などが激しいお宅で、頻繁に発生することもあります。

原因③水道施設そのものの水圧の上昇

水道はいつも一定の水圧だと思われていますが、じつは季節や水の利用状況、地域の工事などさまざまな条件で、給水するときの圧力=給水圧がかなり大きく変わっています。
これが上昇した結果、給水ホースを設置したときでは考えられない圧力が加わり、水が漏れてくることもあります。

原因④水道蛇口の変形や腐食

洗濯機は強い水圧や振動を受けるため、ねじや金具でとめつけている水道蛇口部分にも強い力が加わりがちです。
そのため、金属の蛇口にもかかわらず、徐々に蛇口自体が変形して来ることがあります。
また、湿度が高い水道まわりで、金属の部分に常時接触する取付金具があり、蛇口と取付金具で素材の比重や構成が異なる場合、ちょっとした小さな傷や接触部から腐食が進みやすくなり、蛇口からの水漏れにつながることもあります。

洗濯機の蛇口から水漏れした場合の対処法

洗濯機 蛇口 水漏れ 工事 業者 電気 修理 焦り

洗濯機の蛇口から水漏れしたとき、やはり非常に焦りがち。

蛇口と電気のコンセントが近いお宅などでは、漏電も心配。

念のため、「ゴム製の厚手手袋をはめた」うえで、次のような手順で作業を行っていきましょう。

対処法①蛇口を一旦閉める

まずはゴム手袋をはめたら、蛇口を一旦閉めます。
そして飛び散っている水を、ゴム手袋のまま丁寧にふき取っていきます。

ですが万が一、電気コードなどに直接水がかかっていることが確認出来たら、自分ではその場は一切触らず、まずは電気のブレーカーを落とします。
漏電からくる感電の心配をすこしでも減らすために、かならず洗濯機には、アースを取り付けておきましょう。

水分をふき取った後、とくに電気の漏れなどが内容なら、順に次の作業を進めていきます。

対処法②蛇口と給水ホースの間の取り付け部分で、ねじ止めの締め付け直しや再接続を行う

とくに水漏れが電気系統にかかっていなければ、念のためゴム手袋をはめたまま、蛇口を閉めた状態で「洗濯槽内に、いま給水ホース内部に残っている水を、すべて吐き出させます」

その後、コンセントと蛇口位置が近ければ、いったんコンセントを抜くか、電気のブレーカーを落としてから作業開始。

蛇口と洗濯機の給水ホースの間には、

  • プラスチックや金属のはめ込み部分

  • ホース取り付けとリングのような締め付け金具

  • ねじ止めなど

のものがあります。

これを上から順に取り付けなおしてみて、もう一度水道の蛇口を開き、水漏れ状態に変化があるかどうかを確認します。

水漏れが止まらないようなら、パーツを交換するか、水道側の設備を変更する必要があります。

パーツ交換なら、純正パーツだけ手に入れば、給水ホースやジョイントなどのパーツの交換でOK。自分でも行えるものもあります。

ですが水道側の変更は、水道工事業者への依頼が必要です。

対処法③洗濯機用ニップルとそのパッキン、水道ニップルナットを交換してみる(交換方法)

対処法②ともかかわりますが、洗濯機用ニップルと呼ばれる蛇口と給水ホースの間の間の水漏れを防止するパーツの中にある重要な役割パーツを交換してみるのもよいでしょう。

洗濯機用ニップル自体は丸ごと交換したとしても、プラスチックの昔からある古いタイプで安いものでは500円ほど。

ですが水道の蛇口や洗濯機によっては、すこしお高い、丈夫なタイプのニップルを使わなければならないこともあります。

となると、交換しやすいのは、どこのホームセンターなどでも購入できる、洗濯機用ニップルのねじ=ニップルナットやニップル内のパッキン。

洗濯機用のニップルナットは、通常、蛇口にはめたニップルがずれないように、その外側から留めて固定する2~4本ほどの小さなねじのこと。かなりの力がかかりますので、ねじ本数は省略せずにしっかりと取り付けて、蛇口にかかる力を分散させておきます。汚れがたまりやすい洗濯機周りなので、このねじの腐食や汚れからくるずれによる漏水は、非常に多くみられます。

このねじの中で1本でも弱ったり腐食したりするものがあれば、その位置に強く力がかかります。また締め付ける際に、すべてのねじをバランスよい力で締めていなければ、その位置から水漏れやずれ、腐食なども発生しやすくなります。

ただし、こちらのタイプなどをはじめとする洗濯機用ニップルでは、自分で取り付けをされる方もありますが、通常は水道工事業者に依頼するのが一般的です。

ニップルの取り付け用ねじ自体はホームセンターなどで手に入りますが、蛇口から洗濯機用ニップル自体を取り外して、持参するかねじ自体を数本持参して、確認して購入するとよいでしょう。

また洗濯機用ニップルのねじ交換を行ってみて不足するようなら、比較的安い洗濯機用ニップル内のパッキンなどのパーツを交換するのもよいでしょう。

通常数百円で購入できますが、洗濯機用ニップルに対応した口径のパッキンを使用する必要があります。
水が漏れてきて、今すぐにでもとりあえず応急処置が必要という場合や、たまたま近所で洗濯機用ニップルのサイズに合ったパッキンが手に入らないといったケースもあります。こんなとき、大量の輪ゴムなどをパッキンとニップルの間に挟めてからニップルを再度蛇口に取り付けなおせば、ニップル部分は直接蛇口とぶつかるので、効率よく「厚手の新しいニップルパッキンに交換したかのような効果」が得られます。

この輪ゴムをプラスするときの注意点は、円形のパッキンに対して、均等に力がかかるよう輪ゴムを配置していくこと。また数十本ほどプラスしたほうが効果が高いことと、劣化していない弾力性が高い輪ゴムを使わなければ効果が発揮できない点。

輪ゴムがない場合では、耐候性(含む高耐水性)の厚手自己融着テープや、発泡スチロールの高密度タイプ(厚手の食品トレータイプ)などをカットして、同じ輪ゴムの位置に何枚かプラスして入れる方法もあります。この時には、テープや発泡スチロールをカットした後に、十分に力をかけて薄くしてからセットするのがポイント。テープの場合には、直径で1ミリほど小さめにカットしてすこし引っ張って薄くのばしながらセットするのもよいでしょう。
樹脂の復元力によって、パッキンを蛇口に密着させます。

また、水道の蛇口を取り付けている付け根。水栓との間のパーツのニップルやニップルナットを交換してみる方法もあります。この位置も、非常に汚れが付きやすく腐食やずれ、ゆるみが発生しやすい部分。

水道周りのパーツとしては比較的交換が楽な部分ですが、それでも大型のレンチなどいくつか道具も必要。強すぎる力で失敗すると、さらに大きなパーツの交換につながることもあります。一般的には水道工事業者に依頼する部分です。

これらの方法でもうまくいかない場合で水道工事が発生する場合には、水道工事業者への依頼が必要です。

もちろん、上で紹介したような応急処置含めて、トータルで、水道工事業者や、水回りトラブル専門業者に依頼するといった方法もあります。

ニップル側のパッキン交換でうまくいかない場合、水道側パッキンなどを交換する方法もあります。

少し慣れた人では自分で行う方もありますが、しっかり締め付けなどが行えないなら、プロに頼むのが良いでしょう。

対処法④水道業者を呼ぶ

水道工事業者や、水回りトラブル専門業者に依頼するときは、工事には時間がかかりますが地域の水道工事業者に依頼するほうが一般的には割安。

水回りトラブル専門業者は、料金こそ明快ですが、出張料などをはじめ、若干割高。ですが非常にスピーディーに作業を行ってもらえます。

洗濯機を回している途中で水漏れトラブルが発生。その日のうちにすぐに直してもらわなければどうしても困るという方は、いつも豊富な水道関連パーツだけでなく洗濯機などのパーツもそろえているところも多い水回りトラブル専門業者に依頼するのも一案です。

通常、洗濯機の水漏れのケースでは、たとえば、水道の蛇口内のコマの交換や、蛇口接続部分などの交換などにとどまるため、パーツ代金は安め。洗濯機関連パーツを交換するときには純正品も多いため、パーツ代金は多く必要になります。

またこの機会に、万が一の事故の時、自動的に水がとまる水道パーツに交換するときは、パーツ代は5000円未満ほどですが、工事費用が10000円を超えることもあり、かなり高額になってしまいます。

水道トラブルでは、素人はあまり工事内容や適正な金額がわかりにくいもの。中には、不必要な工事~水道丸ごとを交換するようなことを日常的に行っている業者もあるため、注意も必要です。

インターネットや電話帳広告などで調べて水道業者を呼ぶときには、地域の口コミ評判や実績などまで含めて確認しておくとよいでしょう。

また水道工事は思いのほか、金額が大きくなりがち。

そのため、事前に見積もりをお願いしたり、最大でいくらくらい必要なのかをあらかじめよく電話や書面、メールなどで確認しておくとよいでしょう。

洗濯機の蛇口から水漏れした場合の修理費用

洗濯機 蛇口 水漏れ 工事 業者 電気

万が一蛇口から水漏れしてしまった場合、修理費用はそれなりの金額。

さらにプラスして、水漏れによって洗濯機などの機材や、電気配線、自宅内の床や壁、またそこから伝わって集合住宅内の他のお宅に迷惑が掛かってしまった場合には、こういった費用も支払わなければなりません。

家財保険や住宅総合保険などでカバーできる部分ですが、いざという時に備えて、しっかり加入しておきたいものです。

業者に頼む費用

水道蛇口周りの締め付け直し、コマやパッキンなどの交換にとどまるケースでは、出張料込みで5000円程度のところが一般的です。

このほかに、洗濯機側のパーツや水道側のパーツ丸ごとの交換が必要なケースもあり、プラスしてパーツ代金や特殊な技術料が発生することもあります。

通常水道蛇口周りは、専用の工具でなければしっかりと締め付けを行えない部分も多く、原因がわかっており、自分で行ってみてうまく効果が出ないなら、業者に相談してみるのもよいでしょう。

自身で修理する費用

自身で修理するとき、通常必要なのはパーツ代のみ。

たとえば自分で交換可能なパーツには、こんなものがあります。

トラブル箇所の切り分けに応じて、順に交換を進めながら様子を見ていけば無駄もないでしょう。

  • ニップルナット

  • ニップル用パッキン(ただしサイズ要確認)

  • ニップル

  • 給水ホースパーツ

  • 給水ホース

洗濯機の蛇口の水漏れを事前に防いでいこう!

洗濯機の蛇口は、やはり使い続けているうちにどうしても緩んできたりしがち。

どうすれば、「突然の洗濯機の蛇口から水漏れ事故」が事前に防げるのでしょうか?

止水栓の取り付け

宅内の水道設備側の工事が必要になりますが、トラブル時に自動的に水が止まる「自動止水栓」を取り付ける方法があります。

不在時の事故などさまざまなトラブルが防げるので、いつも安心です。

水圧が高すぎないように蛇口をしぼる

水漏れの原因の多くは、毎日長時間、蛇口まわりやニップルに高い水圧がかかり続けること。

そのため、水圧が高くなりすぎないように、ほんの少し蛇口をしぼっておくだけでも、給水ホース周りが長持ちします。

洗濯機に水がたまるペースは多少遅くなります。

使っていないときはこまめに閉める

蛇口をしぼるだけでなく、使用しない時間帯はこまめに蛇口自体を閉めるようにすれば、留守中の事故の時にも安心。

さらには、ニップルや給水ホースにかかる力と負担も非常に減らせるため。ホース周りの劣化も抑えられます。

こまめな定期点検

洗濯機周りは、水蒸気とほこり、そしてお湯や乾燥などを使うことでの温度の上昇や下降、洗剤液から揮発した汚れとべたつきなどで、意外とねじパーツなどのずれが発生しがち。

汚れも非常に多く付着し、そこから腐食などが進んでいることもあります。

週に1回くらい、こういった部分を目でチェックすると同時に、蛇口の下側などを手さわったり、雑巾でからぶきして、トラブルがないかを常に定期点検しておきましょう。

まとめ

床暖房 後付け 質問 疑問 こんな方法 回答

いかがでしたか?

洗濯機の蛇口からの水漏れには、応急処置から本格修理、予防までさまざまな対応方法があります。

いざというときにも慌てずに、落ち着いて、スピーディーな修理か、応急処置か、リーズナブルな対応を行うかなど、しっかりと冷静に判断したいものです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7d825f8d 03c5 4174 981e 9851bd78fd73
Written By
ミラーボール ツルピカハゲ丸
いつあの世に行ったのかわからない、そんな緑の紋付です
もともと、髪の毛が薄く、いつも地肌がほんのり光っている・・・なよ竹のミラーボール・ツルピカハゲ丸を勝手に襲名しようと思っていたら、本家がどこかに行ってしまいました。 ジジィ、はえーよ。 小さなころから家電豊富な家庭に育ち、今も現役のパソピアIQやカセットビジョンから新製品には縁のある環境。新製品も一通り押さえていますが、レトロ家電も捨てずに現役で使えるコンディションにあるのが自慢です。 製品選びのこだわりをお伝えできればと考えています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧