ダウンジャケットを洗濯機で洗おう!ふわふわに洗うコツとは?

目次

洗濯機でのダウンジャケットの洗濯について解説します

寒い時期にとても大活躍するのがダウンジャケットです。寒い冬などには、重宝されている方も多いのではないでしょうか。
そんなダウンジャケットですが、電車に乗ったり暖房の中来ていたら暑くて汗ばんでしまう場合があります。そのまま洗わずに放っておくと、臭いがしたりとトラブルが発生してしまいます。
しかし、毎回クリーニングに出すと金額もバカにならないですよね。
そこで、今回はダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗濯する方法をご紹介いたします。また、洗濯後の乾燥の方法や、保管方法もご紹介致しますので、是非ご参考にされて下さい。

ダウンジャケットは洗濯機で洗えるの?

そもそも、ダウンジャケットは洗濯機で洗って良いのでしょうか。お持ちのダウンジャケットが洗濯できるのかどうかは、洗濯表記を見ると分かります。
ダウンジャケットの洗濯表示に、手のマークまたは桶のマークが記載されていると洗濯が出来ます。
逆にバツ印が付いていたら洗濯する事が出来ませんので気をつけましょう。

ダウンジャケットには、バツの表記が書いてあるものが多いですが、ナイロン生地やポリエステル生地の場合であれば、自己責任になりますが洗濯する事が可能かもしれません。

レザーやウールは、洗濯すると色落ちや縮みの原因となりますので絶対に洗濯機で洗濯しないで下さい。

ダウンジャケットを洗濯機で洗う方法とコツ

では、ダウンジャケットを自宅で洗う方法やコツ注意点を見ていきましょう。

方法

〜下準備〜

汚れが酷い場合は、予備洗いをしましょう。洗剤を含んだスポンジで優しく叩くようにして汚れを落としていき、付け置きしていきます。汚れがある程度浮いたら洗濯機で洗っていきます。

〜洗濯機で洗っていく方法〜

では、まず洗濯機でダウンジャケットを洗っていく方法をご紹介します。手順通りに行いダウンジャケットを洗濯していきましょう。
手洗いコースがある洗濯機では、手洗いコースを使用してください。

準備するもの

  • 洗濯ネット
  • オシャレ着用中性洗剤

手順①

ダウンジャケットのファスナーやボタンを閉めていきます。そして、フードを外しダウンジャケットを畳んで洗濯ネットに入れます。フードは、ダウンジャケットの上に乗せるように入れて下さい。

手順②

ダウンジャケットは、水に浮いてしまうので先に洗濯機に水を溜めていきましょう。自動コースにして水が溜まった所で一時停止すると簡単に水を溜める事が出来ます。
水が溜まったら、ダウンジャケットを押し込むように入れます。水を含むまで何度か浮いて来てしまうかもしれませんので、数回繰り返し浮いてこなくなったのを確認しましょう。

手順③

脱水の直前まで洗濯機を回しましょう。ずっと洗濯機の前にいるのも退屈でしょうから、洗濯機の洗い時間を確認しタイマーをかけて置くと良いでしょう。

手順④

脱水まできたら、脱水を30秒で切ってしまいましょう。一時ダウンジャケットを取り出しダウンジャケットをほぐして再度30秒脱水をします。
これを、3回ほど繰り返していきましょう。脱水は、少しずつ行なっていかないとダウンジャケットの羽毛が一箇所に溜まってしまいますので、一気に脱水をせずほぐしながら羽毛を全体に広げながら洗濯して下さい。
脱水が終了したら、ダウンジャケットの洗濯は終了です。

〜ダウンジャケットを洗濯機を使って手洗いする〜
やはり、ダウンジャケットは洗濯機に任せるよりは自身で手洗いした方が一番良いです。洗濯機を使用しながら手洗いをする方法をご紹介していきます。

〜下準備〜
洗濯機で洗う場合と同じく、汚れが酷い部分はスポンジで叩き洗いして付け置きしておきましょう。

準備するもの

  • ゴム手袋
  • オシャレ着用中性洗剤

手順①

洗濯機の中に水を溜めていきましょう。水が溜まったらオシャレ着用中性洗剤を適量入れていきます。
ダウンジャケットは、水に浮くので底が深い洗濯機でも安心して洗濯していく事ができます。

手順②

洗濯機の中にダウンジャケットを入れ手でもみ洗いしていきます。全体的に洗えるよう40回ほどもみ洗いしていきましょう。しっかりと汚れを落としていきましょう。

手順③

洗い終えたら、洗濯機の脱水機能を使用し脱水していきましょう。手洗いコースの脱水機能がある場合は、そちらを使用しましょう。
脱水は30秒ほどダウンジャケットを回すだけで停止させましょう。

手順④

次に、再度洗濯機に水を溜めていきます。水が溜まったら優しくもみ洗いをし、すすぎの作業を行います。洗剤をダウンジャケットから出すような感覚で揉み洗いをしていきましょう。
もみ洗いが終了したら、脱水をし再度水をためダウンジャケットから泡が出てこなくなるまで2〜3回ほどすすぎ作業をしましょう。

手順⑤

脱水をしていきます。脱水は、洗濯機の脱水機能を使用しましょう。時間は、1分くらいで、洗濯機の洗濯槽にダウンジャケットが張り付かないように様子を見ながら脱水していくと良いです。
洗濯機の脱水が怖い方は、タオルドライを行なってください。バスタオルにダウンジャケットを乗せ水分を拭き取ってください。

コツ

ダウンジャケットを洗う際は、先程も述べた通り30秒など区切り区切りで脱水して下さい。洗濯機で、一気に脱水してしまうと羽毛は一箇所に固まり、ダウンジャケットは形を崩してしまいます。

注意点

ダウンジャケットは、自宅で洗濯してしまうと羽毛が絡まってしまいフワフワ感がなくなり、ぺったんこになってしまう可能性も少なくありません。
そうならない為にも次に、記載している干し方がとても重要になってきます。洗濯機で洗濯をしぺったんこになったからと言ってすぐに諦めず正しい干し方でフワフワ感を取り戻しましょう。

ダウンジャケットの洗濯後の上手な干し方と保管方法

ダウンジャケットは、洗濯後にどう上手に干していくかで、フワフワ感などが変わってきます。洗濯機で洗いぺったんこになったダウンジャケットも干し方1つで元どおりになりますので、適切な干し方をしていきましょう。

干し方

まずは、自宅のハンガーを使用して乾かしていく方法をご紹介致します。

自宅のハンガーを使用する方法

自宅でダウンジャケットを乾かす場合は、2〜3日かかりますので、ダウンジャケットの代用などが必要となりますので、予め用意しておきましょう。

準備するもの

  • アームが長く太めのハンガー
  • 直射日光が当たらない風通しのよい場所
手順①

まず、ハンガーにダウンジャケットを掛けます。この時、ダウンジャケットの内部にきちんと隙間が出来るように干していきましょう。
中々隙間が出来ない場合は、ハンガーを2個使用すると良いです。

手順②

直射日光が当たらない風通しの良い場所に干していきましょう。また、雨などが降っても濡れない場所が良いです。

手順③

1日経つと、多少乾いてきますのでそこで上下に振ったり叩いたりする事で羽毛をフワフワにしていきましょう。
再びハンガーにかけ、2〜3日完全に乾くまでダウンジャケットを乾かしていきましょう。

〜コインランドリーで乾かして行く方法〜

次に、コインランドリーで乾かしていく方法をご紹介いたします。急ぎで、ダウンジャケットが必要な場合はこちらの方法を使用していきましょう。

手順

必ず、回転式の乾燥機を使用して下さい。コインランドリーによって違いますが、低温機能の乾燥機を使用する事をおすすめします。
乾燥時間は、15分〜20分ほどで短時間で乾かしていきます。
回転式だと、ぐるぐると回転し温風で乾かす事で空気がたっぷりと入りフワフワに仕上がります。
急ぎでないにしても、コインランドリーの乾燥機の方が生乾きの防止にもなりますので、乾燥機代が惜しくない方はコインランドリーの乾燥機を使用する事をおすすめいたします。

保管方法

冬が終わればダウンジャケットも、長期間使用しません。適切な方法でダウンジャケットを
保管していく事で、虫食いやカビから守ってくれます。ダウンジャケットの保管方法をご紹介いたします。

ダウンジャケットは、ビニールを被せたりと被せ物をする必要はありません。できるだけ、高い場所にハンガーで吊るし保管しましょう。この時、ハンガーは厚みのある物を使用して下さい。圧縮袋は、羽毛が折れる原因となりますので使わないようにしましょう。
保管場所がなければ、クリーニング屋など保管受付をしている場所を利用するのも良いですね。

ダウンジャケットを洗濯機で洗い失敗した場合の対処法

ダウンジャケットを洗濯機で洗い失敗してしまったら、羽毛をせっせとほぐしていく事が一番効果的です。かなり地道な作業ですが、こちらの方法がダウンジャケットを元に戻すのに良い対処法です。

また、クリーニング屋に詳細を話しどうにかならないのかを相談してみるのも良いです。結果的にクリーニング代がかかってしまう可能性が高いですが、大切なダウンジャケットであれば惜しまずクリーニング屋を尋ねましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダウンジャケットは、自宅の洗濯機で洗濯出来てしまう事がわかりました。ダウンジャケットは、冬の間長く使用していきます。汚れたり、その都度クリーニングに出すと莫大な費用がかかってしまいます。
自宅で、ダウンジャケットをお手入れしていく事でお金も浮きとても楽になります。皆さんも、ぜひご自宅の洗濯機でダウンジャケットを洗濯してみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧