Xperiaが重い…androidスマホが重くなる原因と対処法!

目次

XperiaなどのAndroidスマホが重い原因や対処法について解説します

スマホ 重い xperia

買ったばかりの頃はサクサク動いていたスマホが最近どうも重くてカクカクする、読み込みに時間がかかる、フリーズする。

スマホを使ったことがある人なら、ほぼ100%経験する悩みです。重い原因が今ひとつ特定できず、故障かどうかわからないのも困ったところ。

けれどその重くなる悩み、修理に出さなくてもすぐに解決できる場合があります。

今回の記事では、Xperiaなどのandroidスマホの動作が重い場合の原因や対処法をご紹介して行きます。どれも難しいものではないのでぜひ試してみて下さい。

Xperiaやandroidスマホが重い原因とは?

スマホ 重い xperia

まず最初に、買ったばかりのころは軽快に動作していたのに徐々に重くてモッサリしてしまう原因について考えてみます。

重い原因①ストレージ容量不足

「内部ストレージ」という言葉を聞いたことがありますか?

パソコンやスマホなどの情報端末にはテキストや画像、ソフトなどのデータを収納しておく場所があり、それが内部ストレージです。机の引き出しに例えられることが多いです。

よくスマホに128GBや256GBモデルと言うものがありますが、この数字が内部ストレージの総容量を表しています。

買ったばかりのころは基本的なシステムやアプリしか入っていないのでストレージには余裕がありますが、使っていくうちに写真や画像、アプリなどがどんどん増えていき重くなる原因になる可能があります。

基本的にストレージの総容量に対して使っている容量が多くなり圧迫すればするほど、スマホの動作が重くなる傾向があります。

重い原因②メモリ不足

スマホにはRAMというメモリが搭載されていて、処理能力に直結します。ストレージが机の引き出しに例えられるのに対して、メモリは机の上に例えられます。アプリなどを動かす時に必要な部分です。

「収納されているアプリ」とは別に、「今動いているアプリ」があり、前者は基本的にストレージ容量に影響を与え、後者はメモリによって処理されています。

メモリ=机の上の大きさによって、使用アプリ(システム)=ノートやペンなどを一度に出しておける量が決まっています。

一度に使用するアプリを増やす、あるいは使用負荷の高いアプリ(ゲームなど)を使うほど、メモリを圧迫して行きスマホの動作が重くなる、最悪の場合フリーズや強制終了を引き起こします。

重い原因③経年によるもの

長い期間使っているスマホに起りやすい、重くなってしまう原因です。スマホに使われている電子技術は年々凄いスピードで進歩していて、同じように見えるアプリやシステムでも使用容量が多くなっていきます(ストレージ、メモリ容量両方)。

古いスマホの時には必要のなかった容量の大きなアプリやシステムが原因で、androidスマホの動作が重くなる場合があります。

必要最低限のものしかインストールしていないのに動作が安定しない場合は経年による原因が考えられます。

個人的な意見ですが、ここまで来ると今後のためにも買い替えを検討するのがおすすめです。

ちなみにスマホの寿命については下記の記事で解説しているのでぜひこちらも読んでみてください。

重い原因④アプリ同士の相性

androidスマホはカスタマイズの自由が高く、ついつい色々なアプリをインストールしがちです。個々のアプリは別々のメーカーが製作しているので、競合して予期しないエラーを吐き出す場合があります。

iPhoneではアプリ登録の審査水準がandroidよりも厳しいため、エラーが起こりにくくなっています。カスタム自由度が高いために起こる現象とも言えます。

個人的に遭遇した具体例を挙げると、スマホ購入時にアンチウイルスソフトが既にインストールされているのを見落としていて、違うソフトをインストールしたところ動作が非常に遅くなり、一方のアンチウイルスソフトをアンインストールしたら直った、ということがあります。
※ 単なる実体験によるものであり、メーカー等が正式に声明を出しているわけではありません。

Xperiaやandroidスマホが重い場合の対処法は?

スマホ 重い xperia

ここまで故障ではない範囲で、androidスマホの動作が重くなるケースを挙げてきました。

ここからは、修理や買い替えを検討する前にぜひ試していただきたい、スマホの動作が重い状態を解消する可能性のある方法をご紹介します。

Xperiaなどのandroidスマホであれば、機種ごとの違いはあまりなく共通して効果のある方法です。

重い場合の対処法①写真やアプリの削除

スマホの動作が重くなっている原因が①のストレージ容量を圧迫している、あるいは②のメモリ容量が不足しているのであれば、容量を減らせば直る可能性があります。また、④のアプリ同士の相性が原因の場合にも有効です。

あまり使っていないアプリやよくわからないアプリを削除していきます。ホーム画面から設定→アプリで一覧を表示して任意のアプリをタッチすれば、アンインストールや強制停止、無効にすることが可能です。

もう少し詳しく解説するとホーム→設定→メモリの項目を参照し「アプリの使用量」をタッチすると、現在起ち上がっているアプリとそのアプリが消費しているおおよそのメモリが表示されます。

この画面を見て不要なアプリを削除、停止する方法も有効です。

一部、購入時からインストールされていたりシステム上大事なアプリはアンインストールできない場合があり、その場合は無効や強制停止しておきます。

この時に注意してほしいことがあります。「よくわからないアプリ」が「システム上大事なアプリ」である場合があり、知らずに停止などしてしまうと新たな動作不良の原因になり得るので、慎重に対応することをおすすめします。

写真などはアプリと違って入れ直しのきかないものなので、削除と言うより外部ストレージなどに移動することをおすすめします。

重い場合の対象法②バックグラウンドアプリの停止

原因②のメモリ不足でスマホの動作が遅くなっている場合に直る可能性があります。

パソコンなどの操作に慣れているとつい忘れがちですが、スマホのアプリは画面を消してもアプリは終了しておらず、バックグラウンドで起動、待機しています。そのままにしておくとメモリを消費しており動作が重い原因になります。

バックグラウンドアプリの停止はとても簡単で、ホーム画面で□ボタンをタッチすると現在起動中のアプリが一覧で表示され、使わないアプリを左右にスワイプ、もしくは×ボタンをタッチすることで終了できます。

これで動作が軽くなったらほぼメモリの問題です。ただし、「常に複数のアプリを起動しておきたい」と言う方は、処理能力の高い機種に交換を考えるのがおすすめです。

対象法③キャッシュの削除

スマホなどの情報端末にはキャッシュが増えていく特徴があります。

キャッシュとは、一時データのことです。よく使うアプリの設定や頻繁にアクセスするWEBサイトの画像などを、一度ずつ読み込まなくても良いように(処理を早くするために)スマホに一時的に覚えさせておきます。

キャッシュは基本的には増え続けていくものであり、小さなデータでも長期間蓄積するとストレージやメモリの処理能力を圧迫します。

そのため、キャッシュを定期的に削除するのもおすすめです。方法は簡単で、ホーム→設定→ストレージからキャッシュのデータの項目を選びタッチしてクリアを選択するだけです。

余談ですがこのストレージ画面でおおよそのストレージ消費量とその内訳を知ることが可能です。

対処法④ウィジェットやライブ壁紙を削除

ウィジェットとは、ホーム画面から手軽に使えるアプリのことで、時計や天気予報、ニュース速報などが代表的なウィジェットです。

ウィジェット自体はそこまで重いものではないですが、常に起ち上がっているという特徴があり、メモリを消費しています。

壁紙も同様に常駐していて、特にライブ壁紙などは意外にスマホの負担になっていることがあります。

Xperiaやandroidスマホが重い場合のアプリでの解消法

スマホ 重い xperia

ここまで、基本的にデータを削除することでスマホの動作を軽くする方向で考えてきました。ここでは逆にアプリを使うことで問題が解決できないか考えてみましょう。

データ預かりアプリの使用

すぐに使わないもの、例えば写真や音楽データなどはデータお預かりアプリなどのクラウドストレージを使って保存しておくことも可能です。

出し入れがやや面倒ですが、内部ストレージに入りきらないデータを保存しておくことができます。

メモリ解放アプリ

OSのバージョンが古いタイプのandroidだと、キャッシュ削除機能などがついてないことがあり、この場合にはメモリ解放アプリを利用する方法があります。

メモリ解放アプリはキャッシュデータの削除やメモリの使用領域の最適化をアプリを通じて行ってくれますが、新しいOSバージョンでは効果が実感できない場合があります。

Xperiaやandroidスマホが重くフリーズする場合はどうしたらいいの?

スマホ 重い xperia

上記に書いた方法でも改善しない、あるいは動作が重すぎてフリーズする状態まで行ってしまうと、根本的に容量が少ない、もしくは故障の可能性が出てきます。

そんな時は問題を特定させるため、思い切って初期化してしまうのも一つの手です。初期化とはユーザーが追加した全てのデータを削除し、出荷時の状態に戻すことです。

その際アプリは再インストールするとして、再現性のないデータ(写真、音楽、作業ファイル)などは外部ストレージに移動しておくのをおすすめします。

初期化して改善がなければ、動作が重いのはストレージやメモリのデータ量の問題ではなく、機器の劣化や故障などが考えられます。修理や買い替えを検討する段階です。

まとめ

スマホ 重い xperia

今回は、Xperiaなどのandroidスマホの動作が重くなる原因について解説し、直る可能性のある対処法をご紹介しました。

皆様もぜひ試していただき、より快適にスマホを活用してみて下さい。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧