リュックは洗濯機で洗濯できるの?どうやって洗濯すればいいのかをご紹介!

この記事を執筆するにあたって

筆者はモバイルPCを常に持ち歩くスタイルの仕事をしていたことがあり、この時かばんはリュック(ナップザック)を使用していました。一度「大失態」したのはリュック内部で弁当箱が開いてしまって、もう丸洗いしかないというところまで迫ったことがありました(PCは無事)。このときは風呂場でシャワーを使っての手洗いをしましたが、洗濯機が使えればもっとラクだったと思います。

Written By 速水 雄一

目次

リュックを洗濯機で洗いたい

この記事では「リュックを洗濯機で洗濯できるか」と疑問に思った方へ、そのリュックが洗濯機に対応できるかどうか見分ける方法をお伝えするものです。
\
全てのリュックが洗濯機で洗えるということはなく、どちらかというと「制約付き」で洗濯できないことはない、という感じの推奨度にはなります。

その際のいくつかの注意点や、洗濯機は避けて手洗いや消しゴムなどの利用に留める理由・方法も調べます。また、洗い終わったリュックを上手に干す方法などにも触れていきます。リュックは衣類とは違い、そう頻繁に洗うことが要求される製品ではありません。

しかしながらその性質上「背負う」ことが普通であるため、屋外でアクティブに持ち歩く製品ですから汚れと無縁ではありません。型崩れや色落ちに十分注意して、適切な方法できれいに保ちたいものです。

リュックは洗濯機で洗濯できるの?その際の注意点は?

リュックでも洗濯機で洗って大丈夫なものと、洗濯機は全く不向きなものとはっきり分かれます。

まずはリュックの「生地」が何かということが第一関門です。全体あるいは一部でも「革生地」が使用されていれば、これは水洗いには全く向きません。ただし取り外しが可能であればその他の部分の素材次第です。

一般的に、ポリエステル・ナイロン・布製のリュックであれば、洗濯機で洗える可能性が十分あります。綿生地製品の場合に激しく色落ちすることは考えられますので、濡れティッシュなどでこすってみて色素の出方を調べておくとより安心です。

また「プリント」や「シール」などがついていて、それがはがれるか薄くなるなどのリスクがある場合には持ち主の考えひとつです。それらに価値があるのであれば洗濯不可であり、ある程度仕方ないと思えるならば洗濯してきれいにする方をとります。

洗濯表記の確認

リュックにも衣類と同じように「洗濯表記」のタグがついていることがほとんどです。洗濯絵表示がないとしても、下の画像のように「文言」で注意点が書いてあるものもあります。(これは「OUTDOOR社」の製品です)

リュックのタグその1

この記述からすると「冷水(普通の水道水)と中性洗剤で」と、ありますので洗濯機に「手洗いコース」等の優しい洗い方があるなら洗濯機で洗えると思ってよさそうです。

しかし洗濯表記あるいは洗濯絵文字で「洗うことは不可」と表記されていた場合には洗濯機の性能に関わらず避けたほうが賢明です。洗濯表記等が一切ないリュックについては生地が何であるかで大体分類できますが、仮に洗濯機を使用したとなると乾かすまでの工程で全く影響がないことは少ないでしょう。なるべくダメージを受けない方法を選びたいです。

注意点

繰り返しになりますが、洗濯機が使えそうとなった場合にもいくつか注意すべき点があります。まずパーツや装飾部品などの取り外しが可能なもので今回特に洗う必要のないものは全て外します。

レザーパーツなどは付けたままではいけません。革は水洗いによってほぼ確実に縮むか変形します。リュックのメーカーでは本来「洗濯機」で洗われることを前提に作ってはいない製品が多いと想定されます。ライト感覚で使う製品の一部では洗濯機での洗濯が、比較的自然にされることは結果的にはあるかもしれません。

しかし生地のダメージや色落ちなどのネガティブな要素が疑われるときには「手洗い」で済ませる方法を選ぶくらい慎重なほうがいいと思われます。革製品や合成皮革でデリケートなデザインのものは、最初から洗うことができないと思ったほうがいいでしょう。

ブランド品などは取り扱い正規店に相談するなどをお奨めします。

リュックの洗濯機での洗濯方法

リュックを洗濯機で洗う場合には、水量・水流の強さ・洗濯ネットの使用など、いくつか注意しておきたい項目があります。あまりにも極端に「強く」洗うと、型崩れを起こす可能性が高いからです。

洗濯手順

まずは外れるパーツは全て外してしまいます。

そしてリュックを裏返すことができるのであれば裏返します。これは表面に撥水コーティングがあるなどを想定する意味で重要です。次に「洗濯ネット」で全体をすっぽり覆います。洗濯ネットは必須条件といっていいでしょう。そのままでは洗濯槽内部での摩擦でダメージが大きすぎます。

その意味からも設定は多めの水量にします。洗濯コースを選べる洗濯機ならば、なるべく優しく洗えるコースを選ぶようにします。洗い時間は短めのほうがいいでしょう。

反面、すすぎはしっかりとすることが基本になります。例として画像を下に示します。

洗濯コースパネル

洗濯水量パネル

この洗濯機では「手造り」コース選択から、水量と洗い時間、すすぎ回数、脱水時間を設定しています。脱水に関しては、1分でも十分かもしれません。一番のポイントは「多めの水量」かと思われます。

洗剤は蛍光剤や漂白剤を混入したようなものは避けて、中性の洗剤にします。柔軟剤に関しては本来衣類のためのものなので使わないでおいたほうが無難でしょう。特殊なものとしまして、家庭でダウンジャケットを洗う場合に使う専用洗剤などもあるようです。

それらがリュック洗いにも向いているというユーザーの支持もあるようです。色落ちの可能性も高いことが予測されますから同時に何かを洗うことは避けます。そして最後の工程の「脱水」は型崩れやしわ・縮みの原因になる可能性が非常に高いので全くしないか、軽くする程度で引き上げてタオル等で水気を吸ってから干すようにします。干し方に関しましては後述します。

リュックを洗濯機以外で選択する方法

洗濯機が使えない場合には、「消しゴム」を使う、「手洗い」をする、のいずれかの方法で汚れを落とすことも可能です。汚れがそうでもない場合にも「匂い」が気になることはあるでしょう。最近は品質の良い「消臭スプレー」がありますのでそれらを使うのもひとつの手でしょう。

消しゴムを使う

部分的に目立った汚れがあるような場合には「消しゴム」を使ってピンポイントで落とすことができます。使う消しゴムは特別なものではなく普通の製品で問題ありません。砂消しゴムなどを同時に使い分けてもよいと思われます。また、消しゴムではありませんがいわゆる「メラミンスポンジ」を使うとより有効な場合もあります。この製品では少量の水を使って汚れを落とすもので、リュックをそれほど濡らすことなくきれいにすることに役立つと思います。

手洗い①「浸して洗う」

ここでいう「手洗い」にも段階がいくつかあります。

まずは桶やたらいなどに中性洗剤を混ぜた液体に「浸しおきながら」「手で押すようにして」手洗いするやり方です。浴槽まるごと使えるならばそれもいいでしょう。洗濯機は無理だとしても、水に浸けることの影響をそれほどには受けにくいケースでこれを選びます。手間ではありますが、洗濯機が「水流」で汚れを落とすところを手の感触で洗い流すので一点集中的に汚れを十分に落とせます。

それと同時に「型崩れ」を最小限に保てます。ですから洗濯機が使えるケースでもこちらを選んでおけばまず間違いはないと言えます。すすぎは数回に分けて、汚れた水が出なくなるまで洗剤をきっちりと落とすことが重要です。

手洗い②「洗剤を含んだタオルで叩くように汚れを取る」

もうひとつの「手洗い」は、水に浸すことを極力避けて汚れを「移しとる」ように洗う方法です。洗浄液はやはり中性洗剤の溶液を使います。配分的には水に対して1%~2%程度がいいようです。

これを吸収力のあるタオル等にやや多めに含ませ、そのタオルで叩くようにして汚れ部分を洗浄します。こちらの方法では「すすぎ」という概念は持たないでください。あくまでも「汚れを移しとる」ことに留めます。そうすることによってリュックへのダメージは最小限に収めることができます。

リュックを洗濯機で洗濯した後の干し方

リュック逆さ吊り

画像のように洗ったリュックは、ファスナーは全て全開にして「逆さま」に吊るして干すと効率よく干せます。裏返しで洗濯した場合には元に戻してから型を整えるようにして干します。

そして直射日光は避けて、風通しの良い日陰に干すようにしてください。強い日差しは色合いを損ねる原因にもなります。運悪く天候が変わってしまったような場合には室内で干します。この際「送風」を当てることでより早く乾かせます。

長時間湿気を帯びたまま吊るしておくと、生乾きの嫌な匂いが残ることを防ぎます。ただし「温風」は避けたほうがいいでしょう。電気代がかかって贅沢な方法になりますが、室内の湿度を下げる機能があるエアコンを運転させることでもさらに早く確実に乾燥させることが可能です。

まとめ

「リュックは洗濯機で洗濯できるのかを知りたい」という方のために、素材ごとの分類や実際に「洗濯機」を使って洗う際の注意点などに触れてみました。「リュックを洗濯機で洗う」ことはそうそう頻繁にはないと思いますが、汚れたら使い捨てというような代物でもありません。

ご自身のお手持ちのリュックが洗濯機で洗える製品であるかどうかは、購入時に意識しているとなお良いと思います。また洗濯機がリスキーだと思えるような場合には丁寧に手洗いをするか、判断がつかない場合にはプロのクリーニング屋さんやブランドの正規取扱店に相談を持ち掛けたほうが安全ではあります。

特に「革」の生地を使ったものは安易に家庭で洗うことはしないほうが賢明と言えます。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 9f10cb4b b967 4443 a9d0 cb54cf78b7b9
Written By
速水 雄一
「読みやすい」を目標に記事を書いていきたいです
「ライター」としてはまだまだひよっこですが、その分「裏付け調査」をしっかりして、間違いのない情報をお伝えできればと思っています。 白物家電が好きで量販店に見に行ったりよくします。記事では、すでに自分が経験として持っている知識と、調べた結果をかみ砕いて、 それらをバランスよくまとめ、伝わりやすいものを書いていけるように頑張ります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧