洗濯機でワイシャツを正しく洗おう!正しく洗いシワが軽減する!

この記事を執筆するにあたって

家電量販店で働いていました。出勤はスーツでしたので毎日のようにワイシャツを洗濯していた経験と家電量販店で得た知識を元にこちらの記事を執筆しました。

Written By 遠藤 皇士

目次

ワイシャツの洗濯について解説します

毎日のお仕事で着るワイシャツ。最近のワイシャツは種類が増え、様々な素材や色のワイシャツがありますよね。そんなワイシャツの正しい洗濯の方法をご存知でしょうか。ワイシャツは正しく洗濯しないと型崩れを起こしたりシワになったりします。また毎日のように使うため黄ばみが出てきます。今回はワイシャツの正しい洗濯の方法をご紹介!それから元家電量販店販売員の私がワイシャツ洗濯におすすめの洗濯機をご紹介します!

洗濯機でワイシャツを洗う方法と注意点

洗濯機 防水パン 自分で 設置 無料 扉 開閉 ドラム式

洗濯表記の確認

まず確認しなくてはならないのが洗濯表記です。大抵はワイシャツのタグに書いてあるのでお持ちのワイシャツを確認してみてください。多くのワイシャツの場合は、綿100%または綿とポリエステル混紡が多いので家庭でも洗えます。中には手洗いしかできない場合や、家庭では洗えない場合もありますので、一度きちんと洗濯表記を確認してください。
洗濯表記だけではなく、タグの注意書きも読み、適切な洗剤を選びます。漂白剤が使えるかどうかも忘れずにチェックしましょう。

手洗いコースかドライコースを使用

ワイシャツを洗濯機で洗う時には、最近の洗濯機や洗剤は優秀ですから、洗濯機の標準コースでも充分に汚れを落とすことができます。ですがワイシャツを洗濯するときには、手洗いコースドライコースをおすすめします。手洗いコースとドライコースは似たような洗濯方法なので、どちらか一方の機能が搭載されていることが多いです。
手洗いコースとドライコースは弱い水流で丁寧に洗濯する方法です。脱水時間も短くしており、やさしく洗濯ができます。できればおしゃれ着用洗剤を使うと、色落ちや型崩れを防ぐことができ、よりよい仕上がりになります。手洗いコースやドライコースを使用する場合は、必ず洗濯ネットを使用し、型崩れを防ぎましょう。
最近の洗濯機には様々な機能がついています。型崩れを起こさないようにするコースや、アイロンなしでも着ることができるコースなどもあります。お使いの洗濯機の機能を確認してワイシャツに適したコースを探してみましょう。

洗濯手順

ワイシャツを洗濯機で選択するための手順をご紹介します。
- 洗濯表記を確認する
- ワイシャツのボタンをすべて外す
- 袖口や襟の汚れを確認する
- 必要に応じて部分洗い用の洗剤を使用する
- ワイシャツを 洗濯ネットに入れる
- 洗剤・漂白剤を入れる
- 手洗いコースかドライコースで洗濯する

洗濯機でワイシャツを洗った後は?

リネン シャツ アイロン

放置しておくとシワの原因となる

ワイシャツを洗濯したあとに放置してしまうと、シワの原因になってしまいます。特に綿100%素材のワイシャツはシワになりやすい傾向があるので注意が必要です。洗濯が終了して干すまでの時間、つまりシワになっている時間が長いと、それだけシワがつきやすくなってしまいます。ワイシャツの洗濯が終わったらすぐに干すことを心がけましょう。
取り出したあとは肩を持って軽く振ります。それだけでシワが伸び、簡単にシワを取ることができます。

たたんで軽く叩く

洗濯が終わったら、ワイシャツを干す前にたたんで軽く叩いてください。シワがついたまま干すことは当然ですがシワの原因になります。その後は形を整えるように襟や袖、気になる部分を伸ばしてください。

洗濯機でワイシャツを洗った際の干し方とアイロン法

ティファール アイロン おすすめ 

干し方手順

ワイシャツを干すときは、ハンガーにかけてボタンを留めます。その際には形が崩れないように注意しましょう。この時、縫い目を引っ張って伸ばしてください。そうすることで綺麗な仕上がりになりますよ。特に襟・袖口・ポケットはよく伸ばしましょう。
できれば太めのハンガーを使用することが好ましいです。太めのハンガーを使用することで肩の部分の形が崩れにくくなります。

アイロンのかけ方

ワイシャツは干し方と同様にアイロンのかけ方が重要です。まずはタグを確認してください。中にはアイロン不可の素材や当て布が必要な場合がありますので注意が必要です。タグを確認し、アイロンを適切な温度に設定します。記載通りの温度に設定しないと、ワイシャツの繊維が傷んだり型崩れの原因となってしまいます。
アイロンをかける際には綿100%のシャツには霧吹きでワイシャツ全体を湿らせてください。ポリエステル混紡の場合はスチームをしないでアイロンをかけるドライアイロンで大丈夫です。
空いている手で縫い目を伸ばしながら、襟、肩、腕、袖、身体の順番にアイロンがけします。アイロンは直線的に動かすことを心がけましょう。ワイシャツには折り目がありますので、ジグザグにアイロンをかけてしまうと変な折り目がついてしまったりします。ワイシャツの繊維を傷つけないように、押し付けずになめらかにかけてあげましょう。
アイロンが終わったらすぐにたたむか、ハンガーにかけてください。

ワイシャツを洗う際のおすすめ洗濯機

商品名

最初のおすすめは、SHARPのES-P110です。

型崩れを抑えてしっかり洗うホームクリーニングコースやアイロンがけが面倒な方向けにシワ抑え乾燥コースを搭載。シャープ独自の技術であるプラズマクラスターで菌の繁殖を抑えます。7つのエコセンサーを搭載し、電機や水の無駄を省いた運転を行います。電気代の節約にうれしいヒートポンプ式を採用。音声機能も搭載しているので初めての方でも簡単に操作が可能です。夜間や早朝でも安心の低温設計。ワイシャツ洗濯に自信を持っておすすめする商品です!

参照元SHARP公式サイト

SHARPからもう1台、ES-PU11Bです。

超音波ウォッシャーを搭載。超音波ウォッシャーと部分洗いを組み合わせることで、忙しい毎日でも綺麗な仕上がりと時短をかなえました。ワイシャツの痛みも抑えられるので、ワイシャツを長く着続けることができます。穴なし槽なので無駄な水を使わずに節水。もちろんプラズマクラスター機能搭載でカビ菌の繁殖を抑えます。アイロンがけが楽になるシワ抑えコースでシワの少ない仕上がりを実現。コンパクトでシンプルなデザインはお手入れも操作も楽々できてしまいます!

次におすすめするは、パナソニックのNA-VX9800L/Rです。

ヒートポンプ方式を採用したこちらのドラム式洗濯機では、洗剤・柔軟剤を入れておけるタンクを搭載し、洗濯のたびに自動で計量して洗剤を使用してくれるので電気代だけでなく洗剤・柔軟剤のコストも抑えられます。手洗いコースはもちろん、洗濯機の音が静かになるナイトコースも搭載しているので忙しい毎日でもしっかりと洗濯ができます。ご家族みんなで使える万能洗濯機です。

参照元パナソニック公式サイト

同じくパナソニックからNA-FA120V1です。

タテ型の洗濯機として初めて温水専用のヒーターを搭載。温水の洗浄力で臭いや黄ばみをしっかりと洗い落とします。黄ばみが気になるワイシャツにはつけおきコースがおすすめ。ついてしまった黄ばみを落とします。自動槽洗浄機能で黒カビの発生原因となる洗剤カスの付着を抑制、毎日のお手入れも簡単です。業界最大クラスの12kgモデルはご家族全員でお使いいただけます。

次のおすすめは、東芝のAW-9SV7です。

小さな泡を使って洗濯するウルトラファインバブル機能が売りの1台。毎日の洗濯で黄ばみの原因となる繊維の奥の皮脂汚れをしっかりと落としてくれるので、1年後の白さに差が出ます!忙しい毎日でも深夜や早朝に気兼ねなく使える低音・低振動設計。おしゃれ着コースでは傷みや型崩れを抑えて汚れををしっかりと落としてくれるので、ワイシャツを大切に使用したい方におすすめの機能です。

最後におすすめするのは、日立のBD-SV110Aです。

ワイシャツの型崩れを抑える60度以下の低温乾燥。高速風でシワを伸ばす風アイロン機能を搭載しているので、朝アイロンを忘れてしまっても大丈夫!ナイアガラ洗浄は襟の黄ばみや除去になります。優しく洗うドライコースはもちろん搭載。ワイシャツのお洗濯にうってつけの洗濯機です。

参照元日立公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。洗濯機でワイシャツを洗う際には正しい方法で洗濯しないとワイシャツがシワになったり型崩れしてしまいます。毎日使うワイシャツですので大切にしていきたいですよね。ご紹介した正しい洗濯の方法を日々の洗濯の参考にしてみてください。今回おすすめした洗濯機ではワイシャツを洗濯するのにおすすめの機能が搭載されています。この記事が少しでもみなさまの参考になれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small a8433945 4767 4f98 a45c d8e4dc2b2037
Written By
遠藤 皇士
家電の購入を考えている皆様のお力になれるようなライターを目指しています。
家電量販店で約3年間働いた後、ライターとなりました。元販売員の目線から皆様に本当におすすめできる家電を紹介したいと思います。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧