洗濯機が暴れる原因は?暴れるタイミングはいつ?対処方法も紹介

目次

洗濯機が暴れる!

現代の家庭で洗濯機はなくてはならない製品であり、洗濯機のない家庭もほとんどないと言っても過言ではない位世間に浸透した電化製品になっています。
そんな便利な洗濯機ですが、洗濯機が突然暴れだしてしまい、故障してしまったり制御不能になってしまうと大変な損害になってしまいます。

この記事では洗濯機が暴れる時はどの様な音が発生するのかを解説し、洗濯機が暴れるタイミングはどんな時かを解説致します。

また、洗濯機が暴れるのはどんな事が原因で起こるのかを解説するとともに、洗濯機が暴れる時の対処法も解説致します。
洗濯機が暴れてしまい、異常を起こしてしまった時には是非参考にして頂きます様お願い致します。

洗濯機暴れる時の異音は?

洗濯機が暴れる時の異音はガタゴトと何かがぶつかり合う様な激しい音が発生します。

洗濯機が暴れると言う事は、洗濯機の運転時に不具合が起きてしまい、うまく回転出来ていない為に洗濯槽内で洗濯機本体と洗濯機がぶつかり合う音が発生します。
その為にガタゴトと何かが激しくぶつかり合う様な大きな音が発生します。

洗濯機が暴れるタイミングはどんな時?

洗濯機が暴れるタイミングは主に洗濯機が運転中の高速回転する時に起こります。
洗濯機は標準的には洗い、すすぎ、脱水という工程を行って洗濯物を綺麗にして乾かす等の工程を行います。
洗いやすすぎ、特に脱水時には洗濯機はとても高速で回転を行う為、その際に洗濯槽内で部品の破損等の不具合が起きてしまうと、高速な遠心力から来る振動により洗濯機が暴れる等の症状が起こってしまいます。
洗濯機が運転中にいつもより激しい振動が起こったり、不自然な振動が起こる場合は洗濯機が故障の前兆を起こしている、もしくは内部の部品等何らかの箇所が故障している可能性が高いでしょう。

洗濯機が暴れる原因はどんな事?

洗濯物が片寄っている

洗濯機が暴れる原因として洗濯機内の洗濯物が一部分に極端に偏っている可能性があります。
洗濯機は運転中高速回転しますので、洗濯槽内ではかなりの遠心力がかかります。
その様な状態で洗濯物が一部分に極端に偏ってしまいますと、洗濯槽内で洗濯物が偏っている部分と洗濯物が空の部分の差が生じてしまい、洗濯機が暴れてしまいます。

洗濯機の設置が傾いている

洗濯機が暴れる原因として洗濯機の設置が傾いている場合があります。
床が斜めに傾いていたり、凸凹した床の上に洗濯機をお置いてしまうと、洗濯機が安定して運転出来なくなってしまいます。
その様な状態で洗濯機を運転すると、洗濯槽内で洗濯物が一部分に偏ってしまったり、斜めを向いて洗濯機を運転してしまう形になってしまいます。
その様な状態では洗濯槽内では遠心力がかかった状態で安定した運転が出来ていない為、洗濯機が暴れる原因になってしまいます。

回転ベルトが切れている

洗濯機が暴れてしまう原因として洗濯機の回転ベルトが切れてしまっている可能性があります。
洗濯機を長期間使用していると、どうしても経年劣化により部品が消耗、劣化してしまいます。
内部の部品である回転ベルトが切れてしまい、洗濯機がうまく運転出来ずに洗濯機が暴れてしまう事があります。

パルセーターの異常

洗濯機が暴れる原因としてパルセーターに異常をきたしている可能性があります。
パルセーターとは洗濯機の部品で言うところのプロペラ部分にあたるところです。
パルセーターにごみやほこりが詰まってしまっている、またはパルセーター事態が故障してしまっている可能性があります。
パルセーターに異常をきたしてしまいますと洗濯機が運転中にうまく回転する事が出来ない為、洗濯機が暴れる原因になってしまいます。

洗濯 機 暴れる

洗濯機が暴れる時の対処方法は?

洗濯物が片寄らない様工夫する

洗濯機が暴れる時の対処法は洗濯物が片寄らない様工夫をする事により、洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。
洗濯物が片寄る原因として、洗濯ネットを使用して洗濯物が一部に固まってしまう事があります。
確かに洗濯ネットを使用すると、洗濯物の仕分けや型崩れ等様々な面で便利な洗濯方法です。
ですが、洗濯機が暴れてしまう程洗濯物が片寄ってしまえば、洗濯機の故障の原因に繋がってしまいます。
洗濯ネットを全く使用してはいけないとは決して言いません。
洗濯物の量に合わせて使用量を調整しながら洗濯機が暴れない程度に使用しましょう。

洗濯容量を越えない様に工夫する

洗濯機が暴れる時の対処法として洗濯機の容量を超えて洗濯物を洗濯しない様に工夫しましょう。
洗濯容量が5㎏未満の容量の洗濯機に対して大型の毛布や布団、絨毯等の洗濯物を洗濯してしまうと洗濯槽内の洗濯物が片寄ってしまい、洗濯機を運転中に洗濯機が極端に片寄ってしまい、洗濯機が暴れる原因になってしまいます。
大型の洗濯物を洗いたい場合は大型の容量が大きな洗濯機を購入する、またはコインランドリーやクリーニングを利用する等の工夫をして洗濯機が暴れない様に注意して洗濯をしましょう。

回転ベルトを補修する

洗濯機が暴れた時の対処法として洗濯機の回転ベルトを補修する事により洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。
洗濯機を長期間ご使用し続けると、様々な部分が経年劣化により故障や劣化がはじまります。
回転ベルトは洗濯機の運転を司る部分ですので、とても負担がかかりやすく、回転ベルトが切れる事は洗濯機の故障について多々ある現象の一つでもあります。
回転ベルトが劣化してしまったり切れてしまいますと、洗濯機の回転が安定しなかったり洗濯機の回転事態しなくなってしまう事があります。
その様な状態で洗濯機を運転すると、洗濯機の高速回転による遠心力から洗濯機が暴れてしまいます。
洗濯機の回転ベルトの修理、補修は洗濯機についてとても詳しい方で洗濯機の高度な知識
を有している方だはない限り修理、補修は難しいかもしれません。
無理に修理、補修をしようとして、かえって故障が悪化してしまったり、完全に壊れてしまう可能性もあります。
難しいと感じたら無理をせずにメーカーや専門の修理業者に修理をお願いする事も良い選択でしょう。

パルセーターを補修する

洗濯機が暴れた時の対処法としてパルセーターを補修する事により洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。
洗濯機のパルセーターは洗濯機の回転をつかさどるプロペラの部分ですので、パルセーターに詰まったごみやほこりを取り除く事によりパルセーターが正常に運転して洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。
また、パルセーター事態が回らなくなってしまった場合は、パルセーターの接触が悪かったり、内部の部品が故障している可能性があります。
パルセーターの修理はとても複雑な知識と技術が必要になります。
パルセーターの故障を修理する事に少しでも不安を感じたら、無理をせずにメーカーや専門の修理業者に修理をお願いする事をおすすめ致します。
パルセーターの修理、交換を行う際も洗濯機の高度な知識と技術が必要になります。
無理をして故障の症状が悪化してしまったり完全に故障してしまう前に専門の業者に依頼しましょう。

設置方法が片寄らない様に工夫する

洗濯機が暴れる時の対処法として洗濯機の設置方法を片寄らない様に工夫する事で洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。
洗濯機を設置している床がへこんでいたり、床が傾いていたりすると洗濯機が暴れてしまう為、洗濯機の床に防振マット等を敷く等して床に対する角度の安定をはかりましょう。
また、洗濯機の高さや角度が安定しない場合には防振ゴム等を利用して高さを調整する事により洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。

商品名J-base 洗濯機振動吸収パッド

こちらの製品は洗濯機の下に敷く事により、洗濯機の安定をはかる事が出来、洗濯機が運転中に暴れる事を防ぐ事が出来ます。
また、衝撃や騒音を吸収出来る為、アパートやマンション等の集合住宅では下の階への騒音を防ぐ事が出来ます。
騒音トラブル等も防ぐ事が出来ますので、とても使い勝手の良い製品です。

商品名hmd-5505 ゴムマット

こちらの製品は洗濯機の衝撃吸収や防音はもちろん、洗濯機や床の傾きに応じて高さを調整する等の処置を行う事により、洗濯機の運転時に安定した角度を保ちながら運転する事が出来ます。
洗濯機を安定させる事により、洗濯機が暴れる事を防ぐ事が出来ます。

対処しても洗濯機が暴れる場合は?

上記の様な原因に対して洗濯機が暴れる時の対処法の処置を行っても洗濯機が暴れてしまう場合は、洗濯機の修理、交換を依頼したり、買い替えを検討した方がよい場合もあります。
洗濯機の修理、交換は洗濯機のご使用年数が浅く、正常にお使い頂いた状態でも故障してしまった場合であれば、メーカーや販売元の保証期間であれば無料で修理、交換して貰えます。
また、近年では販売元でも長期保証をご用意していう販売店が沢山あり、洗濯機等の大型家電であれば5年から10年等の長期間保証してくれる保証をご用意している場合も珍しくありません。
それでも保証期間を過ぎてしまい保証の対象外になってしまった製品や、そもそもご購入時に保証に入っていないで購入される方も沢山おられます。
その様な場合では、洗濯機を新しく買い替える等の検討をする事もよいでしょう。
洗濯機が故障してしまった場合、新しい製品であれば問題ありませんが、ご使用年数が10年を越えてしまった製品であれば、メーカーに修理、交換用の部品が既に存在しない可能性があります。
その様な場合ですと、洗濯機の修理、交換に新しい製品を購入するよりも高額な金額がかかってしまったり、洗濯機の修理、交換事態が不可能な場合があります。
その様に高額な料金を支払ったり、修理、交換が不可能な場合であれば、無理をして今までの製品をお使い頂くよりも、新しい製品を購入しなおしてた方が料金もお安く購入出来て性能の良い製品を購入出来る可能性が非常に高くあります。
洗濯機の修理、交換が困難な場合であれば新しい製品に買い換える等の検討をする事も良い選択でしょう。

まとめ

最後に洗濯機が暴れた時の記事を執筆させて頂きまして、洗濯機が暴れた時にどの様な事態が起こるのかを想定すると非常に大問題である事を改めて再認識させて頂きました。
洗濯機についてとても知識がある方で自分で対処を出来る方はとても少ないでしょう。
その様な時に冷静に対処する事が出来て、適切に問題を解決出来れば問題ありませんが、ほとんどの方は洗濯機が暴れる事について問題を特定する事も難しいのではないでしょうか。
その様な状態で特に急ぎでなくてはまだしも、緊急を要する事があればとても困った事態に陥ってしまいます。
突然洗濯機が暴れたしまい、対処に困った時にはこの記事の内容が少しでもお役に立てる事があれば是非参考にして頂きます様お願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧