洗濯機は何キロを選べばいい?洗濯機の容量と選ぶときのポイントや注意点

この記事を執筆するにあたって

筆者は家電量販店に勤めております。洗濯機選びの基準と注意事項について詳しく解説を行っていきます。

Written By ブレンディ 0120

目次

洗濯機は何キロがいい?

洗濯機の購入を検討している方や、引っ越しや結婚などを期に、家族が増える予定の方などは、家電製品の買い替えや準備が必要になってきますよね。

生活家電と言われる中でも、必須になるであろう洗濯機は、利用する人数や洗濯の頻度によっても選ぶサイズは全然異なります。

洗濯機を選ぶ際は、「洗濯容量が○○kgという基準で選ぶことが多いですが、何人なら○kg」とはすぐに出てこないのが現実です。

今回は、洗濯機を選ぶ基準とサイズ等について、解説を行っていきます。

洗濯機 容量 サイズ キロ 選び方 注意

何キロを選んだらいい?洗濯機容量の計算方法

洗濯機のサイズ選びとして、一般的には以下の計算で算出する事が殆どです。

一人あたり15kg×使用人数=推奨洗濯容量」といった所です。

1日の一人当たりの洗濯物は約1.5kgと言われており、毎日洗濯機を回さない限りは、2~3日まとめて洗う方が殆どかと思います。

こういった場合は、「一人暮らし向け=5kg、2~3人=5~7kg、4~5人=7~9kg、5人以上=9kg~」といった洗濯容量で選ぶと良いでしょう。

ただ、毎日洗濯機を回す方や、洗濯頻度の多い方には上記の洗濯容量までは必要ないかも知れません。

生活スタイルや洗濯頻度に応じて変わるものでもあるので、参考の一つにしましょう。

何キロを選ぶ?洗濯機のタイプで決める

縦型洗濯機

洗濯機といったら縦型洗濯機をイメージする方が多いですよね。

実際に今の時代においても縦型洗濯機が主流です。

洗濯機を置くスペースも基本的には縦型洗濯機を想定しているので、洗濯機選びの際にサイズ感に悩まされにくいのがポイントです。

価格帯も安い商品が多いので、一人暮らしの方から大家族の方まで幅広い商品が用意されています。

一人暮らし向け=5kg、2~3人=5~7kg、4~5人=7~9kg、5人以上=9kg~」といった洗濯容量で選ぶと良いでしょう。

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機の場合の容量選びの基準としては基本的に縦型洗濯機と大きく変わりません。

しかし、ドラム式洗濯機については元々大きいサイズで設計されている為、現在販売されているドラム式洗濯機は「7~12kg」の商品が殆どです。

基本的には、4人以上の利用を想定している為、一人暮らしの方やアパートで洗濯機の置く場所が狭い場合は、スペックオーバーかも知れません。

ドラム式洗濯機は、乾燥容量が6kg前後の商品が多いので、洗濯容量が多くても乾燥まで一気にしたい場合は、分けて洗濯する必要もあるでしょう。

ドラム式洗濯機の購入を検討している方は、ドラム式洗濯機本体の大きさに注意して、搬入から設置まで問題ない事を確認してから購入するようにしましょう。

二槽式洗濯機

二槽式洗濯機は基本的に屋外に設置するタイプの洗濯機で、横に二つ洗濯槽が並んでいるのが特徴です。

二槽式洗濯機の場合、屋外に設置できるスペースが確保できれば問題なく使うことが出来るでしょう。

洗濯容量の選び方として、5~12kgと幅広いサイズが用意されていますが、基本的には縦型洗濯機と同じ考え方で容量を選ぶと良いでしょう。

洗濯を行う際は、洗濯専用の槽と脱水専用の槽に移し替える手間はありますが、使い慣れれば便利に使うことが出来るでしょう。

洗濯機 容量 サイズ キロ 選び方 注意

洗濯機は何キロを選べばいい?選ぶポイントは?

1日の洗濯物の量

1日の洗濯容量の目安は、「一人あたり1.5kg」と言われています。

よって人数が増えた場合は、「1.5kg×人数=○○kg」といった具合に計算をしましょう。

しかし、子供がいる場合や洗濯物が一般的な使用量よりも少ない場合、一概に計算式には当てはまりません。

また、家のバスタオルや敷き物等を洗う場合は、余裕を持って洗う必要がありますので、少し大きめの洗濯機を購入しておくと便利かも知れません。

毎日洗う場合とまとめて洗う場合

洗面所の衣類の臭いが嫌いな方は毎日洗っている方も実は多いんです。

こういった場合、一人暮らしの方は1.5㎏を目安に毎日洗濯機は回り、たまることはありませんから、大きな洗濯機を購入する必要はありません。

ですが、一方で洗濯をすることで、少しづつ衣類が傷んできているもの事実なので、衣類の消耗は早いかも知れません。

また、毎日使う洗濯機も少ない衣類でも既定の重さに対して水量を調整するので、節水とはいきません。

何日間かためて、まとめて洗う方に比べると水道代がやや高くついてしまうかも知れません。

洗濯機 容量 サイズ キロ 選び方 注意

乾燥容量もチェック

洗濯機は「洗濯容量と乾燥容量」の2つに分かれている事が殆どです。

その名の通り、洗濯できる容量に対して、乾燥機能付きの洗濯機であれば乾燥までしてくれます。

このしっかりと乾く容量の表記が、乾燥容量です。

仮に、洗濯容量が9kg、乾燥容量5kgの洗濯機に8kgの衣類を全自動で洗濯から乾燥まで任せると、洗いはしっかり行いますが、衣類が生乾きの状態で出てきます。

洗濯だけではなく、乾燥も一気にこなしたい場合は洗濯容量だけではなく、乾燥容量にも目を向けて購入を検討されると良いでしょう。

また、乾燥容量が大きくない洗濯機に関しては、衣類を数回に分けて洗濯を行うと、しっかりと乾燥まですることが出来るので使い方を変えるだけでも大きく変化します。

ライフスタイルに合わせて

それぞれの生活があるように、洗濯機一つとっても使い方は人それぞれです。

皆さんも洗濯機を回す時に、衣類と下着を分けて洗濯したり、こだわりの洗濯洗剤と柔軟剤を入れたりと、ちょっと工夫をしていませんか?

洗濯機は、こういった使い方に合わせてある程度は対応しているものですが、実際の所は一般的な使い方の目安としてホームページや家電量販店の規格に表示している事が多いです。

一般的と一概に言われても難しいですよね。

なので、皆さんそれぞれ違うライフスタイルに合わせて洗濯機を選ぶと良いかも知れません。

例えば、洗濯機は仕事の都合上、夜に回すことが多い方には、静穏性が確保されているドラム式洗濯機がおすすめですし、家族まとめて一気に洗いたい豪快な主婦の方には大容量の自動乾燥機能付き洗濯機がおすすめです。

頑固な汚れがつく服がたくさんある場合、国内メーカーのしつこい汚れも綺麗に落とす機能がついた泡洗浄やナイアガラ洗浄付きの洗濯機がおすすめです。

洗濯機 容量 サイズ キロ 選び方 注意

何キロを選ぶ?洗濯機を選ぶ時の注意点

設置スペース

洗濯機の設置場所は多くの場合、固定されている事は殆どです。

理由として、排水設備が整っていないと洗濯水の排水先がないから、というものです。

一般的に水回りが集まる洗面所に置かれている事が殆どですが、この時に注意してほしい事があります。

それは「排水パンの有無や設置する場所の把握」です。

洗濯機は大型家電です。家の中に搬入するために、家のドアから洗濯機を搬入し、設置場所に設置する必要があります。

まず確認しなければならないのが、家の入口(マンション・アパートなら、エントランス)から、洗濯機の設置場所まで、洗濯機の高さや幅で通すことが出来るのか?というところです。

基本的に業者が搬入しますが、マンションやアパートでエレベーターがない状態で搬入を行うのは至難の業です。

また、入り口の幅が狭すぎて洗濯機が入らないというのは、年に数回必ずあります。

また、排水パンがない建物がたまにありますが、洗濯機をかさ上げするのか、排水パンの購入が必要なのかは、大家さんか管理会社に確認を行いましょう。

また、洗濯機は乾燥時に左右に大きく揺すられます。

洗濯機を設置して、左右の壁にこぶし一個分の隙間は生まれるようにしましょう。

故障の原因になってしまいます。

洗濯機 容量 サイズ キロ 選び方 注意

ドラム式は開閉方向に注意

ドラム式洗濯機は、ドアの開閉方向が右開きと左開きのタイプがあります。

もし、自分の家にドラム式洗濯機を導入した際に、壁側に扉が開くタイプだと、開閉がしっかりされない事に加え、壁と扉がぶつかってお互いに傷付けあってしまいます。

商品によっては扉の開閉方向を付け替えられる商品もありますが、基本的には固定型なので、購入する前に必ず開閉方向の確認を行ってから購入ボタンを押しましょう。

設置する際は業者と自分でやるのとどっちがいいの?

洗濯機を購入する際に業者に取り付け工事をお願いする場合と、自力で設置する場合があります。

基本的には、電源コードとアース線の接続、搬入する際の手間を考えて、手っ取り早く業者に依頼する方が安心・安全ですが、出来るだけ安く仕上げたい場合は自分で行うことも出来ます。

その場合は安全を考慮し家族や友達へ協力をしてもらい慎重に搬入をするようにしましょう。

また、専門知識がない状態で家電製品を動かすのは意外と故障の原因になり易いものです。

あらかじめ、洗濯機を動かす時に必要な下準備や注意事項などをインターネットで下調べしてから行いましょう。

そして、無事搬入が終わったら、お手伝いしてくれた方々を労うこともお忘れなく。

まとめ

いかがでしたか?洗濯機選びの基準と注意事項について解説を行いました。

当サイトはインターネットでの家電製品購入を検討している方へ、購入への不安点や疑問にお答えするためにお役に立つ情報を掲載しています。

もしこの記事を読んでご不明点や疑問点が生まれた場合は、当サイトのお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

可能な限りご対応させて頂きます。

良い洗濯機に出会えることを切に願っています。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ブレンディ 0120
家電量販店勤務の家電マニア!よろしくお願いします。
家電量販店勤務経験のある家電マニアです。 家電の記事の執筆を行っていきます、よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧