冷蔵庫の処分にかかる費用はどれくらい?無料や買取を使い費用を抑えよう!

目次

冷蔵庫の処分の費用ってかかるの?

もしこの世に冷蔵庫がなかったら今の生活は一変していますよね。毎日、買い物に行かないといけないし、保存なんかも全くできません。やはり家電によって生活は潤われましたが、そのなかでも冷蔵庫は無くてはならない物でしょう。

今日明日に冷蔵庫を処分する予定がない人も、覚えておけば間違いなく損はない、冷蔵庫の処分費用について解説していきます。

冷蔵庫 処分 費用

冷蔵庫の処分にかかる平均費用はいくら?

冷蔵庫の処分にかかる平均費用はどれくらいなのでしょうか?

費用の前にまず冷蔵庫の処分方法には大きく分けて2つの方法があります。

1つが家電量販店や自治体などに依頼して「処分」してもらう方法。

もう一つがリサイクルショップやフリマサイトなどで「買取」してもらう方法です。

それぞれのパターンでのかかる費用を説明していきます。

「処分」する場合の平均費用

結論から述べていくと、冷蔵庫を「処分」する平均価格としては、6,000円前後となります。では業者ごとの細かい内訳をみていきましょう。

冷蔵庫を「処分」する場合は、まず「家電リサイクル券」をしっかり保管してあるかどうかをチェックしましょう。基本は購入時に合わせて買ってあるものです。ただし紛失などしてしまっていると改めて購入する必要があります。料金は、171L以下容量で3,672円、171L以上容量=4,644円(※一部メーカー除く)なので、ほとんどの冷蔵庫がリサイクル券料は最低限必要となります。

リサイクル券分のお金は国に納めるものなので、もちろんこの金額にプラスして業者に依頼をする必要があります。具体的には「家電量販店」「自治体」「引っ越し業者」などがあります。リサイクル券に加えて、業者に支払う運搬費が必要となるわけですね。

「処分」する場合の平均費用①家電量販店の場合

家電量販店の場合、新しい冷蔵庫を買ったお店だと引き取りと設置を同時に行ってくれるので、家で業者を待っている日も少なくて済み一気に終えることができます。また、特に大手の場合は専門のスタッフの人数も多いのである程度、日時などを調整してもらえ融通が利くことが多いのがメリットです。

運搬費の例を挙げると、ビックカメラ1,620円、ヤマダ電機1,080円、ヨドバシカメラ1,080円が標準価格となっています。これに例えば階段しかない2階以上にある、特殊な置き方をしているなど別途追加費用が必要となる場合があります。金額に関しては依頼を決定する前にきちんと把握して納得してから承諾するようにしましょう。

また家電量販店での処分価格は、あくまでも新しい冷蔵庫を購入して設置を行う事と同時での金額になります。処分のみとなると金額が変わってくるところがほとんどなので家電量販店に相談してみてください。

「処分」する場合の平均費用②自治体の場合

自分の住んでいる自治体に処分する冷蔵庫を引き取ってもらう方法があります。この場合でももちろん上記のリサイクル券料金は必要です。ただし、自治体の指定引き取り場所(ゴミ収集場)に持ち込むのであれば運搬費はかからないのでリサイクル券のみとなります。もちろんながら日頃ゴミを回収してくれるゴミ置き場に置くのは違法ですから不法投棄となり罰せられますので注意しましょう。

自治体経由で引き取りを依頼する場合は自治体が指定の業者に依頼するため、家電量販店などに依頼するより同額程度かそれより安価になることがほとんどです。ただし、自治体にもよりますが、日曜日は対応していなかったり、9:00~17:00のなかしか引き取ってもらえなかったりなど融通が利きづらいデメリットは否めません。

冷蔵庫 処分 費用

「処分」する場合の平均費用③引っ越し業者の場合

引っ越しをする際にそのまま引っ越し業者に預けてしまうと言う方法があります。別途、引き取りの日時を決めるなど面倒な手続きが無いので手っ取り早いのが大きなメリットです。デメリットとしては、冷蔵庫以外にも処分するものをまとめて処分するので、なかにはまだ使えて売れる可能性があるものも処分してしまう、まとめていくらとなるので引っ越し料金に上乗せとなり、金額はさじ加減一つなので比較的高く付いてしまう事が多いことが挙げられます。

「処分」する場合の平均費用④不動産屋の場合

これも引っ越しの際ですが、不動産業者に依頼をする方法も考えられます。これも引っ越し業者同様、手間がなくお任せできるので楽ですが、これでも他の家電や家具とまとめて処分となるのでお金はやや高くみておくことが必要です。

家電量販店、自治体、引っ越し業者などそれぞれにメリット、デメリットがあります。それ以外の方法もあります。自分にとって、処分価格だけでなく、時間や手間などトータルにメリットが多いのはどれか考えて決めましょう。

冷蔵庫の処分費用を浮かす方法

ここまで冷蔵庫の「処分」について解説してきましたが、まだまだ使える冷蔵庫を処分する際はもったいないなんて思う事もありますよね。まだ使える冷蔵庫だったり、ちょっとした修理でまだまだ使える冷蔵庫の場合、処分費用を浮かす方法として「買取」という方法があります。

ここでは冷蔵庫の「買取」について方法を見ていきましょう。

買取業者に頼む

ネットで検索しても無数の買取専門業者がヒットします。電話帳などを見ても地元の買取業者は多いですね。リサイクル店とも言いますが、これら買取業者に依頼をする方法があります。

まだ稼働する冷蔵庫の場合、いくらかでもお金になる場合がありますし、お金にはならなくても無料で引き取ってもらえることも多いので、処分するよりは安く済ますことが多いです。

まだ売れそうなものはもちろん、旧型でそうではない場合も、業者によっては部品だけを分解して売るようなところも多く、また大手ではなく個人で請け負っている業者が多いので交渉次第ではそれなりにお金が入る場合もあります。

家電量販店に交渉する

上記の処分でも出てきた家電量販店ですが、運搬費は基本的に人件費なので交渉によっては引き取り料を無料にしてもらえたり、状態が良いモノは買取をしてもらえる場合もあります。

・冷蔵庫以外にもまとめ買いをする場合、大量購入する引き換えに冷蔵庫引き取りを無料にできないか?

・現金で無料にするのは厳しいのならポイント率を上げることで実質無料にならないか?

など交渉材料を考えて言うだけでも言ってみましょう。

フリマサイトに出品する

有名なものだと「メルカリ」や「ラクマ」、「ヤフオク」といったフリマサイト、オークションサイトに出品をする方法もあります。買取業者に出すよりは、欲しい人と需要のバランスが一致したら思わぬ高値で売れる可能性があります。ただ、特に冷蔵庫のような大型家電の場合は事前にしっかり運搬はどうするのかを取り決めておきましょう。運搬業者を使うと、はるかに普通に購入するより高くなってしまうなんて事もあり、後々のトラブルの元です。また、しっかりと事前にメーカーや年式、大きさ(容量)、不具合状態など写真を複数枚撮影して、引き渡し後にトラブルが無いようにしましょう。

友人へ譲る

友人・知人に聞いてみたり、TwitterなどSNSで呼びかけてみて、友人に譲るというのも一種の買取の方法となります。その友人との関係にもよりますが、さすがに冷蔵庫本体代はもらうつもりがなくてもお礼でお菓子などをもらえたら、せこい話ですが、お金をかけて処分することに比べてプラスになるのですから有益ですよね。この場合も他人に譲ると言う意味では上野フリマサイトに出品すると同様です。状態の事前確認は怠りなく。

冷蔵庫 処分 費用

費用を浮かす際の注意点

無許可の業者がいる!

前述通りネットで検索すると無数の処分業者、引取業者があることが分かります。そのほとんどはしっかりと許可を持っている真面目にやっている業者なのですが、なかには無許可で違法営業をしているところもあるのは事実です。中古品を再販売する場合は古物商の免許がいるなど国の許可が必要です。

無許可業者になると無料とうたいながら「引き取り後に法外な運搬料を請求してくる 」「半ば強引に他の家電も引き取って持って行ってしまう」 などのトラブルもあります。そうならないためにも事前に引き取りの際の総額をきちんと見積書をしっかりもらって確認するなど、タダより高いものはないことを忘れずに慎重にいきましょう。

不法投棄は絶対に止めよう

どこに依頼するにしてもリサイクル券料金はかかりますし、適当に山中に捨ててしまったり、生ごみと一緒に最寄りのゴミ置き場に置いてしまうなどは絶対に止めましょう。これらの行為は不法投棄となり違法行為です。持ち主が判明すると、正規の処分価格より何倍もかかり、悪質な場合は前科が付く場合も、リスクしかありませんから不法投棄は絶対NOです!!

譲る場合は、丁寧・親切・誠実に

友人・知人にせよサイトを利用するにせよ、人に譲る際は業者に買い取ってもらうのに比べて素人同士の取引となりますので、ちょっとした違いがあるだけで大きなトラブルの元になります。上記でも説明していますが、事前にメーカーや年式、大きさ(容量)、不具合状態など写真を撮る、事前に質問はないか尋ねるなどして引き渡した後にトラブルにならないように気を付けましょう。

冷蔵庫の大きさによって処分費用は変わるの?

結論から申し上げますと、冷蔵庫の大きさによって処分価格は変わります。業者により差異はありますが、基本的に運搬料は大きさによって金額が変わるところは少なく均一料金の場合が多いです。

違いは「リサイクル券」料。メーカーにより違いはあるのですが、日本製の冷蔵庫であればほとんど同額で、171L以下容量で3,672円、171L以上容量=4,644円となっています。

よほどの車載用や寝室用などよほど小型冷蔵庫でないかぎり171L以下の冷蔵庫は少ないので、基本は171L以上のタイプなので、4,644円プラス運搬料となり処分価格は変わりません。

ただ、例外があるのです。海外製だったり(株)ユーイングやテクタイト(株)の冷蔵庫は171L以上5,524円と設定されており、やや割高となります。

つまり容量、メーカーによってやや金額は変わる形となりますが、基本的なモデルは同金額と言えます。

冷蔵庫 処分 費用

まとめ

「冷蔵庫の処分って結構お金かかるの?」をテーマにお届けしました。いかがでしたでしょうか?あれやこれやと何も考えずに処分に出してしまうと意外と思わぬ出費となることもありえます。いざ冷蔵庫を処分する時はバタバタしてしまっている時が多いでしょうから、事前に予備知識を入れておくと重宝しますよ。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧