スマホを冷蔵庫に入れて冷却?故障の原因になるの⁉

この記事を執筆するにあたって

スマホやタブレットを長時間使っていたりすると、じんわりと熱を持ってきますよね。また、ゲームなどの動作が重いアプリなどを使うとすぐに発熱してすごく熱くなってしまう!ということもよくあります。しかし、スマホは精密機械ということを念頭において、スマホの発熱時にはどうしたらいいか、冷蔵庫とスマホの組み合わせはどうなのかを紹介できればと思います。

Written By 宮ノシタノ コトリ

目次

熱ーいスマホ、冷蔵庫にいれちゃダメ?

おしゃれ冷蔵庫 おすすめ 商品

スマホでゲームをプレイしていたり、たくさんのアプリを起動して活用していたりすると、スマホは処理負荷がかかり端末がどんどんヒートアップしていきます。体験したことが誰にもあるかと思いますが、そんな熱々になったスマホが心配で、冷蔵庫に入れてしまいたくなる!と考えたことありませんか?

実は、その熱々スマホを冷蔵庫に入れる行為は危険!故障の原因や理由をこれから紹介しますので、こちらの記事を読んでスマホの熱対策を改めて検討しましょう!

スマホを冷蔵庫に入れたくなる時

スマホが発熱した時

スマホを冷蔵庫に入れたくなる瞬間、それはやはりスマホを使用している最中に生じる発熱によるものがほとんどだと思います。精密機械ではあるものの、排熱処理が行いにくいスマホなどの小型機械では、発熱はつきものです。

そんな発熱したスマホをどうしたら良いか、悪いか。これから説明しますので、参考にしてくださいね。

スマホの発熱の原因は?

処理の重いアプリを開いている

スマホが発熱してしまう原因の一つは、スマホのスペックに対して処理の重いアプリなどを開いている時に起こりやすいです。特にゲームアプリなどは、グラフィック処理などがスマホに負荷をかけて発熱を促してしまうことがあります。

長時間スマホに負荷がかかっている

長いあいだスマホの画面を開いた状態で、複数のアプリを使用していたり、スマホの電源をずっと切っていない。といった状態にあっても、スマホが発熱する原因になります。適度に休ませ、使っていないアプリはタスクキルでキャッシュを削除してあげましょう。

暑い外気の中で使用している

直接的に外気が暑い場合などで、スマホを使用していると単純に外気に合わせてスマホが熱くなることがあります。さらに、外でゲームアプリなんかやってしまったら、ホットプレートのように熱々なスマホが出来上がります。
外気があまりにも暑い場合は、スマホの長時間使用は控えたほうがいいかもしれません。

バッテリーが劣化している

発熱の原因によくあげられるのが、スマホのバッテリーの劣化です。バッテリーが劣化すると、電池の消耗が激しくなり、充電や放電によりバッテリーに負荷がかかります。その負荷でバッテリーが熱を持ってしまい、スマホが熱くなってしまうということがあります。バッテリーは1~2年で寿命とも言われているので、心当たりがあればバッテリー交換などもおすすめします。

スマホを冷蔵庫に入れるとどうなる?

使い込んだスマホが熱を持って熱くなってしまうことってよくありますよね。特に夏の日などは何もしていないのに、外気でスマホが熱くなりがち。それに加えて動作の重いアプリなんかを使っていると、やけどをしそうなほどに熱くなってしまうこともあります。

そんなスマホを冷蔵庫に入れてしまうと、いったい何が起きるのかをこれから紹介します。

急激に冷えてスマホ内部が結露

スマホ内部は密閉空間

スマホは内部に精密機械が並んでいて、それを覆うように外装がぴったり守っています。そのため、スマホの内部には空気が直接触れにくい密閉状態になっています。

温度差により水滴が発生

そんなスマホが熱を持っている状態で冷蔵庫で急激に冷やすと、初歩的な化学反応が生じます。密閉空間で熱されて膨張した空気が、冷蔵庫の温度の低さによって急激に冷やされます。そうすると、内部には温度差で生じた摩擦により水分が出現します。

ペットボトルでよくみる結露がスマホにも!

これはあったかい飲み物を冷蔵庫に入れる時や、冷たい飲み物を暑い外気に触れさせた時と同様の現象です。ペットボトルなどに着くような結露が、スマホ内部で生じてしまうことになります。

結露で生じた水分で内部の機械がショート

そうして生まれた水滴は、スマホ内部の精密機械に触れる可能性が出てきます。電子機器の弱点は水分ですから、当然その水分でスマホ内部の機械がショートを起こします。

結果、スマホが故障する原因になる

ショートを起こした場合は、破損した部分によっても異なりますが、画面が点かない、音が出ない、電源が入らない、といった故障を招く原因になります。よって、スマホを冷蔵庫に入れて冷やすことは、故障の原因になるので、大変危険です。

冷蔵庫に入れずにスマホの発熱を取る方法

スマホ リング

熱がこもりにくいカバーを使う

スマホが熱くなってしまう原因の一つには、熱がこもってしまいやすいカバー、ケースを付けているということが挙げられます。特にプラスチック製やシリコン、ゴム製などのケースは熱がこもりやすく、スマホの発熱を促してしまいやすいです。

熱が逃げやすい金属製カバーがおすすめ

スマホ本体から熱が逃げやすいようなカバーやケースを選んであげるのがおすすめです。何もつけないのが一番排熱には向いていますが、外部からの衝撃で画面が割れしまうなどの心配がある場合は、金属製のカバーやケースをおすすめします。金属であれば伝熱性が高く、排熱処理も行いやすいので熱がこもりにくくなりますよ!

iPhoneは金属バンパーがおすすめ

iPhoneで排熱を気にする場合は、側面だけをカバーするバンパーケースがおすすめです。中でも金属製であれば、排熱性能も高く、表面と背面がむき出しになるので、熱が逃げやすい構造になります。

扇風機やクーラーを使用

スマホ 冷蔵庫

スマホの熱がどうしても気になる、今すぐどうにかしたい、という場合は冷蔵庫に入れるのではなく、扇風機を活用しましょう。大型のものでも対応はできますが、特におすすめなのは卓上の扇風機です。扇風機は室内の温度のまま風を送り込んでくれるので、スマホとの温度差が生じにくくスムーズに排熱が可能になります。

スマホの熱の発生が今すぐ止められないけど、排熱をどうにかしたい!という場合には扇風機+クーラーの温度調整でも対処ができます。28度設定ほどのクーラーと、扇風機の風で効率よく排熱ができますよ!

クーラーも冷やしすぎはちょっと危険

冷蔵庫ほどの驚異はありませんが、クーラーの温度設定によっては結露する可能性は0ではありません。ガンガンに冷やしたクーラーの冷風を熱々なスマホに当てるというのは危険な気もしますので、あくまで26~28度程度の常識の範囲内の温度で冷やすことをしましょう。

卓上扇風機で上手に排熱

手元におけるような扇風機が最も手頃で、扱いやすいです。卓上扇風機を使ってスマホに風を送り、自然な温度で排熱を促してあげるのがおすすめですよ!
最近では卓上の扇風機でもなかなかパワフルな送風ができる扇風機もあるので、おすすめです!

端末を休息させる

特にスマホを操作しなくてはならない場面以外でスマホが熱を持ってしまったら、一旦スマホの電源を落とし、スマホを休息させましょう。間違っても、その際に冷蔵庫に入れてしまわないようにしてください!スマホを使用しなければ、スマホの処理も止まり熱が出ないようになるでしょう。

結論:スマホは冷蔵庫以外で排熱処理

スマホ 冷蔵庫

上記で説明してきた通り、スマホが熱々になってしまった場合に冷蔵庫に入れてしまうのは、故障の原因になってしまうので絶対にやめましょう。

保冷剤などもNG!

冷蔵庫じゃなければ大丈夫?と思っているそこのあなた!冷凍庫に保管されている保冷剤で冷やそうと考えていたりしませんか?冷蔵庫同様に、保冷剤で熱くなったスマホを冷却しても、スマホ内部に結露が生じる可能性があります。冷蔵庫じゃなければ大丈夫とは考えないようにしましょう!

あくまで常温でできる排熱処理を

冷蔵庫や冷凍庫など、急激に冷やすことがNGです。しかし、常温の状態であれば、比較的排熱処理の手助けは可能です。扇風機などのアイテムを使うことによって、スマホ端末に負荷をかけずに温度を下げることができるので、スマホが熱くなってしまった時は、冷蔵庫には入れずに扇風機などを活用しましょう。

まとめ

特に暑い夏の日はスマホの発熱が気になりますよね!特に何もせずにただ持っているだけでじんわりスマホが発熱してくる…。なんてことも少なくありません。

ですが、焦って冷蔵庫や冷凍庫などに入れて急激に冷やそう!なんてことは考えないようにしましょう!冷えた頃に取り出したら、電源がつかなくなっていた。ということが起こる前に、スマホの排熱方法を覚えて、スマホの発熱とうまく付き合っていきましょう。

最近では、スマホやタブレットサイズの端末を冷やすための小型扇風機なども販売されているので、活用してみるのもおすすめです。
特に筆者は、スマホとタブレットを数台持っており、発熱に悩まされることもあるため立てかけて使える小型の扇風機を使用しています。端末に負荷をかけることなく、安心してスマホやタブレットを冷却して、賢く使いましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 0313b369 0625 42c6 8d37 5da72024d7a1
Written By
宮ノシタノ コトリ
圧倒的に質の高いコンテンツを量産できるよう頑張ります。
特に意味もないのに家電屋さんを覗くの楽しいですよね。スピーカー、ヘッドホンやコーヒーメーカー、照明器具にエアコンや掃除機など見てて飽きません。Apple製品にゲームなどの電子機器も好きです。そんな機器たちの紹介ができたらと思い、キーボードを叩きます。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧