2人暮らしに最適な洗濯機の容量は?2人暮らしおすすめ洗濯機をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

もともと家電も含め販売員でした。お客様からくる疑問の声に対応していくたびに 調べて今の知識へとつながりました。

Written By IDE です

目次

洗濯機は1回買うと買いなおす事ができない大型家電

一人暮らし洗濯機

2人で暮らしを始めようとした時当然買いそろえる物の中に洗濯機がありますよね。

しかし高額な分当然買いなおすということはなかなかできません。

しかも捨てるにも国に払うリサイクル制度というものに縛られてしまっていて粗大ごみには捨てられず、家電販売店でお金を払って捨ててもらうしかありません。

買ってしまってやっぱり2人暮らしで洗濯機が小さかったと後悔しても遅いですよね。

いったいどれくらいのサイズの洗濯機を買えば2人暮らしのサイズにぴったりなのでしょうか?

2人暮らしに最適な洗濯機の容量は?

洗濯機の洗浄

7㎏が最適容量

2人暮らし用の洗濯機として最適容量としては洗濯機の7㎏が最適と言われています。

タテ型でもドラム式でもどちらでもいいと思います。

ドラム式の場合は洗浄効果などの高さはあるので洗濯するだけでキレイに汚れを落とすのはもちろんのこと、乾燥までできるので家事の負担を考えた場合は効率が上がりますよね。

ただドラム式は金額的には高価な方なので、効率を考えてお金を払うか悩むところですね。

他にも2人暮らしを始めるにあたって洗濯機以外に買い揃えるものもたくさんあるのでそちらにドラム式洗濯機を買ったと思って資金を回してもいいと思います。

資金に余裕がある人はもちろんドラム式を買っても問題は全然ありませんが、設置費用や修理費用などの維持費もタテ型洗濯機よりも高いことを覚えておいてくださいね。

でも2人暮らしの洗濯機に7キロは大きすぎるサイズでは?と疑問を持つ方も多くいらっしゃると思います。

しかし、一般的に2人暮らしだと全部の洗濯物が2倍になり、特に女性となると洗濯物も増えてしまいますが5キロの洗濯機でも当然洗えます。

2人暮らしの洗濯物になると、標準的な考え方で1人あたり洗濯物が1.5キロなので単純計算で2人で3キロになります。

1日1回洗濯する専業主婦がいる家庭であれば問題ないですが、2人暮らしとなると生活費も必要になってくるので、2人とも働くこともあるかもしれません。

2人暮らし用の洗濯機に7キロを選ぶと2日に1回洗濯しても十分に洗濯ができるサイズなので毎日洗濯をしなくても大丈夫だからと言うことです。

どのくらいの量の洗濯ができるの?

二 人 暮らし 洗濯 機
参考:Panasonic

先ほども書いた通り、1人当たりの洗濯物の量は1.5キロが標準とされています。

5キロの洗濯機で一般的なシャツ2枚やスカート1枚、バスタオルも4枚洗うことが出来ます。

7キロになると従来の洗濯物に加えて、シーツ1枚やパジャマ上下まで加えて洗うことが出来るようになります。

それと実は汚れの落ち方が違うということが大きな違いです。

5キロの洗濯機に洗濯物をいっぱいに詰めて洗濯をするのと、7キロで洗濯をするのでは、汚れの落ち方が違います。

大きい洗濯槽のほうが当然洗剤も隅々まで行きわたりますし、仕上がりが全然違うことが大きな違いではないかと思います。

2人暮らしの洗濯機を選ぶ際の注意点

洗濯置き場の大きさと運搬ルートに注意する

2人暮らしの洗濯機を選ぶ際のポイントとしてはいくつかありますが、

①排水口の方向

住む場所の洗濯機を置く場所(通称パンといいます)の排水口が右と左、真ん中のどこのあるかを前もって調べておく。

これを調べておかないと何が問題かというと、排水ホースが排水口に届かない場合は排水ホースを買い足す必要があるからです。

しかも接続の仕方によっては上手に排水ができない場合もありますので、できるだけ排水口の方向があっている洗濯機を買いましょう。

②洗濯機パンの大きさ

洗濯機を置くトレーがあらかじめ据え付けられていることがほとんどだと思います。

その洗濯機を入れるトレー、もしくは区切られている場所を一般的にはパンと呼びます。

設置されているパンに大きさを合わせて洗濯機を購入する事になるのですが、基本7キロは入るサイズで作られていることがほとんどです。

もし7キロが入らない場合はそれより小さい寸法の洗濯機もしくはサイズの小さい洗濯機を買わないといけないと思いマスよね。

しかし家電量販店には洗濯機用の足場が売ってあるので、パンの4隅に置くことで洗濯機を設置できるようになります。

③運搬ルートに気を付ける

運搬ルートとは何かと思いますが、単純に洗濯機を設置する際に通れるか通れないかの確認です。

2人暮らしをするのが自分たちの家であれば全然問題ありませんが、借家、アパートとなると壁などに傷をつけることはできませんよね。

洗濯機は基本的に斜めにせずに立てたまま移動するのが1番いい方法です。

洗濯槽中心部には軸があるので、例えば真横にして移動をした場合に軸がずれてしまうと故障の原因にもなりかねません。

④水道の蛇口を確認しておく

洗濯機を設置する際に、蛇口の形状が大事になってきます。

洗濯機の給水ホースをそのままつけることができれば問題ありませんが、借家の前の借主が元に戻していったということなど、そのまま給水ホースを取りつけられない場合があります。

つけられない場合も無理してつけることは可能ですが、洗濯機を使い始めて急に給水ホースが外れてしまってその辺が水浸しになる事もあります。

これは家主とのトラブルにもなりかねないので避けたいところですよね。

もし取付に来た業者に依頼した場合には交換は当然してもらえますが、商品代も工賃も含めると3000円~5000円かかるでしょう。

もし自分でできるのであれば、家電量販店には1000円くらいで売ってあるので、簡単に自分で取り替えることができます。

※当然水道の蛇口は閉めてから交換してくださいね。

2人暮らしにおすすめの縦型洗濯機

一人暮らし洗濯機

2人暮らし用の洗濯機はどんなのを買えばいいか悩んでいる方におすすめの洗濯機を紹介します。

パナソニックの7キロ洗濯機

メーカーで選ぶなら有名なパナソニックの洗濯機は外せないと思います。

機能的にも充実していて、信頼性もあるのですが、メーカー品のため値段はちょっと高めです。

でも十分に金額に見合った働きをしてくれることは間違いありません。

バスポンプがあらかじめ付いており、お風呂の残り湯などを使うのは水道代の節約には欠かせませんよね。

コースの選択もいっぱいあって、自分にあった選択コースを作成する事が可能で、しかも風乾燥まで搭載しているので、どうしても時間がない時は風乾燥で乾かす事が可能です。

ハイアールというメーカーの洗濯機

ハイアール?聞いた事ないメーカーだと思います。

ハイアルジャパン(ハイアールジャパン)という、本社は中国にあるメーカーです。

ハイアルジャパンという会社は、過去に日本で有名だった三洋電機を子会社とするメーカーなんです。

三洋電機の技術が搭載されているといったらわかりやすいと思いますが、三洋電機はパナソニックに吸収されたのはご存知だと思います。

その後、パナソニックの子会社から離れ、このハイアールという中国のメーカーに買収されています。

しかし、認知度が低いのと中国製という事もあり、金額的にも高くないが、商品はしっかりしているので、お買い得な商品だと私は思います。

部品が三洋電機の技術も使われているので、メーカー品のためしっかりしていて、金額が安いから壊れやすいということは私は感じませんでした。

写真は5.5キロですが、7キロまで設定されているのでそこまで金額的に予算がない方はお勧めの商品です。

聞いたこともないメーカーでお得を探そう

予算的にそれほど高くなく洗濯機を探している方は、ハーブリラックスというブランドもいいと思います。

聞いたことないと思われがちですが、ヤマダ電機という家電量販店がメーカーに頼んで作っている自社ブランドのために金額的には低く設定されています。

他にも家電量販店で販売されている自社ブランドの商品の洗濯機があれば、製造メーカーを確認して購入するのも予算を押さえる1つの方法だと思います。

※ただ有名なメーカーに製造を依頼している家電量販店のPBをお勧めします。

※PBはプライベートブランド:その企業でのみ販売している商品

2人暮らしにおすすめなドラム式洗濯機

シャープ製のドラム式洗濯機

シャープと言えばプラズマクラスターが有名ですよね。

マイクロ高圧洗浄を搭載しており、プラズマクラスターのように汚れを一掃してくれる機能があります。

当然洗い方コースもいくつもあって、中にはガンコ汚れ用の洗いコースも設定することが出来ます。

写真は10キロですが、7キロも設定されていますので1度検索されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

2人暮らし用の洗濯機といってもどれを買おうか悩みますが、この記事を読んでいただいて少しでもお役に立てたらと思います。

大型家電というのは金額が高いから悩みますよね。

いまからずっと2人で使うものなので慎重に選びたいですが、洗濯物の多さでも洗濯機の大きさも変わってきます。

とりあえず大きいものを買っておけばという事もできません。

だからこそ悩んで悩んで後悔しない洗濯機を買いましょう!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
IDE です
もともと店舗で家電の販売を行っていました。
家電に関してお客様から聞かれることは多々あります。こちらが準備していない質問もあります。 その際調べて自分の知識として蓄えられるようになりました。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧