冷蔵庫と洗濯機の処分方法は?費用が掛かる?処分する際の注意点も紹介

目次

冷蔵庫と洗濯機の処分方法について

冷蔵庫や洗濯機のようないわゆる大型家電の場合、自分で運び出すことも大変ですし、買い替え時や引っ越し時などで今使っている冷蔵庫や洗濯機を処分しようとしても、なかなかの重労働になってしまいます。

また、冷蔵庫や洗濯機はそのまま家の前にあるごみ収集所に置いたらダメで、処分方法が決まっており、違反してしまうと違法になってしまうこともあります。きちんとルールを守って正しい処分方法を知っておきましょう

更にはちょっとした工夫で、お金がかかるものが逆に利益がでるようなとっておきの方法までありますので、今処分を考えている人はもちろんのこと、今は買い替えなども考えていない人もいつかは関わってくる話。得をするためにも知識をしっかり入れておきましょう。

冷蔵庫と洗濯機の処分方法は家電リサイクル法により定められている

冷蔵庫も洗濯機も一部モデルを除き、処分時に家電リサイクル券を購入する必要があります。これは家電リサイクル法という法律で定められていることです。では、家電リサイクル法とはどんなものなのでしょうか?まずは家電リサイクル法について知ってみましょう

冷蔵庫 洗濯 機 処分

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、2001年に施行された法律で、冷蔵庫や洗濯機、テレビなど指定の対象家電を処分する際は、リサイクル料金などを負担することを法で定めたものです。

法律で定められているので、家電リサイクル券を購入せず投棄(不法投棄)という形で処分をしてしまうと罰せられることになります。

不法投棄という形処分すると罰せられてしまう家電は、

・冷蔵庫

・洗濯機

・エアコン

・テレビ

・パソコン

・自動車

で、それぞれ容量(大きさ)やメーカーにより家電リサイクル券の料金は変わってきます。また、テレビでも通常のブラウン管テレビや液晶、プラズマテレビはの処分の際の家電リサイクル券対象家電ですが、チューナーの無いモニターや携帯用ハンディテレビなどは対象外となっています。

同様に洗濯機では、業務用保冷庫やおしぼりクーラーなどは対象外、洗濯機でも衣類乾燥機能付き布団乾燥機や電気バケツなどが対象外など家電リサイクル券を購入せずとも粗大ごみとして処分できるものもあります

上記の対象家電で冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビは処分の際に家電リサイクル券を購入する後払い式なのに対して、パソコン、自動車は購入時に家電リサイクル料金分が上乗せして販売されているので、処分時に家電リサイクル券を購入する必要がありません。

現在は上記5項目ですが、施行時に電子レンジも検討されましたが、小型なことにより見送られたものの、今後リサイクル志向の高まりから家電リサイクル対象家電が増えるかもしれません。

また家電リサイクル法施行当初は、家電エコポイントで負担感が減らす補助がありましたが、今では処分時に家電リサイクル券料金分を負担するだけとなっています。

家電リサイクル料金

家電リサイクルの料金は、容量やメーカーによって異なってきます。メーカーというのは、国内大手メーカーの家電は基本同額ですが、仕様が異なるような海外製のモデルなどはやや高くなっている傾向があります。

では冷蔵庫、洗濯機の家電リサイクル料金を見てみましょう。

冷蔵庫

小型冷蔵庫(170リットル以下)=大手国内メーカー3,672円(税込)、海外メーカーなど仕様が違うモデル5,092円(税込)

大型冷蔵庫(170リットル以上)=大手国内メーカー4,644円(税込)、海外メーカーなど仕様が違うモデル5,524円(税込)

(注)衣類乾燥機能付き布団乾燥機や電気バケツなどが対象外(家電リサイクル料金はなし)

洗濯機

洗濯機(大きさ不問)=メーカーにより3,202円(税込)もしくは2,484円(税込)

(注)、業務用保冷庫やおしぼりクーラーなどは対象外(家電リサイクル料金はなし)

引用元:家電製品協会 家電リサイクル券センター

冷蔵庫 洗濯 機 処分

どこで家電リサイクル券を購入するか?

冷蔵庫や洗濯機の処分が決まった時、この家電リサイクル券はどこで販売しており購入できるのでしょうか?家電リサイクル券は基本的に2つの購入方法があります。

・買い替え時など家電量販店など小売店に引き取ってもらうとき=運搬料などと合算して支払い
・自分の住んでいる自治体に処分に出す=郵便局で振込

この2通りになります。小売店の場合は買い替え時などに処分や引き取りを行う料金とともに合算して支払う形で、自治体の場合は郵便局に備え付けられている家電リサイクル券を購入して振込む形となります。

引用元:家電製品協会 家電リサイクル券センター

家電リサイクル法の成果

2001年の家電リサイクル法施行以降、2017年には洗濯機だけで鉄が74,146トン、銅が3,020トン、洗濯機で鉄が59,442トン、銅が2,297トンリサイクル(再商品化)に活用されており、限りある資源の有効活用を行っています。

引用元:AEHA 平成29年度再商品化等実績

冷蔵庫と洗濯機の正しい処分方法

ここでは、冷蔵庫及び洗濯機の正しい処分方法について解説していきます。洗濯機も冷蔵庫も生活にはなくてはならない必需品、今は予定がなくてもいつの日か買い替える日のためにしっかり処分方法を知っておきましょう。

上記にもありますが、冷蔵庫、洗濯機ともに処分する方法は大きく分けて4つの方法が挙げられます。
・指定取引所に持ち込み処分
・買い替えの時に販売店に引き取ってもらう
・過去に購入した販売店に引き取ってもらう
・処分ではなく買い取ってもらう

この4つの方法となります。それぞれの方法を見ていき、自分にとってどの方法が便利で有益なのか見極めましょう。

指定取引所に持ち込み処分の場合

自治体が指定している指定取引所に自分で持ち込む方法です。どの自治体でも基本的には指定されているゴミ集積場となります。この場合は、持ち込むので運搬料はかからず、事前に前述通り郵便局で家電リサイクル券を購入すればOKです。自分で持ち込むので、冷蔵庫も洗濯機も軽いものではないのでなかなかの重労働となります。また冷蔵庫も洗濯機も内部に水が残っている場合がほとんどなので、トラックの荷台などではなくクルマの後部座席などに入れて運搬すると車内がびしょびしょになる危険もあることは覚えておきましょう。

また、自治体でも自治体経由で業者に運搬を依頼できます。各自治体のホームページに載っていたり、役所に行けば教えてもらえます。ただ、自治体により異なりますが、多くの場合、時間が9:00~17:00までだったり、平日のみで土日はやっていないので、引き取りの日時調整でなかなか融通が利かない場合が多いですが、家電量販店などに比べると安価のことがほとんどです。

買い替えの時に販売店に引き取ってもらう場合

新しい洗濯機、冷蔵庫を購入する家電量販店などの販売店、小売店に引き取ってもらう方法があります。この場合は、新しい洗濯機、冷蔵庫の設置と同時に引き取り(処分)も行ってくれるので、何度も家で待っている手間がなく時短が可能です。

料金は家電量販店・販売店により異なりますが、ヤマダ電機の場合は家電リサイクル券料金に加えて運搬料1,080円(税込)、ビックカメラの場合はリサイクル券料金に加えて運搬料1,620円(税込)となっており、他の販売店もだいたい運搬料は1,000円~2,000円程度になります。

ただ例えば他の家電もまとめ買いをする場合や複数台の冷蔵庫、洗濯機を購入する場合などお店側にとって有益なことがある場合は、この運搬量分を割引したり、ポイントアップで相殺したりできないか交渉する余地があり、口コミなどでも運搬料分を割引してもらったという報告は多く出ています。

また、買い替え時などで新しい冷蔵庫、洗濯機を処分と同時に購入することを前提とした料金となっており、購入はせず、引き取り(処分)だけを依頼する場合は割高となる販売店がほとんどとなっています。

冷蔵庫 洗濯 機 処分

過去に購入した販売店に引き取ってもらう場合

新しい冷蔵庫、洗濯機は友人に譲ってもらいなどで処分だけを販売店に引き取ってもらう方法もあります。この場合は、新しい設置する冷蔵庫、洗濯機がないので運搬料は割高になります。

その他の冷蔵庫と洗濯機の処分方法

引き取り(処分)に関しては上記の3つが主な方法となりますが、まだ使える洗濯機、冷蔵庫だったり、故障はしていても新型モデルで部品は取りだせるようなものだったら処分ではなく買い取りしてもらえる方法があります。ここからは買取してもらえる方法を説明していきます。

買取業者に買い取ってもらう

買取業者と言っても、「その他の粗大ゴミもまとめて処分できるところ」「引っ越し業者や不動産屋など引っ越し時にまとめて依頼できるもの」など様々なタイプがあります。いずれにせよ、事前にしっかりと見積もりを取って、引き取り後にトラブルにならないように気を付けましょう

リサイクルショップに買い取ってもらう

具体的にはハードオフやヤマトホームコンビニエンスなどが有名ですが、リサイクルを行っている中古リサイクル業者に引き取りを依頼する方法があります。この場合は、例えば買取を希望していても残念ながらお金にはならなくても無料で(リサイクル券料のみ)引き取ってもらえ運搬料がかからなくなるメリットが生まれる場合も。ネット上で検索すると無数のリサイクル業者が存在していることが分かると思います。これらも買取業者同様、後からのトラブルを防ぐため、事前に見積もりをもらうなどしっかり行いましょう。

フリマやネットオークションに出す

代表的なものだと「メルカリ」や「ラクマ」、「ヤフオク」といったフリマサイト、オークションサイトに出品をする方法もあります。リサイクル店などに出すよりは、欲しい人と需要のバランスが一致したら思わぬ高値で売れることや、相手と交渉ができるなどの可能性があります。ただ、特に冷蔵庫や洗濯機のような大型家電の場合は事前にしっかり運搬はどうするのかを取り決めておきましょう。取引が成立した洗濯機、冷蔵庫を運搬業者を使うと、はるかに普通に購入するより高くなってしまうなんて事もあり、後々のトラブルの元です。きちんと「メーカー年式」「大きさ」「(もしあれば故障箇所)」など写真をさまざまな角度から撮影して引き渡し後にトラブルが無いようにしましょう。

友人に譲る

友人・知人に聞いてみたり、TwitterなどSNSで呼びかけてみて、友人に譲るというのも一つの方法です。この場合は、知り合いに譲るので今まで使用していたものを他人が使う抵抗感が少なくて済むメリットはあります。ただ、フリマサイトなどと同様で、しっかりと「運搬方法」や「メーカー年式」「大きさ」「(もしあれば故障箇所)」など確認、伝えて写真をさまざまな角度から撮影してお互いが納得の形で引き渡せるようにしないと仲たがいの原因となってしまいますので注意が必要です。

冷蔵庫 洗濯 機 処分

冷蔵庫や洗濯機を処分する時の注意点

注意!!なかには無許可業者も!

ネットで検索すると無料で引き取ってもらえる業者も多く、すぐに飛びついてしまいがちです。しかし、これらのなかには、真面目にやっている業者もありますが、無許可で違法営業をしているところもあるのは事実です。中古品を再販売する場合は古物商の免許がいるなど国の許可が必要です。

無許可業者になると無料とうたいながら
・「引き取り後に法外な運搬料を請求してくる 」
・「半ば強引に他の家電も引き取って持って行ってしまう」
などのトラブルもあります。そうならないためにも事前に引き取りの際の総額をきちんと見積書をしっかりもらって確認するなど、タダより高いものはないことを忘れずに慎重にいきましょう。

不法投棄は絶対に止めよう

数千円かかるリサイクル券料金は馬鹿にならないから、そっと粗大ごみとして出してしまおうとするのは、もちろんながら違法です。どこに依頼するにしてもリサイクル券料金はかかりますし、適当に山中に捨ててしまったり、生ごみと一緒に最寄りのゴミ置き場に置いてしまうなどは絶対に止めましょう。持ち主が判明すると、正規の処分価格より何倍もかかり、悪質な場合は前科が付く場合も、リスクしかありませんから不法投棄は絶対NOです!!

まとめ

「冷蔵庫と洗濯機の処分方法について」についてまとめてみました。いかがでしたでしょうか?リサイクル券料金分を含めて、ちょっとした工夫で無料になることも少なくないようです。最近のモデルは洗濯機も冷蔵庫も省エネ性能が向上しており、買い替えたほうが長い目で見ればお得になる場合も。いざ、冷蔵庫、洗濯機を処分する時に慌てないためにも処分方法を覚えておきましょう

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧