自走式掃除機とは?自走式掃除機の使い勝手や使い方を教えて!

目次

掃除機には2種類のタイプがある

掃除機には2種類のタイプが存在します。自走式と自走しないモデルの2種類です。今回は自走式の掃除機とはどのようなものなのか?使い勝手と使い方を徹底解説していきます!

自走式掃除機とは?

自走式掃除機とは掃除機のヘッド部分(地面と密着する掃除機の部分)に独立したモーターを搭載し、ヘッドのブラシを回転させることで、掃除機の持ち手を軽く持ち、動かすだけでも、軽く動かすことができる非常に便利な機能です。従来の掃除機は掃除機を動かすのに一苦労で、掃除をするのに労力が絶えなかったですよね?この機能があれば、掃除機を動かすことが非常に楽になりますので、掃除機をかけるのが非常に楽になります!しかし、掃除機を違う部屋など持ち運びをする際、従来の掃除機のヘッドよりもモーターを搭載している分重くなっております。持ち運ぶ際は注意が必要です!

自走式掃除機の種類は?

自走式の掃除機には2種類のタイプがあります。ここからは2種類の自走式掃除機の開設をしていきます。

掃除機のヘッドが回転型である

掃除機 寿命 買い替え時期 安い

まずは、掃除機のヘッドが回転するタイプです。こちらは、上記でもありましたが、ヘッド部分に独立したモーターを搭載しているタイプで、取っ手を軽く持つだけで掃除機を動かすことができます。また、モーターによりブラシを高速回転させるので、ごみをしっかり吸い込んでくれます!ただ注意点としては、ヘッド部分に髪の毛や糸くずが絡まってしまうと、モーターが止まり、故障しやすくなる点です。ヘッド部分はこまめに掃除をするようにしましょう。

お掃除ロボット

掃除 機 自 走 式

お掃除ロボットとは、人の手を使わず自動的にお部屋をくまなく掃除してくれる画期的な製品です。タイマーを設定しておけば、設定した時間帯に自動的に動き掃除をしてくれたり、外出中に掃除をしてくれたりと、時間を効率的に使用できます。
しかし、注意点としては、お部屋の隅や角の部分の掃除をすることが難しいのと、念入りに掃除をすることができません。また、段差があるところなどは、お掃除ロボットが進むことができないのと、ダストボックスをこまめに掃除しておかないと、吸引力がおち、ごみを吸い取ることが難しくなる点です。
こまめに手入れをすることをお勧めします!

自走式掃除機の使い方は?

ここからは自走式掃除機の使い方を説明していきます。

掃除ヘッドの使い方

掃除ヘッドの使い方は、掃除機のホースの先にヘッドを付けるだけになります。あとは、ヘッド部分のモーターが動いてくれるので、取っ手部分を支えるだけで、自動的に前に進んでくれますので、非常に掃除が楽になります。
注意点としては、ヘッド部分に髪の毛などが絡まってしまった場合、モーターが動かなくなってしまうので、こまめにヘッド部分を掃除するようにしましょう!

お掃除ロボットの使い方

お掃除ロボットの使い方は、まず充電することです。充電をしないと動いてくれませんので、必ず充電するようにしましょう。
あとは、電源ボタンを入れるだけ!自動的に部屋中を動き回り、ごみを吸い取ってくれます。
お掃除ロボットの中には、自動的に充電スペースに帰ってくるタイプもあります。自動的に掃除をして自動的に充電してくれるので、非常に便利ですよね!
注意点としては、ダストボックスのごみをこまめに掃除をしないと、掃除をしてくれなくなりますので、定期的にダストボックスのごみは綺麗にするようにしましょう!

自走式掃除機のメリットデメリット

掃除機 掃除

ここでは、自走式掃除機のメリットデメリットを種類に分けて紹介していきます!

メリット

掃除ヘッドタイプ

  • 少しの力でも楽に掃除できる。

  • ヘッド部分のモーターにより高速回転するブラシで、ごみをしっかり掻き出し吸い込むことができる。

  • お部屋の角や隙間やじゅうたんなど掃除しにくい場所も楽に掃除ができる。

お掃除ロボットタイプ

  • タイマー設定しておけば、その時間帯に自動で家中くまなく掃除してくれる。

  • 手を使う必要がないので、料理を作っているときや外出中など様々な時間でも掃除ができ、効率良く使用できる。

デメリット

掃除ヘッドタイプ

  • ヘッド部分のモーターが動かなくなると自走してくれなくなる。

  • ダストボックスだけではなく、ヘッド部分もこまめに掃除をしないと、故障の原因につながる。

お掃除ロボットタイプ

  • 段差やレール部分など、障害物があるところは掃除ができない。

  • 充電がなくなると掃除できない。また、ダストボックスにごみが溜まると掃除できない。

  • お部屋の隅や細かいところは掃除しにくい。

自走式掃除機のメリットデメリットまとめ

それぞれのタイプのメリットデメリットを並べてみました。時間を効率的に使いたい方は、お掃除ロボットがおすすめです。あらゆる場面でも自動でお掃除してくれるのがいいですよね!
細かい部分や念入りに掃除をしたい方はヘッドタイプがおすすめです。お掃除ロボットでは細かい部分は掃除しづらいのと、掃除機をかけたい場所を念入りに掃除することは難しいので、ヘッドタイプがおすすめです!
それぞれのタイプに言えることは、両方とも必ず掃除機のメンテナンスが必要です。ダストボックスやヘッド部分、ブラシの手入れなど、しっかりメンテナンスを行わないと、故障の原因となりますので、こまめに掃除をしましょう!

おすすめ自走式掃除機!

ここからはおすすめの自走式掃除機をご紹介していきます!

東芝 トルネオmini VC-C6

こちらの商品のポイントを3つご紹介します。

①約99%の吸引力を維持し、排気を綺麗にし、ごみを圧縮させ捨てやすくする凄い性能!

まず、サイクロン掃除機は吸引力をどれだけ維持するかがポイントとなりますので、この99%吸引力維持は本当に凄いです!また、排気も綺麗にし、サイクロン部分でごみを分離し圧縮してくれるので、ごみを捨てる際、散らばらず処理できるのもいいですね!

②ホース・ヘッド・延長管で約1.4kgと軽い!

キャニスター式ですので、ホース部分がどれだけ軽いかによって掃除をする際の労力が変わります。1.4kgは非常に軽くなっておりますので、負担なく掃除ができるのがポイントです!

③軽い力でごみをとことん掻き出すパワフル自走式ヘッド搭載!

自走式掃除機なので、軽い力でぐんぐん進み、ごみを吸い取ってくれます。更に、強力ブラシでフローリングもじゅうたんもしっかり掻き出すことができるので、狙ったごみを逃しません。また、ヘッドのブラシも簡単に取り外すことができ、ブラシの水洗いも可能ですので、メンテナンスも非常に楽に行えます。自走式掃除機のデメリットはヘッド部分のメンテナンスをしっかり行わないと、故障につながる点ですので、この機能は非常に助かりますよね!

シャープ RACTIVE Air EC-AR2S

こちらの商品のポイントを3つご紹介します!

①全体質量が驚きの約1.5kgと非常に軽い!

こちらの商品はコードレスサイクロン掃除機となり、様々な場所で掃除できる為、本体自体が軽いかどうかがポイントです。その中で、非常に軽くなっておりますので、持ち運びがしやすく、非常に楽に掃除ができます!

②ちょいかけフックとダストボックス水洗いでお掃除を快適に!

ちょいかけフックとは、取っ手の下の部分にラバー製のフックのことを言います。これを搭載していることで、様々な場所に置くことができます。例えばテーブルの端やキッチンカウンターなどのちょっとした出っ張りにさっと置くことができるので非常に便利となっています。
また、ダストボックスも水洗いができるので、清潔に使用することができます!

③自走式ヘッドに拭きブラシ搭載!

非常にパワーが強い自走式ヘッドに眼鏡拭きなどに使われる極細繊維をループ状にしてブラシに搭載しているので、非常に細かな汚れもしっかり取ることができます!

iRobot ルンバ890 R890060

こちらの商品のポイントを3つ紹介します!

①高速応答プロセスiAdaptが凄い!

この機能はルンバのAIシステムのことで、ルンバ自身がお部屋の状況をセンサーで調べてどのようなルートをだどるのが一番効率がいいのか考え、掃除をしてくれる凄いシステムです。特に汚れているところを複数回通ることでお部屋をくまなく掃除してくれます。また、お部屋がきれいになったら自動的に充電スペースに戻ってきますので、非常に便利です!

②スマホアプリと連動!

アプリと連動させることでいつでもどんな時でもスマホから指示することができます。例えば、外出中に掃除し忘れた時や、家に帰る時までに掃除しておきたい時など様々なシーンで大活躍してくれるので、非常に便利です!

③強力なモーターとブラシとローラーで徹底的にごみを除去!

お掃除ロボットのポイントはとにかくごみをどれだけ取ることができるかです。こちらの商品は強力モーターでブラシとローラーを動かし、ごみをしっかり取ってくれるので、お部屋全体を自動的にきれいにしてくれます。
人の手を使わずここまで掃除してくれるのは非常に助かりますよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?自走式掃除機にも様々な種類があり、非常に便利なタイプが多くあります!この記事を見て、少しでも参考になればと思います。
以上「自走式掃除機とは?使い勝手や使い方を教えて!」でした!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ミズウエ ソウタ
主に家電量販店に働いていた経験を活かし家電を紹介できればと思っています。
2018年6月から参加せてもらいました。家電量販店で得た知識を活かせれればと思います。よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧