イヤホンが断線してしまった!自力で直す方法や応急処置法は?

目次

イヤホンは断線してしまう可能性のある商品

イヤホンは必然的に「断線」という危険性を持っている製品です。見た目は切れていなくてもイヤホンの内部で線が切れ、接触不良が発生し、その結果音が出なくなることが多いです。イヤホンの左右片方だけ音が聴こえるという場合はこの断線の可能性が高いです。イヤホンはポケットに入れて持ち歩いたり、バッグに無造作に入れているだけで、イヤホンの線に変な癖がついてしまい線が切れてしまう可能性もあります。普段頻繁に使うものではありますが、かなり繊細な商品です。果たしてイヤホンが断線してしまった場合、イヤホンを捨てるしかないのでしょうか?

イヤホン断線

イヤホンが断線!どうしたら良いの?

イヤホンを音楽プレーヤーにつないで聴いていたところ、突然音がプッツリ切れてしまいました。さて、そんな時はどうすれば良いでしょうか?

イヤホンを機器から外す

まず何が原因なのかを調べなければいけません。一度イヤホンを音楽プレーヤーから外しましょう。イヤホンを外して、他のイヤホンがあれば他のイヤホンを取り付けるなどして、音楽プレーヤー自体に原因がないのか確認しましょう。音楽プレーヤーに問題がなければイヤホンに原因があるということになります。

見た目が切れていなくても断線している場合も

断線というと文字通りイヤホンのケーブルが途中から切れてしまうことを思う人が多いです。もちろんそれも断線で間違いないですが、イヤホンの断線の場合、ケーブル自体が切断された場合に限らず、イヤホンのケーブルの内部の線が切断されている場合もあります。見た目は普通でも内部の線だけが切れてしまっているというのは稀なケースだと思う人も多いかもしれませんが、とても多いです。イヤホンに使用される内部の線は、非常に薄い線で、複数本の線が絡み合っています。この線の上にゴムのカバーを被せて保護をしています。内部の線はとても繊細のため、中の線だけが切れてしまうこともあります。このように見た目が切れていないからといって断線していないとは限らないため注意が必要です。『断線イコール切断』ではありませんので注意です。

イヤホンのトラブルの種類、そしてその原因は?

イヤホンにまつわるトラブルは、ケーブル自体の接触不良、イヤホン自体の老朽化…など様々ありますが、ほとんどの問題はイヤホンの断線であると言えます。どのイヤホンを買っても頻繁に線が断線してしまう人はイヤホンの線に対して、力をかけて引っ張りすぎ、扱いが乱暴だと言えます。つまり使用者の習慣から来るものもあると言えます。イヤホンの線を乱雑にぐるぐる巻いて保管などしていないか一度見直しましょう。イヤホンはちょっとのきっかけでも十分に断線することがあります。

イヤホンが断線した場合の応急処置方法とは?

上記のようにいろいろ調べた結果、やはりイヤホンに原因があると分かりました。でも捨てるには勿体無い…。でも果たして自力で直せますか?

自分で直せるか、修理に出すか判断しましょう。

イヤホンにトラブルが起こってしまった場合、初めに確認したいのは保証です。イヤホンが断線してしまったからといって諦めずに一度自分で修理ができるか、もしくは保証などが有効か考えてみましょう。最近のイヤホンはメーカーや購入店舗のサービスでイヤホンを新品に交換してもらえたり、無料で修理をしてくれる場合があります。保証期間が分からない場合は購入店舗に確認しましょう。

しかし保証期間も期間も一時的なものですので、保証期間後に問題が起こってしまうことも多いです。その場合は有料での修理という場合もあります。もちろん有料での修理となってしまい、しかもその間そのイヤホンが使えなくなってしまうので、イヤホンがよっぽど大切だった、高級だった場合は有料での修理も考えてみましょう。

イヤホンが断線した!自力で直す方法は?

保証期間が過ぎてしまい、有料での修理には抵抗があるという人も多いですよね。そんな人のために断線したイヤホンを自力で直す方法を紹介します。

まずどこが壊れているか調べてみよう。

内部で断線してしまっている場合など、見た目で断線部分が分からない場合、まず断線してしまったイヤホンを手に取り、どこが不具合を起こしているのか調べてみましょう。イヤホンの断線がしやすい場所と言えば…
1.ジャック部分
2.スピーカー部分
3. 線の分岐部分(右と左に線Y字に分かれる部分)
4.音量などのつまみ部分

…などです。

イヤホンジャックを機器につなぎ音を出してみながら、イヤホンの線を手に取り、前後に曲げたり押したりしてみて、特定の場所で音が変化するかどうか見つけましょう。イヤホンの見た目から断線が分からない場合かなり時間がかかる作業ですが、断線部分を見つけるのは重要な作業です。

ジャック部分は断線しやすい

イヤホンの断線部位で一番多いのはジャック部分です。ジャックが硬い素材で作られているのに対し、線が弱いため、線が曲がってしまうと、90度以上に曲げられ、負荷がかかり、さらに機器からひっぱるように取り出すことも多いため圧力がかかりやすい部分のためです。その結果線が線が切れやすくなります。

断線部分の修理

イヤホンの断線部分が分かったら線をくっつけましょう。最初に断線部分を覆うゴムカバーを切り込み、中のエナメル線をむき出しにする必要があります。カッターナイフを使用して薄く切り込みを入れてエナメル線が見えるようにしましょう。

次に切れてしまった線を合わせて絡ませます。薄く半田付けで固定しても良いですし、難しければしなくても良いです。その上から絶縁テープなどで包めばOKです。イヤホンの断線の修理はおよそ30分くらいかかります。

半田ごてではなく、ライターでも可能ではありますが、エナメル線が溶けてしまう可能性もありますので注意しましょう。

最後にイヤホンジャックを音楽プレーヤーに接続し、音がよく聴こえることを確認します。

予防策

イヤホンの断線をしないために予防策を紹介します。

専用ケースに保管して持ち歩く

イヤホンはどうしてもそのままポケットやバッグにに入れてしまうと線がよじれ断線にいたることがとても多いです。そのため基本的にはイヤホンケースに入れて保管をしましょう。

イヤホンを購入すると専用のケースやポーチが付属することがあります。ポーチに保管するといっても、ポケットに入れるようにくしゃくしゃ入れてしまうと、ポケットに入れいるのとほとんど変わりません。そのためイヤホンをよく巻いてから保管をしましょう。

イヤホンジャックをI字ではなくL字に

上記でも言及した通り、イヤホンの断線のほとんどがジャック部分で起こります。イヤホンジャックにはI字とL字のタイプがありますが、断線のリスクが少ないのは突起が少ないL字のタイプです。特にスマートフォンを含め、持ち歩くタイプの音楽プレーヤーでは突起が大きいI字ジャック部分に対して負荷がかかるリスクが高いです。そのためできればL字のものを選びましょう。もちろんI字よりL字のイヤホンの方が断線のリスクが少ないのであって、すべてのL字型のイヤホンが断線しないわけではありません。
イヤホン断線

スプリングをイヤホンジャックに巻きつける

イヤホンはどうしても線が断線してしまう可能性があります。特にジャック部分の断線は多いです。そのため断線が気になる人は予防をしましょう。ボールペンなどを分解するとバネ(スプリング)が入っていますよね?それをイヤホンのジャック部分の周りにはめます。そうすることで特にイヤホンの線に負荷がかかってしまうジャック部分の線を曲げた際のダメージを大きく減少させることができます。簡単ですが、かなり有効な方法です。

スプリングがない場合、絶縁テープなどで補強するのも有効です。絶縁テープをジャック部分に巻きつけましょう。スプリングの上から絶縁テープを巻くと最強ですね。

イヤホンが断線したら買いなおそう!

断線したイヤホンを直す方法をご紹介しましたが、100%修理を保障する方法ではありません。何が原因なのかを特定しなければならず、むしろここまでして時間をかけて頑張るくらいなら、新しいのを買った方が良いかもしれません。イヤホンは消耗品です。

買いなおす理由

一般にイヤホンの寿命は1〜2年程度です。頻繁に使う人ならばもっと早いかもしれません。そのためイヤホンは消耗品であり、早かれ遅かれ故障する商品です。そのため買い直すのをおすすめします。

イヤホンは消耗品のため、必然的に断線やその他の不具合を想定して、最初から安いものを購入するというのもオススメです。最近では安いイヤホンでも質が向上しています。

ワイヤレスのイヤホンが便利

どのイヤホンに変えても断線してしまうという人の場合、Bluetoothのワイヤレスイヤホンに買い換えるというのも便利でオススメです。ワイヤレスのイヤホンの場合、有線のイヤホンに比べて音質が落ち、Bluetooth自体の接続面でも不安はありますが、その便利さは大きなメリットです。コンパクトで持ち歩きも楽で、運動中でも線が引っ張られることがないため線に負荷がかかり断線してしまうことがありません。

イヤホン断線

まとめ

スマートフォンをはじめとした、音楽プレーヤーはすでに生活の必需品になっています。イヤホンはそんな音楽プレーヤーに欠かせないものです。365日ずっと使用をするスマートフォンと共に、使用するイヤホンもまた生活の必需品とも言えるかもしれません。イヤホンを乱雑に扱っていませんか?イヤホンを適当にバッグの中に入れっぱなしにしていたり、面倒くさいからと線をぐるぐる巻きにしていたりなど、自分が気づいていない間にイヤホンに負荷がかかり、影響が出てしまう場合もあります。イヤホンの線の断線は必然的とも言えます。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7680df5a 5d79 4f3e a152 78e106f14001
Written By
コヌマ ヒカル
カメラマンです。デジタル製品について詳しいです。
PCやAV機器など様々なデジタル製品に興味があります!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧