片耳イヤホンの使い道とは?どのような場面で使用できるの??

目次

片耳イヤホン

片耳 イヤホン

イヤホンで音楽を聴いていると周りの音が聞こえずに外で使用しているときなど、困ったことがあるのではないでしょうか。周りの人の声が聞こえなかったり、電車に乗っているときなど、音が周りの音が聞こえないため、音量を下げて対策している方もいるでしょう。

そうすると音楽を聴いていても物足りない状況になってしまうでしょう。ここでおすすめなのが方耳イヤホンです。方耳イヤホンを使うことで、方耳で音楽を楽しむことができ、方耳は周りの音を聴きとることができるので、とても使い勝手がよくおすすめです。

ここでは、方耳イヤホンの活用方法やおすすめの方耳イヤホンをご紹介していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

片耳イヤホンの活用法

片耳 イヤホン

ここでは、方耳イヤホンを使ってできる活用方法をご紹介していきます。

作業や家事をしながら使用できる

方耳イヤホンを使うことで、掃除や洗濯など、家の仕事をしながら使用することができておすすめです。毎日しなければいけないことだからこそ、楽しみながらできるように、音楽を聴きながらテンションを上げてできるのがおすすめポイントです。

好きな音楽を聴いてすることがとても魅力的になっています。方耳イヤホンを使うことで、他の音も聞こえるため、誰かがインターホンを鳴らしたときなども聞こえるため、来客が来たときも分かることができておすすめです。

料理を作りながら使用するときなども使用することができていいでしょう。テレビに繋いで使用することで、テレビの音声を聴きながらできるのもいいでしょう。

通勤や通学で使える

ビジネスマンや学生など、方耳イヤホンで通勤通学することで、周りの音も聞こえて使いやすいでしょう。周りの音を聴きながら行くことができるため、誰かに話しかけられたときも分かりますし、アナウンスの音も分かるため、使い勝手が良いでしょう。

さらに、マイクが搭載されている方耳イヤホンを使うことで、音楽を聴くだけでなく、電話をしながら使用することができるのも魅力的でしょう。そのため、ビジネスマンの方など、大事な電話があったときも分かりやすく使いやすいでしょう。

片耳イヤホンの種類や使い方

片耳 イヤホン

方耳イヤホンを使うときにおすすめな、種類や使い方をご紹介していきます。

種類

方耳イヤホンは、有線タイプと無線タイプのワイヤレスタイプの両方から選んで使用することができます。

有線タイプは、コードを繋いでいるため、接続が安定しており、音楽が途切れてしまったりすることがないのが魅力的でしょう。比較的安価で買うことができるのも特徴になっているのでおすすめポイントです。

ワイヤレスタイプは、コードレスで音楽を楽しむことができるため、コードが邪魔にならずに快適に音楽を聴くことができておすすめです。充電して使うことができるため、USB充電しておくことが大切になっています。

二つのタイプの方耳イヤホンから、自分の好きな使いやすい方耳イヤホンを使用しましょう。

使い方

有線タイプはコードを繋ぐだけで簡単に接続することができます。簡単にできるため子供からお年寄りまで簡単に使うことができて魅力的でしょう。

ワイヤレスタイプは、Bluetooth機能で繋ぐことができるため、スマートフォンやタブレットなど好きな機器と繋げて使用することができておすすめでしょう。USB充電することで使用することができます。充電ケースが付いていたり、イヤホンに充電する場所が付いていたり、USB端子に差し込んで充電できるタイプなど、たくさんの種類から選んで使用することができます。

片耳イヤホンはとても便利!

片耳 イヤホン

方耳イヤホンを使うことで、便利なことがたくさんあります。方耳イヤホンの便利さをご紹介していきます。

持ち運びの便利さ

持ち運ぶときに便利に使うことができておすすめです。両耳イヤホンは、両耳のコード部分が絡まってしまい使いづらいということがあるでしょう。しかし、方耳イヤホンはコードが少ないので絡まりにくく使いやすいのが魅力的でしょう。音楽を聴きたいときにサッと取り出して使うことができるため、持ち運びにべんりでおすすめでしょう。

イヤホンコードが切断される心配がない

方耳イヤホンを使うことでイヤホンコードが切断される心配がないのがおすすめです。両耳イヤホンの場合は、片方を引っ張ってしまいコードが切断されてしまうことがありますが、方耳イヤホンはそのようなことが起きないので便利でおすすめです。

方耳イヤホンのおすすめ商品

イヤホンマイク マイク イヤホン ヘッドフォン ヘッドホン ゲーム おすすめ 多用途 PC スマホ iPhone PS Switch ワイヤレス

方耳イヤホンはたくさんの種類から選んで使用することができます。ワイヤレスタイプの方耳イヤホンと有線タイプのイヤホンのおすすめ商品をいくつかご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

amorno

ワイヤレスタイプの方耳イヤホンです。サイズは、約幅17mm×奥行き25mm×高さ21mmです。コンパクトサイズで使いやすくておすすめです。耳にフィットすることができるため、ランニングなどスポーツをしている場合も使いやすくていいでしょう。さらに、防水機能も付いているため、雨の日や水に濡れてしまっても快適に使用できるのが魅力的でしょう。

イヤーピースは、大きい、メディア、小さいの3種類から選んで使用することができます。自分の耳にフィットするイヤーピースを選んで使用することができておすすめです。

USB充電ができるため、パソコンなどで簡単に充電して使うことができておすすめです。フル充電しておくことで、約5時間も連続再生することができます。軽量で持ち運びやすく、使いやすいのがおすすめな方耳イヤホンです。

DIVI

ワイヤレスタイプの方耳イヤホンです。超コンパクトサイズで使いやすいのが魅力的でしょう。持ち運びも楽にでき、コンパクトに持ち運ぶことができて便利でおすすめです。

充電ケースが付いているため、充電が切れてしまうと簡単に充電ケースに入れて充電ができるのが使いやすいでしょう。急速充電ができるのがポイントになっているので、早く充電できるのも魅力的です。最大約8回も充電することができるので、持ち運んで約70時間も使用することができるのがとてもおすすめポイントです。

Glazata

ワイヤレスタイプの方耳イヤホンです。Bluetoothで簡単に繋ぐことができ、2つの機器を一緒に繋げて楽しむことができます。スマートフォンとタブレットを同時に繋げることができるため、片方で音楽を聴いているときに電話がかかってきても気づくことができるのが魅力的でしょう。

音声通話は最大で約30時間も使用することができます。ビジネスマンの方に使いやすくておすすめな方耳イヤホンになっています。長時間付けていても耳が疲れにくい設計になっているのでとても魅力的でしょう。

ブラックとホワイトの2色から選んで使用することができるため、好きな方を選んで使うことができておすすめです。

ソニー

有線タイプの方耳イヤホンです。コードの長さが1mあるので使いやすいでしょう。差し込み口がL字型になっているので、コードが断線してしまう恐れも少ないのが魅力的です。

オーディオテクニカ

有線タイプの方耳イヤホンです。差し込み口がL字型になっているのでコードが断線しにくいのが特徴です。重さも4グラムととても軽いため、持ち運びにおすすめなイヤホンでしょう。

ELECOM

有線タイプの方耳イヤホンです。リモコン操作ができるため、音声調節や音楽の再生や早送り、巻き戻しなどもできて使いやすいでしょう。さらに、マイクが搭載されているので、通話も楽しむことができます。リモコンで操作すると音楽を聴いていても通話に切り替えることが簡単にできるのが魅力的でしょう。

コードが絡まらないようにクリップも付いています。持ち運びに便利に使うことができておすすめでしょう。イヤーピースが付いており、XS,S,M,Lの4種類から選んで使用することができます。自分にフィットするイヤーピースを選んで使用することができておすすめです。

まとめ

パソコン 画面 大きく なっ た,pc 画面 拡大

方耳イヤホンを使うことで、たくさんの場面で楽しみながら使用することができておすすめです。好きな音楽を好きな場所で聴くことができるように自分に合った方耳イヤホンを選んで快適に使用しましょう。

有線タイプと無線タイプのワイヤレスタイプの2通りから自分に合うイヤホンを選んで使用することが大切です。両方を使い分けることも魅力的な使い方なので、自分に使いやすい方法ができる方耳イヤホンを使用しましょう。

方耳イヤホンもたくさんの機能が付いているのが魅力的です。防水機能やとてもコンパクトサイズで持ち運びに便利な方耳イヤホンもあるため、とてもおすすめです。

自分に合った使いやすい方耳イヤホンを使用して、快適に音楽を聴きましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 32e34aeb 97fc 4222 8688 96b93065c7e2
Written By
桃岡 もも
日常に少しでもお役に立てると嬉しいです
日常に役立つ情報を作り出していきたいです。少しでもお役に立てることができれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧