安いイヤホンは定期的に買い替えがオススメ!安いイヤホンで音楽を楽しむ方法ご紹介

この記事を執筆するにあたって

100均一のイヤホンと500円の安いイヤホンを日常的に使用しています。

Written By 東久保 輝

目次

安いイヤホンで音楽を楽しむポイントをご紹介します

iphoneイヤホン

私たちの生活に欠かせない音楽。
電車の中や街中でイヤホンで音楽を聴いてる人がたくさんいますね。

イヤホンは安いものから高いものまであります。
見た目が高級そうなイヤホンだから音がいい訳ではありません。

むしろ、選び方によっては安いイヤホンの方があなたの好みにあった音の可能性だってあります。

私自身、100円均一のイヤホンと500円の安いイヤホンを
日常的に使用しておりますが、とても良い音で楽しんでます。

そこで、今回は安いイヤホンのオススメをご紹介します。

安いイヤホンは何故安いのか

イヤホン女子

私自信、先ほども述べたように
100円均一のイヤホンと500円のイヤホンを使用してます。

イヤホンの市場は安いもので100円から
高いもので数万円するような高価なイヤホンもあります。
そこで安いイヤホンの特徴を調べてみました。

100円均一のハンズフリーマイクイヤホンについて

私が普段使用してる安いイヤホンの一つに
100円均一のハンズフリーマイクイヤホンがあるのですが
このイヤホンの特徴は、音楽を聴くようではなく
電話する用で、片耳タイプです。

例えば、街中でLINE通話を楽しみたい時に
100円均一のハンズフリーマイクイヤホンをさっとセットすることで
手放しでLINE通話が楽しめる他

100円均一のハンズフリーマイクイヤホンは片耳タイプのため
周囲の音を遮断せず、危険性も減ります。

そして、何より驚いたのが
100円均一のハンズフリーマイクイヤホンの音がクリアなことです。

100円均一のハンズフリーマイクイヤホンの使用目的は通話ですが
相手の声が非常にクリアに聞こえます。
また、自分の話し声を拾うマイクの性能も高いです。

100円均一のハンズフリーマイクイヤホンは
複雑な機能は付けず、単純な通話機能に特化していて
簡単な袋に入って販売されているので安さを実現しています。

安いイヤホンのケーブルは細い

ケーブル

安いイヤホンはケーブルが細いものが多く
断線しやすい箇所があります。

断線とは、片耳しか聞こえない状態やノイズが入ってしまう状態です。
イヤホンのケーブルが細いとなぜ断線しやすいか調べてみると
イヤホンの根元と境目部分は曲げる力に非常に弱いんです。

なので、安いイヤホンのケーブルだと細くて
断線しやすいという特徴があります。

では、安いイヤホンはケーブルが細いから音が悪い?
という訳でもないです。

それを次でお話しします。

安いイヤホンは音質が良くない?

ヘッドホン 帽子

安いイヤホンは音質がよくないと思われがちですが
私が使用している500円のイヤホンでも割と良い音です。

そもそも、イヤホンの音が良い悪いというのは何で決まるのでしょう。

イヤホンの音を決めるのは、ズバリ周波数です。
音の波の形で聞こえ方が随分と違ってきます。

ちなみに、高いイヤホンの音の波の形は
「ドンシャリ」といって、高音と低音がはっきりしているものが多く
逆に安いイヤホンは「かまぼこ」と言って中心の音がくっきりしています。

音は人それぞれの好みもありますので
一概にドンシャリがよくてかまぼこはだめという訳でもないです。

また、ラジオを聴く時などは
かまぼこの方が声が聞こえやすいように思います。

音漏れ対策などの工夫がしてない

ヘッドホン かっこいい

「カナル型イヤホン」は音漏れ対策に向いています。
カナル型イヤホンとは、耳栓をしてるように耳の穴に入る形です。

カナル型イヤホンは音漏れを対策しやすいですが
やはり、音が大きすぎると音漏れしてしまいます。

また、安いイヤホンだど
音漏れ対策などの工夫がしておらず
音が漏れやすいものもあります。

しかし、最近の安いイヤホンは
安いイヤホンでも本格的に音楽を楽しめるものが多く
また音漏れ対策もちゃんとしてるものが多いです。

安いイヤホンで音楽を楽しむポイントとは

先ほどお伝えした安いイヤホンの音の特徴として
安いイヤホンは「かまぼこ」タイプの音がほとんどです。

なので、どうしても高いイヤホンのようなドンシャリは難しいですが
かまぼこタイプでも音楽は楽しめます。

安いイヤホンを良い音で聴くためには
安いイヤホンでもイコライザーの設定を変えることで
あなたの好みの音に変えることもできます。

私はiphone5に500円のイヤホンを刺して使っていますが
イコライザーの設定を“dance”や“jazz”などに変えて使っています。

すると、低音部分が引き出され
少しだけドンシャリのドンの部分が出てきます。

好みの音域に合うイヤホンを選ぶ

安いイヤホンのかまぼこでも大丈夫な人もいれば
ドンシャリじゃないとだめ!という人もいるでしょう。

そこで、安いイヤホンを選ぶ際には
あなたの好みの音域に合ったイヤホンを選ぶようにしましょう。

安いイヤホンでもイコライザー設定を変えて
低音域を作る工夫などをすれば
好みの曲に合わせることが出来ます

定期的に買い替える

断線しやすいので、定期的に買い替える方が安心して使えます。
実際に、月1で同じイヤホンを買いにくる方も少なくないです。

安いイヤホンの選び方

イヤホン 安い

安いイヤホンを選ぶときのポイントについてまとめてみました。

イヤホンの形

カナル型
耳の穴にすっぽりと収まって遮音性に優れています。
音がはっきりと聴こえるタイプです。

音の特徴として、音の粒を表現するのには向いてますが
空気感(アコースティックなど)の表現は弱い印象です。

インナーイヤー型
いわゆる一般的なイヤホンはこちらの形をイメージしてください。
音は良いですが、外の音も入ってきます。

カナル型と違い空間系の音に強い印象です。

ケーブルの長さ

ケーブルの長さも様々で
1mくらいのものから、長くて3mくらいあるものもあります。
家で使用する場合は3mくらいある方が便利ですが

例えば、歩きながら使用される際には1mくらいの短めのケーブルの方が
カバンに引っかかったりしないので良いです。

正確には、1.2mという長さが主流のようです。
その理由は、カバンにしまうときにちょうどよい長さだからだそうです。

音域やインピーダンスなどの音質

人間が聞き取れる音域は
「20Hz~20000Hz(ヘルツ)」です。
これ以上小さくても大きくてもあまり聞き取れないとされています。

イヤホンの説明文によく
「20Hz~20000Hz」みたいな表記があります。
この数値に近いイヤホンを選んでくださいね。

音域に関しては先ほどお伝えしたように
ドンシャリとかまぼこの2つに分けられます。(音のキャラクター)

高音がシャリで
低音がドンという表現です。

バンドサウンドなど、迫力のある音を求めるならドンシャリ系がオススメです。

インピーダンスとは抵抗値のことです。

この数字があまりに大きいと音を出すときに抵抗するので
音が小さくなります。

目安は20〜32Ωくらいです。
ちなみに、このΩはオームと読みます。

スポーツ用防水、防滴

ランニングやウォーキングの際に汗でイヤホンが潰れてしまった
という経験はないですか?
それと、うっかり洗濯機でイヤホンを洗ってしまったなど
安いイヤホンは防水、防滴でないものもありますが

高いからと言って全部が防水、防滴な訳ではありません。
防水、防滴用に作られたイヤホンを選びましょう。

マイク付きスマホ用

私が現在使用してるのはこのマイク付きスマホ用イヤホンです。
主に音声通話をされる際に便利です。

例えば、LINE電話を楽しみたい時に、アナログなやり方で
肩にスマホを挟んで耳に押し当てて長時間話していると疲れます。

マイク付きスマホ用であれば手放しで会話できるので非常に便利です。

Bluetooth

Bluetoothとは無線でイヤホンなどが楽しめる機能です。

Bluetooth機能はほとんどのスマホやパソコンに付いてます。
また、イヤホンにもBluetooth対応イヤホンもあります。

最近だと、安いイヤホンでもBluetoothに接続することを前提に作られてるので、線が煩わしい人にぴったりです。

オススメの安いイヤホンご紹介

オススメ

1,000円以下の安いイヤホン① JVC HP-F140-W グミホン ステレオミニイヤホン

私が普段使用している500円の安いイヤホンはまさにこれです。

この価格だと、もし最悪壊れてしまっても
諦めがつくというか・・・

高いイヤホンの代用品や、予備の安いイヤホンとしても
重宝してます。

1,000円以下の安いイヤホン② MDR-AS210

SONYが出してる安いイヤホンのMDR-AS210です。
ジョギングする際など、激しく首を揺らしても外れにくい形をしています。

スポーツをしてる時以外にも
イヤホンが外れやすいと気が散りますよね。
あと、1000円以下で防水はとても嬉しいですね。

2,000円以下の安いイヤホン① HA-ETX30-B

スポーツ用を押しますが、別に普段使いでも十分使用可能です。
というより、スポーツタイプの方が防水対応で、ずれにくく便利です。
価格もお手頃ですね。

2,000円以下の安いイヤホン② Pioneer SE-E5T

パイオニアが出してるスポーツイヤホンです。
「3D active fit」という耳からずれにくさを追求しています。
防滴対応で、運動時にも向いてます。

スポーツ用の安いイヤホン GVOEARS スポーツイヤホン

スポーツ用とは言っても、そこまで大きいタイプではないので
普段使いできるのも嬉しいです。

耳にフィットする独自の形で運動をされる際にオススメです。
汗に強く、防水・水滴も対応してます。

更にマイク付きなので音声通話可能です。

マイク付きの安いイヤホン JVC XX HA-FX101M

音響に強いケンウッドのJVC XX HA-FX101Mです。

かっこいいデザインに加えて重低音がかなり効いてるサウンドです。
マイク付きなので、音声通話機能付きです。
衝撃に強く、タフに使用できます。

Bluetoothの安いイヤホン JVC HA-EB7BT

JVC HA-EB7BT ワイヤレスイヤホン Bluetooth/ランニング・スポーツ向け/高音質/防滴仕様

お手軽にBluetoothイヤホンを試してみたい人にオススメです。
価格もちょうど良く、手軽にBluetoothイヤホンを安く使うことができます。

まとめ

  • この記事では安いイヤホンの特徴や違いについてお話しました。
  • 安いからと言って音が悪い訳ではない
  • 音域やインピーダンス等のお話
  • 2000円までの安いイヤホンをご紹介

させていただきました。

安いイヤホンのご購入をお考えの方は
この記事を再度読み直して、どれにしようかお考えください。

最後までありがとうございました。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small f7d9bfa0 090d 49f1 8780 639cc0eef203
Written By
東久保 輝
家電のことに興味がある方へ楽しく情報発信していきます♪
2018年8月より参加させていただきました。家電って生活必需品ですよね。 初めて引っ越しした時冷蔵庫も洗濯機もなくて全く生活がままならなかったことを思い出します・・・ 家電を使いこなせたら生活の質も向上すると思いませんか?硬い感じではなく 楽しく記事を書いていけるように努めます。皆さま、新参者でございますがどうぞよろしくお願いします^^

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧