ps4コントローラーでイヤホンを使用する際の音量の変更方法や注意点をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

PS4は発売して比較的直ぐに購入したクチです。なので諸々基本的な使い方は詳しい方だと思います。ぜひご参考ください。

Written By 立早 問十

目次

ゲーム機器でも「イヤホン」で音声を楽しもう!

PS4(プレイステーション4)をはじめ、最近のゲーム機では映像・音声ともに高水準のクオリティーで楽しめるのが当たり前になってきています。

一般的に、それらをフルで楽しむために欠かせないと言われているのが「高解像度モニタ」や「ヘッドホン」ですが・・・後者については意外と「イヤホン」でも代替が利きます。

というのもPS4ではコントローラー自体に「イヤホンジャック」が付いており、わざわざモニタ(テレビ)の「音声出力」に接続せずともイヤホンをコントローラーのジャックに刺すだけで、たちまち耳元で音声を楽しむことができるようになっているからです。

かくいう筆者も夜にPS4をプレイする時は、家人に配慮する意味でイヤホンを欠かさず利用しています。音量で気兼ねすることなくプレイしたいですし、そもそも音量が低いままでは臨場感も減ってしまいますので・・・。

ただ、イヤホンで音声を楽しむ際には、その音量に注意が必要です。また、イヤホンジャックに接続したからといって、直ぐに使えるという訳でもありません

そこで本記事ではPS4でイヤホンを利用する際の注意点や設定事項について述べていきたいと思います。

※本記事執筆時点でPS4の「システムソフトウェア」は「バージョン5.55」です。各種設定方法は当該バージョンに基づいたものとなりますので、あらかじめご了承ください。

ps4コントローラーでイヤホンを使用する時の音量調節法!

ps4コントローラーのイヤホンの付け方

まずはPS4のコントローラーにイヤホンを接続する方法から。私物の「ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT1J)」を使って説明していきます。

①3.5mm端子(ミニ)のイヤホンを用意してください。コードは数十センチ程度の長さ(手元のコントローラーから耳まで問題なく届くもの)であれば十分です。

ps4 イヤホン 音量

②コントローラーの下側にイヤホンジャックがあります。そこに刺して接続してください。

ps4 イヤホン 音量

以上で接続は完了です。

ps4コントローラーのイヤホン音量設定方法

続いてコントローラーに接続したイヤホンの音量設定方法を説明します。以下は「コントローラーにイヤホンを接続した状態」で行ったものです。

① PS4を起動して「ホーム画面」にします。
②「機能エリア/機能画面」から「設定」アイコンを選択してください。

ps4 イヤホン 音量

③「設定」画面で「周辺機器」を選択します。

ps4 イヤホン 音量

④「周辺機器」画面で「オーディオ機器」を選択してください。

ps4 イヤホン 音量

⑤「オーディオ機器」画面で「出力機器」が「コントローラーに接続したヘッドホン」になっているかを確認してください。もし「テレビまたはAVアンプ」になっていれば「コントローラーに接続したヘッドホン」に切り替えてください。

ps4 イヤホン 音量

⑥「オーディオ機器」画面で「音量コントロール(ヘッドホン)」を選択し、左右キーで音量を設定してください。

補足:「オーディオ機器」画面での注意点

(A)「ヘッドホンへの出力」について
「ヘッドホンへの出力」では「すべての音声」または「チャット音声」が選択できます。

購入時には「チャット音声」にチェックが入っていますが、イヤホンでPS4の音声全てを再生したい場合は「すべての音声」にチェックを入れてください。

「チャット音声」にチェックが入っていると、プレイしているゲームの「VC(ボイスチャット)」のみがイヤホンから流れてくるようになります。

(B)「出力機器を自動で切り替える」について
「出力機器を自動で切り替える」にチェックを入れていると、以降はイヤホンを接続した時に自動でPS4の音声がテレビやAVアンプからではなく、イヤホンから流れるようになります。

チェックを入れていない場合は「出力機器」で「コントローラーに接続したヘッドホン」を選択しないとイヤホンに音声が流れてきませんので、基本的にはチェックを入れておくのがオススメです。

PS4のコントローラーに接続したイヤホンの音量設定方法は以上です。

ps4コントローラーでイヤホン音量を設定する際の注意点

いきなりの爆音に注意!

イヤホンで音声を流しながらPS4をプレイする場合、「音量の上げすぎ」には注意しましょう。ゲームによっては急に大音響で音楽が流れたり、それこそ大爆発のシーンなどで思いもよらず「爆音」が流れてくることもあります。

そのような中で長時間イヤホンを使い続けると、「ヘッドホン難聴」になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

引用:Q. ヘッドフォン難聴について教えてください。

ヘッドホン難聴は、ヘッドホンやイヤホンから音楽を強大音量できくことによって生じる難聴です。ロックコンサートやディスコなどで起こった場合には、それぞれロックコンサート難聴、ディスコ難聴と呼ばれています。これらは音響外傷といわれるもので、強大音により急性に難聴を発症する場合と、長期間大きい音に暴露されている間に気づかないうちに発症する場合があります。近年の携帯型音楽プレイヤーの普及によりヘッドホンやイヤホンで長時間にわたって音楽を聴く人が増え、これによる難聴の増加が危惧されています。

「ヘッドホン難聴」になってしまうと、現在の医学では完全に治療することは難しいといわれています(症状が軽度で早くに治療を始めた場合は治ることもあるようですが・・・)。なので、耳をいたわることも意識しましょう。そのための基本は「音量を上げすぎないこと」や「長時間に渡って聞き続けないこと」です。

目安としては「イヤホンで音声を聞きながら人と会話ができる」くらいが耳にやさしい音量のようです。また「イヤホンを使用した時間の3倍程度」を耳を休めるための時間にあてるのが望ましいともいわれています。

いずれにせよPS4でイヤホンを使用する際には、「音量コントロール(ヘッドホン)」でイヤホンの音量を適切に調整してからプレイする習慣をつけるようにしましょう。

ps4コントローラーのイヤホン音量を調節して快適なゲームライフを送ろう!

ここまでイヤホンを使用するデメリットを長々と説明してきましたが、当然、イヤホンを使用することによるメリットもたくさんあります。

ゲームをプレイする際には臨場感が増すといったこともありますし、何より周辺環境(家族や近隣住人)にテレビやAVアンプなどから漏れる音を気にする必要もなくなります。

要はイヤホンの音量を適切に調整し、利用時間も考慮して耳をいたわるようにすれば快適なゲームライフが送れる、という話でもあります。

また、耳への直接的なダメージを憂慮するならば、「骨伝導イヤホン」を利用することも検討すると良いかもしれません。「骨伝導」とは、鼓膜を通さずに頭部や頸部などを振動させることで「聴覚神経」へ直接的に音を到達させる仕組みのことです。「骨伝導イヤホン」なら一般的なイヤホンのように耳の穴を塞がず、鼓膜を振動させないため、耳への疲労が少ないともいわれています。

まとめ

結論としてはPS4でゲームを楽しむなら、コントローラーのイヤホンジャックを使わない手はありません。但し、音量は適切であることが条件です。

それこそイヤホンを使うことで耳が聞こえづらくなってしまえば、本末転倒でしかありません。ド迫力の映像と合わせて、ハイクオリティーな音楽・音声を堪能するのが、そもそものゲームの楽しみ方というものですから。

「ゲームは一日、一時間!」とは、よく言ったものです。最近のゲームは1時間で終わるもの自体が少ないこともありますが、何事も度を過ぎればいけないということなのでしょう。

ゲーマー諸氏の皆様におかれましても、ゲームのプレイし過ぎや音量の上げ過ぎにはくれぐれも注意し、末永く楽しまれることをお祈りいたします。

参考:「オーディオ機器」の設定

参考:ヘッドホン難聴

参考:骨伝導イヤホン

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
立早 問十
家電や各種ガジェットについてできるだけ分かりやすくお伝えしていきます!
2018年に加入しました、リッソー・モンドと申します。巷に溢れる家電や各種ガジェットの情報を整理し、なるべく分かりやすくお伝えしたいと思います。宜しくお願い致します!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧