セブンイレブンのイヤホンの音質は?特徴やおすすめ理由をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

セブンイレブンは、今やなくてはならない存在です。通りを歩けば、セブンイレブンを見かけるのではないでしょうか?そんな、セブンイレブンのイヤホンについて徹底解説していきます。

Written By 廣瀬 裕一

目次

セブンイレブンのイヤホン

セブンイレブンには、様々なデザインのイヤホンが発売されております。また、色の種類も豊富にあり思わず手に取ってみてしまうのではないでしょうか?また、コンビニのイヤホンは安いため思わずほしくなってしまいます。そんなセブンイレブンのイヤホンを価格からスペックまでを徹底解説していきます。

セブンイレブンイヤホンの音質はいかに⁉

イヤホン ジャック 種類

セブンイレブンのイヤホンは、コストパフォーマンスに優れております。そのため、価格は安いがスペックが気になるという方も多いのではないでしょうか?セブンイレブンでは、視聴することができないため購入する前は気になるかといえます。そのため、これからセブンイレブンのイヤホンを購入しようと考えている方向けに音質について解説していきます。

音質

  • 音はしっかりと出ているが、音のクリア感はあまりよくありません。音が少し濁っている感じに聞こえます。
  • 家で、ゆっくり音楽を聴いてリラックスするほどの音質ではありません。
  • ウォーキングなどに少し使うくらいがちょうどよい。
  • 遮音性に優れている。
  • 迫力がある音が出て盛り上がる。
  • 音質は、低音です。

セブンイレブンのイヤホンは、低音のためクラシックを聴くのには向いていません。クラシックが好きな人にはおすすめできないが、迫力ある音が出るためロックやポップな音楽を聴く方には向いているイヤホンです。そのため、若い年齢層の方向けのイヤホンです。また、セブンイレブンのイヤホンには「電磁力カカオジウムドライバーユニット」という高音質を再現するシステムが採用されているため音質に関しては問題ありません。

コンビニのイヤホンについて

イヤホンといえば、ソニーやパナソニックなど大手メーカーが発売している高性能なイヤホンを思い浮かべるのではないでしょうか?コンビニのイヤホンと聞くと、安いだけですぐに壊れてしまうとイメージを持っているかといえます。イヤホンについては、様々な意見があるかといえます。イヤホンは、高音質で聞きたい人や聞けるだけでいいと思っている方など様々です。コンビニが、イヤホンの発売に乗り出したのは、イヤホンのお手頃さを意識したのかもしれません。イヤホンが欲しい時などは、大手家電メーカーだったり専門店に行かなければ購入することはできないイメージなので少々面倒くさいイメージがあります。しかし、コンビニにイヤホンを置くことによりイヤホンとの距離がぐっと近くなった気がします。

セブンイレブンのイヤホンの価格

セブンイレブン イヤホン

おすすめできるセブンイレブンのイヤホンを紹介していきます。

 HA‐FX711S 価格1017円

スペック

  • 型式は、ダイナミック型を仕様
  • 再生周波数帯域は、10Hz~23,000Hz
  • 出力音圧レベルは、101dB/1mW
  • 最大許容入力は、200mW
  • 質量は、3.7g(コード含まず)
  • コードは、1.2m 3.5mmニッケルメッキストレート型ステレオミニプラグ付き
  • 付属品は、イヤーピース各2個とコードキーパー1個
  • カラーは、全3種類(ピンク、ホワイト、ブラック)

セブンイレブンに行くと常に常備されています。価格は、1000円台と非常に安く手に入れることができます。機能面に関しては、音が少しこもって聞こえますが、ダイナミックな音楽を楽しむことができます。

セブンイレブンイヤホンの特徴

iPhone ヘッドホン イヤホン

セブンイレブンイヤホンの特徴について解説していきます。

コードキーパー付属

セブンイレブンのイヤホンには、コードキーパーが付いております。コードキーパーは、コードが絡まらないようにするためのものです。セブンイレブンのイヤホンのコードの長さは、約1.2メートルほどあります。1.2メートルは結構な長さのためコードキーパーが付いているとありがたく感じるのではないでしょうか。

遮音性が高い

セブンイレブンのイヤホンは、カナル型を使用しています。カナル型とは、耳栓型のイヤホンです。耳栓のようなイヤーピースを耳に押し込んで使うことから耳栓型とも呼ばれています。イヤーピースは、耳にしっかりとフィットするように作られているため遮音性に優れています。耳からも外れにくく、遮音性に優れているため音楽のみに集中して聞くことができます。

イヤホンの付け心地が最高

セブンイレブンのイヤホンは、イヤーピースのためフィット感は最高だといえます。そのため、ウォーキングやランニングなどスポーツを行う際に落ちづらく使い勝手が最高です。

互換性がある

セブンイレブンで発売されているイヤホンは、ビクター社が製造しています。カナル型のイヤホンはよく落としてしまったりしてなくしてしまうことがあります。そういった場合にビクター社のイヤホンと互換性があるため代用して装着し使うことができます。わざわざ1000円を出して買い替える必要がありません。

プラグ部分の掃除をこまめに行いましょう

セブンイレブンのプラグ部分は、ニッケルメッキ素材が使用されております。ニッケルメッキは、伝導性に優れておりますが、使用し続けていると劣化していき酸化してきてしまいます。そのため、気が付いたら布なので拭いてあげましょう。

セブンイレブンのイヤホンの耐久性

製造元は、しっかりしているが果たして本当に壊れないのか心配になるのではないでしょうか?イヤホンは、消耗品のため大手企業が作っているといえど価格が安いのには訳があるなんてお考えの方もいるのではないでしょうか?価格が、イヤホンにしては安すぎるためそのように考えても不思議ではありません。口コミを見ていると、セブンイレブンのイヤホンは案外頑丈に作られているといった意見を多く見ます。値段が安いと断線が発生し片耳だけ聞こえないといったトラブルを多く聞きます。しかし、セブンイレブンのイヤホンはそういったトラブルを耳にしないので、頑丈に作られていることがわかります。

セブンイレブンのイヤホンをおすすめする理由

イヤホン ジャック 種類

ここでは、セブンイレブンのイヤホンをおすすめする理由を解説していきます。

コスパ抜群

セブンイレブンのイヤホン価格は、1000円前後です。通常イヤホンは、2000円~3000円はするため、1000円は格安といえます。また、デザイン性や配色もたくさんあり人気のあるイヤホンです。イヤホンが壊れてしまってもコンビニで売っているため、すぐに手に入れることができます。

製造元はどこなのか?

セブンイレブンのイヤホンの製造元はどこなのか気になるのではないでしょうか?それだけ安いイヤホンをどこで作っているのか興味が出るのは当たり前といえます。製造元は、「ビクター」です。ビクターという会社がわからなくてもロゴを見ればわかります。ビクターは、音響機器と映像機器の製造を行っている大企業です。そのため、しっかりとした製造がなされているといえます。製造元に関しては、安心していいといえます。

ファミリーマートのイヤホンと比較してみた

セブンイレブンで売っているイヤホンとファミリーマートで売っているイヤホンを比較してみました。ファミリーマートの発売元は、多摩電子工業です。価格は、1000円前後とさほど変わりません。プラグの形は、L字型で金メッキ仕様となっております。音質は、低音でありやや高音と中音が抑え気味になっているかなという印象です。ダイナミックな音楽を楽しむというよりは、テクノチックな音楽向きのイヤホンといえます。セブンイレブンのイヤホンと比較してみたが、セブンイレブンのイヤホンのほうが若い子向けのイヤホンだといえます。価格帯は、同じくらいに設定されておりmす。製造元は、セブンイレブンのほうが安心感がある企業ということがわかります。

まとめ

セブンイレブンのイヤホンについて解説してきました。セブンイレブンのイヤホンは、コストパフォーマンスに優れており使い勝手が大変良いです。家で、まったりとリラックスする際は、あまり向きませんが、通勤通学やランニングなどちょっと使いたいときにはお勧めできるイヤホンです。ぜひ、セブンイレブンに行った際には手に取ってみてみることをおすすめします。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small fd373e22 8004 4689 953b f18bc04d892f
Written By
廣瀬 裕一
これから家電を買う人への手助けになればと思っています
私自身、家電を買うときに迷った経験があります。その経験から、適切な情報を提供することにより皆様の手助けになればいいなと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧