イヤホンに入る嫌なノイズ...その原因と対処法は?

目次

イヤホンのノイズ

現代においてスマートホンやオーディオプレイヤーの普及、ビジネスの場等ではハンズフリーイヤホンでの通話等により、イヤホンをご使用する機械は以前にもましてご使用の機会が増えた事でしょう。
その様な現代において、イヤホンの使用中に起こるイヤホンにノイズが発生してしまうと、音源が聞き取りにくかったりクリアな音源が楽しめない等の不具合が生じてしまいます。
この記事ではイヤホンのノイズはなぜ入ってしまうのかイヤホンのノイズが入ってしまう原因について解説致します。
また、イヤホンのノイズに対する対処法を解説すると共に、イヤホンのノイズが少ないイヤホンはどの様な製品があるのかをご紹介致します。

イヤホンのノイズはなぜ入るの?

タッチノイズ

イヤホンにノイズが入る原因としてタッチノイズというノイズが入る事があります。
タッチノイズとはどういうノイズかというと、イヤホンのコードが服やかばん等の他の製品と擦れるたり、イヤホンのコードが風や激しい運動によって揺れ動き、肌や髪の毛等擦れる事によって起こるノイズの事をいいます。
また、イヤホンのコードが長すぎて製品にコードが接触してしまう部分が多い場合や、イヤホンのコードが長すぎて複雑に絡まってしまっている場合によってこの様なノイズが発生してしまいます。

イヤホンの接触不良

イヤホンのノイズが入る原因としてイヤホンの接触不良によりノイズが入る事があります。
製品にイヤホンのプラグがきちんと刺さっていない等の不具合やイヤホンのプラグが極端に汚れている、イヤホンのコードが傷ついている、もしくはイヤホンのコードが断線している事によってノイズが入ってしまったり音が聞き取れなくなってしまう等の症状が起こります。
イヤホンのプラグが機器側の製品にきちんと刺さっているか、プラグが極端に汚れていないか等を確認して、コードの部分も断線や大きな傷がないか確認しましょう。

機器側の不具合

イヤホンにノイズが入る原因として機器側に不具合がしょうじている事によりノイズが発生する事があります。
イヤホン事態には全く問題がなく、接触もきちんとされているのにノイズが入ってしまう場合には、この様に製品の機器側に不具合がしょうじている可能性があります。
機器側の製品が極端にご使用年数が長く、機器側の製品が寿命を迎えている等の場合があります。
機器側の製品に故障がないか確認しましょう。

イヤホン ノイズ

イヤホンのノイズの対処法は?

イヤホン装着方法を変えてみる

イヤホンのノイズの対処法としてイヤホンの装着方法を変えてみる事によってイヤホンのノイズを防ぐ事が出来ます。
タッチノイズはイヤホンのコードが他の製品と擦れる事によって起こるノイズですので、イヤホンのコードが他の製品と擦れない様にイヤホンの装着方法を変えてみましょう。
イヤホンのシェア掛けと言ってイヤホンを耳に装着する時に上下を逆にする様に装着する事によって、イヤホンの左右を繋ぐコードを首の後ろ側に掛ける方法があります。
この様な装着方法ですと、イヤホンが耳に安定する効果があり、コードが他の製品と擦れる頻度を減らす効果も期待出来ます。
また、イヤホンのコードが長すぎる場合は、イヤホンのコードを専用のクリップ等で止める事によりタッチノイズを防ぐ効果があります。

イヤホンプラグを掃除してみる

イヤホンのノイズの対処法としてイヤホンのプラグを清掃してみる事により、イヤホンのノイズを防ぐ事が出来ます。
イヤホンのプラグが機器側の製品にきちんと刺さっていなかったり、プラグが極端に汚れている事により、イヤホンと機器側の電気信号がうまく送受信出来ない事により、ノイズが発生したり、音源をうまく拾えない場合があります。
その様な状態を防ぐ為にも、イヤホンのプラグは常に清潔に保つ様に日々清掃を心がけましょう。

機器を再起動させてみる

イヤホンのノイズの対処法として一度機器の電源を切り、再起動する事によってイヤホンのノイズを防ぐ事が出来る場合があります。
音源を必要とする製品だけに問わず、電化製品で調子が悪い時には、一度電源を切って再起動する事により、不具合が改善されて正常な状態に戻る事が確認されています。
機器側の製品のご使用年数が長期に渡る製品や、長時間連続運転を続けている製品等には特に有効な手段です。
やはり、電化製品はご使用年数が長期間に渡る物や、長時間連続運転を続けているとどうしても休憩が必要になります。
製品によって頻度も変わってきますが、日頃から長時間連続して運転し続ける製品であれば、定期的に休憩を入れるように心がけましょう。

ワイヤレスイヤホンを使用する

イヤホンのノイズの対処法としてワイヤレスイヤホンを使用する事によってイヤホンのノイズを抑える事が出来ます。
イヤホンのコードが擦れる事によってタッチノイズが発生しますので、イヤホンのコード事態が発生しない製品であれば、コードが擦れる事によってタッチノイズが発生する事はありません。
ワイヤレス製品といっても移動や激しい運動によってイヤホンと耳が擦れてしまう事によってタッチノイズが発生してしまう可能性がありますが、それでもイヤホンのコードが発生しない分、タッチノイズはかなり軽減出来ます。

インピーダンスの高いイヤホンを使用する

イヤホンのノイズの対処法としてインピーダンスの高いイヤホンを使用する事によりイヤホンのノイズを抑える事が出来ます。
インピーダンスとは電気が流れる時の交流抵抗の事を表します。
インピーダンスの値はΩ(オーム)で表します。
インピーダンスの値が高い場合には電流が流れにくく、インピーダンスの値が低い場合には電流が流れやすくなります。
これをイヤホンのノイズに表しますと、インピーダンスの値が高ければ高い程、音量は抑えられますがノイズが発生しにくくなります。
また、インピーダンスの値が低ければ低い程、音量は高く聞き取れますがノイズの発生がしやすくなります。
イヤホンのノイズを抑えたい場合には、インピーダンスの高いイヤホンを使用する事によりイヤホンのノイズの発生を抑える事が出来ます。

イヤホンノイズトラブルが少ないおすすめイヤホン

商品名SoundPEATS Q30 Plus Bluetooth イヤホン apt-Xコーデック採用 CVC6.0

  • この製品はイヤホンのコードが左右のイヤホン部分を繋ぐだけの部分しか存在せず、タッチノイズの少ないイヤホンです。
  • 低音を重視した設計でクオリティの高い音源を楽しむ事が出来ます。
  • 防水機能により、運動による多少の汗や小雨程度の水気から製品を守る事が出来ます。

※ただし完全防水ではない為、長時間水気にさらす事や激しい水気にさらす事は故障に繋がってしまいます。
ご注意下さい。

商品名Zolo Liberty Bluetooth ワイヤレスイヤホン

  • この製品は完全ワイヤレスイヤホンです。 イヤホンのコードが擦れる事がない為、イヤホンのタッチノイズの発生を最大限に防ぐ事が出来ます。
  • イヤホンのフル充電で最大3.5時間の再生可能。 また、付属の充電ケースを使えば最大24時間の長時間使用する事が可能です。
  • 防水機能により、多少の小雨や運動による多少の汗を防ぐ事が可能です。

※ただし、完全防水ではない為激しい水気にさらす事や、長時間水気にさらしてしまいますと、故障に繋がってしまいますのでご注意下さい。

商品名RHA CL750 ハイレゾ対応ハイインピーダンスイヤホン

  • こちらの製品はインピーダンスの値が150Ωととてもインピーダンス値が高いイヤホンです。
  • 高性能のヘッドアンプと組み合わせる事により、イヤホンのノイズの少ないクリアでクオリティの高い音源を楽しむ事が出来ます。
  • 高伝導率の無酸素銅をケーブルに使用する事により、ノイズキャンセリング機能を高めたクリアな音源をお楽しみ頂けます。

まとめ

最後にイヤホンのノイズ対策についての記事を執筆させて頂くにあたり、ここ最近のイヤホンのご使用範囲がとても広まっている事について再認識させて頂きました。
また、1日のイヤホンのご使用時間がとても長時間ご使用されている方がとても多く、現代においてイヤホンは欠かせない製品であり、現代の生活に置いての密着度のとても高い製品である事を改めて勉強させて頂きました。
その様なご使用頻度の高いイヤホンですので、イヤホンのノイズが少なく、クリアな音源で気持ち良くクリアでクオリティの高い音楽を楽しめる製品を使用したいと思うのは当然な事でしょう。
また、ハンズフリーイヤホンの様な便利なイヤホンも販売されておりますので、今後更にイヤホンのご使用の幅は広がってくるでしょう。
その様な時代の流れに応じて、ノイズの少ない快適なイヤホンをお探しの場合には、この記事の内容が読者の皆様にお役に立てる様にという思いを込めて執筆させて頂きました。
是非とも参考にして頂きます様お願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧