パソコンにイヤホンを接続しているのに音が出ない⁉原因と解決法は?

この記事を執筆するにあたって

少し前に、手持ちのデスクトップパソコンにBluetoothレシーバーを接続したら、ノイズが走ってまともに音が出なかったことがあります。 原因は延長ケーブルで、ストレートに接続したら、すんなりと音が出ました。 せっかく買ったレシーバーが無駄になるかと、ドキドキした良い思い出です。

Written By 八色 さかえ

目次

パソコンのイヤホンから音が出ない

パソコンで音楽を聴きながら作業したいのに、イヤホンを接続したら、音が出ない!
せっかくお気に入りの音楽でやる気を出そうとしたのに、出鼻をくじかれてガックリです。
しかも、こういう時って大抵、自分で何をしたのか思い当たることがないんですよね。
ということで、今回はパソコンから音が出ない時の原因とその対処法について解説します。

パソコンから音が出なくなった!考えられる理由は?

パソコン イヤホン 音 が 出 ない

スピーカーが消音になっている

パソコンのスピーカー音量が消音になっていて、音が出ないケース。
パソコンを使い慣れていても、気づかないうちに消音にしていることもありますので、案外バカにできません。
ノートパソコンだと、誤って消音ボタンや音量調整ボタンを押していることも考えられます。
まさかと思っていても音が出ない場合には、まず最初に確認してみた方が良いでしょう
この他、音楽再生アプリなどの音量設定が、消音になっていることもあります。
OSの音量設定を変更しても、イヤホンから音が出ない場合には、そちらも確認すると良いでしょう。

パソコン イヤホン 音 が 出 ない
↑Windows10での消音状態

接触不良

パソコンのイヤホンジャック、またはイヤホンのプラグの接触不良で、音が出ないケース。
違うイヤホンに交換しても改善されない場合は、パソコンのイヤホンジャック、改善されるのであれば、イヤホンのプラグがそれぞれ接触不良を起こしている可能性があります。
原因としては、ホコリや皮脂、食べかす、サビなどが考えられます。
イヤホンのプラグが曇ることがありますが、これはプラグの金属表面が酸化したもので、サビです
指先でプラグを触ると、皮脂が付着してサビの原因になりますので、なるべく触らないようにしましょう
このように、原因は汚れによるものがほとんどですので、定期的に掃除することで改善できます
それでも音が出ない場合は、接点復活剤を使うと改善されるかもしれません。

パソコンまたはイヤホンの故障

パソコンまたはイヤホンの何かが故障して、音が出ないケース。
故障個所で多いのは、パソコンはイヤホンジャックやサウンド関係の基盤です。
一方、イヤホンはプラグやケーブルが良く故障します。
原因は様々ですが、イヤホンのケーブルを強く引っぱったりして、イヤホンジャックとプラグに負荷がかかる状態が続くことで故障に至ることがあります。
基盤の故障では、熱やホコリによる劣化が多いです。
イヤホンで多いのは、断線です。
特にプラグとケーブルの接合部は負荷がかかりやすいので、良く断線します。

イヤホンの規格が合わない

イヤホンの規格が合わなくて、音が出ないケース。
スマートフォン用のリモコン付きイヤホンや、ノイズキャンセリング機能付きイヤホンで起こりやすいです。
実はこういったイヤホンには、規格が複数あります。
しかも厄介なことに、外見に違いがなく、見ただけではわかりません
そして、パソコンのイヤホンジャックと規格が合わないと、きちんと音が出ないのです
スマートフォン用のイヤホンに「iPhone用」や「Xperia用」などと明記されているのは、この規格違いを回避するためです。
ですので、スマートフォンとパソコンで同じイヤホンを使いたい場合は、プラグの規格に注意する必要があります。
こういったトラブルが面倒であれば、リモコンやノイズキャンセリングの機能が付いていないステレオイヤホンを使った方が良いでしょう

パソコン イヤホン 音 が 出 ない
↑写真はリモコン付きイヤホンのプラグ。3本の溝がある。一般的なステレオイヤホンの場合は溝が2本。

サウンドデバイスが認識されていない

パソコンのOS上でサウンドデバイスが認識されずに、音が出ないケース。
イヤホンではなく、パソコン側の問題です。
何らかの理由で、サウンドドライバが正常に動作していないことが考えられます。
良くある原因としては、ウィルス対策アプリやOSのアップデート、ドライバファイルの破損などが挙げられます。
その他、サウンドカードを増設した時に、マザーボード上のサウンド機能が無効にならず、音が出ないこともあります。

パソコン イヤホン 音 が 出 ない
↑Windows10のデバイスマネージャーでのサウンドデバイス

既定のサウンドデバイスがイヤホン以外になっている

OSのサウンドデバイス設定で、再生デバイスがスピーカー以外になっていて音が出ないケース。
イヤホンではなく、パソコンの液晶モニタから音が出ている場合は、この辺りを疑ってみると良いでしょう。
OSのクリーンインストールやサウンドボード、グラフィックボードの交換で、起こることがあります。

パソコン イヤホン 音 が 出 ない
↑Windows10のサウンドデバイス設定画面

パソコンから音が出ない場合の対処法

イヤホンジャックとプラグを掃除する

イヤホンジャックとプラグは、意外に汚れています。
ですので、音が出ない時は掃除してみると、案外直ります
なお、掃除する前にはパソコンの電源を切りましょう
イヤホンジャックの掃除は、つまようじやゴムの歯間ブラシで、かき出すのがおすすめです。
綿棒は繊維がイヤホンジャック内に残ってしまいますし、安全ピンは金属ですので、ショートする恐れがあります。
エアダスターでホコリを吹き飛ばす方法もありますが、ホコリを奥に押し込んでしまう恐れがあります。
プラグは、メガネ拭きなどの柔らかい布で拭くと良いでしょう。
プラグが曇っている場合は、酸化被膜というサビが付いているので、良く拭いておきましょう。
これでも音が出ない場合は、接点復活剤がおすすめです。
使い方は、接点復活剤を吹き付けたプラグを、イヤホンジャックに差し込み、軽くグリグリと回すだけです。

パソコン イヤホン 音 が 出 ない

イヤホンを差し込みなおす

接触不良で音が出ない場合に有効です。
差し込みが甘くて音が出ない場合にも、おすすめです。
初歩的なことですが、意外に見落としているかもしれませんので、確認しましょう。
パソコンに限らず、イヤホンジャックの差し込みの硬さは、意外に個体差があり、物によってはパチッとスナップ音がするまで差し込む必要があったりします。
差し込みなおすときに、プラグを数回グリグリと回すと、音が出ることもあります。
ただ、この場合はイヤホンジャックかイヤホンのプラグが故障しかけている可能性があります。

スピーカーの音量を確認する

パソコンのスピーカー音量が消音になっていると、イヤホンはもちろん、どこからも一切音が出ません。
これも初歩的なことですが、意外に見落としていることがあります。
そんなまさかと思うかもしれませんが、音が出ない時は一度確認してみましょう。
これで音が出れば、故障の修理で費用がかかる心配もないのです
ノートパソコンの場合は、本体にも音量調整や消音のボタンが備わっていますので、そちらの方も確認しましょう。

パソコン イヤホン 音 が 出 ない
↑ノートパソコンの消音ボタンと音量調整ボタンの例

サウンドドライバをインストールしなおす

サウンドドライバが正常に動作せず、音が出ない場合に有効です。
サウンドドライバは一度削除して再起動すれば、OSが自動的にインストールします。
しかし、この場合はできればサウンド機能のメーカーが提供しているドライバをインストールした方が良いでしょう。
メーカーパソコンやノートパソコンの場合は、ドライバ類は基本的にパソコンメーカーが提供しますので、メーカーサイトからダウンロードして構いません。
なお、サウンドドライバのインストール後は、音量を確認しましょう。
まれに音量が、やたら大きく設定されていることがあります。
音が出るかテストするのにイヤホンを装着した時に、大音量が出てびっくりしてしまいます。

マザーボード上のサウンド機能を無効にする

サウンドボードから音声を出力するのに、まれにマザーボード上のサウンド機能が無効にならないことがあります。
そうすると、サウンドボードのイヤホンジャックにイヤホンを装着しても、音が出ません。
これはノートパソコンなどで、外付けのサウンドデバイスを使う場合も同様です
こんな時は、マザーボードのBIOS上でサウンド機能を無効に設定すると、音が出ます。
設定方法はマザーボードごとに異なりますので、マザーボードのマニュアルを確認しましょう。

パソコン イヤホン 音 が 出 ない
↑マザーボードのマニュアルより。サウンド機能の切り替え設定部分。

それでもパソコンのイヤホンが反応しない!

パソコン イヤホン 音 が 出 ない

イヤホンを交換する

違うイヤホンがあれば、それに交換してみましょう。
イヤホンの故障や規格の違いで音が出ないのなら、これで改善できます。
なければ、思い切って新調してみるのも良いかもしれません。
その場合は、リモコンやノイズキャンセリングの機能が付いていないステレオイヤホンを、買った方が良いでしょう。
規格の違いで音が出ないトラブルを回避できます。
イヤホンは物を選ばなければ、パソコンより安いです。
とりあえず、テスト用に安いものを買って、試してみるのも手です。

イヤホンを違う機材に接続してみる

パソコン以外の機材に、イヤホンを接続してみましょう。
スマートフォンやテレビ、携帯ゲーム機など、接続できそうな機材なら何でも良いです。
それで音が出るなら、パソコンに問題があります
逆に音が出ないのなら、イヤホンに問題があります

OSのクリーンインストール

パソコンに何らかの問題があって、イヤホンから音が出ないのであれば、OSを初期化すると改善するかもしれません。
手間はかかりますが、原因がわからなければ初期化するのが手っ取り早いです。
これで改善されなければ、少なくともパソコン以外に原因があることはわかります
サウンドボードを使っている場合は、一度外して、マザーボードのサウンド機能を使ってみるのも良いかもしれません。
その他にも何か周辺機器があれば外して、最小構成で動作させてみましょう

パソコンを修理する

他に全く異常がなくて、イヤホンから音が出ない場合、パソコンの故障が疑われます。
保証期間内であれば、修理に出すのがベストです。
保証期間外であれば、修理費の金額次第で判断が分かれるでしょう
修理費がそれほど高額でなければ、そのまま修理すれば良いでしょう。
高額な場合は、パソコンを買い替える、外付けのサウンドデバイスを追加する、パーツ交換するなど、選択肢がいくつかあります。
パソコンが古くてもう買い替え時なら、買い替えても良いでしょう。
まだ買い替えるには早いのなら、外付けのサウンドデバイスかパーツ交換のどちらかです。
ただし、ノートパソコンはパーツ交換が難しいので、基本的にデスクトップパソコンに限られます。
外付けのサウンドデバイスは、安いものなら2,000円程度で売っています
扱いもUSBで接続するだけで簡単ですので、パーツ交換が面倒な人にもおすすめです。

パソコンから音が出ないのは外付けスピーカーが原因?

パソコン イヤホン 音 が 出 ない

対処法

パソコンから音が出ない原因の一つに、外付けスピーカーが関係していることがあります。
原因としてまず挙げられるのは、OSのサウンドデバイス設定です。
そこで外付けスピーカーをサウンドデバイスに指定していると、イヤホンよりもスピーカーが優先されますので、スピーカーからしか音が出ません。
なおかつ、外付けスピーカーの電源が切れていたり、音量がゼロになっていたりすると、スピーカーからも音が出ません。
次に音が出ない原因として考えられるのは、接続コネクタです。
緩んでいたり、コネクタが壊れていたりすると、やはり音が出ません。
また、ケーブルが断線していて、音が出ないこともあります。
違うケーブルがあれば、交換してみましょう。
外付けスピーカーがBluetooth接続なら、電子レンジなど同じ周波数を使う機材が障害になって、上手く接続できずに音が出ない可能性もあります。
この場合は、場所を変えて接続してみると改善するかもしれません。
これらの対処でも音が出ない場合は、外付けスピーカーが故障している可能性があります。
スピーカーを別のパソコンに接続してみたり、イヤホンだけを接続してみたりして、故障しているのかどうか確かめてみましょう。

まとめ

今回記事内で紹介した、音が出ない原因や対処法は代表的なものです。
それ以外のトラブルとしては、OSのアップデートやウィルス対策ソフト、キーボード上の音量調整キー、イヤホンの延長ケーブルなど...挙げていけば、キリがありません。
中には「そんな理由で?」と、思うような意外な原因もあります。
音が出ないことに限らず、パソコンのトラブルは一か所だけで完結しないことが多々あります
大抵、パソコン本体、OS、BIOS、アプリ、スピーカーなど、複数個所にわたっています。
ですので、疑わしい箇所を一つずつ探っていくしかありません

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 702855db bfdd 457f 95ec 31eabf8435fd
Written By
八色 さかえ
選んでいる時が一番楽しいかも。
家電選びの一助になればうれしいです。 よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧