iPhone付属のイヤホンのマイクの使い方や機能を紹介!

この記事を執筆するにあたって

スマホ業界で仕事をしている事もあり、iPhoneに携わる時間はやはり多めに感じます。 今まで数年にわたりiPhoneは世に出てきましたが付属品などの細かい使い方などをレクチャーする機会も多いので、分かりやすく読みやすい記事になればと考えて記事を書いていきたいと思います。

Written By 田奈 修

目次

iPhone付属イヤホンのマイクについて解説します

今回もiPhoneに関しての記事を執筆しますが、今回の主役は機種本体では無く【付属のイヤホン】のマイクに関してです。
最近のスマホというのは、購入時には基本的に機種本体のみという事も珍しくなく、充電器やイヤホンなどは同梱されていない事が多いです。
iPhoneは発売当初から、充電器やイヤホンをしっかり同梱してくれる為、長年iPhoneを使用している人からすると「また例のやつだ」と同梱品にまで目新しさを感じない時も出てくるのではないでしょうか?
しかし、実はこちらの同梱品。いわゆるおまけ程度に思って居ると驚く程によく出来たイヤホンとなっているんです。
今回は、そんなiPhoneに同梱されるイヤホンに関して、マイクに着目しながら解説を行っていきたいと思います。

iPhone付属のイヤホンにはマイクが付いているの⁉

iPhone イヤホンマイク

スマホで使うイヤホンには、特定の機能面で分類をすると2つの種類に分ける事が出来ます。
それはずばり、【マイクが付いているか】という点です。
本来イヤホンは音楽の試聴などに使われる事が多かったので、それこそミュージックプレイヤーなどが主流だった時代にはイヤホンにはマイクなど搭載されていないのが当たり前でしたね。
ところが、ここ数年でスマホの普及に伴い、【あくまでも電話】という観点からも、イヤホンにはマイクが搭載された製品が数多く出てくるようになりました。

リモコン部分にマイクが搭載されている

それでは、iPhoneのイヤホンのどこにマイクが搭載されているのでしょうか?
実は、iPhoneのイヤホンには各種操作を手元で行うためのリモコンが搭載されているのですが、このリモコンにはマイクも埋め込まれているんです。
イヤホンを装着すると、丁度口元付近にこちらのリモコンが配置されるような作りになっており、このリモコンで通話時の音声などを拾う仕組みとなっています。

iPhoneのイヤホンマイクはどうやって使用するの?

では、ここではiPhoneのイヤホンマイクの使用方法に関しての解説を行っていきたいと思います。
iPhoneのイヤホンマイクは、リモコン部分にマイクが搭載されているとお伝えしましたが、こちらのリモコンは各種操作も行える優れものになっているんです。
もちろん、通話時の使い方も含めて使用法の紹介を行っていきますので、現在iPhoneの付属イヤホンを利用中の人は特に必見です。

使用手順

それでは、使用手順の解説ですが特に難しい事などはなく、iPhone6Sまでの場合はイヤホンジャックに、iPhone7以降であればLightning端子にイヤホンを接続するだけと、特に細かな設定などは不要ですぐ使える作りになっています。
通話や音楽の試聴に使うだけならこれで良いのですが、リモコン部分にも細かい使い方や便利な操作方法などがありますので、ここからはこれらの操作法や機能面に関して解説をしていきましょう

iPhoneのイヤホンマイクを活用する場面

iphone イヤホン 付け方

使い方も非常に簡単で、リモコンやマイクも搭載されているなど非常に便利なiPhoneのイヤホンマイクですが、主に活用する場面はどんな時なのでしょうか?
実際の使用例などを元に解説を行っていきたいと思います。

スカイプや通話への使用

まず、マイクが搭載されているという点を踏まえて活用場所はやはり【通話】に関してです。
本来、iPhoneで通話を行う際には、本体を耳に当てながら会話をするのが基本的な方法ですね。
しかし、何かの作業をしながらの通話時にはどうでしょうか?
端末を近くにおいてスピーカー通話に切り替えるという方法もあります。
しかし、距離が遠いとお互いの声が聞き取りにくいのが難点。
こんな時でも、イヤホンマイクがあればお互いの声はクリアに届きますので安心です。
また、作業中の両手も塞がる事が無いので、何かをしながらでもゆっくり通話を楽しむ事が出来ますね。
スカイプや通常の通話はもちろん、iPhoneに搭載されているFacetimeやLINE通話などもイヤホンマイクで通話が可能となっているので、是非一度お試し下さい。

音楽の試聴に使用

iphoneの使い方は何をしたいかによって使い方が違ってきます。
一番皆さんが使いそうな機能としてはまず音楽だと思います。
しかし、折角イヤホンを繋いで音楽を聴いているのに操作は本体で行うというのも少し不便ですよね?
通勤の電車内など、iPhoneを取り出すのが困難な時もあると思います。
その様な時でも安心して使える様、このリモコンで実は音楽再生時に各操作をこれ1つで行う事が出来るんです。
主な操作方法は以下の通りとなっています。

音楽の機能を使う時のリモコンの操作の仕方は、

  • 中央ボタン1回押し:再生・一時停止
  • 中央ボタン2回押し:次の曲にスキップ
  • 中央ボタン3回押し:前の曲にスキップ
  • 中央ボタン2回押し→長押し:早送り
  • 中央ボタン3回押し→長押し:巻き戻し
  • +ボタン:音量を上げる
  • ーボタン:音量を下げる

このように、基本的には中央のボタンを押す事が多く、押す回数によって行える操作が変わります。不慣れな内は思うように扱えない部分も出るかと思いますが、使っていくうちに慣れてくると思います。

通話時にもリモコン操作は便利

音楽の視聴時などには、リモコンが大きく活躍するとお話をしましたがiPhoneのイヤホンマイクが優れているのは通話関連でもリモコン操作が可能と言う点です。
着信時にリモコンボタンで電話を受けるというのは、他のイヤホンマイクでもおおよそ基本的な機能となっていますが、着信拒否などその他の操作に関してもリモコンで行えるんです。
この機能の使い方が分かれば音楽聴いてるときにもすばやく対応出来るようになると思います。

  • 着信時に中央ボタンを1回押し:通話開始
  • 通話中に中央ボタンを1回押し:通話終了
  • 【着信中】に中央ボタン2秒間押す:着信拒否
  • 【通話中】に中央ボタンを2秒間押す:通話を保留に。

※この保留機能に関しては扱うのが難しいかもしれないので、通話を誤って切ってしまわぬように、練習してから保留機能を使ったほうが良いかもしれません。

その他にも

番外編的な操作法ではありますが、実はこのイヤホンマイクのリモコンは他にもカメラのシャッターを押すことが出来ます。この時の操作は音量の時にも使った、+・-どちらでも良いので押してください。それだけで大丈夫です。手振れもこの機能によって軽減されますし、スマホを固定して撮影などの際にはシャッターが切りにくいという点がありますがこちらの操作でその苦労も軽減されますよ
また、音声コントロールの【siri】も、こちらのイヤホンマイクで操作が可能となっています。
操作方法もシンプルで、通話や音楽の試聴など他の事を行って居ない通常時に【リモコンの中央ボタンを長押し】するだけです。
後は、siriがイヤホンを通して話を聞いてくれるので、希望する操作などをマイクに向かって喋りましょう。

iPhoneのイヤホンマイクがあればヘッドセッドは必要ない!

iPhone ヘッドセット

iPhoneのイヤホンマイクが実は高性能であることは、記事を読んで頂いて分かって貰えたと思います。
このイヤホンマイクは、実際に使うときの事を考えて良く作り込まれている製品に仕上がっており、故障や紛失などのトラブルさえ無ければ「別途、iPhone用にヘッドセットやイヤホンマイクの類いを用意する必要が無い」程です。
通話での操作や音楽試聴時の操作はもちろん、イヤホンとしての機能だけを見ても付属イヤホンと侮れぬ程高音質で非常に良い音を出してくれます。
一般的な密閉型イヤホンなどのように、耳の奥に押し込む様なタイプでもないため装着感も非常に軽く、長時間の装着でも耳が痛くなりにくいと、長く大事に使える様な製品と言えるでしょう。
スカイプでの音声チャットや、LINE電話、通常の通話やFacetimeから音楽及び動画の視聴までと他社製イヤホンとは違った操作性と快適性を、使い込めば使い込む程実感出来ると思います。

iPhoneのイヤホンマイクは他の機器でも使える!?

ここまで便利な機能を満載したイヤホンマイクですから、人によっては【他の機器でも使いたい】という希望も出てくるのではないでしょうか?
確かに、PCやandoroidスマホなどその他の機械で使う事が出来れば、更に便利に使う事が出来ます。
では、実際に使う事は可能なのでしょうか?

条件は厳しく限定的

結論を先に伝えてしまうと、iPhone付属のイヤホンマイクは【場合によっては他の機器でも使用が可能】になります。
というのも、iPhone6Sまでは接続端子は通常のイヤホンジャックでしたが、iPhone7以降は【付属イヤホンの端子はLightningコネクタに】変更されました。
現状、iPhoneやiPad意外にLightningコネクタを搭載する製品は無いため、iPhone7以降の付属イヤホンは使う事が出来ません。

6S以前のイヤホンマイクは使用が可能

上記でもお伝えの通り、イヤホンマイクが使えないのは端子の形状が異なる部分が大きな原因です。
6S以前のイヤホンマイクは、ミニプラグを搭載した製品ですのでイヤホンジャックの付いている機器ならば問題無く使う事が出来ます。
音楽の試聴などはこれで行えますが、注意点として通話は基本的にNGとなっています。
例えば、PCで使用時に通話も可能にしたいと言う事であれば、「イヤホンとマイク機能が1つのイヤホンジャックで管理されている」様なPCが必要だったり、変換コネクタが必要だったりするなど注意点も少々存在する事を覚えて置いて下さい。

まとめ

今回は、iPhoneのイヤホンに関しての解説となりましたが如何だったでしょうか
筆者自身、iPhoneに限らず同梱されているイヤホンに対してどうしても【おまけ】程度の考えが拭えなく、食わず嫌いならぬ【使わず嫌い】だった面が少なからずありました。
しかし、その機能の充実さと利便性を知るとちょっと使ってみようかと手も伸びる物です。
実際じっくり使ってみると、音質も高水準で操作も便利と「かなり力を入れている物なんだな」と、今まで使い込んで来なかった事を思い返して頭が下がる思いです。
iPhoneのイヤホンをどんな物にするか悩んでいる人など、是非1度こちらの付属イヤホンも使ってみてその便利さなどを体験してみて下さい。
きっと、思う以上の品質に驚いて貰えると思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧