おすすめのモニターヘッドホンをご紹介!モニターヘッドホンはどのように選べば良いの⁉

目次

モニターヘッドホンについて解説します

モニター ヘッドホン

皆様は、ヘッドホンに幾つかの種類があることをご存知でしょうか?

すぐに見てわかる特徴が、有線かワイヤレスかです。次にわかりやすいのが、ヘッドホンの外側にメッシュ加工などがされた開放型と、完全に閉じられた密閉型の違いでしょうか。

今回ご紹介する「モニターヘッドホン」という種類は、見た目で判別がつきにくく、かつ音質や使用感に大きな影響を与えるヘッドホンです。

お使いのヘッドホンに「何か違う」と感じている方はいますか?手元のヘッドホンは「モニターヘッドホンでしょうか、それとも「リスニングヘッドホン」でしょうか。

今回はモニターヘッドホンとは何か?という疑問を解決するための記事です。

モニターヘッドホンについて知ろう!

モニター ヘッドホン

そもそも、モニターヘッドホンとはどんな特徴があって、どのように使われるのか、というところから考えて行きます。

楽曲制作時のモニター用向けに制作されたヘッドホン

モニターヘッドホンとは、ミュージシャンやエンジニアなどが楽曲製作していく時に、チェック用として使われるヘッドホンのことです。

楽器の音は適切な音量で出力されているか。ボーカルの声が演奏に埋もれていないか。ギターなどの弦楽器は中心よりやや右に位置取れているか。アンサンブルは正しく狙った効果を発揮しているか。

そうした音全体のバランスや細かな箇所を確認することを目的に作られたヘッドホンのことです。

主に音を扱うプロの現場で愛用され、テレビの放送局などでもモニター用として使われています。

また、動画製作の編集の際にもよく使用されているのを見かけます。

求められるのは「聴きやすさ」

それではなぜ、通常のリスニングヘッドホンではなくモニターヘッドホンが楽曲製作時などに主に使われるのでしょうか?

リスニングヘッドホンは、「聴いている人に心地よさを与えること」を目的に作られています。迫力ある音が好きだからもっと低音を上げたいことや、きれいな音が好きだから高い音がもっと聴こえて欲しいことがありませんか?

そうしたリスナーのニーズに応えるために、意図的に特定の音域を強調したものがリスニングヘッドホンです。

対して、モニターヘッドホンは「正しい音を発音すること」に重きをおいて製作されています。余計な加工は極力ほどこさず、顕微鏡を覗くかのように正確に音像を把握できることが必要とされます。

良い音と正確な音

良い音というのはそれぞれの好みによって変わるでしょう。しかし、正確な音は変わることはありません。言ってしまえば、製作側は「良い音」を作るために「正確な音」を知っておかなければいけないということになります。

そのために必要なモニターヘッドホンの音の特性として、低音から高音まできれいに拾うことができ、かつどの音域も不自然に強調していないことが重要なポイントです。

こうした特性を考えると、リスニングヘッドホンを普段使いしている人の中には「何だか味気なく聴こえる」と思う方もいるでしょう。低音などが抜けると寂しく聴こえることも確かにあります。

しかし、シェフが作った料理を調味料をかけずに食べた方がおいしいように、ミュージシャンが提供する音楽をなるべく加工せず再現できるという点では、モニターヘッドホンの「正確な音」が「良い音」の定義と共通してくる場合があり、実際モニターヘッドホンには高品質なものが多いです。

また、若干特定の音域にくせのあるリスニングよりのヘッドホンもあり、楽曲製作者の中には普段使いしている人も多くいます。

持ち運びには不向き

ワイヤレスタイプより有線タイプの方が伝達効率に優れ、音の再現性や音質が上がりやすい傾向があります。ワイヤレスタイプでは信号の受信部を搭載することが必須で、音質に影響を与えるパーツを乗せるスペースが圧迫されることも、音が悪くなりがちな要因です。

そもそも、DTMを前提に考えた場合、携帯性は重要ではないでしょう。

つまり、外出中に普段使いするための機能はカットされがちで持ち運びには不向きと言えます。

その他モニターヘッドホンの特徴

レコーディングスタジオなどでは複数の人がモニターヘッドホンを使用します。そのため簡単には壊れないように作られています。万一壊れてしまっても、パーツ単位で修理が簡単に素早く行えることも特徴です。

まとめ

音の再現性や音質に優れやすく、楽曲製作者意外に音の良いヘッドホンを求める方にもおすすめでき、耐久性も高い反面多機能ではなく、ワイヤレスタイプのヘッドホンには携帯性で劣る、ということになります。

楽曲製作などをする際には集中して音を聴く必要があり、全体のバランスも重要になります。

スピーカーでは間に空間が入るので繊細さに劣り、イヤホンでは小ささから広がりに欠けやすいです。

正にモニターヘッドホンにだけ許された特性を持つ、こだわり派のためのヘッドホンと言えるでしょう。

モニターヘッドホンを適切に選ぼう!

モニター ヘッドホン

ここまで、モニターヘッドホンとは何か?というところから特徴などを考えてきました。

ここでは実際に購入するときに気をつけたいポイントや、さきほどご紹介できなかったモニターヘッドホンの種類についても考えてみましょう。

安価なモニターヘッドホンは粗悪品が多い

「分解能」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
物質をどれだけ細かく見分けられるかを示すものです。分解能の高さはモニターヘッドホンには必須の要素です。

パズルに例えるとピースの数のようなもので、同じ絵柄のパズルでも、分割数によって「同じピースの面積」に差が出ます。2ピースしかないと(もはやパズルではありませんが)右半分、左半分を大きな塊で「同じもの」と認識します。この、「同じものと認識する大きさ」が大きいほど音が分離しなくなり、細かい音が聴き取りにくくなります。

安価なモニターヘッドホンではこの分解能が低くなり、それはもはやモニターではありません。

安くてもコスパに優れたヘッドホンもありますが、ことモニターヘッドホンに限っては探すのが非常に難しいです。

今までモニターヘッドホンを購入したことがない方やプロとして音楽をやっいて予算がたくさんある、というわけではない方は15000円あたりを予算に設定して選ぶのがおすすめです。

長時間使っても痛くならないモノを選ぼう

楽曲や動画製作に集中しだすと、半日程度はあっという間に過ぎていきます。用途上、長時間の使用を想定して作られているとは言え、形状によっては側圧(ヘッドホンが締め付ける力)で耳や頭が痛くなりがちです。

こうした時にはイヤーパッドを交換するのも有効な手です。クッション性の高い素材のものに交換することで、痛みを緩和できます。

ただし、密閉性に影響を与え音漏れしやすくなるなどの弊害もあるので、手持ちのヘッドホンのサイズや形状と相談して慎重に選んでください。

密閉型や開放型で選ぼう

ヘッドホンには、ハウジング(音が出ている部分を囲っている場所)を完全に密閉しているかある程度開放しているかによって、音の特性に大きな差が出ます。

密閉型は遮音性が高く、外部の音を遮断し内部の音も漏れにくくなっています。マイクを立てて録音したい場合は音漏れを気にしなくて良くなり、モニター時はより細かい音が聴きやすくなります。ある意味モニターヘッドホンの役割と非常に相性がよいタイプです。

音が一つの方向に集中し細かい音を聴き分けやすいのは良いのですが、逃げ場がないため耳が疲れやすく、特性的に低音が強く出やすい傾向があります。密閉型のモニターヘッドホンを選ぶ場合は、低音の抜け感にも注目して下さい。

対して開放型のヘッドホンは、音が外側にも逃げるため耳が疲れにくく、低音が適度に抜けることにより中高音が聴き取りやすい傾向があります。

最大の難点はやはり音漏れです。マイクを立てての録音時、特にヘッドホンとの距離が近いボーカル録りの時には漏れた音ごとマイクが拾ってしまいがちです。

音が広がりやすいため、全体的なバランスや鳴りかたを俯瞰で確認しやすい反面、細かい音が埋もれてしまいがちな弱点もあります。

それぞれの特性を理解し、用途や好みによって選ぶのがおすすめですが、細かい演奏のチェックや歌録りには密閉型、バランスの最終チェックや音漏れを気にしなくて良い楽器の演奏時には開放型と、使い分けるのもアリです。

また、高性能のモニターヘッドホンだと密閉型でも高音まできれいに聴こえるものや、開放型でも細かい音をきれいに拾ってくれるものもあります。

あくまで楽曲製作に重きを置いている場合ですが、どちらか一本しか選べないとしたら、個人的には密閉型を選びます。

おすすめモニターヘッドホン「SONY MDR-CD900ST」

価格やおすすめの理由

価格:15.000円程度

おすすめ理由:発表から約30年間に渡り、世界中のスタジオで音のプロに愛用され続け、いまだ現役バリバリのsony MDR-CD900ST。

このモニターヘッドホンを知らないエンジニアは確実にモグリであると断言できるほど有名な名機です。

非常に高い分解能を持ち、細かい音を拾ってくれる正に職人芸が光るヘッドホン。

あまりに繊細すぎる音分離能力のため、「音が何だか味気ない」という声があることが難点でしょうか。

いずれにしても密閉型で純粋なモニターヘッドホンとして考えるなら、間違いなく候補に入る逸品です。

おすすめモニターヘッドホン「SHURE SRH840」

価格やおすすめ理由

老舗音響メーカーであり、歴史的な名機も数多いSHUREのエントリーモデル・SRH840。とは言え、価格と音質のバランスが非常に良い製品です。

若干低音が強い気がしますが、それでも埋もれない中高音の再現能力はさすがの一言です。

イヤーパッド部分もクッション性が高いので装着感は悪くないですが、重さが気になります。

おすすめモニターヘッドホン「AKG K271MKⅡ」

価格やおすすめ理由

音響機器の世界的メーカーであるAKGのK271MKⅡ。開放型に名機が多いですが今回はモニター用ということもあり密閉型をチョイス。

とは言えAKGのヘッドホンの特徴である中高音の滑らかさが損なわれておらず、ハウジングも相まってとても聴き取りやすいモニター型に仕上がっています。

個人的には立ち上がりの早いタイトな低音が好きですが、人によっては低音が弱いと感じるかもしれません。

まとめ

モニター ヘッドホン

今回はモニターヘッドホンの仕組みや特徴を解説し、楽曲製作などに向いたおすすめのモニターヘッドホンをご紹介しました。

リスニング用に使っても繊細な描写能力でアーティストの世界観を再現してくれるのがモニターヘッドホン。

皆様もぜひ自分に合ったヘッドホンを選び、より豊かな音表現を楽しんで下さい。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アメ フラシ
初心者の方でも分かりやすいような記事の作成を心がけています。
家電を購入する際、私自身がインターネットで入念に情報を調べたいタイプです。ユーザー目線に立った時に欲しい情報、知りたいポイントなどを、なるべく多くの方にわかりやすく解説することを心がけていきますので、よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧