テレビに外部スピーカーを接続しよう!接続方法を紹介!

この記事を執筆するにあたって

我が家では純粋なテレビという物は長い間使わずに、モニターをテレビ代わりにしていた期間が長いです。 もともとモニターにはスピーカーが搭載されている物も多いですが、音質はやはり純粋なテレビなどと比べて劣る部分が多く現在はホームシアターシステムを2基設置しています。

Written By 田奈 修

目次

テレビとスピーカーの接続

今回は、テレビに接続する外部スピーカーについてお話をしたいと思います。
元々PCを扱いだした頃から、スピーカーは色々な物を試して来ましたが
最初はそこまでの違いが分からなかったです。
様々なスピーカーに出会い、今では比較的安価に5.1chのシアターシステムなどの構築も出来る様になり、今では大変なお気に入りになりました。
時代が経ち、今ではサウンドバーというものも出ていたりするので、今後は手を出してみたいと思っています。
記事を読む皆さんにも、「こんな商品があるのか」「こんなに音が変るなんて」と感動して貰える様に、有意義な記事となるようまとめていきたいと思います。

テレビに外部スピーカーを接続しよう!スピーカーを付けるメリットとは?

スピーカー

まず、テレビに外部スピーカーを接続する必要性についてお話ししましょう。
そもそも、冒頭でも触れている通りテレビには元々スピーカーが搭載されています。つまり、わざわざ外部にスピーカーなどを接続せずとも、音声はテレビから出力される訳なので、音を聞く為ならこれで充分という意見も浮かぶのでは無いでしょうか?

その上で音質に拘るのなら、元から高音質の音が出るテレビを買えば良いんじゃないの?と思う人も少なくないと思います。
ですが、音質に拘りテレビを選ぶという事は、逆に言えば【その他の機能面は妥協しなくてはならないかも知れない】という懸念が生まれます。
そこで、【自分の好きなデザイン】【自分に取って便利な機能が満載】なテレビを使いつつ、音質を更に満足いく物に変えてしまおうというのが外部スピーカーの主な必要性となってきます。
では、実際のメリットはどのような物があるのでしょうか?

音響に迫力が出る

テレビなどにもスピーカーは付いていますが、やはり臨場感のある迫力や音の質などは大きく変ります。中でも気になるのは振動を感じる程の音の臨場感です。主に低音を響かせることで、振動を感じる程の重低音を体感出来ますが、この様な深みのある低音は内蔵スピーカーでは再現が難しい物です。
これらを補うという点でも、外部スピーカーを付ける価値がありますね。

機能面に優れた製品が多い

外部スピーカーは、製品による部分もありますが、テレビ以外にもパソコンに接続したり、スマートフォンなどを接続して使うことも出来るような仕様の製品も多数存在します。
また、幾つかの機器を同時に接続しておけるので**使用する機器に応じて出力先を変更出来るという面も、非常に便利で使いやすい要因になっています。

音を生み出すチャンネル数の違い

量販店などでスピーカーコーナーを見たとき、2.1chや5.1chと言ったタンゴを目にしたことは無いでしょうか?
これは、音をいくつのスピーカーから出力するかを数字で表しています。
標準でテレビに搭載されているスピーカーは、左右のスピーカーで2つのチャンネルから音声を出力するステレオと呼ばれるタイプが多いです。
つまり、この場合は2chのスピーカーと言う事になります。
外部スピーカーは、その製品によって、【前方の左右】と【後方の左右】の用に、チャンネル数を更に細かく分けることが出来ます。
その為、本来後ろから聞こえるであろう音は後ろからと言った具合に、音の聞こえる場所まで細分化され、臨場感が大きく向上します。
低音だけを出力する【ウーファー】と呼ばれるスピーカーを搭載して居る物は、〇.1chという具合に表示されるのでスピーカー選びの際の目安にすると良いでしょう。
最近では、頭上からの音を再現する為の仕組み等もあり、〇.1.2chという更に細かく設定されたシステムもあるので、映画などの視聴時には全く違った音の世界にきっと驚くことと思います。

実践!テレビに外部スピーカーを接続しよう!

ここまでは、外部スピーカーを使った際のメリットなどを解説してきました。
続いて実践編と言うことで、ここからは実際の接続の仕方などを簡単に解説していきたいと思います。

準備するもの

まず準備する物を確認しましょう

  • 外部スピーカー本体
  • 接続ケーブル
  • スピーカーを固定する為の台やピン、ネジなど

大きく分けるとこの様な形になります。
特に重要なのがケーブルと設置場所になりますが、外部スピーカーによって音声の入力端子がどんな物なのかは異なってきます。
主流となるのは、殆どのテレビに搭載されているHDMI端子ですが、製品によっては光デジタルケーブルや同軸ケーブルなど、様々な端子を搭載している製品も少なくありません。
自分の使用するテレビに、スピーカーを接続する為にどんな端子が搭載されているかは事前に確認をしておくのがおすすめです。
また、複数のチャンネル分だけスピーカーが分かれている物であれば、スピーカーを設置する為に台を置いたり、壁に固定するならピンやネジで固定する事もあると思いますので、取り付ける部屋でどのような設置スタイルにするかも考えておくのがおすすめです。

手順①スピーカーの固定場所を決める

まずは1つ目です。左右のみのチャンネルであっても、更に細かく設定された複数チャンネルであっても、音の聞こえるスピーカーの設置箇所は大事になってきます。
テレビを視聴する場所に応じて、どの程度の位置にスピーカーを設置するのかを決めていきます。

手順②テレビと外部スピーカーを接続する

スピーカー1基ごとの設置場所が決まったら、次はテレビとの接続を行います。
テレビ裏に搭載された音声出力端子に併せて、必要なケーブルを使いスピーカーを接続します。
接続された外部スピーカーはリモコンで操作するのが主になると思うので、表示窓などがあれば見やすい位置に設置するのもポイントになると思います。

テレビにスピーカーを接続したけど音が出ない時の対処法

選ぶ スピーカー ケーブル 悩み

テレビに外部スピーカーを接続し、いざ音を聞いてみると【音が出てこない】なんて事もあり得る事態です。
マニュアルなどを確認しても、音が出なくて困ってしまうと焦りも出てくると思います。
こんな時にも、落ち着いて原因を探れば意外に単純な事だったりもするのでその原因と対処法を解説していきましょう

テレビの音量を上げてみる

まずまずあり得ない事ではありますが、視聴している物自体に音声が無いという事もあるかも知れません。
DVDやブルーレイディスクなどであれば、再生する為のプレイヤーに問題があることも考えられます。
まず、テレビの音量を上げてみて【テレビからも音声が出力されないのかどうか】を確認してみましょう。
音がテレビから出ているのであれば、音が出ることは確認出来るのでその他の原因を探ることになります。

設定を見直してみる

テレビの製品によっては、「テレビからも外部スピーカーからも音が出てうるさい」という事を防ぐ為なのか、設定画面から音声の出力先を選択しないと外部スピーカーからは音が出ないという製品があります。
外部機器設定などの項目から、【音をテレビか外部スピーカーのどちらから出すのか】を選択出来たりするので、テレビのマニュアルを見ながらこちらを確認しましょう。
常にテレビの音声を出しつつ、外部スピーカーからも音を出す事が出来たりもするのでこちらの設定項目は各々の希望に合うように設定をしておけば良いと思います。

外部スピーカーの電源を確認する

今でも、持ち運びできる小型スピーカーなどは【端子を接続すればそれだけで音が出る】という製品も少なくありません。
イヤホンやヘッドホンも、電源をオンにしないと音が出ないという概念はあまりないため、線を繋げば音が出ると感じてしまう人も少なからず居るかと思います。
テレビに接続するような外部スピーカーは、しっかりと電源を入れた上で操作を行う必要があるので、電源がしっかりとオンになっているかも念の為確認しておきましょう。

音声の出力先を確認する

上記でもお話した通り、最近の外部スピーカーは一度に複数の機器を接続することが出来る製品も多く、便利な反面【音声の出力先】を外部スピーカー側で選択しなければなりません。
リモコンで、出力1,出力2という具合に**【接続したどの機器から音を出すのか】を選択出来る製品であったなら、出力先を切り替えて音が出るかどうかを確認しましょう。

テレビに外部スピーカーを接続する場合の注意点

音質の向上に併せて臨場感も高まると、外部スピーカーの利点は数多くありますが、外部スピーカーを接続するからこその注意点も少なからず存在します。
こちらでは、テレビに外部スピーカーを接続するにあたり、考えられる注意点をまとめて解説していきます。

騒音に注意

まず考えられるのが騒音関連です。
映画などを視聴する際などは特にそうですが、本来のテレビ番組などとは少し違い、映像コンテンツなどは台詞と効果音の音量などに大きく幅を持たせることで、音に迫力を持たせていたりします。
「台詞が聞こえづらいな・・・」と、音量を高めに設定していると、急に大きな効果音が鳴り響き驚くことも。
また、自分たちでは問題無いと思っている音も近隣からは騒音と捉えられる恐れもあります。
音量の上げすぎには注意しましょう

配線の取り回しはしっかりと

続いては接地面での注意点です。
1つで複数チャンネルの音を再現するサウンドバータイプならあまり心配は無いかも知れませんが、チャンネル数分だけスピーカーを設置するようなタイプの外部スピーカーはどうしても配線が多くなりがちです。
さらには、後方へのスピーカー設置なども行う為配線の取り回しをしっかり行っておかないと歩いて足が引っかかる等の事故にも繋がります。
モールで覆ったりケーブル帯などをうまく使い、すっきりと綺麗にまとめながら取り回しを行えば見た目も綺麗で事故防止にも繋がります。

まとめ

今回は、以上で外部スピーカーに関しての解説となります。
モノラルからステレオに進化し、2.1chだ5.1chだと言っていた時代から今では頭上からの音も再現可能になるなど、より良い音を楽しむという環境はめまぐるしく進化しているように感じます。
最近は、テレビの大型化も進んで来たことから自宅で映画を楽しむ機会も増えつつあるのでは無いでしょうか?
設定や接続も簡単だったりと、最近は様々な製品が次々に登場してきているので、興味が湧いた人は、是非一度外部スピーカーの導入を検討してみて下さい

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧