モニタースピーカーは何故おすすめなの⁉おすすめのモニタースピーカーを教えて!

目次

モニタースピーカーのおすすめ

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

オーディオマニアならなじみがあるオーディオ機材の「モニタースピーカー」ってご存知ですか?

元々がプロや趣味の音楽人や放送、作品など「あらゆるコンテンツ制作に携わる人のために作られた、忠実で正確な音を求めた、モニタリング用のスピーカー」

スタジオや制作環境で使用されるということもあり、非常に高価で、選ぶに際しても情報が少ないといったイメージの方も多いようです。

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

ですが、プロだけが使うにはもったいないほど非常に音の再現能力が高く、自宅であまり置き場所を考えずに設置しても、非常に高音質。

「これは、自宅でも失敗のないオーディオビジュアル空間が作れる」として、現在は広く一般ユーザーにも人気となっています。

今回は、モニタースピーカーについて、そしてその選び方や、おすすめのモニタースピーカーの機種について、まとめてご紹介します。

モニタースピーカーは何故おすすめ?どのような特徴があるの?

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音 なぜ おすすめ

モニタースピーカーは、スタジオや編集現場などで使われる、「音程やリズム、バランスなどを忠実に、正確にチェックする目的のスピーカー」。

「スタジオモニター」や「ニアフィールドスピーカー」とも呼ばれています。

いったい、どんな特徴があるのでしょうか?

 モニタースピーカーにも種類がある

一般のホームAVシステムなどを組んだことがある方ならご存知のように、「リスニングスピーカー」においても、音の帯域や聞かせたい音質にあわせて、【スピーカーユニット】は異なります。

よく知られている、サウンドのうち高音域を鳴らすための「ツイーター」や、中低音域を鳴らすための「ウーファー」。これは主に、スピーカーユニットのサイズや出力、ドライバそのもの部分の性能などにかかわってきます。

また形状では「密閉型タイプ」と、箱の一部分に穴が開いていて、そこからダイレクトに振動が伝わる「バスレフ型」などがあります。

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

【サイズ】では、スモール、ミディアム、ラージサイズのものがあります。

やはり「モニタースピーカー」でも、人の耳でチェックする以上は得意とする音の帯域があります。

サイズと音にはやはり大きな関連性があることから、プロがサウンドのチェックをするときは、中高音域のチェックにはスモールやミディアムサイズのスピーカーモニターを使用し、超低音などの音にはラージサイズのスピーカーモニターを使用しています。

スタジオでは大きな音で鳴らすことができてもこのセレクト。多くの方のご自宅では、大きな音で鳴らすことはほぼ難しいため、これよりは気持ち小さめのスピーカーモニターでも十分足りるかもしれません。

 音程やリズムを正確にチェックできる

「モニタースピーカー」は、非常に敏感で繊細な耳を持つプロであっても、いかなる雑音や違和感がある部分までをしっかり探せるように、非常に高音質であるという特徴があります。

対して、私たちが、オーディオ鑑賞で使用するスピーカーは「リスニングスピーカー」

ご存知のように、「リスニングスピーカー」は、各社各ラインごとに、独特の味付けを施しているものが一般的です。

どんな音楽ジャンルや目的で使用するのかといった切り口でも、マニアの厳しい要求を満たせる機能や機構の組み込み。レンジ特性他、さまざまな設定なども施されているものが一般的。

自宅でDTM、演奏やリミックスなどを行う人たちにとっては、さまざまな音を重ねたとき、自分がいつも聴く「リスニングスピーカー」や「ヘッドフォン」では再現できない音が存在し、それが他のオーディオシステムで聴く人たちの耳障りになっては大変。

そんなこともあり、非常にフラットで、リズムもメロディーも、原音に素直で忠実に聞こえてくる設定になっています。

さまざまな音色チェックには欠かせない存在の機材が、「原音を忠実に、高品質で再現する『モニタースピーカー』」なのです!

  一定以上の音量で鳴らすことができない場合には、原音通りの音が得られない可能性も!

モニタースピーカーは、一定以上の音の大きさが確保でき、スピーカーユニットが十分機能している状態下で最大の特徴である「原音通りの忠実な音」が得られます。

ですが、大きなスピーカーをしっかり鳴らすためには大音量が必要。

モニタースピーカーらしい音色が欲しければ、スモールサイズやミディアムサイズのモニタースピーカーでなければうまく再現できないのです。

 アクティブタイプ(要電源)とパッシブタイプ(電源不必要)の2タイプがある

モニタースピーカーには、アクティブタイプとパッシブタイプの2タイプがあります。

モニタースピーカー用に電源が必要なタイプと、電源不必要なタイプ。

もちろん電源不必要なタイプでは、モニタースピーカー内部にアンプが内蔵されていないため、別途、モニターに最適な設定が可能なタイプのアンプを調達する必要があります。

ですが、「機材選びも購入も、そして設定も非常にむずかしいもの」

電源が必要なタイプのモニタースピーカーは、内部に「各メーカーがモニター用に最適に設定したアンプ」が内蔵されています。

オーディオ初心者にとっての「モニタースピーカー1台目」としては、最初から設計製造のプロが、サウンドのプロたちとタッグを組んで調整している「モニタースピーカー&アンプ組み込み型」のほうが良いでしょう。また、パワードのアクティブタイプなら、通常は、ツイーターとウーファーの両方に別々にアンプが搭載されている「バイアンプ方式」のものが増えています。

自分でIN OUTを分けて設定するよりも干渉も少なく、こちらのほうが扱いやすいでしょう。

モニタースピーカーのおすすめの選び方

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

さて、「モニタースピーカー」の特徴についてご紹介してきましたが、購入するときには、具体的にどんな選び方をしておけばよいのでしょうか?

一般的な「リスニングスピーカー」との大きな違いはあるのでしょうか?

 おすすめスピーカーの選び方①ウーファーの大きさで選ぼう

先ほども軽くご紹介したように、「モニタースピーカー」が、設計されたとおりにその性能を発揮するには、しっかり大音量でならせることが必要。

そのため、ウーファー自体の大きさやW数、抵抗値などは非常に重要なポイント。サイズが大きければ、それだけ大きな音で鳴らす必要があるのが一般的です。

また、1筐体(=1エンクロージャー)に複数のスピーカーユニットや複数の別帯域のウーファーやツイーターが組み込まれているタイプのものでは、それぞれが干渉しないよう一定の間隔があるものや、筐体自体の共振対策がしっかりと施されているものが必須でしょう。

また、干渉防止には、ウーファーごとにアンプが独立して組み込まれているものがおすすめです。

 モニタースピーカーのおすすめの選び方②大きさで選ぼう

基本的にモニタースピーカーを自宅でメインに据える方はあまり多くないかもしれません。

「リスニングスピーカー」プラスアルファという存在だけに、その筐体のサイズは非常に大切。

特に中高音域のチェックでは、耳元で確認することもなくはありません。

自分の使用環境や、環境内の防音のタイプなどとも考え併せてスピーカーのサイズを選ぶのは必須。

また、「リスニングスピーカー」にプラスしての味付け用で使用されるケースでは、オーディオシステム全体のどの位置に配置するのか、そのための電源や干渉の少ない置き場所などからも、おのずとスピーカーサイズは制限されるケースがあります。

事前に、ある程度、どんな用途で、どこに固定設置するのかなども、モニタースピーカー購入前にシミュレーションしておくのがおすすめです。

 モニタースピーカーのおすすめの選び方③入力端子の種類で選ぼう

入力端子は、使い始めてから多くの人が気になり始めるポイント。

最近では、アナログイン、アナログアウトでは、音質が良いといわれるバナナプラグなどに対応した、すこしゆとりのある入力端子のものを選ぶ方が増えています。

またラジカセなどから昔の音源を楽しみたい方には、デジタルイン、デジタルアウトも重要なポイント。

とくにラインインがあるものでは、アンプなどを介して、音にいろいろな味付けを施すこともできます。

モニタースピーカーの各種の特性やおすすめポイントを生かしながら、自分の好みの音をさまざまにアレンジしていきたいなら、ラインインは必須のセレクトポイントです。

接続部分の素材では、接続端子の素材やメッキ・・・たとえば金メッキなどの素材差で、さまざまな音色が乗りやすくなります。手持ちプラグや、リスニングスピーカーの接続端子部分などの材質も今一度しっかりチェック。

手持ちのケーブルや機材との関係を意識して選ぶのは、やはりおすすめです。

 モニタースピーカーのおすすめの選び方④最高級機種から、最低ラインの機種を、いったん聞いてみてからモニタースピーカーを選ぼう

とくにオーディオ機器の中でもスピーカーは、各大型量販店とも力を入れたコーナー展開があります。

ここで、自分が購入したいと思う機種の他「せっかくだから最高級機種も聞かせて下さい」といったお願いをして、さまざまな機種を自分の耳で確認しておくのが良いでしょう。

モニタースピーカーはフラットな音を再現できると一口に言っても、やはり高級機種と一般の機種では音にずいぶんな差があります。

最高級機種と比較して、どこまでの音質の違いなら我慢できるかも含めて選ぶのがおすすめです。

モニタースピーカーのおすすめ活用術

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

さて、非常にフラットで素直、ピュアで再現性の高い音が得られるモニタースピーカーには、いったいどんな活用方法があるのでしょうか?

 モニタースピーカーのおすすめ活用術①モニタースピーカーを使えば、アンプ調整の際には音源ごとに最適な音を得やすい

これは一般のプロたちによるモニタースピーカーの使用方法とも通じる部分ですが、既存のオーディオシステム内のリスニングスピーカー用のアンプ調整の際に、元のピュアな音源の音をしっかりチェックできるといったメリットがあります。

これまでは、リスニングスピーカー間を比較して調整していたものが、モニタースピーカーというフラットな味付けの1台を基準としてあれこれ変更できるのは非常にお勧めできる活用ポイント。

また、ミキシングなどを自分で行う方や、リミックスで多音源を用いる方にとっては、複数の音がまじりあった時のうねりなどを確認しやすい点も、非常におすすめできるポイントです。

 モニタースピーカーのおすすめ活用術②モニタースピーカーをリスニングスピーカーの音のメリハリ付けに使う

クラシックやアコースティックサウンドでは、自宅のリスニングスピーカー次第では、どうしても埋もれがちな音というのがあるケースもあります。

こういった音源やスピーカー等オーディオ機材構成の中に、音の輪郭をつけてあげるために「モニタースピーカーを投入」するのも一つの活用法。

このモニタースピーカーの活用法では、外付けアンプを介したほうがやはり使い勝手も表現力もよいのですが、普段プラスしたい音の好みが中高音なら小型モニター、低音ならスタジオ用サブウーファーなどだけプラスするといった方法もおすすめです。

おすすめのモニタースピーカー!

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

さて。いざ購入となると、非常に大量のチェック項目があるモニタースピーカー。

今回は、どんな用途でも、ほぼはずれがなく、自宅で楽しむオーディオファンにとっても、リーズナブルでお得感も高いモニタースピーカーをご紹介します。

おすすめのモニタースピーカー!:YAMAHA MSP5 Studio ペア

 価格や特徴:ヤマハの中ではハイエンドではありませんが、ハイエンドに限りなく近い音質に手ごろな価格のモニタースピーカーで、非常に評判が高いのがこちらのモデル。

比較的、ピュアな音色には強いといわれるヤマハらしいモニタースピーカーです。

磁性流体を採用した2.5cmチタンドームツイーター、アルミボビンとロングボイスコイルで12cmサイズのウーファー、大型マグネットによる磁気回路を搭載しています。

特筆すべき点は、ツイーターのチタン素材。音の分解能に優れ、立ち上がりが軽やかで非常にスピーディー。そして優れた耐久性を兼ね備えています。

また、パワーアンプ部分はデュアルアンプ構成で、とツイーター用27Wとウーファー用40Wをそれぞれ独立させ、アンプの手前で信号を内蔵アクティブ・クロスオーバーで分割。そしてそれぞれに専用パワーアンプで増幅するバイアンプ方式。

だから音の濁りやぼんやりとしたイメージ、ゆがみ、音質のロスなどが発生しにくい点もおすすめできるポイントです。接続端子はXLRと6.3mm標準フォンジャック。

高級機種の再現性が高すぎることからくる聴き疲れもない「程よいリアルサウンド」は、リスニングスピーカーや自宅のオーディオコーナーで活用するにもピッタリ。

実売は、ペア2台販売で45000~65000円前後と、モニターのなかではお手頃価格。ショップにより幅もあります。1台売りもあります。

おすすめのモニタースピーカー!:JBL PROFESSIONAL 305P MkII

 価格や特徴:評判の高い「JBL LSR 3 Series」のドライバーに、さらに改良を加え、ぐっとフラットな再現性を高めたのがこのモデル。

高磁力のネオジム磁石採用で、高音域、低音域とも、きわめて忠実な原音の再現性を実現しています。

低音域ではボイスコイルを取り巻く磁界の歪みを改善。高音域のドライバーでは磁性流体を採用することで、ボイスコイルの冷却と制動を実現。

各ドライバーの性能を最大限に引き出すバイアンプ駆動では、クラスDパワーアンプと4次リンクウィッツ・ライリーのアクティブクロスオーバーのコンビネーションが、クリアな音をさらに明瞭にさせているとして評判のおすすめモニタースピーカーです。

実売は、ペア2台販売で、35000~55000円前後と、ショップにより幅もあります。1台売りもあります。

まとめ

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

今回は、モニタースピーカーとは、モニタースピーカーの特徴や選び方、そしておすすめのリーズナブルで使いやすいモニタースピーカーなどをまとめてご紹介しました。

1台だけでも活用でき、またリスニングスピーカーに組み込むなら2台でバランス良く活用できるモニタースピーカー。

今回はブランド品中心のラインナップでしたが、この分野でも最近は、中華スピーカーなどが台頭してきています。

モニタースピーカー おすすめ スピーカー リスニングスピーカー ミキシング 録音

「いきなり高額のモニタースピーカーを買っても活用できないかもしれない」
「初のモニタースピーカーで、使い勝手がわからず失敗してしまうかも」といった方なら、多少音質特性や機構的には違いもありますが、非常に安価なこういったモニタースピーカーから始めてみるのもおすすめです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7d825f8d 03c5 4174 981e 9851bd78fd73
Written By
ミラーボール ツルピカハゲ丸
いつあの世に行ったのかわからない、そんな緑の紋付です
もともと、髪の毛が薄く、いつも地肌がほんのり光っている・・・なよ竹のミラーボール・ツルピカハゲ丸を勝手に襲名しようと思っていたら、本家がどこかに行ってしまいました。 ジジィ、はえーよ。 小さなころから家電豊富な家庭に育ち、今も現役のパソピアIQやカセットビジョンから新製品には縁のある環境。新製品も一通り押さえていますが、レトロ家電も捨てずに現役で使えるコンディションにあるのが自慢です。 製品選びのこだわりをお伝えできればと考えています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧