モニターにスピーカーを接続する方法は?どのように選べばいの⁉モニタースピーカーについて教えて!

この記事を執筆するにあたって

スピーカーと言えば、四角くて、音が出てくるあれというイメージでしか無かった自分ですが機会に恵まれ音楽製品の勉強を行う事が最近ありました。 調べてみると、スピーカーと言えどもそれぞれ呼び名も違い、ウーハーと呼ばれている低音を発する製品も実はスピーカーの1つであると知りました。 その種類や特徴によって、様々な活用方法や使い道が異なるなど奥の深い物なんだと思い知り今でも色々勉強中です。

Written By 田奈 修

目次

モニタースピーカー

イヤホンやヘッドホンと並び、昔から多くの種類があり普及してきたスピーカーですが、今回はスピーカーの種類の1つでもあるモニタースピーカーに関して解説を行って行こうと思います。
あまり聞き慣れない言葉ではあると思いますが、通常のスピーカーと比較してどんな特徴や違いを持つのかを正確に伝えていけるよう進めて行きます。

モニタースピーカーを付けるとどうなるの?

中華イヤホン おすすめ イヤホン 中国 チャイナ コスパ

まず、モニタースピーカーに関して簡単に解説を行います。
モニタースピーカーと言うのは通常の一般的なスピーカーと比べて何が違うのでしょうか?
一般的に、音楽などを視聴する為に用いられるスピーカーは【リスニングスピーカー】と呼ばれ、スピーカーごとにどんな音で特徴を持たせるかという概念で作られています。
この機能により、
如何に心地良く音を聞かせるかを考えているのがリスニングスピーカーと言えるでしょう。
逆にモニタースピーカーは、まさに字の如く音を
モニタリング**する為に用いられることが多く、如何に原音そのままの音を再生出来るかという観点で作られているスピーカーとなっています。

音がはっきりと聞き取れるようになる

モニタースピーカーの特徴は先に書いた通りですが、元々モニタースピーカーは【音の確認やチェック】に対して使うことを目的に作られています。
その為、低い音から高い音までを可能な限り原音そのままの状態で聴く事が出来なければなりません。
しっかりとしたモニタースピーカーを用いることで、様々な音が重なり合う音楽などの確認が出来、それぞれの音をはっきりと聞き取れるようになります。

より綺麗な音を楽しめる

モニタースピーカーの主な利用目的は、音の確認やチェックに用いられると書きました。
しかしそれは【ただの確認】で使われる試験的な意味合いを指すわけでは無く、純粋な音その物を楽しむことが出来るという事でもあります。
その為、スピーカーの特性を考え、設置場所や配置の仕方などにこだわることで普段の音とは違った綺麗な音を人の耳に届けることが出来ます。

モニタースピーカーを付けるメリットやデメリットは?

スピーカー

では、モニタースピーカーを付けるメリットとデメリットにはどんな内容があるのでしょうか?
ここまででも少し触れてきている内容となりますが、しっかりとメリットデメリットを分けて、解説したいと思います。

メリット

まず、得られるメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

  • 音質の向上
  • 本来のヘッドホンやイヤホンなどでは聴き取れない音も聞こえる
  • 楽器などの配置が分かりやすく、音の干渉を感じ取りやすい

こういったメリットなどから、主に音楽を作成する立場に居る人にとっては必須のアイテムとまで言われています。
こういった製品があるからこそ、より良い音楽を作ることが出来ると考えるとこれらのメリットは重要と言えます。
特に、オーケストラの様な楽器を複数組み合わせて演奏している音楽は、全ての音がしっかりと聞こえるようになっていなければ台無しになってしまいますので、これらの特徴を活かして入念な確認が行えるようになっているわけですね。

デメリット

続いては、デメリットについて解説です。
モニターに外部スピーカーを搭載するにあたって、デメリットとなり得るのは意外にも【音】に関してだったりもします。
音を正確に再生するという目的で作られている為、それらの音をしっかり鳴らして確認をしようとすれば音はどうしても大きくなってしまいます。住んでいる環境によっては【騒音】だと捉えられてしまう事もありますので、深夜や早朝などの利用には最低限の注意は必要になると思います。

また、一般的なスピーカーと比較すると価格の高さ製品の大きさというのもデメリットとなり、設置場所にはそれなりの広さを要する等購入前にはサイズ感などの確認も必要となるでしょう。

モニタースピーカーはどのように選べば良いの?

簡単にではありましたが、メリットやデメリットを理解した上で次に考えるべきは【スピーカーの選び方】ですね。
スピーカーと一言で言っても、その種類や大きさ、デザインまで含めれば選ぶ幅も大変広くどのようなスピーカーがベストなのかは変ってきてしまいます。
ここでは、モニタースピーカーをいくつかの基準に当てはめて選び方を解説していきましょう。

接続端子で選ぶ

まず、スピーカーを選ぶ上で最も重要になるのはこちらの【接続端子】です。
どんなに良いスピーカーを購入しても、物理的に接続出来ないという事があればそれは大変な事態になってしまいます。
接続する機器とスピーカーの両方に対応している端子がなんなのかを調べた上で、出来るだけ自分の希望に合いそうな端子で選んでいきましょう。

【RCAプラグ】

一番オーソドックスなプラグがこちらのRCAプラグになります。
昔のゲーム機やビデオでも見かけた赤と白の2本のケーブルを用いて音の信号を受信します。
色が分かれているのは、それぞれが左と右の音で分かれており信号はアナログでやりとりが行われます。

【フォーンプラグ】

イヤホンのプラグなどと同じ形状をしている物で、一本の線で接続が完了するタイプのプラグです。
サイズとして主流なのは、少し太めの標準タイプの物で、マイクやヘッドホンの端子に用いられている少し太めのプラグがこちらに当たります。
RCAと比べてノイズに強いというのが特徴になっており、ギターなどをアンプに接続する際にも良く用いられます。

【XLRプラグ】

キャノン端子とも呼ばれるこちらのプラグは、主に高級オーディオ用の音声端子として普及している物で高音質であるのが特徴となっています。
RCAやフォーンプラグと違い、1本のケーブルの内部に3芯という構造になっており、その内の1芯は【外来ノイズの影響を打ち消す】為に用いられます。
その為、特に他の接続端子と比べてノイズの影響を受けにくく、長距離の音声信号をやりとり出来る様マイクロホンの端子にも使われていて【高音質を追求する】オーディオ機器向けという位置づけになっています。

フルレンジか2ウェイで選ぶ

続いて、音響に関連する部分での選択肢で【フルレンジかマルチウェイか】という部分を見ていきましょう。
フルレンジと呼ばれる仕組みのスピーカーは、【1つスピーカーで低音から高音まで】を再現するため場所を取りにくく設置が比較的簡単という点が挙げられます。
一方で、マルチウェイと呼ばれるスピーカーは低温や高音などの音質に合わせてスピーカーを独立させる仕組みになっています。今回お話ししている2ウェイは**【低音の再現にウーファーを用いる】タイプになっているタイプの製品です。
その為、音には更に深みが加わる事になる反面「ウーファーの設置場所も考えねばならない」という点も出てきますので注意が必要です。

大きさで選ぶ

続いて、大きさです。
設置する箇所を決めても、底に収まらないという場合には改めて設置場所も決めなければならないなど苦労も発生します。
あらかじめ、【どの程度の音を出したいのか?】と併せて【その為にはどの程度の大きさが必要なのか】も事前に決めておきましょう

試聴して選ぶ

最後に、試聴して選んでみる方法もおすすめです。
スピーカーなどの様な製品は、単純に価格やカタログ上の仕様だけではその詳細を知る事は出来ません。
個人的な音への好みもあるように、購入や設置をしてみてから「思ったような音ではない」と後悔するのは防ぎたい物ですね。
大きめの量販店やスピーカー専門店などには、スピーカーコーナーで視聴が出来る製品もあったりします。それらを活用して、事前に【自分の希望に合った】製品を見つけられるように、まずは試聴をしてみると言うのも非常におすすめの方法となります。

実践!モニタースピーカーを接続してみよう!

ここでは、モニタースピーカーを接続する為の実践編として注意点などを踏まえて解説を行っていきたいと思います。

準備品

まずは、スピーカーの設置に合わせて準備しなくてはならない物ですが、あれもこれもと準備する必要は無いと思います。
スピーカー接続に必要なケーブルが必須となるので、これらを忘れずに準備しましょう。
また、一部配線の取り回しなどであれば便利なのが、ケーブルタイや結束バンドです。
配線をスッキリさせたいなどの希望もあれば必要に応じて準備しておくと良いでしょう。

手順①

スピーカーの設置場所が決まったら、機器とスピーカーをケーブルで接続します。
電源ケーブルの接続を忘れていたと言う事も無いように注意して、各配線を確認しましょう。

手順②

接続が完了したなら、電源を入れて動作確認を行います。
スピーカーによっては、音の入力先を切り替える必要もあるかと思います。
マニュアルなどを参考にして、入力先や音量などが正確に設定されているか確認しましょう。
スピーカーから正常に音が聞こえてくれば設置や接続は完了となります。

モニタースピーカーを活用しよう!

モニタースピーカーを接続したならば、その後の活用法としてはどんな使い方があるでしょうか。
簡単にではありますが活用法の一部を解説致します。

活用法

まずは、その特徴からやはり音楽の作成に強い力を発揮します。
最近はPC等を用いて音楽の作成などを行う機会も増えており、DTMと呼ばれるPC等での音楽作成時には【どんな音を】【どのような聞こえ方で】を確認する為には必須とも言えるべき製品ですので、音楽作品の作成には大いに活用が可能と思います。

また、音を聞いて楽しむ物という点でもその効果は大きく、【音楽の視聴】【映画鑑賞】等でも従来のスピーカーとはまた違った聞こえ方を体感出来るなど、作るだけではなく聞くと言う観点でも活用出来ると思います。

まとめ

今回は、モニタースピーカーに関しての解説を行ってきました。
普段一般的には耳にすることが無い製品でもあり、どのような時にどんな使い道があるのかと疑問に感じる部分もありましたが普段良く聴く音楽などの作成にも欠かせない重要な役割を持つものがこのモニタースピーカーでもあります。
聴くだけでは無く、これから音楽作品を作成したいという人には特に重要な機器の1つだと思うので音楽関連の趣味や仕事を持っている方は、是非一度音の聞こえ方の違いなどを体験してみて頂きたいと思います。

また、自身でも少し考え違いを行う事もあり【モニター】【スピーカー】と聞くとPCモニターの様な物にどんなスピーカーを使おうかと考えてしまう時があります。
同じように、モニターに付ける良いスピーカーを探しているという人に向けても、番外的に少し情報を纏めましたので目を通してみるのがおすすめです。

番外【モニターに外部スピーカーを付けてみよう】

PCの普及も進み、今ではまさに【一家に一台】と言える程にPCを扱う人が多くなってきたと感じます。
ノート型やデスクトップ型とそれぞれ形や大きさも進化して、今ではモニターを別途用意するという製品は少なめになってきました。
しかし、まだまだモニターの需要はやむことがありません。
映像を見る為のモニターですが、実際仕事やプライベートで動画や音楽の視聴なども行う場合気になるのが【音質】ですね。
今回は、モニターに取り付ける外部スピーカーに関して解説を行っていきたいと思います。
モニターにつける外部スピーカーも色々な種類、価格、性能、など様々な方向で競っている中、コレだと思う情報をご紹介出来るよう進めて行きましょう。

モニターに外部スピーカーを付けるとどうなるの?

まず、「モニターにスピーカーを付ける必要があるのか?」という点も気になると思います。
まだパソコンが普及し始めた頃は、モニターにはスピーカーなど搭載されていない製品も多く、【イヤホンジャックにイヤホンを挿して】やっと音を聞けるという状況は珍しくありませんでした。
しかし、現在世に登場しているモニターの多くはすでにスピーカーを搭載している物が多く、尚更【外部スピーカーを付けてどうなるの?】という疑問が残ります。

ますは、外部スピーカーを付けたことによってのメリットを確認していきましょう

音響の響きが良くなる

まず一番に変化があり、メリットとなり得るのは音質面の向上です。
モニターに搭載されているスピーカーが悪いという事ではありませんが、モニターの本来の目的は「映像を映し出す」事ですので***【音質にこだわった大型のスピーカー】を搭載するのは大変です。
そこで、外部スピーカーを取り付けることで
【より良い音】*を得られるという点は一番大きな変化と言えると思います

価格の違い

実際、モニターを選ぶ際の基準として候補に挙がるのはまず【画質面】だと思います。
その上で、更に画面の大きさなどから予算に合わせてモニターを選ぶという購入方法が一般的だと思いますが、ここに「音質にもこだわる」という基準が追加されると選べる製品の幅は大きく狭まりますね。
さらに、そういった製品の価格が割高であれば尚更購入は困難になってしまいます。
その為、外部のスピーカーを選び取り付けることで、価格も安く抑えることが出来るのではないでしょうか

種類が豊富

続いてのメリットは、選択の幅が多いという点では無いでしょうか。
ステレオの2ch構成で良いのか。ホームシアターシステムなどを用いて複数チャンネル構成で行くのか。設置場所がスッキリとしたバータイプなどを希望するのか。
モニターとは別にスピーカーを外部で用意することになるので、「どんな音質の物が良いか」と選択の幅が広がります。

モニターに外部スピーカーを付けるメリットやデメリットは?

では、モニターに外部スピーカーを付けるメリットとデメリットにはどんな内容があるのでしょうか?
ここまででも少し触れてきている内容となりますが、しっかりとメリットデメリットを分けて、解説したいと思います。

メリット

まず、得られるメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

  • 音質面の向上
  • モニターに左右され製品を選べる
  • モニターを今後買い換えても、増設しても使用が可能

簡単に記してみると、このようなメリットが大きい部分では無いかと思います。
音質面の向上は前述した通りですが、自分の希望に合わせてステレオからホームシアター並の音響までと幅広く構築を行う事が出来ます。
また、モニターを複数所持していたり、何らかの原因があり買い換えを行う場合なども外部スピーカーはそのまま使い続けることが出来るので、「以前の様な満足のいく音質ではない」という不満が出てくることも防げると思います。

デメリット

続いては、デメリットについて解説です。
モニターに外部スピーカーを搭載するにあたって、デメリットとなり得るのは意外にも【音】に関してだったりもします。
音響としてのスピーカーの質が良くなれば、それだけ音の響きなども深みが生まれ臨場感が向上することになります。
と言うことは、住んでいる環境によっては【騒音】だと捉えられてしまう事もありますので、深夜や早朝などの利用には最低限の注意は必要になると思います。

その他には、複数チャンネルのスピーカーなどを選ぶ際には、スピーカーを設置する場所の確保が重要にもなるので事前の下調べが大切になります。

モニターにつける外部スピーカーはどのように選べば良いの?

簡単にではありましたが、メリットやデメリットを理解した上で次に考えるべきは【スピーカーの選び方】ですね。
スピーカーと一言で言っても、その種類や大きさ、デザインまで含めれば選ぶ幅も大変広くどのようなスピーカーがベストなのかは変ってきてしまいます。
ここでは、モニターに接続するスピーカーをいくつかの基準に当てはめて選び方を解説していきましょう。

接続端子で選ぶ

まず、スピーカーを選ぶ上で最も重要になるのはこちらの【接続端子】です。
どんなに良いスピーカーを購入しても、物理的に接続出来ないという事があればそれは大変な事態になってしまいます。

モニターに直接スピーカーを接続するのか、モニターと接続している機器(パソコンやゲーム機など)にスピーカーを接続するのかで多少端子は変わると思いますが、代表的な端子とその説明は以下の通りです。

【3.5mmミニプラグ】

いわゆるイヤホンジャックなどに接続する端子であり、音声はアナログで出力されます。現在はヘッドホンやイヤホンを接続するのに主流な端子となっているので、逆にスピーカーの場合はアナログ端子を搭載していない物もあります。

【HDMI端子】

現在のモニターや各種機器にも高確率で搭載されているであろう端子です。
音声・映像の両信号を同時に送信するので配線も複雑になりにくいのが嬉しい点になっています。

【光デジタル端子】

呼び名の通り光ファイバーの技術を用いて、音声信号をデジタルのまま送信が可能になっています。そのため、音質の劣化も少なく高音質ですが内部の光ファイバーは破断しやすいという点もあるので配線の取り回しには注意が必要です。

【同軸デジタルケーブル】

こちらもデジタル信号を扱う為の端子となっていて、音質の劣化を防いで信号を送る為スピーカーにも比較的搭載されていることの多い端子となっています。
端子の見た目上は、コンポジット端子と呼ばれる従来のアナログ端子と同じ見た目をしているので、接続する前にはそれが同軸デジタルの端子かしっかりと確認を行いましょう

音響の仕組みで選ぶ

続いては、音響の仕組みでの選択基準です。
スピーカーは左右の音を再生するステレオと呼ばれる2chのタイプが一般的だと思いますが、最近の映画やゲームなどは5.1chなどを始めとしたマルチチャンネルの音声も扱える物が増えてきました。
もちろん、これらの音声信号も2chスピーカーで全ての音は聞くことが出来ますが、どんな音も左右から聞こえるというのと【それぞれの音が方向性を持って聞こえてくる】のではやはり臨場感などに大きな違いが出ます。
FPSと呼ばれるジャンルのゲームなどでは、音の発生源から相手の位置を把握するなどと言われる程に音が重要ということもあるので、それらを考えて
スピーカーを選ぶというのも1つの選択基準になってきます。

大きさで選ぶ

続いて、大きさです。
設置する箇所を決めても、底に収まらないという場合には改めて設置場所も決めなければならないなど苦労も発生します。
あらかじめ、【どの程度の音を出したいのか?】と併せて【その為にはどの程度の大きさが必要なのか】も事前に決めておきましょう

試聴して選ぶ

最後に、試聴をして選ぶという方法です。
どんなチャンネルや音響システムだったとしても、1つ1つ製品ごとに音の聞こえ方という物は異なってきます。
人それぞれに、音の好みという物もあると思いますので聞こえ方が自分の好みにあっているのかと言う点は非常に重要な基準の1つです。
最近では、スピーカーの試聴を行い比較が出来るコーナーなども店舗で多く見かけるようになってきたので、気になる製品があれば試聴をしてから購入を検討するというのもおすすめの選び方だと思います。

実践!モニターに外部スピーカーを接続してみよう!

ここでは、モニターに外部スピーカーを接続する為の実践編として注意点などを踏まえて解説を行っていきたいと思います。

準備品

まずは、スピーカーの設置に合わせて準備しなくてはならない物ですが、あれもこれもと準備する必要は無いと思います。
スピーカー接続に必要なケーブルが必須となるので、これらを忘れずに準備しましょう。
また、一部配線の取り回しなどであれば便利なのが、ケーブルタイや結束バンドです。
配線をスッキリさせたいなどの希望もあれば必要に応じて準備しておくと良いでしょう。

手順①

スピーカーの設置場所が決まったら、機器とスピーカーをケーブルで接続します。
電源ケーブルの接続を忘れていたと言う事も無いように注意して、各配線を確認しましょう。

手順②

接続が完了したなら、電源を入れて動作確認を行います。
スピーカーによっては、音の入力先を切り替える必要もあるかと思います。
マニュアルなどを参考にして、入力先や音量などが正確に設定されているか確認しましょう。
スピーカーから正常に音が聞こえてくれば設置や接続は完了となります。

モニターに接続した外部スピーカーを活用しよう!

モニターにスピーカーを接続したならば、その後の活用法としてはどんな使い方があるでしょうか。
簡単にではありますが活用法の一部を解説致します。

活用法

音を聞いて楽しむ物という点は一緒なので、主な活用法としては【音楽の視聴】【映画鑑賞】等がやはり挙げられると思います。
また、スピーカーによっては複数機器を接続する事も可能となる製品も数多く存在する為、PC等で作業を行っている場合ならスマホやTVなどを接続し、それらの音声をスピーカーから流しながら作業に集中するというのもおすすめの活用法だと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7532c94a 9ab3 4d18 a855 7a990a2b8cc0
Written By
田奈 修
見た人全てに「見て良かった」と感じて貰えるような記事作成を目指しています
家電好き、ガジェット好きが引き金となって2018年より家電製品関連のライター業務を行って居ます 数多くある商品の中から、使う人目線での有益な情報を発信していけるように努めていきたいと思います。 「こんな製品があったのか」と驚きを生まれさせることが出来る様に記事作成には特に力を入れて取り組みたいと思って居ます。 宜しくお願い致します

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧