アイフォンにヘッドホンを接続しよう!接続方法をご紹介!

この記事を執筆するにあたって

iPhoneで音楽を楽しむときにイヤホンジャックが使えたのは第6世代と呼ばれる機種まででした。常に革新的な商品開発を目指すApple社の最新機種をはじめとしたiPhoneはコードレスのイヤホンを使って音楽を聴くことが普通となっています。また、Lightning端子への変換アダプタを使う方法もありますが、いくつか注意点も存在します。

Written By アテ ワン

目次

アイフォンのヘッドホン

アイフォンは日本でもっとも人気のスマートフォンといっても過言ではありません。しかしそのアイフォンですが機能の多様化によって7世代と呼ばれる機種からイヤホンジャックが廃止になりました。そんな機種でもヘッドホンで音楽を楽しむ方法をご紹介いたします。

アイフォンにヘッドホンを接続しよう!イヤホンジャックがない⁉

アイフォンユーザーは既知のことと思いますが、第7世代以降Appleのアイフォンはイヤホンジャックが廃止になっています。その理由を第7世代のアイフォンを発表した際にApple社は「非常に長い間、議論してきた」とした上で、さまざまなテクノロジーを搭載した新しいアイフォンを作るうえでバッテリー容量が増えたためにやむを得ずイヤホンジャックの廃止を決定したとしています。

初代~6世代の接続方法

初代から第6世代と呼ばれるイヤホンにはイヤホンジャックがついているので、そこにヘッドホンを接続することでヘッドホンを利用できます。また、世代によってはハンズフリーのBluetoothが対応しておりワイヤレスイヤホンも対応しています。

7世代~Ⅹ世代の接続方法

第7世代以降はワイヤレス仕様のBluetoothのイヤホンを使う方法と変換アダプタを使う方法があります。以下の項目にてその特徴やメリット、デメリットを解説していきます。

初代~6世代までのアイフォンにヘッドホンを接続する方法

イヤホンジャックから接続する方法

アイフォンで音楽を再生するときにイヤホンジャックにヘッドホンを挿入するとイヤホンやヘッドホンを使ってアイフォンで音楽や映像の音、通話を楽しむことが出来るようになります。イヤホンジャックにイヤホンやヘッドホンを接続している間はスピーカーからは音が出なくなります。

特徴やメリットなど

イヤホンジャックから直接音を聴くメリットはなんといっても電池の問題です。Bluetoothのワイヤレスイヤホンは便利なイヤホンですが、いくら主電源であるアイフォンが動いていてもイヤホン自体の電池が切れた場合イヤホンで音楽や通話をすることが出来なくなってしまいます。当然イヤホンの充電もいらないのでアイフォンさえしっかりしていれば聴けなくなる心配は基本的にする必要がありません。ただし、ワイヤーがある分絡まってしまう問題や、コードが切れてしまったり、接続部分の接触が悪くなるなど物理的な問題が解決出来ない問題は付きまといます。
引用元:Apple

7世代~Ⅹ世代までのアイフォンにヘッドホンを接続する方法

ではイヤホンジャックを廃止し、多機能化を図った第7世代以降のアイフォンではどのように音楽を聴けばよいでしょうか。ワイヤレスのBluetoothヘッドホンと変換アダプタを使う方法で解説していきましょう。

Bluetoothから接続する方法

第7世代以降のアイフォンではイヤホンジャックが廃止されたためにBluetoothでのヘッドホン接続が基本になります。そのアイフォンでBluetoothのイヤホンを使う方法をご紹介しましょう。

  • ホーム画面の「設定」をタップして設定画面を開きます。
  • Bluetoothをタップします。
  • Blutoothがオフになっている場合はオンに切り替えます。
  • お使いのBluetooth機器をペアリングモードにします。
  • しばらくするとデバイスの項目に製品名が表示されますので、使用する製品名をタップします。
  • 製品によってはPINコードの入力を求められます。※ PINコードはBluetooth機器により異なりますので、取扱説明 書等でご確認ください。PINコードの入力が無い機器もあります。
  • 製品名の横に「接続されました」と表示されたら接続完了です。

特徴やメリットなど

アイフォンのイヤホンジャックが廃止されたことにより第7世代以降はBluetoothで音楽を聴くユーザーがとても増えていますが、Bluetoothで音楽を聴く場合には当然メリットとデメリットがありますのでご紹介していきましょう。

Bluetoothヘッドホンを使った場合のメリット

  • イヤホンが絡まない
  • スマートフォンなどのデバイスから離れた場所でも楽しめる
  • ハンズフリーの作業が可能
  • タッチノイズがない

まず、Bluetoothイヤホンの最大の強みはなんといってもコードがないこと。これにつきます。コードがないことによって絡まったりするうっとうしさがない上、強い衝撃や経年劣化による断線の心配がありません。長く楽しめるのがひとつのメリットでしょう。そしてイヤホンだけで音楽が楽しめます。もちろん発信源のデバイスは必要になりますが離れていても大丈夫です。デバイスを充電しながら、ハンズフリーでほかの作業を行うことも出来ます。さらに、コードがないのでコードが服に擦れたり、デバイスが動いたりしたときなどのノイズがないのも魅力です。

Bluetoothヘッドホンを使った場合のデメリット

Bluetoothイヤホンを使った場合は多くのメリットがありますが、その一方でまだ発展途上の技術であるゆえのデメリットも存在します。どんなデメリットがあるのか解説していきましょう。

  • 電池が切れると使えない
  • 普通のイヤホンより若干音が劣化する
  • 音が切れたり、飛んだりもする

Bluetoothを使って音を受信し再生しているイヤホンだからこそのデメリットがあります。まず、イヤホン自体に電池があるのでイヤホン自体の充電が切れてしまうと使えなくなります。普通のデバイスであればイヤホンジャックがあるので従来のイヤホンで聞いているあいだに充電しておくことが出来ますが、アイフォンの場合は充電している間は別のBluetoothイヤホンが必要になります。これは大きなデメリットといえるでしょう。

また、スマートフォンなどのデバイスから音の情報を受け取って流すBluetoothのイヤホンは直接流している従来のイヤホンより音が不確定です。イヤホンとデバイスの圧縮方式、通信速度、通信距離の問題で若干音が劣化してしまう問題は避けられません。ただし、最近では限りなく音が劣化しない製品も増えてきているのも事実です。
そして音をデータとして受信しているという点でどうしても移動中や人ごみでは音が途切れたり、飛んでしまうリスクは避けようがありません。

変換アダプタで接続する方法

アイフォンにはApple社製品独特の挿し込み口であるLightning端子がついています。この挿し込み口に挿入し、通常のイヤホンジャックとおなじプラグが使える変換アダプタが梱包されるようになりました。これにより、①変換アダプタ→②通常のイヤホンの順でつなぐことができ、通常の有線イヤホンでも音楽が聴くことが出来る様になりました。

特徴やメリットなど

アイフォンのLightning端子から通常のイヤホンを使える変換アダプタを使った場合にどのような特徴があるかメリット・デメリットをご紹介いたします。

変換アダプタを使った場合のメリット

  • 従来のヘッドホン・イヤホンが使える
  • 音質を変化させずに楽しむことが出来る

変換アダプタを使った場合のメリットは従来のヘッドホン、イヤホンがそのままつかえる点にあります。コードつきの製品で高品質のものもあり、こだわりのあるユーザーにとってはこの方法がとくに適しているといえるでしょう。さらに、コードで直接つないでいるため、音質に変化をきたさずにそのまま聞き取ることが出来ます。

変換アダプタを使った場合のデメリット

  • 断線の可能性
  • タッチノイズ
  • コードの絡まり
  • 充電が出来ない

変換アダプタによりつながれている場合の問題点は通常のコードにより行動の制限がかかったり、タッチノイズの有無などBluetoothにより解決した問題が主です。それに加え、Apple社のLightning端子の付け根がもろいといわれており、私自身もいくつか充電器をだめにした経験がありますので懸念材料のひとつと言えるでしょう。さらに充電にも使うLightning端子をイヤホンの変換に使うので音楽を聴きながら充電を行うことはできません。

アイフォンにヘッドホンを接続するおすすめ方法

Bluetoothでケーブル要らず

アイフォンの新製品は多くの機能を追加し多様な使い方ができる進化を目指したため、バッテリーの増加でやむなくイヤホンジャックを廃止しました。しかし、その意図の裏にはBluetoothなどの新技術の有効活用があります。ぜひ、ケーブルを使わず音楽を聴ける新技術で快適に音楽を楽しんでください。

アイフォンにヘッドホンを接続して楽しもう!

アイフォンはイヤホンジャックの廃止によって、イヤホン・ヘッドホンの使用に消極的になりがちです。しかしBluetoothなどの新技術や、変換アダプタの登場で音楽を快適に利用することができます。接続方法を理解できればアイフォンでも十分ヘッドホンが有効に使えますのでぜひ使用してみてください。

まとめ

アイフォンの7世代以降はイヤホンジャックの廃止によって一見音楽を聴けないと思われがちですがBluetoothのヘッドホンや変換アダプタをしようすることで問題を解決することが出来ます。ケーブル使用の有無でそれぞれメリット、デメリットが変わってきますのでご自身にとって最適の方法を選択して音楽を楽しみたいものです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧