歌手がライブ時に付けているイヤホンは何?一般販売されているの?

目次

歌手のイヤホン

テレビなどでも歌手が歌う様子を見ると耳にイヤホンをはめています。よく見るとオシャレなイヤホンも多く、歌手やアーティストだけでなく、最近では一般人を含め、高価なイヤホンに対し、消費者の関心も高まり、多くの音楽愛好家達が、より良い音を聴くためにイヤホンを購入する人が増えています。そんなプロの歌手が使用しているイヤホンについて解説します。

歌手がはめているイヤホンって何?

イヤーモニター

誰でも一度は見たことがあるとは思いますが、ステージ上で歌手が耳にイヤホンを当てて歌っていますね。音楽ファンなら既に知っているかもしれませんが、ステージで歌手がつけているイヤホンはイヤーモニターと呼ばれるものです。一般的なイヤホンに比べて精密で音を繊細に聴き取ることができ、舞台の上で正確なモニタリングをする目的のために作られたイヤホンです。

なぜ歌手はイヤホンを付ける必要があるの?

そもそもステージにはスピーカーがあるのになぜ歌手達はわざわざステージでイヤホンをつけるのでしょう?

楽器などの音を聞きとる為

ステージで演奏する場合、ほとんどの場合はステージのスピーカーが観客側に向いています。一方歌手はステージの真ん中、つまりスピーカーの前に立つことが多いです。これは舞台上で歌う歌手にとって後ろから楽器などを含めた楽曲全体の音が聴こえることになるため、歌手は自分自身の歌声を聴くことさえも難しくなります。実際にTV中継などでサッカーや野球の試合を見ると、試合開始前に国歌斉唱をする場面があります。実力のあるはずの歌手なのに国歌を歌う際、全然音程が合っていないと思う場面がたまにあります。これは膨大な人数の観客の歓声などが反響し歌いづらくなっている可能性もあります。自分も声が聴こえにくい環境の中で正確なピッチやリズムで歌うというのはいくらプロの歌手であっても容易ではないのです。

そのため歌手はイヤホンをつけることで、自分自身の歌声、それから楽器の音を聴き取るためにイヤホンを装着します。イヤホンを付けて音を聴き分けながら、歌手たちは自分の音程やテンポをコントロールします。イヤーモニターは歌手にとってステージでは必須のアイテムとも言えます。

遮音性が高く音を良く聞き取れる

前述でスピーカーが観客側に向いていると言及しましたが、実はステージを見ると歌手側の方を向いているスピーカーがいくつかあります。よくロック歌手がステージで足をかけるスピーカーと表現するとピンと来る方がいるかと思いますが、これはモニタースピーカーと言われるものです。オーディエンスではなく、ステージ側に向けてあるこのスピーカーは演奏者や歌手用のスピーカーで、歌手が自分の音を聴きやすくするためのスピーカーです。しかしデメリットとしては会場の広さや観客数など環境によっては歌手の歌声や楽器の音が負けてしまい、必要な自分の音が埋もれてしまう場合もあります。

歌手 イヤホン

一方でイヤホンはスピーカーに比べて遮音性に優れています。例え大きな会場であってもイヤホンは音を歌手の耳まで繊細伝えることができます。スピーカーの場合、音が聴こえづらいことに加えて、スピーカーの音をマイクが拾ってしまい、ノイズやハウリングを起こすこともあります

歌手のイヤホンは一般販売されているの?

歌手が使用のイヤホンの中でも最近特に人気なのは『カスタムIEM』と呼ばれるもので、正式には『カスタム・イン・イヤー・モニター(Custom In Ear Monitor)』というものです。カスタムという名の通り、自分ためだけにオーダメイドされて作られており、自分専用のイヤホンのため耳にフィットし、遮音性も非常に高く、音漏れも少ないことで知られています。

このカスタムIEMは、通常のイヤホンのようにお金さえあればすぐに購入することができるものではなく、オーダー後は耳の型を採取する必要があります。耳の型は『インプレッション』と呼ばれ、注射器に入れて耳に注入します。10分ほど待つとインプレッションが固まり耳の型ができます。この際口を動かすと耳の形が微妙に変わってしまうため、絶対に口を動かしてはいけません。採取した型をブランドの本社に送り、その型をもとにイヤホンの製作が始めるため、数週間から数ヶ月待つ場合もあります。

Ultimate Ears

Ultimate Earsはアメリカ・カリフォルニア州生まれのメーカーです。1995年に設立され、以前から世界的な音楽家やアーティストに使用されており、現在のカスタムIEMと呼ばれる市場を作った会社です。まさにカスタムIEMの中では老舗とも言えるブランドです。

ブランドの簡単な歴史をまとめると、Ultimate Earsは1995年にJerry HarveyとAlex Van Halenにより設立されました。ロックバンドVan HalenのドラマーであるAlex Van Halenのイヤホンが公演途中に故障した際、そのバンドのエンジニアであったJerry HarveyがVan Halenの耳にフィットするイヤホンを製作したところ、他のバンドのメンバーも興味を持ち、音楽業界にブランド名が音楽業界に広がるようになりました。この頃は『ミュージシャンのためのカスタムIEM』というコンセプトでしたが、ブランド立ち上げから7年後にあたる2002年にUltimate Earsが一般大衆市場にも事業を拡大、現在に至ります。

Ultimate Earsはこのようにミュージシャンのためのブランドだったため、ライブの大音量の中、歌手の耳にいかに正確に音を伝えるかというのをよく研究されているブランドです。その結果、ミュージシャンはステージでモニタースピーカーを聴くのではなく、Ultimate Earsの小さなイヤホンで音を拾えるようになりました。

『UE LIVE』

そんなUltimate Earsから発売されているモデル『UE LIVE』はブランドの最高モデルを意味するフラッグシップモデルです。

Ultimate Earsは本来ユーザーの耳の形にぴったり合うように1つ1つをオーダーメイドで製作するカスタムイヤホン専門のブランドで、一時期はカスタムイヤホンの市場シェアの多くを占めたこともありましたが、最近ではオーダーメイドではなく量産型のイヤホンを多く発売したため、イヤホン事業自体がなくなるのではないかと言われた中、発表されたのがこのモデルです。

2018年にリリースされたばかりで、名前の通りライブ公演を目的に制作されています。でもライブ環境でも音をモニタリングできるミュージシャンのための製品でもありますが、一般の人が付けてもまるで自分がステージに立っているような臨場感を味わえます。

6つのBAドライバーと1つのダイナミックドライバーが使用されているハイブリッドイヤホンで、4-wayクロスオーバーが使用されるモデルです。ドライバーはハイとミッドハイ、ミッドロウ、ロウの4つのチャンネルに分離されています。

カスタマイズ方法は様々でイヤホンのプレート部分にウッドなど特殊な素材で組めるほか、自分が希望する画像も入れることもできます。またケースも選択可能で、丸いラウンドか長方形のケースかいずれかに選択できるなど、幅広いカスタマイズが可能です。例えばキラキラにカスタマイズすることもできるため、アクセサリーのように歌手の耳を映えさせることも可能です。まさに歌手向けとも言えるイヤホンですね。

基本価格は279,800円からとなっています。普通のイヤホンとは比べ物にならないほどかなり高価であることが分かります。その分質は確かです。もちろんカスタマイズが多いとその分高価になります。

Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO

そこまでの高価なイヤホンが買えないという人向けには下記の『Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO』がオススメです。同じUltimate Earsの商品です。

上記のUE LIVEがカスタムIEMと呼ばれるプロや音楽愛好家向けにカスタマイズができるイヤホンの最高級モデルに対し、こちらのTripleFi 10はUltimate Earsが一般層向けに開発し展開したイヤホンの最高級のモデルです。3つBAドライバー(高音1 /低音2)を持ち、2-way方式です。一般向けのモデルと言ってもこちらのモデルもイヤーモニターに分類されるものです。

歌手のイヤホンイヤモニを使う際の注意点

遮音性が高いため危険

カスタムIEMのようなプロの歌手が使用するようなイヤホンはとても遮音性が高いです。その分没入感も味わえますが、街で聴く際は周りの音が全く聴こえなくなるため、注意が必要です。耳を塞ぎなから道を歩くのと変わらないため、交通量の多い道路や横断歩道などでは車に注意をしましょう。

まとめ

歌手がステージ上でイヤホンを装着しながら歌うのには上記のように自分の音、もしくは楽器の音を聴くためという理由がありました。いくら実力のある歌手でも自分の声が聴こえないと歌えないというのは興味深いですね。たまに歌手がマイク片手に、もう片方の手で耳のイヤホンを押さえながら歌っている時は周りの声が邪魔して、もしくは単に音程やリズムが取りづらくかなり歌いづらそうな瞬間だとも言えます。

紹介したカスタムIMEのような高価なイヤホンは、プロの歌手だけが使用する物ではありません。アマチュアバンドに属している人、オーディオが趣味な人、音楽が好きな人、単に毎日の通勤電車の雑音を気にせず音楽を集中して聴いていたい人…など、最高級の音質を求める音楽好きな人ならオススメなアイテムです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧