BluetoothイヤホンをiPhoneで使用すると音量最小でも大きい理由は??

この記事を執筆するにあたって

Bluetoothのイヤホンはコードレスのイヤホンです。ハンズフリーともいわれ、音楽などの再生機器から音楽データを受信し聞くことが出来るので、ながら作業などにも最適の人気のイヤホンとなっています。しかしながら、このBluetoothのイヤホンでiPhoneを使うと音量が大きくなってしまうことがあります。便利な反面、そのような問題を抱えているBluetoothのイヤホンですが、使い方をマスターすれば快適に使用することも可能です。

Written By アテ ワン

目次

Bluetoothイヤホンをi使用すると音量最小でも大きい

iPhoneユーザーでiPhoneを使って音楽を聴いているひとも多くいるのではないでしょうか。そんな中、iPhoneにBluetoothe対応のイヤホンを接続して、使用しようとすると、突然の大音量に驚いたひとも少なくないはずです。実はこの現象、あなただけに起きているわけではないようです。では、なぜ、iPhoneを使っているとそのような現象がおきるのでしょうか?iPhoneでBluetoothを使っていて音量に驚いている方のために、その原因を探ってみました。

iPhoneでBluetoothイヤホンを使用すると音量が大きいのはなぜ?

iPhoneでBluetoothイヤホンを使用すると突然大音量で音が再生されるという悩みをお持ちの方が実は多く存在するようです。その原因はどうやらイヤホンではなく、iPhoneの仕様にあったようです。その細かい原因と解決策について解説していきましょう。

bluetooth イヤホン 音量 大きい

音量調節の連動

iphoneでBluetoothのイヤホンを使用した場合に音量が大きくなってしまう理由には、iPhoneの仕様の問題があるといわれています。これはちゃんとした研究結果や、iPhoneの公式の発表があったわけではないのですが、ユーザーの使用レビューで多々いわれていることです。
どんな仕様の問題かというとiPhoneでBluetoothを使った場合、iPhoneかBluetoothどちらかの音量を調整すると、両方とも音量が動いてしまうというものです。つまり、iPhoneでBluetoothを使用する場合はそれぞれの音量調整が利かず、連動して1メモリ上げるごとに両方とも音量があがってしまうので、普段ほかの使いかたをしているときよりも大きな音に聞こえてしまうようなのです。

Bluetoothは6%程度の音量が必要

また、iPhoneでは音量の調整が1%刻みで行うことができますが、Bluetoothを使う場合には最低でも6%の音量が必要です。1%刻みで音量を調整していってみた結果、6%まで音を聞き取ることができないということでした。つまり、音量を6%に調整するわけですから、最小音量が12%で使用できるわけです。その後、音量調整を使用する場合は、結果的に1%ずつ上げるごとに音が2%上がっていくわけなので、iPhoneでBluetoothを使った場合に音が大きいと思われる原因のひとつにこの、連動して音が調整されることと、最低でも6%の音量が必要だということがわかりました。

音量調節の連動は接続を切ると解除される

またiPhoneでBluetoothを使用した場合に、最低でも12%の音量で再生されているということがわかりましたが突然Bluetoothの接続を解除した場合どうなるのでしょうか?iPhoneから12%の音量で音が流れるのでしょうか?これについても、実際に試したユーザーの回答をみると、Bluetoothを接続するまえにiPhoneで設定していた音量で音が流れるとのことでしたので、誤って大音量で音を流してしまうといった心配はないようです。

iPhoneでBluetoothイヤホンを使用時音量が大きい場合の対処法

iPhoneでBluetoothイヤホンを使用すると音が大きい問題についてApple社に問い合わせてみたところ、有効な回答を得ることが出来ませんでした。ですので、iPhoneユーザーが紹介している方法をご紹介いたします。

手順①最低音量で使用する

iPhoneでBluetoothを使用した場合、音量が大きすぎる問題について解決する方法はいかなるものがあるでしょうか。実際にこの仕様についての解決方法のもっとも簡単な方法は6%の音量で使用するという方法があげられるそうです。6%でも十分聞き取れますし、それが最小の音量となっていますのでもっとも簡単で実施しやすい解決方法です。

手順②接続後に消音とボリュームアップを繰り返す

最小音で聴いていて、それでも音が大きい場合はBluetoothとの接続後、消音とボリュームアップを繰り返してみましょう。これを繰り返していると、何かの不具合か、実際にメーカー等からの正式な回答は見つけられていませんが、時々1メモリでの再生が可能な場合があるとのことです。是非試してみてください。

iPhoneでBluetoothイヤホン使用時音量の大きさで注意する点

iPhoneでBluetoothイヤホン使用すると、いくつかの問題点があるようです。その際の対応方法をご紹介いたします。

電車などで音漏れが起きる

iPhoneにBluetoothを接続して音楽を聴いていると、最低音量が大きいためか、どうしても音漏れがしてしまいます。この場合の対処法は後述するイヤホンの種類を選択するほうがよいようです。

自動音声調整

iPhoneの音楽再生機能は、曲の録音状況のレベルが異なる場合、均等の音量で再生されるように音量が自動再生されるように設定されています。しかし、この自動調節は楽曲ごとの音量のピークを分析し揃えることで音量を調節する機能のため、時々楽曲の切り替わりの際にその変化に戸惑うユーザーが多いとのこと。

  • 設定
  • ミュージック
  • 音量を自動調節
  • オフ

にすることでその変化を抑えることが出来るようです。

iPhoneでBluetoothイヤホンを使用するには密閉型が無難

PhoneでBluetoothイヤホンを使用する場合には、音量の調節が難しく、密室などで音漏れが気になるものです。そんなときにおすすめしたいのが密室型のイヤホンです。これは、カナル式とも言われ、イヤホンのイヤーチップの先が耳の穴にしっかりとはまり込む用にゴムになっていてつけていても疲れないのが特徴です。

おすすめはBeats by Dr.Dre

Beats by Dr.Dreの密閉型イヤホンは、Bluetooth対応でマグネット式スイッチの使いやすい製品です。左右のイヤーチップは耳の穴に最適の大きさが選べるよう何種類か同梱されていますので付け心地がよいです。また、5分の充電で42分間使用可能というエネルギー効率のよさも魅力的です。是非使ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。iPhoneでBluetoothを使用すると音量が大きくなってしまう問題の大きな原因は。iPhoneで音量を調節するとBluetoothにもその操作が連動されてしまうので音量調節の動作の二倍の音で再生されてしまうからでした。また、Bluetoothは最低でも6%の音でないと聴こえないということもわかり、その結果、最低でも12%の音で再生されることもわかりました。解決方法はAppleに確認をとっても明確な回答を得ることが出来ず、ネットのユーザーのように、「消音とボリュームアップを繰り返す」方法が一番調節がしやすいということもわかりました。音漏れが気になるようでしたら、カナル式というイヤホンを使うと音漏れがせず、快適にBluetoothのイヤホンを使うことが出来ませので、是非試してみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧