イヤホンが故障⁉イヤホンの保証制度は使用できる?

目次

意外と知らない!イヤホンの保証ってどうなってるの?

イヤホン 保証

皆さんはどのようなイヤホンを使っていますか?イヤホンにこだわりを持っている人も多いかもしれません。ではイヤホンの保証についてはちゃんと理解しているでしょうか?
イヤホンは非常にデリケートな機械で消耗品のように壊れてしまうこともあります。そんなイヤホンも保証を利用すると無料で修理・交換が出来るかもしれません。保証について理解して安心してイヤホンを使いたいですね。

イヤホンを購入したら保証を確認しよう!

イヤホン 保証

イヤホンを購入した時、保証について確認しているでしょうか?家電量販店だと独自の1年間無料保証がついていたり、例えばアップルだと1年間の無料保証がついて来ます。ただ、インターネット通販サイトなどで購入したイヤホンにはイヤホンメーカーの半年間保証しか付いていないなど保証期間に差がある場合があるので注意が必要です。

大手家電量販店とインターネット通販サイトのイヤホンの保証期間について紹介するので参考にしてみてください。

  • ビックカメラのイヤホンの保証期間
    返品:8日以内
    初期不良:30日以内
    製品保証期間:1年*3年間の長期保証の製品あり

  • コジマ電気のイヤホンの保証期間
    返品:8日以内
    初期不良:8日以内
    製品保証期間:1年

  • ヤマダ電機のイヤホンの保証期間
    返品:8日以内
    初期不良:8日以内
    製品保証期間:1年

  • アマゾンのイヤホンの保証期間
    返品:30日以内(新品・未開封)
    初期不良:30日以内 *返品期間を過ぎても応じる場合あり
    製品保証期間:1年〜3年

  • ヤフーショッピングのイヤホンの保証期間
    返品:ストア毎に対応が違う
    初期不良:ストア毎に対応が違う
    製品保証期間:ストア毎に対応が違う

  • 楽天のイヤホンの保証期間
    返品:ストア毎に対応が違う
    初期不良:ストア毎に対応が違う
    製品保証期間:1年

イヤホンが壊れた!保証してもらえる場合とは?

イヤホン 保証

イヤホンの片耳から音が聞こえない、イヤホンの線が切れたなどあなたもイヤホンの故障を経験したことがありますよね。イヤホンは消耗品なのでいつかは壊れてしまいます。安いイヤホンなら諦めがつきますが、高価なイヤホンや買ったばかりのイヤホンだと保証で修理を考えますよね。

ただ、イヤホンの修理には保証で対応してもらえるものと、状態によっては保証で対応してもらえない場合があるんです。イヤホンの保証の対応範囲を状況に応じてみて行きましょう。

イヤホンの初期不良

イヤホン 保証

初期不良とは買ってから一定期間内の新品に対する不具合や不良品のことです。製造時のミスや出荷・店頭での破損、製品自体に問題がある場合などが考えられます。

どれくらいの期間なら初期不良と認められるのかについては、店舗やメーカーによって違うので使い始めて「おかしいな?」と感じたらすぐに購入した店舗またはメーカーに確認しましょう。

イヤホンの自然故障

イヤホン 保証

自然故障はイヤホンを取扱説明書通りの使用方法で使っているにも関わらず全ての機能が使えなくなったり機能の一部が使えなくなることです。

保証されるの?
自然故障は保証期間内であれば保証を受ける事ができます。ただし、故障した場所や使用時の状況によっては保証されない場合があるので注意が必要です。

イヤホンの経年劣化

イヤホン 保証

年月の経過によって機能が低下したり故障を引き起こすことです。例えば、イヤホンの耳当てがすり減った、買った当初より音が悪くなってきたなどの場合は経年劣化と判断される場合が多いです。

保証されるの?
経年劣化の場合は、保証期間内でも保証の対象外になる場合が多いといえます。保証が使える場合もあるので、店舗、メーカーに問い合わせてみましょう。

イヤホンの断線

イヤホン 保証

何かに引っかかった、コードを抜く拍子に切れたなどイヤホンの断線を経験された方も多いかもしれません。イヤホンのコードは細く長いので切れやすいですよね。

保証されるの?
コードが完全に切り離されるような断線の場合は保証の対象外となる場合が多いです。保証書などにも保証の対象外と書かれている事が多く、自然故障とは判断してもらえないようです。
一方、コードは繋がっているけれども音が聞こえないなど、内部の断線の場合は保証を受ける事ができる場合があります。いずれにしてもまずは店舗、メーカーに確認してみましょう。

イヤホンの水没

イヤホン 保証

お風呂で使っていたら聞こえなくなった、雨の日に突然聞こえなくなったなど水による故障についてはどうでしょうか。

保証されるの?
水没については状況や故障の程度によって対応が分かれそうです。イヤホン内にびっしり水が詰まっている場合などは保証の対象外ですが、水ではなく他の要因で故障していると判断された場合は保証の対象になる場合もあります。店舗やメーカーに問い合わせましょう。

イヤホンの保証を利用したらイヤホンは新品になるの?

イヤホン 保証

イヤホンの故障で保証が使えると分かり修理に出したとします。メーカーに壊れたイヤホンを送付し、その後の対応はどうなるのでしょうか。メーカーによって対応は違いますが以下のいずれかの対応に分かれます。

  • イヤホンが新品になる
  • イヤホンの修理のみ

どちらの方法を選択するかはメーカーが決めることになります。私たちとしては修理のみだとまた故障が再発する心配もあるので、せっかくなら新品に交換して欲しいですよね。それでは、それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

新品になる場合

イヤホン 保証

壊れたイヤホンを新品に換えてくれる場合、以下の3つのケースが考えられます。

  • 構造が複雑もしくは分解不可能なので新品に交換
  • 廃盤などで交換部品が手に入らないので新品の同等イヤホンに交換
  • メーカーの方針により新品に交換

パッケージに収まった新品に交換してくれると気持ちがいいですね。

修理のみの場合

イヤホン 保証

壊れたイヤホンを修理のみで済ませる場合もあります。壊れたイヤホンを分解して故障した部品を取り替えてくれます。もちろん新品の方が気持ちがいいですが、修理されたイヤホンもきちんと音が出るか確認しているはずですので問題はないでしょう。

イヤホンの保証を使用する際の費用

イヤホン 保証

イヤホンの保証で修理をする際の費用についてはどうなるのでしょうか。保証修理なんだから無料でしょ?と思った人もいるかもしれませんが場合によっては費用がかかる場合があります。どういったケースで費用が発生するのか見てみましょう。

費用

イヤホン 保証

保証を使った修理で費用が発生するケースとして以下の状況が考えられます。

  • 保証対象外の部品(消耗品)の交換を勧められて費用が発生する
    保証対象に含まれるつもりで修理に出しても保証対象外の部品が壊れていて有償修理になるという事があります。あらかじめ壊れた状況、イヤホンの現状などをしっかり伝えてトラブルが起きないようにしましょう。

  • 壊れたイヤホンを送付する送料を自己負担する
    保証はイヤホンの修理のみでイヤホンを送る費用は実費で負担してくださいと言われる場合があります。この場合、保証書などにも明記されている事が多いので送料を負担して修理を依頼するしかありません。

イヤホンの保証書を失くしてしまった!どうすれば良い?

基本的にイヤホンの保証書とレシートが揃っていない場合、保証での修理は受け付けてくれません。インターネット通販サイトで購入した場合は保証書を別途ダウンロードする必要がある場合がある為注意が必要です。メーカーによっては保証書がなくても対応してくれたりする場合もあるので、店舗、メーカーに問い合わせてみましょう。

イヤホンの保証が切れていたら?

イヤホンの保証が切れていた場合、保証対象外となるので自然故障であっても保証での修理は受け付けてもらえません。例外として、リコールなどでメーカーが修理、交換を呼びかけているケースでは保証期間が切れていても対応してもらう事ができます。

まとめ

イヤホンの保証については理解できましたか?イヤホンを購入したらまずは保証期間を確認して、保証書とレシートをしっかりと保存しておきましょう。イヤホンは消耗品なのでいくら高価なイヤホンでもちょっとした不注意や衝撃で壊れてしまう危険があります。保証がついていればお気に入りのイヤホンもしばらく使えそうなので安心ですね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧