テレビのイヤホンジャックにイヤホンを挿したまま音を出す方法!

この記事を執筆するにあたって

多くのテレビにはイヤホンジャックがついています。多くのイヤホンジャックの使い方は、近隣の迷惑にならないようにイヤホンで音を聞くために使います。これのおかげで時間帯や、場所を問わずにさまざまなコンテンツを楽しむことができるのがひとつのメリットですが、同時にいちいちつけたりはずしたりするのが面倒です。イヤホンジャックの音と、テレビの音は調節が別だったりします。しかし、だからといってイヤホンをつけっぱなしにするには故障のリスクがあるのでおすすめできません。なるべくならば使うときだけイヤホンをイヤホンジャックにはめるようにしましょう。また、イヤホンジャックにイヤホンを挿しっぱなしにすることで、イヤホンとテレビのスピーカー同時に楽しむこともできます。これにより、耳の不自由なお年寄りや難聴をもった方も、大勢の人々と一緒に同じコンテンツを鑑賞し楽しむこともできます。ですので、設定の仕方を覚えることでテレビを楽しむシーンが広がりより豊かにテレビをたのしむこともできます。

Written By アテ ワン

目次

テレビのイヤホンジャック

イヤホンジャックにヘッドホンやイヤホンをさして使っているひとも多いと思いますが、イヤホンを抜いたり挿したりして使うのは意外と面倒なものです。たとえばゲームやパソコンの画面などで使うときにイヤホンとヘッドホンをさして使っていて、いざ普通に使おうと思って抜いたら大音量だったりします。もちろん逆もしかりです。この抜き差しの動作がなければ楽なのにと思った人も多いはずです。しかし安心してください。ちゃんとそういう設定があります。ぜひともやり方を覚えてテレビを有効活用しましょう。

テレビ イヤホン ジャック

テレビのイヤホンジャックにイヤホンを挿したままだとどうなるの?

テレビのイヤホンジャックにイヤホンを挿しっぱなしにしたことはあるでしょうか。実は挿しっぱなしにして使っていると楽な反面、当然テレビには負荷がかかり、いくつかのデメリットが存在するのも事実です。そんなテレビのイヤホンジャックにおける挿しっぱなしの問題をいくつか挙げてみましょう。あなたももしかしたら体験したことがあるかも知れませんので注意してみてみましょう。

イヤホンからしか音が出ない

テレビの画面の横にイヤホンジャックがついているのはご存知だと思いますが、このイヤホンジャックはそもそもイヤホンを使うためについていますのでイヤホンジャックに何かを差し込むと音が出なくなってしまいます。基本的なことですし、当たり前です。もしテレビで見たいと思ったときにイヤホンをはずしに行くのが面倒です。間違ってもソファーに座ったまま引っこ抜いてはいけません。

故障の原因にもなる

テレビのイヤホンジャックにイヤホンを長時間挿していたり、過度な抜き差しはやはりイヤホンジャックにとっても負荷になります。時には故障してしまうこともあるようです。イヤホンジャックの抜き差しが嫌なのはどうやらテレビも同じようです。ですので過度な抜き差しは控えるようにして、できれば長時間挿しっぱなしにするのもやめたほうがよさそうです。

テレビのイヤホンジャックにイヤホンを挿したまま音が出せるの?

一見不思議な機能にも思えますが、この機能っていがいとハートフルな機能でもあります。高齢者や、耳に障害をもつ人は、大勢でテレビを見ていても、一人だけその様子がわからなかったりするものです。そんなときに、面白かったり、驚いたり、時には悲しんだりという感動の共有をできない現状があります。しかしもしもテレビのスピーカーとイヤホン同時に音がだせたらどうでしょうか?

メーカーにより出せる場合がある

メーカーや機種によってはそんな誰もが一緒にテレビからの音が楽しめる機能がついています。リモコンなどで音量の設定をいじるだけで簡単にそれらは行えますが、多くの商品がテレビにはありますから、必然的にその設定もさまざまです。いくつか有名な機種に絞って、そのスピーカーとイヤホンの設定を同時に行える方法をお伝えしましょう。簡単なのできっとできるはずです。見ていきましょう。

メーカー別!イヤホンジャックに挿したまま音を出す方法!

では早速メーカーごとにそのイヤホンジャックとスピーカーで同時に音を楽しめる方法をお伝えしていきましょう。今の機種はあまり順番を覚えなくても指示に従えば設定できるようにはなっていますが、意外と盲点だったりする場所もあるので注意してください。

TOSHIBA REGZA


TOSHIBAのREGZAでイヤホンジャックにイヤホンを挿したままで音を聞くには、親切モードという設定をすることで対応することができます。

  • まずは設定を押す。
  • 上下ボタンで「ヘッドホン/音声出力設定」を選び、決定を押す。
  • メニューの中から親切モードを上下ボタンで選び、決定で選択する。
  • テレビのスピーカーとイヤホンの両方から音が流れる。

この方法でTOSHIBAのREGZAはテレビとイヤホンで両方から音が流れるので、イヤホンジャックにイヤホンを挿しっぱなしにしていても、テレビから音を流すことができます。
参考:TOSHIBA

SONY BRAVIA


SONY BRAVIAではホームボタンから上下左右の設定を選択していくことでイヤホンジャックにつないだイヤホンやヘッドホンと、スピーカーの併用が可能になります。その手順をお伝えしましょう。

  • ホームボタンを押しましょう。
  • 画面下部の [設定 ]アイコンを左右のボタンで選択しましょう。
  • 選んだら設定メニューの中から[音質・音声設定]を上下ボタンで選択しましょう。
  • さらにその中から[ヘッドホン使用時設定]を上下ボタンで選択し、決定ボタンを押しましょう。
  • 選んだら最後に[ヘッドホンのみ使用]または[スピーカー・ヘッドホン併用]をがあるので上下ボタンで[スピ  ーカー・ヘッドホン併用]を押しましょう。

SONY BRAVIAはこの方法でテレビとイヤホンジャックのイヤホンの両方から音を流してイヤホンをつけっぱなしのまま私用することができます。ホームボタンを繰り返し押して、元の画面に戻ることができます。
参考:SONY

Panasonic Viera


Panasonic Vieraテレビのスピーカーとイヤホンジャックのイヤホンから同時に音声を出力する設定をするには設定画面から選択することで行えますので手順にそってやっていきましょう。

  • まずはメニューボタンをおしてメニューを開きましょう。
  • 開いたメニューの中から音声調節というボタンを押しましょう。
  • 開いたら、その中から「スピーカーとイヤホン音声の同時出力」を選択しましょう。

Panasonic Vieraには多くの型番がありますが、ほとんどの製品でこの方法が使えます。ですので、この手順にそってイヤホンとヘッドホンをイヤホンジャックにつないでスピーカーと同時に使って生きましょう。
参考:Panasonic

三菱 REAL


三菱 REALの場合は「LCD-50CV6H」の設定が参考になりますので見ていきましょう。同じような手順でイヤホンジャックのイヤホンと一緒にスピーカーが使えます。

  • リモコンから、[メニュー]ボタンを押して、「設定」を選択しましょう。
  • その中から音声設定を選びましょう。選んだらヘッドホン設定を選びましょう。
  • そのメニューのなかから「スピーカー音声同時出力」を探し出してください。
  • 最後に設定を「入」に変えて完了です。

三菱 REALの場合はこの方法でイヤホンとスピーカーを同時に使うことができます。あわてず行えば大丈夫なのでがんばって行っていきましょう。
参考:三菱

日立 Wooo


日立のテレビWoooでも音楽をスピーカーとイヤホンの両方から聴くことができます。以下の手順に沿って行っていきましょう。

  • 日立 Woooで設定する場合はまず上下ボタンでで設定したい項目を選びます。
  • 「各種設定」の「音声設定」画面を表示しましょう。
  • 表示できたら上下ボタンを押し、音声設定の2/2ページを開きましょう。
  • 開いたらその中のヘッドホンモードを選択しましょう。
  • これの2番を選びましょう。

これで日立 Woooはイヤホンジャックのイヤホンとスピーカーの両方から音を聞くことができます。
参考:日立

まとめ

いかがでしたでしょうか。有名機種の設定方法をご説明させていただきました。イヤホンジャックは挿しっぱなしにするとリスクはあるものの、やはり何度も挿したり抜いたりするのは面倒ですよね。そんな方のために、今一度簡単に各機種の設定をまとめましょう。

  • TOSHIBAのREGZA:設定→ヘッドホン/音声出力設定→親切モード
  • SONY BRAVIA:設定→音質・音声設定→ヘッドホン使用時設定→スピーカー・ヘッドホンの併用
  • Panasonic Viera:メニュー→音声調節→スピーカーとイヤホン音声の同時出力
  • 三菱 REAL:メニュー→設定→ヘッドホン設定→スピーカー音声同時出力→入
  • 日立 Wooo:各種設定→音声設定→音声設定の2/2→ヘッドホンモード→2

これらの方法の手順にのっとれば簡単に設定できるので試してみてください。きっとあなたのテレビの使い方にも幅が出て、よりテレビを楽しむことができるに違いありません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
アテ ワン
読者がほしい家電を見つけられるような記事を書いていければと思っています。
2018年8月より参加させて頂いております。家電の魅力が楽しく伝わればと思っております。家電をネットで買うメリットは商品比較が非常に簡単にできる事と、説明書と使用レビューを同時に見ることで使用したときの実感が自宅にいてすぐにわかることです。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧