PS4コントローラーのイヤホンジャックが故障?音が出ない原因とは?

目次

PS4のコントローラについているイヤホンジャックのの正しい使い方を解説します

筆者が初めてPS4を購入した頃にはかなり普及が進んでおり既にその仕様についておおまかな知識があったため、コントローラーにイヤホンを挿しても音が出ないことになんの疑問も抱きませんでしたが、人によっては「PS4のコントローラーにイヤホンを挿したけれど音が出ない!故障かも?」と勘違いしてしまうのはわりと良くある話だと思います。
 

本記事ではPS4のコントローラーにイヤホンを挿してゲーム内の音楽を楽しむための方法や、ホコリなどによる接触不良が原因の時にイヤホンジャックの掃除に使うと便利な道具、本当に故障していた場合、修理に出すのは純正メーカーまたは一般のゲーム機修理業者のどちらが良いかなどをその理由も含めて解説してみたいと思います。 

PS4コントローラーのイヤホンから音が出ない!イヤホンジャックの故障?

一概に故障だとは言えない

PS4の標準設定ではコントローラーのイヤホンジャックにイヤホンを接続しても音が出ません。これは『音声出力機能を無効にしている』という訳ではなく、『PS4のコントローラーであるDUALSHOCK4のイヤホンジャックは本来マイク付きイヤホン(ヘッドセット)でゲーム中にプレイヤー同士が会話をするためのもの』だからです。『ゲームの音声はテレビのスピーカーから』『会話相手の声はコントローラーに接続したイヤホンから』と分けることで、それぞれの音声を聴き分けやすいようにこの様な設定になっているのです。
 

PS4コントローラーのイヤホンジャックから音が出ない場合の対処法

イヤホンの設定を行う(手順)

ですが設定を変更すればコントローラー側のイヤホン端子からもゲーム中の音が出るようになります。
 

(記事内の画像は全て筆者が撮影し加工したものです)
ps4 コントローラー イヤホン ジャック

ps4 コントローラー イヤホン ジャック

ps4 コントローラー イヤホン ジャック

上記写真のようにPS4のメインメニューの右上にある『設定』から『周辺機器』>『オーディオ機器』とたどります。コントローラーにイヤホンを挿していない(あるいは接触不良で認識されていない)場合、下記写真のように設定項目がグレーアウトして設定できない状態になっているので、イヤホンを挿しているのに下記画像の状態になっている場合は、再度イヤホンをジャックに挿し直すか、プラグを左右に回して接触不良を直してみましょう。

ps4 コントローラー イヤホン ジャック

イヤホンが認識されていれば以下の画像のように設定が変更可能になっているので

ps4 コントローラー イヤホン ジャック
『ヘッドホンへの出力』にカーソルを合わせ[○]ボタンで『チャット音声』を『すべての音声』に変更することでイヤホンからゲームの音が聞こえるようになります。

ps4 コントローラー イヤホン ジャック
ただこの設定だとチャットを行う際相手の声が聞きづらくなってしまう点は覚悟しておきましょう。
 
 
あと同じ画面にある『出力機器を自動で切り替える』のチェックが外れている状態だと、上記の設定を済ませた後でもPS4のコントローラーにイヤホンを挿してもコントローラー側から音声が出てくるように切り替わりませんので、「[すべての音声]に切り替えたはずなのにイヤホンをジャックに挿しても音が出てこない!」という場合は同じ手順で設定画面を出して、以下画像の部分のチェックが外れていないかどうかを確認してみましょう。
ps4 コントローラー イヤホン ジャック
 

イヤホンジャックを掃除する

中にホコリやゴミが詰まってイヤホンプラグが差し込めなくなっていたり、接触不良などを起こしている場合はイヤホンジャックを掃除してやると元に戻ることがあります。棒状の歯間ブラシがある場合それを使えばゴミ取りが簡単になりますが、歯間ブラシが無い場合は爪楊枝という手もあります。
 

ps4 コントローラー イヤホン ジャック

爪楊枝の場合は尖った方を使うのではなく、段差のある頭側手前側から少しずつこそぎ取るようにして掃除を行います。歯間ブラシと爪楊枝どちらの場合でもいきなり奥側から取ろうとすると手前側のゴミを奥に押し込んでしまうことがあるので、手前側から少しずつ取るのがコツです。耳かきで耳垢を取るのと同じ要領です。ただ歯間ブラシは芯が金属のものもあるので、くれぐれも掃除の時はコントローラーの電源を間違って入れないよう注意して下さいね。(イヤホンジャック内の短絡による故障の確率は限りなく低いですけれど…念のためです)
 

パソコンやカメラ掃除に使うエアダスターを持っていれば、それでジャック内の細かいホコリを吹き飛ばしたり、接点復活剤などをプラグやジャックに塗布すれば完璧ではあるのですが、なければ無理にする必要はありません。
 

PS4のコントローラーのイヤホンジャックを掃除するために、『歯間ブラシ・エアダスター・接点復活剤・接点復活剤塗布&拭き取り用の細綿棒(工業用綿棒や赤ちゃん綿棒)』を新たに揃えようとすると…それぞれ安いものを買ったとしても以下の通り総額で2,000円前後掛かるでしょう。5~6,000円で新品が買えるPS4のコントローラーの掃除のために2,000円も出費するのは割に合わないという理由からです。

 

PS4コントローラーのイヤホンジャックを直してもらおう

業者に依頼する方法

本来であればPS4の製造・販売元であるSONYに修理依頼をするのが最良なのですが、何らかの理由がありどうしてもSONYに修理依頼が出せない場合は業者に頼むという方法もあります。店頭持ち込みでも、宅配便を使った受け渡し形式でも、修理料金のハッキリ書かれているお店を選ぶようにしましょう。可能であれば故障箇所をハッキリと伝え修理可能であるかどうか、見積もりをしっかり出してくれる業者に依頼するのが良いでしょう。
 

筆者はゲーム機は純正メーカーに修理を依頼するのが一番確実だと思っているので、業者に修理依頼を出したことがないので良い修理業者を提示することはできませんが『修理箇所別の値段が詳細に書かれている』『修理後に一定期間の保証がある』『見積もりをしっかりと出してくれる』業者を選ぶ…というのはゲーム機修理に限らずどんな場合でも有効です。
 

業者に依頼するメリット・デメリット

『純正メーカーに依頼するよりは修理代金を抑えることができる』というのが業者を利用するメリットだと思いますが、ゲーム機に限らず販売しているメーカー以外に修理を出した場合保証が効かなくなります。ですので保証期間内であればゲーム機のメーカー、PS4ならSONYのオンライン修理受付サービスに出した方が賢明です。
 

一般的なゲーム機の修理業者は交換可能な各種ボタン、スティック、タッチパッドなどの交換が可能な部分のみが修理対象であることが多く、イヤホンジャックを基盤から取り外したり付け直しをしてくれるのは非常に稀です。おそらく基盤ごと交換すれば修理自体は可能なのでしょうが、上記部品に比べ基盤の調達コストが掛かるといった理由により『修理対象外』と判断されることもあるかと思われます。
 

近年のゲーム機は精密機器でもあるので、業者に修理に出すのは何らかの理由で純正メーカーに修理を断られた場合の最後の手段程度に考えておくのが良いでしょう。
 

PS4コントローラーのイヤホンジャックの修理費用は?

業者に依頼する場合の費用

先に謝っておきますm(_ _)mごめんなさい。
 

いろいろと探してはみたのですが、やはりゲーム機の修理は携帯機、据え置き機ともに交換可能なパーツ部分がメインで、イヤホンジャックを修理対象と明記している修理業者は見つけることができませんでした。
 

ちなみに…純正メーカーのSONYにPS4のコントローラーを修理依頼を出した場合、故障部分に関わらず一律『4,860円(税込)』となっており、値段から察するに修理箇所を特定するのが難しいので内部の全交換をおこなっている確率が高そうです。DUALSHOCK4の店頭価格が値引きありでだいたい5500円前後なので、イヤホンジャック以外も調子が悪くなっているようでしたら素直に新品を買った方が良いでしょう。
 

買い換えの場合、Amazon.co.jpでのDUALSHOCK4の値段が6,600円を超えていますが、ぼったくり価格(正規価格:税込6,458円)なので、近所のゲーム屋さんあるいはネット通販なら5,700円前後で売っている楽天ブックス楽天ビックJoshin webヨドバシ.comソフマップなどで購入するのがおすすめです。
 

記事参考:SONY PS4 ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)仕様・希望小売価格
 

自動切り替わり画像

まとめ

ゲームのコントローラーはなんだかんだいっても消耗品なので、ゲーマーなら予備の1個ぐらい確保している人が大半でしょう。PS2ぐらいまでならHORIの社外品などの方が連射機能があったりして多機能だったうえに純正より安価だったりしたのですが、PlayStation3以降の無線コントローラーは特許技術などを含んだ精密機器でもあるため純正コントローラー以外で純正と同等の機能を持ったものを期待するのは無理というものでしょう。
 

それはPS4やWiiUのコントローラーも同様で、イヤホンジャックなど全ての機能を余すことなく使いたいのであれば、少々高くても純正コントローラーを買うのがベストな選択肢だと思います。
 

修理に関しても同様で、メーカー以外の業者に修理を出した場合保証が受けられなくなったり、悪い業者に当たった場合更に故障箇所を増やして帰ってきたりという事例が見られたり、それこそ新品のPS4のコントローラーが余裕で買えるぐらいの料金を請求されたりという事態も充分あり得るので、SONY以外のメーカーに修理に出す場合は、業者選定を慎重に行うことをおすすめします。
 

どうしてもメーカー以外の業者に修理依頼をする場合は『明確な料金が示されている、またはしっかりとした見積もりを出してくれる』『修理後に一定期間の保証をしてくれる』業者を選ぶようにしましょう。
 

『広告をいっぱい出している』あるいは『検索サイトの上位に名前が出てくる』業者が常に優良業者とは限りません。深夜に広告をバンバン流していた消費者金融が法律すれすれのグレーゾーン金利を設定していたり、「その過払い金を取り戻します」と大きく広告を出していた法律事務所が業務停止命令を受けたりなど、知名度だけで業者を選ぶのはリスクが大きいことがあるからです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧