【価格重視】おすすめのドラム式洗濯機5選!縦型との違いや安くなるタイミングは?

目次

ドラム式洗濯機の価格について

今回の記事では、ドラム式と縦型、それぞれの仕様からなる洗濯機を購入する際の、おすすめの価格全般に関しての内容が記述をされています。

今から一人暮らしのご検討をされている方、今から一人暮らし向き用の洗濯機を探されている方などにはとてもおすすめな記事内容ですので、ご一読してみる価値は大いにあります。

とくに今回の記事では、一人暮らし向きのそれぞれの洗濯機の型毎による最適な購入相場が記されていますので、そうした面でも中々参考の基準になりますので、中々必見です。

ドラム式洗濯機

ドラム式と縦型の洗濯機はなぜ価格が違う?

理由①:構造面での理由からの価格の違い

ドラム式と縦型、それぞれの型式は基本的な設計構造から異なります。

ドラム式の場合、なるだけ一定量の少ない水量のみの範囲内で洗濯作業全般を終了させていく仕組みになっています。

このため、どうしても高度なコンピューター操作技術や電子系統の仕様などが必要になり、そのため本体価格なども高目になる傾向があります。

これに対して縦型の場合、従来型の人の手洗いに近い仕様である洗濯機能での汚れ落としが可能な洗濯槽の構造が主体となっています。このため頻繁なすすぎでの水の入れ替えなどが必要になります。
しかし、それでも本体構造自体をドラム式の物のように複雑にする必要がありませんので、価格もそれよりも安い傾向があります。

理由②: メーカー毎による価格相場の違い

日立・SHARP・三菱・Panasonic・サンヨーその他、実に様々な洗濯機のメーカーが存在していますが、やはりメーカー毎による価格の設定面での相場が異なる場合もあります。

例えばドラム式洗濯機の場合、東芝のグランシリーズの場合、税込みで1台あたり約25万円台から33万円台前後の価格になりますが、SHARPの全般的なモデルの場合、税込みで約12万円台から24万円台前後になります。それでも東芝の方が購入後の事後保証の充実に力を入れていますので、微妙な感じです。

もちろんこれは、縦型の物の場合でも全く同じような状況であり、東芝の物は税込みで約8万円台から10万円台前後、SHARPの物の場合、税込みで約3万円台から7万円台前後、というそれぞれの相場の違いがあります。

以上のように、メーカー毎による価格相場の面での価格の違いは間違いなくある事が分かります。

理由③: 基本的にドラム式の方が値段が高め

一定量の水量の範囲内での洗濯・乾燥全般を完了させていく仕様設定にドラム式洗濯機がされている事については、もう先に説明した通りです。そのため、本体の大きさ自体も縦型や二槽式仕様のものよりもはるかに大きく、重量も重めな傾向があります。
そうした構造上の事情から、縦型の物よりも値段が高額になる傾向が全体的に日本国内ではあります。

確かにネット通販サイトのページや家電量販店の店頭を見ても、縦型の方がドラム式の物よりも高額な製品が商品として置かれたりしている事もあります。
しかしそうした様子などの場合は、極端にその場にあったドラム式のものが縦型の物よりも小型であったり、縦型のものの方がドラム式よりもはるかに最新式で高性能であったりする場合に限ります。

めったにこのような事はありませんので、全般的にはドラム式の方が高額な値段の価格相場と言える現状があります。

理由④:コストパフォーマンスによる違いもある

今度は、コストパフォーマンス面でのドラム式と縦型との価格の違いの内容になります。

もう既に、以前の東芝とSHARPのドラム式洗濯乾燥機での、価格の違いの例のところで話していますが、東芝の方が値段が高い反面、保証面が充実している点については触れた通りです。

つまり、それだけにSHARPのドラム式の物の方が、コスト面においてはそれ程メンテナンスに必要な面倒さが無く、性能面では優れているようにも思えるところもあります。

しかしその代わり、値段が高額な反面、保証面での充実さがありますので、SHARPでは決して受けられない保証サービス内容がある事は間違いがありません。

このように、コストパフォーマンス面での価格相場の違いはあれど、性能面ではさほど両者は全体的に差が無いと言えます。

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機の価格が安くなるタイミングは?

タイミング①:家電量販店の店頭販売などでの場合

一般的な、家電量販店の各店舗での店頭販売とかで購入をする場合のケースになります。

この場合、そこの家電量販店毎による特定のセールや処分市、バーゲンなどをはじめとする、特別な一定の販売シーズンなどの期間に、通常の価格の相場よりも値段が安くなる事が少なくはありません。
大抵の方が、こうした一定期間の販売シーズンでの安値を見計らい、購入するパターンが多い傾向があります。

やはり、近くの家電量販店のチェーン店舗などで購入をして、その場でドラム式の洗濯機・洗濯乾燥機の本体を直接手にして確かめたい、触りたい、といった、購入希望者本人の方の思いが、一番のその傾向の理由としてあります。

タイミング②:ネット通販サイトなどで購入する場合

この場合、あのAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの大手ネット通販サイトなどが挙げられます。
それらを通じて購入する場合、店頭販売では決して不可能な何らかの形のセールサービスなども存在しお手頃な価格で入手が可能です。

例えば楽天市場の場合、そのまま他の楽天関連のネット上での様々なサービスや、その他のポイント提携をしている事業者がやっているサービスとの連携を通じて、その販売シーズン中にポイントを商品購入の際に、期限付きあるいは永久設定の上で提供をして、通常期よりも安い価格で販売するケースなどです。
このケースなども、ネット通販ならではの大きなメリットです。

また、Amazonなどでは購入後でも通常購入の場合と変わらない購入後においての保証サービスを行っている商品もありますので、こうした個々の商品毎によるサービスも、中々見逃せません。

タイミング③:製造メーカーが運営する販売サイトでの購入の場合

この場合、その洗濯機を開発・生産をしているメーカーが運営をしているサイト上にある販売フォームなどから、ドラム式洗濯機・洗濯乾燥機の本体を購入する場合でのケースになります。
こうした購入でのケースでは、そこの販売フォーム独自の、ネット通販や店頭販売などには無い、大変お得な各種からなるサービスでリーズナブルな価格で手に入ります。

例えば、SHARPの直営サイトの販売フォームでは、商品種類によっては製品本体の保証をその他の購入形態の場合よりも、さらに長い保証期間でのメンテナンスその他のアフターフォローを、一定のセール期間で本体を低価格の価格のうえで販売中にそれを行うなど、とてもお得なサービスをしている事もあります。

その他、メーカー各社毎により直営の販売サイトやフォーム、コーナーなどで、とてもお得な低価格でドラム式の製品本体を販売しながら、その上サービス面での工夫を凝らしている現状が、特に最近はあります。

タイミング④:デパートテナント店やホームセンターなどの店頭の場合

この場合、デパートのテナント店として直接、家電量販店が入っている事も少なくはありません。
しかし、通常の独立店舗型の家電量販店などの形とは異なり、そうした店舗などではやっていない、様々なセールやバーゲンの形がありますので、それらの販売シーズンの形なども見逃せません。

購入の際には、何らかの条件などがある時もあります。
しかし、そこのテナント主であるデパートや百貨店などの事情により、そこでの商品の低い価格での購入が可能になったり、提携をしているクレジットカードやインターネットサービスなどのポイント加算がなされる等々、とてもお得です。

そうした点では似たようなサービスが、ホームセンターの店舗でもある場合がありうます。

例えば、ある大手のスーパーの敷地内などへのテナントとして入っているホームセンターの場合です。
そこのスーパーがやっているポイントサービスや関連サイトでのポイントなどとの連携をしている上に、同サイトの利用者であればさらなる割引によりドラム式製品本体の購入が可能なキャンペーンやセールなども、やっている事もあります。
独立店舗型の同系統のホームセンターの店舗には無い、そうしたサービスもありますので、大いに購入面での利用価値があります。

ドラム式洗濯機

【価格重視】コスパの高いおすすめドラム式洗濯機5選

ドラム式 洗濯機
ここでは全て、2016年以降に市場へ出されたドラム式の製品のみについての記述がなされています。

① 洗濯機名:日立BD-NX120A [ビッグドラムシリーズ]

このドラム式洗濯乾燥機は、去年の10月中旬から発売をされている、2006年から多くのシリーズが生産をされ続けている日立社製のビッグドラムシリーズの1つにあたります。

まだ、このBD-NX120A自体が去年の10月半ばから発売をされたばかりといった新しさのせいもありますが、洗濯と脱水共に、限界で12㎏でありながら消費電力量が980Whといったコスト面での低さが、とても注目が出来ます。

こうした良さはこのビッグドラムシリーズならではの特徴であり、これで実勢の価格が税込みで約17万円台程度ですので、購入面でも中々な低コストな点が、経済的にも良いのは間違いがありません。

価格 : 212532円
総合評価:
コスパ:
機能性:
デザイン:

② 洗濯機名:SHARP プラズマクラスター洗濯乾燥機 コンパクトドラム

ES-S7B-WL

このドラム式洗濯乾燥機は、まだ今年の2月半ばに発売されたばかりの、SHARP社製のモデルの1つです。
洗濯から乾燥までの全体消費電力量が1600Whと、一見すると大変コストパフォーマンスが高いようにも見えます。

しかし、1回あたりの洗濯容量が7㎏、乾燥容量が3.5㎏であり、その上、洗濯水量がなんと56Lという少なさです。
このため、他のメーカー各社が生産・販売をしている通常型であるドラム式製品とは、コスト的には変わりがありません。

それでも、大きさ重量共に、他の種類やメーカーの物よりも小型であり、実勢の価格も税込みで13、14万円台前後ですので、全体的に見てみるとやはり、コスパ面では中々高さがあり、お得な製品です。

画像をクリックするとAmazonに移動します

③ 洗濯機名:パナソニックNA-VX8800L[ドラム式]

洗濯容量が約10㎏、乾燥容量が6㎏であり、洗濯から乾燥までの消費電力が990Wh、そして全体重量が約75㎏程度という、標準の大きさながら、中々コストパフォーマンスが高い、パナソニック社製のドラム式洗濯乾燥機であるNAシリーズの1モデルにあたります。

見た目は他のメーカーの標準製品類と変わりがありませんが、今年の10月1日に発売をされて間もないせいもあり、その分最近の最新技術が採用をされた仕様になっています。
このせいもあり、実勢の価格も税込みで約23万円台前後になり、決して安い値段とは言えません。

それでも、この機種ならではの自動乾燥機内蔵という、槽内清掃の手作業による面倒さも無く、中々手入れもし易い設定構造になっています。
そうした面でも、大変扱い易い上に購入後、大変経済的なコスパ性の高い商品です。


画像をクリックするとAmazonに移動します

④ 洗濯機名:東芝 ドラム式洗濯乾燥機TW-117X6L(T) グレインブラウン

本体の値段である実勢の価格が税込みで約31、32万円台前後の相場ですので、一見すると、誰もが高値に思える東芝社製の商品です。

しかし、その89㎏という重量や1ⅿ近くの高さをはじめとする大きさなどの、それらでの見た目の反面、洗濯容量が10㎏、乾燥容量が7㎏、そして、洗濯から乾燥までの消費電力量がなんと、約690Whといった低さがあります。
それらのコストパフォーマンス面での最良の高さのあり方が、この商品の良さと言えます。

そしてその上で、設置可能防水パンと呼ばれている内部奥行きが520㎜程度のスペースの広さがあり、低コストでの洗濯作業全般を効率よく完了させる事が可能です。

画像をクリックするとAmazonに移動します

⑤ 洗濯機名:日立 ドラム式BD-SG100BL [ビッグドラムシリーズ]

こちらのドラム式洗濯乾燥機は最初の①でも話した、日立社製のビッグドラムシリーズのモデルの1つになります。

性能は先程①で話したBD-NX120A よりも弱干劣る面もありますが、洗濯容量が10㎏、乾燥容量が6㎏で、洗濯から乾燥までの完了時の消費電力量が約970Whですので、こちらのモデルも中々コスパ面に優れた製品と言えます。

本製品も今年の9月半ばに市場に出された最新式の日立社の製品になりますが、これで実勢の価格が、税込みで約21万円前後になりますので、中々お手頃な値段の相場である点が、ありがたい商品です。

ドラム式洗濯機

まとめ

今回はドラム式洗濯機や縦型洗濯機について価格の側面からまとめてみました。

これから、一人暮らしをする方、新たな洗濯機の購入を考えている方に向けて何か一つでも役に立てたならば光栄です。
おすすめしたドラム式洗濯機は、必見ですので、ぜひ一度、家電量販店やAmazonなどで実際に目にしたり、レビューを見てみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small abf2d355 52c0 42ac a71e 233344473e4e
Written By
荒武 裕三
はじめまして!IT関連のライティングとプログラミング(こちらは停止中)の請負業をやっている、シンラ産業の荒武といいます。よろしくお願いいたします!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧