ヘッドホンの持ち歩き方を紹介!おしゃれに持ち歩こう!

この記事を執筆するにあたって

使ってきたヘッドホンの数は20個以上!実用性のあるヘッドホンからおしゃれ用ヘッドホンまで使用してきました!そんなヘッドホンのおすすめを紹介できればと思いますので、ぜひ参考にしてください!

Written By 宮ノシタノ コトリ

目次

ヘッドホンをおしゃれに持ち歩こう!

iPhone ヘッドホン イヤホン

最近では、街中でヘッドホンを使っている人を多く見かけるようになりました。一昔前まではヘッドホンは自宅用などで音楽、映画観賞などに使われ、外出時はコンパクトなイヤホンが主流でした。しかし、最近では、ヘッドホンのデザインも多様な種類が販売され、ヘッドホン自体もファッションアイテムという位置付けになってきています。
特にアニメやアーティストがヘッドホン着用スタイルのファッションをしているから、という理由で手軽にヘッドホンが選ばれる時代になってきています。
そんなヘッドホンをおしゃれに持ち歩くことをテーマに記事を執筆していますので、ぜひ参考にしてみてください!

ヘッドホンを持ち歩こう!持ち運ぶのに最適なヘッドホンは?

ヘッドホン 持ち運び

ヘッドホンを持ち歩くにあたって、快適に過ごせるヘッドホンはどんなものかを解説します。ヘッドホンを選ぶ際の参考にしてみてください。

ワイヤレスヘッドホン

持ち運びで最も便利な種類がワイヤレスヘッドホンでしょう。iPhoneからイヤホンジャックが消え、無線接続が主流となった最近ではBluetooth接続型のヘッドホンがメインアイテムとなっています。コードがないため外の障害物にコードが引っかかる心配もありませんし、コードに引っ張られてヘッドホンが外れてしまう、といったトラブルも起きません。充電しなくてはならない点だけはデメリットですが、それを差し引いてもワイヤレスに慣れてしまうとコード付きには戻れないほどに便利です。

軽量なヘッドホン

次に注意して選びたいポイントは軽量かどうかです。自宅用で使っていた頃のヘッドホンは比較的サイズが大きく、重量もなかなかのヘッドホンが多かったですが、持ち運びするなら軽量であることがかなり大事です。装着する頭や耳への負担も変わりますので、特に長時間の通勤、通学時に使用することを想定しているのであれば、軽量なヘッドホンを選ぶことをおすすめします。

デザインがおしゃれなヘッドホン

おしゃれに持ち歩く、ということがテーマですので、ヘッドホンのデザイン自体もご自身の好みにあったアイテムであるかも選ぶ際の大きなポイントです。自分のお気に入りのヘッドホンであれば、ワクワクしながら外出できること間違いなし!カラーリングや形など、ご自身の好きなデザインであるかどうかを重要視するのも大事なポイントですね!

折りたたみができるヘッドホン

Bluetoothヘッドホン

持ち運びを想定されたヘッドホンには、最近折りたたみができるタイプのヘッドホンも多く販売されています。使用していない場面ではヘッドホンをコンパクトに収納できるようになっているので、通勤・通学時は通常どおり使用して、会社や学校到着した際には折りたたんでカバンに収納、という風に使うことができます。ヘッドホンは形からも収納が難しいのがデメリットですが、折りたたむことでコンパクトにできるので、カバンを圧迫せずに収納ができるのが利点です。

ヘッドホンをおしゃれに持ち運ぶ方法

ヘッドホン 持ち運び

首からかける

ヘッドホンをファッションアイテムとして使う際の最も醍醐味といえる持ち運び方だといえます。首から下げることで、ヘッドホンのデザイン性をファッションに取り入れることができ、音楽を聴きたい時は装着をするだけでいいので非常におすすめの持ち運び方です。1人、目的地に向かう電車の中では音楽を聴くためのアイテムとして使い、街に着いたらヘッドホンを首にかけておしゃれを楽しむ、といった使い方がおすすめです。

ただ、デメリットとしては、終始首にかけていられればいいですが、外さなくてはならなくなった場面で収納場所に困ったり、夏場はヘッドホンの頭部分にあたるクッションと首が当たり、むれて汗をかいてしまうといった点がデメリットになりますね。場合によっては収納用のケースを用意してくのがいいかもしれません。

鞄にかける

大きめのトートバックなどであれば、手提げの持ち手部分に引っ掛けて持ち運ぶのもおしゃれアイテムの一環としておすすめができます。リュックの肩さげ部分に引っ掛けて持ち運ぶのもおしゃれですね!また、自分の体に装備して持ち運ばないので、首にかけている時のような汗かきなどを気にする必要もないです。

デメリットとしては、ヘッドホン自体が他の障害物に引っかかってしまう恐れがある、障害物にぶつかって損傷してしまう可能性がある、といった点です。ヘッドホン自身の寿命を縮めてしまうリスクもありますので、カバンにかける際は十分に持ち運びに注意が必要だといえるでしょう。

ヘッドホンをバックに入れて持ち運ぶ方法

安い ヘッドホン 100円 おすすめ

専用ケースにしまう

持ち運びやコンパクトが売りのヘッドホンの場合、専用の収納ケースがセットにされていることもよくあります。音楽を再生して使用しない場合は、専用の収納ケースに入れ、カバンの中に収納しておくのもおすすめです。特にケースに入れていることでヘッドホンに傷がついたり、破損してしまうなどのリスクも解消できるのでこちらもおすすめできる持ち運び方だと言えます。

キャリーケースを別途購入して使う

ヘッドホン収納ケースは、オリジナルのものだけでなく、他メーカーからも販売されています。付属品の収納ケースはデザインなどもなくシンプルな作りであるものがほとんどですが、収納ケースとして販売されているアイテムの中にはデザイン性が良く、おしゃれに持ち運べるデザインのアイテムもありますので、付属のケースが気に入らなかった場合は、キャリーケースを別途購入して、おしゃれに持ち運ぶのもひとつの手段でしょう。

ヘッドホンを持ち運びの際のケーブルの収納法

ヘッドホン

ヘッドホンは音質も良く見た目のデザイン性も良いため、つい良いところにばかり気を取られてしまいがち。ワイヤレスでないヘッドホンのデメリットはやはりコードの部分。使うときはまだしも、使っていない時もコードが邪魔になってカバンや障害物と引っかかったり、コード自体が絡んでしまうというデメリットもあります。そんなコードを上手に収納しておく方法を紹介します。

コード巻取りホルダーを使用する

ヘッドホンのコードが細いストレートなコードであれば、コード巻きとり用に販売されているホルダーが活躍します。使わない時はコードを専用の巻きとりホルダーに巻きつけて収納しておけば、コードが絡んでしまうといった心配も少なくなりますよ!ただし、コードがぐるぐるしているカールコードのタイプには対応ができないので注意が必要です。

コードが取り外し可能なヘッドホンを選ぶ

ヘッドホンによっては、ヘッドホン本体とコードがジャックで繋がれているタイプのアイテムも存在します。使わない時はヘッドホンからコードを外し、別々に収納しておくことでコードが邪魔になるということもなくなるためおすすめです。購入の際にコードの接続タイプを確認してみることをおすすめします。
デメリットとしては、使用するたびにコードを接続しなくてはならないという手間が発生すること。また、ジャック部分が損傷、汚れてしまうと、ノイズ発生の原因になるという点が難点です。

カールコードにして長さを調節

ヘッドホンに使用されているコードはやや太めのデザインのものも多いです。そのまま使うにはちょっと長くて邪魔…。という方はカールコードにして使用するのもコードを収納しやすいのでおすすめです。

① 長い棒に巻きつける

まずはヘッドホンの短くしたいコード部分を長い棒に巻きつけましょう。できれば棒の直径は1.5cm程度の棒であるのがおすすめです。

② ドライヤーの熱風を当てる

しっかり隙間なく巻きつけたら、その状態を維持しつつドライヤーの熱風を当てていきましょう。アイロンでシワを伸ばす感覚でコードにくるくる巻きつけたクセをつけるイメージです。しっかり満遍なくコードに熱を当てたら、冷めるまで棒に巻きつけた状態を維持してください。

③ 冷めたら棒から外して完成

冷めたら巻きついた状態でコードのゴム部分が形状を記憶してくるくるとカールコードができあがります。

ヘッドホンを持ち歩くのに便利なヘッドホンキャリーケース

Sennheiser Headphone Full Size Hard Carrying Case

大きめのヘッドホンや折りたたみができないヘッドホンを収納する際に便利なキャリーケースです。ヘッドホンは持ち歩きたいけど傷や汚れが付くのは嫌だ、という方にぜひおすすめしたい商品です。持ち手部分も付いているので、使わない場合は手で持ち運ぶ際にも便利なアイテムです。

Bose SoundSport wireless headphones carry case

Boseのヘッドホンを使用している方におすすめできるケースです。Boseというロゴが大きく描かれているので、デザインとしても主張があります。また、カラビナ付きとなっているので、カバンなどに取り付けて持ち運ぶこともできるのでカバンのサイズが小さい場合でも外側につけることで持ち運びが楽に行えますよ!

まとめ

ヘッドホン 持ち運び

おしゃれなデザインも多く販売されるようになり、ヘッドホンもファッションアイテムとしておしゃれに持ち運ぶ時代。首やカバンにかけて持ち運び、音楽を聴くだけでなくファッションとして楽しみつつ、収納する際はケースを使って長持ちさせるように使うのがおすすめです!

これであなたもヘッドホンをおしゃれに使って良い音楽ライフを過ごしましょう!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 0313b369 0625 42c6 8d37 5da72024d7a1
Written By
宮ノシタノ コトリ
圧倒的に質の高いコンテンツを量産できるよう頑張ります。
特に意味もないのに家電屋さんを覗くの楽しいですよね。スピーカー、ヘッドホンやコーヒーメーカー、照明器具にエアコンや掃除機など見てて飽きません。Apple製品にゲームなどの電子機器も好きです。そんな機器たちの紹介ができたらと思い、キーボードを叩きます。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧