東芝の洗濯機の危険なエラーとは?説明書きにないエラーが出たらどうすれば良い?

目次

東芝の洗濯機のエラーにはどんなものがあるのか

東芝 洗濯 機 エラー

2018年現在の東芝の洗濯機はほぼコンピューター化をされていて、昔のように機械式ではなく、とても便利で使いやすくなっていますよね。

当然使っていて部品劣化以外に壊れることはほぼないというのが現状ですが、昔のように機械が壊れるのではなく中のコンピューターが壊れるため、いざエラー表示が出た時にはどうしたらいいのかわかりません。

東芝製の取扱説明書に載っているエラーであればいいのですが、載ってないエラーはどうしましょうか?

今回はそんな東芝の洗濯機のエラーについて紹介します。

説明書きにない東芝洗濯機のエラーとは

E6、E7、ELなど

東芝の場合にはドラム式洗濯機とタテ型洗濯機ではエラーの表示が違いますし、機種によっても同じエラーを表示する記号が違うことがあります。

東芝のタテ型洗濯機の共通のエラーとして表示される記号を紹介します。

①E6 モーター電流異常

これはどういうことかというと、機械というのは常に電流が流れており、よく聞く定格電流という数値で表されています。

車用のインバーターを例にとると、定格電流15Wと書いてあるインバーターでそのワット数を超えるテレビ等(基本20w)をつないで使おうとした時に安全装置が働いて勝手に電源が切れる仕組みになっています。

これは定格電流以上の電流が流れようとした時に安全装置が働き、事故を未然に防ぐために起こる現象です。

この例と同じく、何らかの原因でモーターに本来流れるはずの電流が余計に流れるか、低圧で流れているため東芝製洗濯機においてはこの記号で起こるエラーです。

原因は洗濯機の使い方の問題ではなく、流れる電流をコンピューターが判断し、異常と判断したときに起こるエラーです。

②E7  モーター回転異常

これはE6と同じようなエラーですが、コンピューターがモーターを回転させようとした時に、規定の回転ができなくなった時に東芝製洗濯機に限ってはこの記号で起こるエラーです。

それが規程の回転数より少なく回るのであればまだいいのですが、規程の回転数より多く回っている場合は当然電流も多く流れていますよね。

③E8  モーター電圧異常

これは前に出た電流異常と似たようなものですが、わかりやすく言うと電流を流そうとする力の異常のことです。

つまり本来流れる数値以上に電流が流れるわけですから、コンピューターは異常としてエラー検知しますよね。

④E9  水漏れ異常、水位異常

これは洗濯機の本来水漏れをしてはいけない部分で水漏れしているか、水位異常として水位を検知するセンサーが正常に作動していない場合のエラーです。

⑤EL  内部漏電エラー

洗濯機内部のどこかで漏電が発生している場合に東芝の洗濯機に限ってはこの記号で起こるエラーです。

基本的に漏電はあってはならないものなので、この場合は直ちに使用を中止してコンセントから電源コードを抜くべきです。

火災に直結するため、いち早く修理をする事をおすすめします。

説明書きに無いエラーが東芝製の洗濯機で起こったら?

洗濯機 ごみ取り ごみとり ネット 糸くず フィルタ

発煙・発火の危険性がある

先ほど説明した通り、東芝製の洗濯機のエラーには内部の電流や電圧など電気にに関係しているエラーが多かったですよね。

よくある光景としてはスマホを充電していたり、ゲームを長時間しているとスマホが熱くなることがあります。

これはスマホを直接コンセントから電流をとっておらず、充電器を通して電流をながしているからそこまで大事に至らないわけで、洗濯機自体に本来流れる電流より多く電流が流れているとどうなるでしょうか?

当然発火、発煙の危険性はないとは言えません。

しかも必要な電力も大きく、直接コンセントから電気をとっていますので、取扱説明書にないエラーが出た場合はとりあえず使用は控えましょう。

速やかに修理に出す

洗濯機の場合は大型家電になりますので東芝の場合も他のメーカーの場合も移動の前準備も必要なため修理に持っていくということはほとんどなく、ほぼ訪問での修理となります。

近くの電気屋さんに頼むか、東芝のサービスセンターに依頼をかけて修理に来てもらいましょう。

東芝製洗濯機のEシリーズのエラーの場合は電気系統なので、どうしても使用しないといけない場合はコインランドリーへ持って行くことをおススメします。

東芝洗濯機のエラーの原因

本体側の故障

東芝製洗濯機の場合は説明書にないエラーの場合はほぼ本体の原因と考えていいと思います。普通に使用をしていてコンピューターに故障が起こることはまず考えにくいです。

ただし、説明書に載っているエラーの場合は使い方が原因の場合が多いので、使い方を考え直してみる必要があると思います。

コンセント部分にほこりが溜まっている

コンセントに埃がたまっている場合、コンセントの電気がその埃に引火をして火災の原因になるという事があります。

これは東芝だけに関わらず他のメーカーも同じです。

この症状を防ぐには、定期的に埃の清掃をする事と、コンセントを見ておく事です。

この場合はコンセント側が熱を持つため少なからず黒く変色しているのが多いです。

事前に発見できれば埃がたまって大事になるという事態は回避できます。

湿気

湿気が多い時期になると大気中に水分を多く含んでいるため、洗濯機内部に空気と同時に水分が侵入することがあります。

当然精密機械は水分に弱いので、故障を起こす可能性が高くなります。

可能性としては低いほうですが、水分が洗濯機内部に入ってしまって何らかのエラーを起こすこともあります。

東芝洗濯機がエラーした時の対処法

東芝 洗濯 機 エラー

使用を停止して電源を切る

東芝製洗濯機でとりあえずエラーが出た場合ですが、説明書に書いてあるエラーの場合は説明書に従って対処してください。

説明書にないエラーの場合ですが、一旦電源を切って再度入れなおしてみてください。

電源を入れなおすと治る場合があり、これは精密機械のために、誤作動も少なくありませんので、一時的な誤作動の可能性もあるからです。

それでも再度原因がはっきりしていないエラーが出た場合は、コンセントを抜いて1分間待って再度入れてください。

コンセントから電源を抜く

原因がはっきりしないエラーが出た場合には電源を一度切って再度入れなおすと書きましたが、それでも再度エラーが発生する場合にはコンセントを抜いてください。

そして抜いたまま5分待ってください。

なぜかというとコンセントを抜いて1秒後に入れてもまだ前回の情報が残っていてエラーの改善とはならないからです。

今の家電製品はコンセントから電源を抜いて1分待つことにより一旦リセットがかかるような感覚で覚えてもらっておくといいです。

東芝洗濯機が説明書きにないエラーを出した場合

使用は絶対にしない

説明書にないエラーの場合には東芝製洗濯機の場合は基本的に電気が関係している事なので使用は絶対にしないほうがいいです。

過電流が流れているためのエラーですので、家庭でいう必要以上に電気を使いすぎた場合にブレーカーが落ちたのと同じ現象といえます。

のちに火災や事故の原因に絶対にならないとは言えないので速やかに東芝のサービスセンターに依頼をかけたほうがいいです。

東芝洗濯機のエラーが出た場合の業者依頼方法

パナソニック エアコン 口コミ ユーザー 評判 レビュー 疑問

依頼できる業者

1番確実なのは東芝のメーカーに依頼することでしょう。

これはなぜかというと、当然東芝メーカーそのものに依頼するため部品の供給が安易に出来るので、日程さえ早ければ最短で修理をする事が出来るからです。

もし東芝に部品の在庫があれば修理はすぐに可能で、コンピューターの修理の場合は確実に部品交換の場合が多く、部品が必要不可欠な道具となります。

ただ、東芝は全国の東芝製の家電製品の修理依頼者を相手としているので時期によっては順番待ちになってしまうことが多々あります。

しかも立ち合いの必要もある上、今日や明日の修理というのが難しい場合があり、遅ければ次の週の後半などになってしまうことが多々あります。

もしくは近くの電気屋さんに頼む方法もありますが、東芝製洗濯機の修理用の部品も含め各メーカーの修理用部品というのは常備していません。

今日明日の部品の供給というのが難しくこちらも修理までに時間がかかる場合があります。

どちらにしても即日修理が出来ない場合がほとんどという事です。
東芝に依頼した場合は運よく他の修理が入っていなければ依頼した翌日などに修理が可能な場合もあります。

※東芝の部品保管期間は製造終了してから6年間となっていますので、例えば10年後に故障をしたといっても東芝に部品の在庫がなく修理できない可能性があります。

ただ今の東芝製洗濯機用の代替部品で修理ができる可能性もありますので一概には言えません。

依頼方法

今では電話でも、インターネットのメールでも依頼をかける事が出来るようになっています。

電話でも構いませんが、どちらの場合も必ず洗濯機の型番が必要となりますので、前もって型番、保障期間内か期間外か、エラー内容の3点は控えておくことをおススメします。

メーカーに依頼をかけた場合は依頼した後に日程の返答がきますので、その日に家にいるようにスケジュールを合わせる必要があります。

また、販売店に依頼をかけた場合も同じで、販売店より修理訪問の日程の連絡がありますのでその日に家にいるようにしなければなりません。

修理平均費用

修理を依頼した場合に東芝のメーカーの場合は依頼をかけただけで最低でも4,400円(税抜き)はかかります。

これは出張料金3300円と見積もり料金1000円の総額で、

例えば見積もりに来てもらった場合に修理に30000円かかるといわれた場合、高いので修理をしないといっても”家に来て見積もりをしている”ので最低4400円は取られます。

東芝に依頼をかけて修理にきてもらうだけで最低でも4400円お金がかかるという事です。

※保証期間内であれば当然故意に故障させていない場合は無料です。

まとめ

東芝を含め、各メーカーの洗濯機や冷蔵庫などの大型家電は非常に精密なコンピューターでできているので故障は起こりにくい分、故障したらなかなか自分では治せないものです。

説明書にない東芝製洗濯機のエラーもその1つです。

昔の家電は何十年も持ったけれども最近の家電は数年しか持たないと昔の人はよく言いますが、これは昔の家電より今の家電が昔の家電より精密に出来ているからだと思います。

しかしその分今の家電はいろいろと私たちの生活に見合った便利に過ごせる機能を備えていることは間違いありません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
IDE です
もともと店舗で家電の販売を行っていました。
家電に関してお客様から聞かれることは多々あります。こちらが準備していない質問もあります。 その際調べて自分の知識として蓄えられるようになりました。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧