おすすめのイヤホンメーカー17社を徹底比較!それぞれの特徴は?

目次

おすすめのイヤホンメーカーはどんなメーカー??

今回はオススメのイヤホンメーカーをいくつか紹介したいと思います。メーカーごとに音の傾向があるということはあまり知られていない事実です。これを知っておくと家電量販店などでイヤホンを選ぶ際に非常に楽になりますし、失敗することも減ると思います。また、今回紹介するイヤホンメーカーの中でもおすすめのイヤホンもいくつか紹介しております。詳しく書くことを心がけていますが、今回の紹介文を読んで、気になったメーカーのイヤホンがありましたら、実際にお店に足を運んで、是非その音を堪能してみてください!

おすすめできるイヤホンメーカーとは?

soundPEATS

soundPEATSのイヤホンは最近は通販サイトなどでよく見掛けますね。
後述の「低価格帯イヤホンに強みがあるメーカー」としてもご紹介していますが、soudPEATSの特徴である低価格なBluetoothイヤホンの製品群は他メーカーを圧倒しています。
そんなsoundPEATSの最新の売れ筋イヤホンを一つご紹介させて頂きます。

【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Bluetooth イヤホン 高音質 [メーカー1年保証] 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン IP66防塵防水 ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン (ブラック)画像をクリックするとAmazonに移動します

soundPEATS Q30というイヤホンです。

筆者はこちらのイヤホンを愛用しているのですが、
3,000円程度の超低価格ながらその価格からは想像も出来ないほどの低音を鳴らしてくれます。
後述しますが他にもより高音質なイヤホンを所有しているにも関わらず、Bluetoothの便利さとある種壊れてしまっても仕方無しと思えるくらいのコストパフォーマンスからこのsoundPEATS Q30を持ち出す機会が最も多いです。
高級過ぎるがゆえに扱いに気を使い過ぎて外に持ち出すのをためらってしまうようではイヤホンそのものの役割を果たせませんからね。

このQ30は、後述でおすすめとしてご紹介しているQ12と言うイヤホンの実質後継イヤホンなのですが、Q12もそのコストパフォーマンスの高さから未だに売れ続けている大ヒットモデルとなっており、soundPEATSのイヤホンがいかに人気があるか伺えます。

shure

こちらも後述の各項目で細かくご紹介していますが、特にshureのSE215というイヤホンは音楽プレイヤーやスマートフォン付属のイヤホンから更なる高音質を求めてステップアップされる際のひとつのベンチマークとなる、言わばザ・高音質イヤホンの入門機であり、ある意味ではゴールともなり得る逸品です。
実はこちらが筆者のもうひとつの愛用イヤホンなんです。

このSE215以外にも下位モデルであるSE112は実勢価格5,000円以下ながら、クラスを超える低音域の表現力を持ち、ワンランク上のSE315はSE215とはドライバーの違いから単純なランク違いではなく全く方向性の違う音作りとなっています。

価格 : 4620円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

更にツーランク上のSE425においてはまるでアーティストのレコーディングブースの目の前で聴いているかのような、ある種全く味付けのなされていないフラットかつネイティブなバランスのリスニング体験をさせてくれます。

SHURE イヤホン SEシリーズ SE425 カナル型 高遮音性 クリアー SE425-CL-J 【国内正規品】画像をクリックするとAmazonに移動します

そう、shureのイヤホンにはいわゆるハズレモデルが無いのです。
もちろん筆者の経験上からと言う狭い範囲ではありますが、高音質イヤホンを欲しい!と思われている方にはまずおすすめしたいメーカーです。
「音質の違いに気付く自信はないよ!」
という方でも恐らくほとんどの方に音楽プレイヤーやスマートフォン付属のイヤホンのそれとは明らかに違うことを実感してもらえるのではないでしょうか?

おすすめできないイヤホンメーカーとは?

エレコム

正直なところ特段おすすめできないイヤホンメーカーって無いんです。
強いて言えば100均イヤホンなどは価格なりの音質と耐久性ですが、購入される方もそこは承知の上で買われてると思いますので、ある意味ではコストと品質のバランスは保たれたイヤホンであるとも言えます。
そんな中、筆者が強いて挙げるとするならばエレコムです。
多くの方がご存知かとは思いますが、エレコムはもともとはパソコン周辺機器メーカーです。
国内でもBUFFALO、IO・DATEと並びPC周辺機器サプライヤーとして確固たる地位とシェアを有しています。
そんなエレコムですが、意外にも実は音楽リスニング向けのイヤホンを販売しています。
家電量販店などでは試聴コーナーもあったりしますのでご興味のある方は是非お試し頂ければと思います。

ではそんなエレコム製イヤホンのどこがおすすめできないか?と言うと、

・大手ならではの優等生スペック過ぎて非はないが優もない

この一点に尽きます。
当然ながらこれは優劣の表裏一体で、非がないと言うことは万人におすすめ出来るイヤホンであるとも言えます。
しかし、人におすすめする時に
「エレコムのイヤホンは良いよ!」
とは伝えないと思うのです。
恐らく
「エレコムの◯◯ってイヤホンが良いよ!」
とおすすめするのではないでしょうか?
個人差はあるかもしれませんが筆者でしたら後者のおすすめの仕方をします。

すると、とてもバランスのとれた平均点的なイヤホンは人にはおすすめしなくなるわけです。
裏を返すとつまり、より多くの人にとって平均値、あるいは平均値をやや超えるバランスの取れたイヤホンは特筆する付加価値や絶対的な尖った特徴がないのでおすすめとして挙げづらいと言う非常に残念な側面を持ってしまうのです。

筆者は決してエレコムのイヤホンが悪いとは思いません。
しかしながら他メーカーと比較した時に特筆出来るような個性が薄いのもまた事実かと思います。

低価格帯イヤホンに強みがあるメーカー

TaoTronicsの紹介、TaoTronics製のイヤホンの紹介

おすすめイヤホンメーカー
TaoTronicsは2008年から本格的に始動したニューカマーのメーカーです。イヤホンだけでなく、加湿器やカメラレンズキットなど幅広い商品を取り扱っています。イヤホンを含め、TaoTronicsの商品は比較的リーズナブルであるにも関わらず、その価格に見合わないハイクオリティーな商品が数多くあります。たとえば、おすすめのイヤホンの一例を挙げますと、TT-BH07 Bluetooth 4.1ステレオイヤホンは非常にリーズナブルなBluetoothのイヤホンで解像度が高く、非常に音の良いイヤホンとして世間の注目を集めました。TT-BH07は2016年11月21日に発売され、価格はおよそ\3,000くらいで、これまでのBluetoothイヤホンの価格が安くても\5,000くらいだったので、Bluetoothイヤホン業界に新たな旋風を巻き起こしました

価格 : 3930円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

QCYの紹介、QCY製のイヤホンの紹介

平均年齢26歳、100人以上のチームから構成される Dongguan Hele Electronics によって展開されているイヤホンで、わずか数年で Bluetoothイヤホン市場の高いシェアを獲得し、QCYブランドを市場に定着させることに成功した数少ない企業です。音の傾向はダイナミックであり、リズム感のある重低音域と、リスニングが楽しくなる派手めな音を聴くことができます。販売手法を絞り込むことで、イヤホン本体の価格を下げ、格安イヤホンの選択肢を増やしました。

価格 : 2890円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

SoundPEATSの紹介、SoundPEATS製のイヤホンの紹介

こちらも格安イヤホンのパイオニアの一企業で、Bluetoothイヤホンが中でも有名です。格安であるのにも関わらず、ほかの格安イヤホンメーカーと比較してaptX高音質コーデック対応・CVC6.0ノイズキャンセリング技術搭載など、格安イヤホンに高品質な付加価値を増やしていることが特徴的です。

価格 : 4800円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

高価格帯の高級イヤホンに強みがあるメーカー

Shureの紹介、Shure製のイヤホンの紹介

おすすめイヤホンメーカー

Shureは古くから多くのアーティストのモニターイヤホンを手掛けてきた実力派の海外メーカーです。「shureがけ」という言葉がつくられたように、ケーブルを耳の裏側に回すことで、イヤホン本体の重さを分散させ快適性を向上させました。このイヤホンの装着方法にならい、多くのメーカーがこれに追随しました。音の傾向は重低音が非常に特徴的で、身体の奥まで届くような感じがします。ステージ用のイヤホンを作り続けてきたこともあり、耳への装着感はとても高く、激しい動きをしても耳から外れないほどの固定力を兼ね備えています。

価格 : 11352円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

Beatsの紹介、Beats製のイヤホンの紹介

Beatsはデザイン性に優れたイヤホン&ヘッドホンメーカーでどちらというとヘッドホンの方が知名度があります。Appleなどとコラボレーションをしたり、販売戦略も卓越しており、今人気のメーカーです。音質に関してはほかの高級イヤホンメーカーよりは若干劣っている印象がありましたが、最近は音質にも力を入れています。特徴としてはカラーバリエーションも豊富で、高級イヤホンにしてはめずらしい豊富な選択肢をユーザーに提供しています。音に関しては、若干解像度が低い感じがしますが、全体のバランスがとてもいいので、聴き疲れしないようになっています。

価格 : 12628円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

BOSEの紹介、BOSE製のイヤホンの紹介

BOSEもイヤホン業界では老舗のような立ち位置にいるオーディオメーカーです。ヘッドホンやスピーカーを得意としてきましたが、最近のトレンドなどもしっかり汲み取り、直近のニュースとしては2017年下期に左右独立型イヤホンも発売しました。現在、かなりの注目を集めている商品です。音質に関してはほかの高級イヤホンが高音域や中域、重低音域それぞれのバランスを意識しているのと比較して、重低音域に重点を置いた音作りをしています。BOSEの重低音域はただただズンズンドンドン鳴らすだけではなく、深みのあるリスニングしていて心地よい音に仕上がっています。この音を求めてBOSEの商品を選び続ける客層も多いです。

価格 : 34560円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

様々な価格帯のイヤホンを出しているメーカー

JVCの紹介、JVC製のイヤホンの紹介

JVCのイヤホンはこれまであまりオーディオ業界で注目されてきませんでしたが、近年注目されるようになりました。それは左右独立型イヤホンの発表がきっかけとなっています。JVCはイヤホンなどのオーディオ製品だけでなく、さまざまな商品を開発してきた伝統あるメーカーです。なので、幅広いジャンルにおける技術を併せ持っているので、トレンドに乗って発表される商品を調べてみると、その完成度に驚くことが少なくありません。先ほど述べた左右独立型イヤホンの特徴を述べますと、まだまだ左右独立型イヤホンは開発途上であるのにも関わらず、他社製品よりも充電の持ちが良かったり、音質にも妥協がありません。このような細かい努力が信頼につながっているのかもしれません。

価格 : 1833円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

Audio Technicaの紹介、Audio Technica製のイヤホンの紹介

非常に知名度の高いオーディオメーカーです。オーディオテクニカの一番の特徴は、リスニングの楽しさを再認識させてくれるところにあります。イヤホンに関しても振れ幅の大きい商品を数々発表してきました。たとえば、重低音域に特化したBASSシリーズ、また高音域に重点を置いた真鍮を素材として開発されたイヤホンなど、どのイヤホンやヘッドホンにも何らかのコンセプトがあり、メッセージ性を感じます。

価格 : 2311円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

Zero Audioの紹介、Zero Audio製のイヤホンの紹介

Zero Audioはあまりオーディオに詳しくない方は知らないかと思いますが、実は創業1957年7月とかなり歴史のあるメーカーです。特徴としては、デザインに独自性があり、おしゃれなイヤホンが多いイメージが定着しています。

価格 : 3430円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

SONYの紹介、SONY製のイヤホンの紹介

おすすめイヤホンメーカー

SONYに関しては、もはや説明が要らないくらいの知名度があるメーカーです。SONYが提供するイヤホンの特徴は「価格に見合った音をしっかりと提供してくれる」という点に尽きます。格安のものから高級なものまで、そのどれもが高いコストパフォーマンスを発揮しています。どのイヤホンを買ったらいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。それもそのはず、イヤホンやヘッドホンはほかのジャンルの商品と比較してバリエーションが豊富すぎます。そのような方は、SONYの商品を選んでおけば間違いないと言っても過言ではないかもしれません。

価格 : 1236円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ONKYOの紹介、ONKYO製のイヤホンの紹介

おすすめイヤホンメーカー
ONKYOは解像度にこだわったイヤホンを作っています。ONKYOのイヤホンを使用していると、「あ、こんな楽器も鳴っていたんだ」と気付かされることが少なくありません。確固たる実力を持った数字を意識したオーディオメーカーであると私は考えています。音楽の輪郭がはっきりし、陰と陽のコントラストが明確なイメージが頭に浮かんでくるようなメロディーを奏でてくれます。

価格 : 12800円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

Bluetoothやワイヤレス等、機能性に強みのあるおすすめイヤホンメーカー

B&O play

恐らくあまり聞きなれないメーカーだと思いますがここではB&O playをご紹介します。
このB&O playは高品質なBluetoothイヤホンやBluetoothスピーカーが主力の家電メーカーです。
どちらかと言うとデザインに重きを置いた製品が売りのB&Oですがイヤホンの音質もなかなか素晴らしいのです。

その中でもおすすめのイヤホンが

B&O Play 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 NFMI AAC対応 リモコン・マイク付き 通話可能 ブラック(Black) Beoplay E8 Black by Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン) 【国内正規品】画像をクリックするとAmazonに移動します

このBeoplay E8です。
実勢価格こそ29,000円台とやや高価なイヤホンではありますが、このBeoplay E8は左右独立型のBluetoothイヤホンとは思えない解像感タップリの音を鳴らしてくれるのです。
なかなかBluetoothイヤホンでは有線に対して音質のアドバンテージは得られづらく、また左右独立型ともなると接続が悪かったりするものも多々あるのが現状なのですが、このBeoplay E8は左右接続の安定感が抜群なんです。
音楽プレイヤー本体とイヤホンとがワイヤレスというだけでなく、イヤホンの左右もワイヤレスだと、例えば服やバッグに引っかかって耳から外れてしまったり、ジョギングなどの運動の際にもイヤホンの存在を意識することなく好きな音楽を楽しめます。

音質の傾向としては中〜高音域よりの音作りとなっていて、やや低音域が弱めです。
とは言え、余程の低音がズンズン響くイヤホンがお好みの方でなければ多くの方が大満足されるであろう味付けだと思います。

最近一気に増えた感のある左右独立型Bluetoothイヤホンですが、このBeoplay E8以上の音質と価格のバランスの取れたイヤホンはそうそう出てこないんじゃないかな?と思える製品です。

重低音に強みのあるおすすめイヤホンメーカー

SENNHEISER

重低音に定評のあるメーカーと言うとshureやBOSEを挙げられる方も多いと思いますが、筆者は敢えてこの
SENNHEISERをおすすめしたいと思います。
SENNHEISERはドイツの老舗イヤホンメーカーです。
そのSENNHEISERのイヤホンラインナップの中でも非常に高い人気を誇っていたIE8と言うイヤホンの血統を受け継ぐ最新モデルが昨年発売されました。

ゼンハイザー カナル型イヤホン 耳かけ式/低音域調整機能 【国内正規品】 IE 80 S画像をクリックするとAmazonに移動します

このIE80SはこれまでのIE8やIE80と比べると明らかに解像感が増しています。
もちろんSENNHEISERイヤホン群の特徴である際立った重低音はそのままです。
IE80Sはイヤホンファンでない方から見るとかなり高級なイヤホンと感じられるかと思いますが、SENNHEISERのイヤホンは下位モデルから上位モデルまで重低音に重きを置いた一貫した音作りが特徴です。
ですので重低音が響くイヤホンがお好きな方でしたらSENNHEISERのイヤホンを是非一度お試し頂く事をおすすめします。

デザイン性に優れたおすすめイヤホンメーカー

RHA

RHAは2011年に創業したばかりのスコットランドのイヤホン専門メーカーです。
RHAのおすすめのイヤホンはこちらです。

RHA MA750 ハイエンドイヤホン カナル型/ハイレゾ対応/Complyイヤーチップ付属/3年保証 270559【国内正規品】画像をクリックするとAmazonに移動します

このMA750、シンプルながら高級感溢れるデザインで、男女問わずにおすすめしたいイヤホンです。
ゴテゴテしておらずかと言って無骨過ぎず、デザインの美しさと括ると音質云々以上に人それぞれの好みは分かれるとは思いますが、このMA750のシンプルかつエレガントなデザインは街中で見掛けたらきっと多くの方が美しいと思ってもらえるのではないでしょうか?
デザイン自体がシンプルですのでカジュアルな服装にも、スーツルックにもとても合わせやすいと思います。

また肝心の音質も折紙付きで、お手頃な高音質イヤホンの入門機としても非常に高い評価を得ています。

壊れにくくて断線しにくい耐久性を誇るおすすめイヤホンメーカー

PHILIPS

イヤホンの断線はその多くがイヤホン本体とケーブルとの付け根部分で起こります。
ですのでこの付け根部分のケーブルが太くなっていたり補強されているイヤホンは相対的に壊れにくいと言えるかと思います。
その観点から筆者はPHILIPSをおすすめします。
PHILIPSのイヤホンは家電量販店などでも広く見掛けますので、出先でいざという時のリカバリー性も高いと言えます。
ですので壊れにくいことも大切ですが、壊れてもすぐ代わりになるものが手に入ると言う事もある意味では性能のひとつと言えるのではないでしょうか?

そんなPHILIPSのおすすめイヤホンはこちらのモデルです。

価格 : 18132円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

このSHE9700はなんと実勢価格2,000円台前半と言う破格ながら音楽プレイヤーやスマートフォン付属のイヤホンを確実に上回る音質が魅力の人気モデルです。

オリジナリティの高いおすすめイヤホンメーカー

Anker

Ankerはモバイルバッテリーなどを主力製品とするメーカーです。
そんなAnkerですがイヤホンやBluetoothスピーカーにも力を入れていて、特に今おすすめしたいのがこのZolo Libertyです。

Zolo Liberty (Bluetooth 4.2 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大24時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格】(ブラック)画像をクリックするとAmazonに移動します

Zolo Libertyは左右独立型のBluetoothイヤホンなのですが特筆すべきはその超時間再生能力です。
フル充電のイヤホン単体で約3.5時間、そして充電機能付きのケースを持ち運ぶことでなんと24時間の再生能力を発揮するのです。
流石はモバイルバッテリーメーカーです。

さらにはセールスポイントの一つでもあるPUSH AND GO機能により、充電ケースに入れるとBluetoothを解除し、ケースから取り出すと再び自動でペアリングしてくれます。
Bluetoothイヤホンなありがちなペアリングの煩わしさを解消した非常に扱いやすいイヤホンと言えます。

音質は特段低音から高音までどこかに寄る感じではなく、非常にフラットで高音質です。
音にクリア感がありますのでそれほど耳へのストレスもなく、疲れを感じづらいのではないでしょうか。
ケース込みでの連続再生24時間と言うバッテリースペックと非常に相性の良い音作りで、なかなかのオリジナリティであると言えるかと思います。

【コラム】「三角」と呼ばれるイヤホンメーカーとは一体何?

ところで皆さん、イヤホンファンから「三角」と呼ばれるメーカーをご存知でしょうか?

「三角」から連想されるもの…
ロゴマーク…
そう、オーディオテクニカの事なんです。
オーディオテクニカは日本の音響機器メーカーなのですが、中国や台湾にも工場を持っておりあちらでも人気の高いメーカーです。
あちらでは「鐵三角」と呼ばれているとか。

そんな多くのイヤホンファンから愛されるオーディオテクニカですが、近年では回転寿司用の寿司製造機も作っていて、実はそちらでもトップシェアメーカーなんです。
肝心のイヤホンに置いてもBCNランキングで7年連続国内シェア1位と、まさに日本を代表する音響機器メーカーであることが伺えます。

ここで紹介できていないイヤホンメーカーも無数にあることに注意

おすすめ イヤホンメーカー

ここまで様々なイヤホンメーカーをご紹介してきましたが、この記事で取り上げられているイヤホンメーカーはほんの一部に過ぎません。
イヤホンメーカーは国内外合わせて100社を超え、近年のBluetoothイヤホンなどの需要増と高音質を求めるニーズを受け、増加傾向にあります。
中にはOEM販売のみで、自社生産をしていないと思われる格安イヤホンメーカーもあるようですが、またその全てが悪いとも言えません。
ですが我々日本人は音質や品質はもちろんのこと、アフターフォローもしっかりとしているメーカーを選ぶ傾向があることもまた一理で、出来ることならその方が安心して購入出来るのもまた事実です。

先述の通り、メーカー自体も増加傾向にあることから本記事の執筆時にはお伝え出来ていないメーカーも出てくることでしょう。
そして本記事で触れることの出来ていないメーカーのイヤホンの中に、もしかしたらあなたにぴったりのイヤホンが隠れているかもしれないという可能性も多々あります。
まるで音質のそれを語るようではありますが、より多くの方に、極力偏ることなくイヤホンメーカーと製品をご紹介したつもりではありますが、最終的にご判断されるのはあなたご自身です。
本記事が少しでもこれからイヤホンを購入される方のご参考になれれば幸いです。

おすすめのイヤホンメーカー まとめ

いかがでしたでしょうか。今回紹介したメーカーはどれも確かな技術力を持った実力派です。しかし、やはり音作りの傾向はかなり違ってくるので、自分の好みにあった音、デザインを模索していく必要があります。イヤホンやヘッドホンに関しては、是非店頭に足を運んでみてそのメーカーによる違いについても意識しながら試してみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20180122142521
Written By
タカオ マサユキ
appleプロダクツ好きガジェット好きな80'sライターです。
appleプロダクツ好きガジェット好きな80'sライターです。 そのくせ毛筆やフィルムカメラ遍歴持ちのアナログ思考で守備範囲は広めですが定位置はお布団。 ご贔屓のほど何卒。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事