イヤホンが耳から合わない、、イヤホンが耳に悪い影響を与えないためにできること

目次

イヤホンが耳に合わない?

音楽を聴く上で欠かせない『イヤホン』を使用している人は多いのではないでしょうか?

ですが、よくイヤホンが耳から外れるという人も多く、普通にしていれば外れないけど横を向いた時など少し動くだけでイヤホンが耳から外れるといった人も多く居るのではないでしょうか?

仕方がないからそのまま使用している人もいれば、合わないからすぐ捨てる人、様々な人が居ますが、イヤホンを買い直す事無く、イヤホンを捨てる事無く、イヤホンが耳から外れないようにする事ができます。

この記事では、イヤホンが耳から外れてしまう原因やイヤホンが耳から外れる場合の対処法、などを紹介します。

イヤホンが耳から外れる!原因は?

イヤホン 耳

サイズが合っていない

イヤホンが耳から外れてしまう原因として一番多いのが、『イヤーピースのサイズ』があります。

イヤーピースだけでなくイヤホン自体のサイズが耳に合っていない場合もありますが、少し高めのイヤホンやお気に入りのイヤホンを買ったにもかかわらず、音に違和感がある・求めてる音じゃない・イヤホンが耳から外れるといった場合に、すぐに捨ててしまうという人が居るのではないでしょうか?

ですが、イヤーピースを変えるだけで音質は変わります。

イヤホンが耳から外れてしまう場合には、まずイヤーピースのサイズを変更するとイヤホンが耳から外れる事は無くなるでしょう。

ただ、イヤホンが耳から外れる場合にイヤーピースを交換する事で絶対に耳から外れる事が無くなるという訳ではなく、殆どのイヤーピースはS,M,Lとなっているため、人によっては合わないサイズがあるという事を覚えておいてください。

イヤホンが耳に合っていない時はスライダー法を!

イヤホン 耳

スライダーのやり方

イヤホンが耳から外れてしまう場合に、スライダーを使用すると外れなくなく場合があります。

スライダーとは、イヤホンコードの分岐を調節する事の出来るパーツで、スライダーを使用する事によりイヤホンの絡まりを防ぐというメリットもあります。

このスライダーはSHURE掛けに対してより効果的で、イヤホンを装着しスライダーを顎の下ぐらいまで移動させてコードを動きにくくする事で、イヤホンが耳から外れてしまうという状態を無くす事ができます。

イヤホンにスタビライザーを付けて耳に装着しよう!

イヤホン 耳

スタビライザーとは、過度の揺らぎを防ぎ、安定させるための装具です。

メーカーなどで形が異なりますが、角のような形をしているものがスタビライザーといいます。

こちらは、iPhone付属のイヤホンで使用できるスタビライザーです。

イヤホンを購入するとイヤーピースなどと一緒に付属で入っているメーカーもありますが、イヤホン購入するとスタビライザーが付属で入っているという事は少ないため、認知度も低いと言えるでしょう。

ともあれ、イヤホンが耳から外れてしまう場合にはスタビライザーを使用すると耳に固定される感じでイヤホンが支えられ、動いても落ちにくいようにする事ができます。

ですが、カナル型はもちろんiPhone付属イヤホンのインナーイヤー型でもスタビライザーを使用する事はできるのですが、どのイヤホンでもスタビライザーを使用できるという訳ではなく、中にはスタビライザーを使用できないイヤホンもあります。

スタビライザーの装着手順

スタビライザーの装着方法ですが、人それぞれ耳の形状が異なるため、スタビライザーの装着は難しく、スタビライザーを付けると違和感がある・スタビライザーがフィットしていないから痛いといった場合もあります。

  • イヤーピースを取り合外し、スタビライザーをイヤホンに装着します。

  • スタビライザーは、尖っている部分を耳の溝に引っ掛けるように装着するため、イヤホンを耳に装着する時にスタビライザーが後ろを向くのではなく前を向くようイヤホンにつけて下さい。

スタビライザーはイヤーピースのようにサイズを選べる場合があるので、自分の耳にあったサイズを選ぶと簡単に装着でき、耳も痛くなりません。

ですが、イヤホンが耳から外れるからといって必ずスタビライザーを装着しないといけないという訳ではなく、耳の形状によってはスタビライザーが合わない人もいるため、イヤホンが耳から外れてしまう人はスタビライザーを使うという選択肢があるという事を覚えておいてくださいね。

それでも耳からイヤホンが外れる!

イヤホン 耳

スライダーやスタビライザーをしてもイヤホンが耳から外れてしまうという人は、イヤホンの装着方法を見直してみる事をおススメします。

イヤホンの装着方法で多くの人がただ耳に入れているだけ・耳にイヤホンを置いているだけといった装着をしており、これだとイヤホンが耳から外れてしまうのは当然と言えるでしょう。

イヤホンが耳から外れてしまわないように、イヤホンを安定させる事が一番重要といえ、イヤホンが耳から外れにくい装着方法が『SHURE掛け』という装着方法です。

SHURE掛けとは、SHURE社が販売しているイヤホンが耳掛け式を推奨しているため『SHURE掛け』と言われています。

  • イヤホンのコードを耳の後ろから耳の上に持っていきます。手を放すとコードが耳に乗りイヤホンがぶら下がっている状態になります。

  • イヤホンを耳に入れて、コードの形を整えたり、軽く引っ張って固定されているかの確認をして完了です。

ただ、カナル型イヤホンであればSHURE掛けができるものが多いのですが、iPhone付属のイヤホンなどのインナーイヤー型の場合、SHURE掛けは難しいと言えるでしょう。

また、骨伝導イヤホンと言う耳に入れずに耳を挟むような形のイヤホンがあり、上手くイヤホンが耳にフィットしない・何をしてもイヤホンが耳から外れてしまうという人は骨伝導イヤホンを使用する事をおススメします。

イヤーピースを変えよう

イヤホン 耳

イヤーピースの選び方

せっかく買ったイヤホン、捨てるなんてもったいない!

イヤーピースをちゃんと選ぶことで耳から外れるなんて事は無くなります。

カナル型イヤホンであればイヤホン購入時にサイズの異なるイヤーピースが付属している場合が殆ど。 

イヤホンだけを取り出して、他のものはすぐに捨ててはいませんか?

イヤホンを購入した場合にはしっかりと箱の中を確認してください。

大体のカナル型イヤホンはS,M,Lのイヤーピースが付属しており、購入時に装着しているイヤーピースはMとなっています。

人それぞれ耳の形や大きさが異なるため、自分に合ったサイズに交換しないと音質やフィット感など満足にいかず、求めてた音と違う・耳から外れるといった状態になります。

イヤーピースは簡単に着脱できるようになっているので、サイズも変える事ができ、メーカーによってはSSサイズのイヤーピースもある場合があります。

イヤーピースといっても種類があり、

  • シリコンゴム系イヤーピース

  • 低反発素材イヤーピース

  • ジェルタイプのイヤーピース

などがあり、自分にあったイヤーピースを選ぶことが重要となります。

また、イヤーピースのサイズを選ぶ際は、耳が疲れず痛くならないサイズを選ぶようにし、少し大き目のイヤーピースで耳の穴に隙間ができないようにすると音質が変わります。

ですが、大きすぎるとイヤーピースの音が出る部分を潰してしまう事になるので音が籠ってしまう事があるので、耳が痛くならず音が籠らないサイズを選ぶといいでしょう。

イヤーピース交換手順

まずは、イヤホンに装着しているイヤーピースを取り外します。

引っ張り過ぎるとイヤーピースの形が変わってしまう事もあるので、なるべくイヤホンについているイヤーピースの根元部分を持って取り外すといいでしょう。

イヤーピースはドーナツの型のような形をしていますが、イヤホンに取り付ける時は、真ん中にある小さい穴をイヤホンに挿し込みます。

真ん中の小さい穴が自分で見えるように少しイヤーピースをめくり、確認しながらイヤホンに挿します。

イヤーピースによっては真ん中の小さい穴だけ色が違う場合があるので分かりやすいと思います。

イヤホンに挿し込む際、少しイヤーピースを斜めにしながら挿し込むと入りやすく、少しイヤホンに挿せたのなら後はグリグリと色んな角度から押し込むように入れて下さい。

尚、カナル型イヤホンのイヤーピースの付け方を解説!コツはある? では写真つきで分かりやすくイヤーピースの交換手順を紹介しています。

より自分の耳にあったイヤホンを使用したい!

イヤホン 耳

イヤーピースをオーダーメードする

イヤーピースを交換しても、スライダーやスタビライザーを使用しても、SHURE掛けをしてみても、なんか違和感がある・耳から外れるという場合には、イヤーピースをオーダーメイドするという方法があり、『カスタムIEM』と言います。

自分の耳の型を取るため、自分に合ったただ一つのイヤーピースを作る事ができます。

オーダーメード方法

機種を選ぶ→インプレッション(耳の型)を採取→デザインを決めてオーダーという流れとなります。

自分好みの音質で、自分の耳に合ったイヤホンを作る事ができるのでおすすめです。

インプレッション(耳の型)の採取は、補聴器店で採取する事ができ、郵送で送る事ができます。

店舗でもネットでもオーダーメイドする事ができるので、自分に合ったイヤホンが欲しいという人は、オーダーメイドしてみてはいかがでしょうか?

イヤホンで耳に悪い影響を与えないために

その手軽さゆえ、イヤホンで音楽を聴いている人が多いのですが、イヤホンで音楽を聴くにつれて耳へに負担も大きくなってしまいます。

『イヤホン難聴・ヘッドホン難聴』と言われる難聴があり、聴力の低下や耳鳴り・めまいといった症状に加えて、低域が聞こえづらくなる低音難聴や音が籠ったように聞こえるといった症状がイヤホン難聴・ヘッドホン難聴で起こり得ると言われています。

  • イヤホンは長時間使用しない

  • 大音量にしない

  • イヤホンやヘッドホンを使用しない日を作る

  • ** 遮音性の高いイヤホンを使用する**

以上の事を踏まえて使用すると、イヤホン難聴・ヘッドホン難聴になるリスクを下げる事ができます。

イヤホンで音楽を聴くと耳に圧が掛かっている状態となり、それが長時間続くと難聴になる可能性が高くなり、音量の大きさに関わらず、毎日イヤホンを装着すると音量が分からなくなったり、大きくしたはずの音量でさえ小さく感じる事もあります。

ですので、毎日の使用は避け、周りの音が聞こえるくらいの音量を心がけて小さい音量でも十分聞こえるように遮音性の高いイヤホンにするなどと日頃から対策をする事で、イヤホン難聴・ヘッドホン難聴のリスクを下げる事ができます。

また、耳にイヤホンを入れない骨伝導イヤホンの使用もおススメします。

従来のイヤホンより耳に入れない分、負担は少なく、周りの音も聞こえてあまり音量を大きくする事ができないのでイヤホン難聴・ヘッドホン難聴のリスクを格段に下げる事ができます。

イヤホン 耳

まとめ

以上、イヤホンが耳から外れてしまう原因やイヤホンが耳から外れる場合の対処法などを書いていきましたが、イヤホンが耳から外れてしまう原因としてイヤーピースのサイズやイヤホン自体が耳に合っていないことが考えられます。

改善策として、

  • スライダーを使用する

  • スタビライザーを使用する

  • イヤーピースのサイズを変更する

  • イヤーピースをオーダーメイドする

などがあり、人によっては使用・変更しても改善できない場合もありますが、殆どの場合上記の方法で解決できます。

イヤーピースのサイズを変更するだけでも音質やフィット感が劇的に変わるのですが、そもそもカナル型イヤホンが合わない人やインナーイヤー型イヤホンが合わない人もいるので、自分に合ったイヤホンをオーダーメイドで作るという手段もあります。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧