MDR-XB50BSをレビュー!良い点や悪い点を評価、おすすめソニーのイヤホン紹介も

目次

MDR-XB50BSとは?

MDR-XB50BSはスポーツ向けのBluetoothイヤホンです。ランニングのおともにイヤホンを買うか悩まれている方などのために、今回は室内と外でMDR-XB50BSを使ってみた本音の評価をしています。音質や使い勝手などの評価を、良い点も悪い点も含めてお話しします。

sony MDR-XB50BS

MDR-XB50BSの特徴

MDR-XB50BSは重低音に優れたスポーティタイプのBluetoothイヤホンです。また高音質化技術「HD Voice」を搭載しており、高音質の通話も可能です。

Bluetoothイヤホンというと音質が劣ることがありますが、MDR-XB50BSはBASSという冠を被っているように、重低音の迫力が素晴らしいですが、逆に高音やボーカル音などは音質が劣ります。
そしてMDR-XB50BSはスポーティタイプの作りということで、汗などにも強い防滴設計となっています。インイヤーとその外部にゴツゴツとリモコン部分などが付いているだけでなく耳の形に合わせたゴムのようなものもついていて、耳を完全に塞ぐ密閉式です。
そのため、迫力のある重低音を楽しめるのです。特にEDMなどに向いているイヤホンですし、外音は完全に遮断されますし、かといって大きな音量で聞いてもあまり音が漏れていないという点が良いです。

sony MDR-XB50BS

MDR-XB50BSをレビュー!良い点・悪い点を評価

良い点① 圧のある重低音

一度聞いただけでも、「あっ、これはかなり重低音押しだな」と思うほど低音の圧が強く、際立っています。筆者もBluetoothのイヤホンに重低音は期待していませんでしたが、こちらはヘッドホンで聞いているかのようにドカドカとなるので、音質そこまでこだわらないけどとにかく作業中にコンパクトに重低音が聞きたいという方にはMDR-XB50BSはコストが良いものだと思います。

良い点② Bluetoothイヤホンで作りがコンパクト、耳元の安定感

まずMDR-XB50BSはBluetoothイヤホンですが、Bluetoothイヤホンの良いところはもちろんコードが無くて使いやすいところです。少し動くような作業中でも、至近距離にさえデバイスを置いておけば、あとはMDR-XB50BSを首にかけるだけ。コードが邪魔をしないってとても良いのです。それからMDR-XB50BSは耳元がゴツいです。悪い意味で言えばデザイン的に目立ち過ぎだとか、ちょっとダサいと思われる方もいるかもしれませんが、このゴツさは大変安定感があります。耳の中だけでなく、耳の形に合わせてゴム製のかたどりがされていて、付けてしまうとちょっとのことでは外れません。耳元との接地面積は約30%と、逆に少々圧を感じるほどです。これはMDR-XB50BSがスポーツなどアクティブ向けのイヤホンだからです。あまり作りが複雑だと「付けにくいのか?」と、思われるかもしれませんが、横から垂直に入れてしまえば難しくありません。

良い点③スポーティタイプの防水加工

MDR-XB50BSはまさに「アクティブ向けの重低音にこだわるBluetoothイヤホン」です。首元のコードも細く邪魔をしないし、耳元も完全に塞がれているようなフィット感です。そしてMDR-XB50BSは、JIS防水保護等級IPX4を備えているので、汗や雨にも心配ありません。

sony MDR-XB50BS

悪い点①スポーツや作業向けの音質

MDR-XB50BSはスポーツなどアクティブ向けのbluetoothイヤホンであるため、音質に関してはあまり期待できません。特に高音域やボーカルなどの中音域においては、音がシャリシャリしていたり、音割れしていたりします。弦、管楽器にも向いていません。

悪い点②耳の圧

これは、特に耳のフィット感について気になる方向けの話ですが、あまりにもフィットしているので少し痛いと感じる人もいるでしょう。もちろんスポーツ時はそんなに長時間使用しないし気にならないのですが、イヤホンをそんなに持たない人は家の中で使用することも考えられ、やはり4.5時間もつけると耳が痛みます。

MDR-XB50BSのbluetooth接続方法!ペアリング方法やつけ方は?

朝急いでいるときなど、Bluetoothイヤホンはペアリングが面倒だという人もいるでしょう。MDR-XB50BSはアナウンス音でオンオフを知らせてくれるため便利です。毎朝通勤通学時に、ルーティンで音楽を聞くには、そのアナウンスが朝のスイッチにもなります!
そこで、MDR-XB50BSのBluetoothの接続についてご案内します。
まずはMDR-XB50BSは耳元のゴツい部分にすべての機能リモコンが集約しています。電源ランプがついており、赤ランプのオンオフで電池残量が分かります。
電源を付けるときは、青ランプが点滅するまで電源ボタンを2秒ほど押すだけ。押した後も青ランプが点滅していれば、接続完了です。電源がついた際は、アナウンス音が鳴りますので耳でも確認しましょう。

sony MDR-XB50BS

他のおすすめSONYのイヤホン

① MDR-EX750BT h.ear in Wireless SONY

こちらのBluetoothイヤホンの良い点は、音質とデザインです。定価も2万近くしますか、高感度9mmドライバーユニットを搭載していて、広音域で音質よく聴けます。音割れなどが心配でしたが、MDR-EX750BTは、ハイレゾ対応で、ワイヤレスでも音質を保ちます。デザインは耳元が小振りで、カラーバリエーションも良く、メタルチックなところも少し強調されており、女性でも気兼ねなく着けれます。
音域でいうと、低音•中音向きです。高音は伸びは良いですが、少しポワンとした音です。

価格 : 16880円
総合評価:
コスパ:
音質:
デザイン:

② MDR-EX31BN SONY

MDR-EX31BN SONYは、特に音域はこだわらないけど、普通以上の音質で、しかもノイズが入らない機能性のよいBluetoothイヤホンが欲しい方におすすめ!値段も1万しないので、コスパのよいBluetoothイヤホンです。

価格 : 7566円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

③ MDR-XB70BT SONY

MDR-XB70BTは今回ご紹介したMDR-XB50BSと同じくかなり重低音向きです。耳元はカナル型イヤホンのため、音質について期待しなかったのですが、思った以上の低音の迫力でした。音もクリア。ただ、異なる点としてイヤホンの作りです。カナル型イヤホンということや、首元のかける部分シリコンの作りになっていることです。これはずれ難いとも言えますが、女性なら髪の毛に引っかかることもあります。全体的に作りがしっかりしてるような印象のイヤホンですが、スポーツ時などに限らず常に重低音でドンシャリを聞きたい人にはオススメです!

価格 : 9880円
総合評価:
コスパ:
デザイン:

まとめ MDR-XB50BSの総合評価

sony MDR-XB50BS

MDR-XB50BSの悪い点について、音質や耳の圧が強いことをお話しました。またMDR-XB50BSの重低音はクセが強く、Bluetoothイヤホンを探しているわけでなければ他にも重低音の優れたイヤホンはあると思います。しかし、スポーツ時や作業時という場面だけで考えると、MDR-XB50BSは値段よく、盛り上げ役としてドカドカと重低音が聞けるBluetoothイヤホンです。コンパクトなBluetoothイヤホンで悩まれている方はぜひお試しされてはいかかでしょうか。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧