洗濯機を重曹やクリーナーを使って洗おう!気になる洗い方は?

目次

洗濯機の洗い方

洗濯機は毎日使用しますよね。現代の生活にはかかせない電化製品です。そんな洗濯機は、毎日使うことで日々汚れが蓄積されています。
洗濯機を洗わずに放置してしまうと、洗濯槽にギッシリとカビが生えたり、洗濯物が臭ったりと様々なトラブルが発生してしまいます。
そこで、今回は洗濯機の最適な洗い方を説明いたします。今回紹介いたします洗濯機の洗い方を試すと洗濯槽の汚れをごっそりと根こそぎ取る事が可能です。
洗濯機の洗い方で疑問に思われている方はぜひご参考にされて下さい。

洗濯機の洗い方にはどのような方法があるの?

では、洗濯機の汚れを根こそぎ取ってくれるにはどのような方法があるのでしょうか。見ていきましょう。

洗濯機クリーナーの使用した洗い方

まずは、洗濯クリーナーを使用する方法です。この方法は、試した事がある方が多いと思います。洗濯機のクリーナーには、塩素系クリーナーと酸素系クリーナーがあります。
ここで、洗濯機に茶色いカスや黒いピロピロなワカメみたいなものが付いていて困っている方は酸素系クリーナーを使用しましょう。
酸素系クリーナーは、過炭酸ナトリウムという成分で出来ており汚れを浮かして剥がしてくれます。なので、洗濯槽の裏にたまった黒いピロピロを根こそぎ取り除いてくれます。また、酸素系クリーナーは環境にも人体にもとても優しい成分です。赤ちゃんやペットがいる家庭でも問題なく使用する事ができます。
匂いが気になる方は、塩素系クリーナーを使用しましょう。塩素系クリーナーは、殺菌能力がとても強いです。匂いの原因は、雑菌にあります。雑菌をなくす事で洗濯物の匂いを防いでくれます。
塩素系クリーナーは、殺菌力が強い為洗濯槽を痛めたりクリーナーが残っていれば手荒れを起こしたりします。ペットや小さいお子さんがいる家庭ではオススメする事ができません。

重曹を使用した洗い方

お掃除でお馴染みの重曹も、洗濯機を洗う際に使用する事ができます。重曹は、汚れを分解して消臭効果があります。また、人体にも影響がありませんので安心して使用する事ができます。
洗濯機のクリーナーに比べては、効果は緩やかになりますが100均などで購入できる為コスパもよく日常的に使用していく事ができます。
洗濯機クリーナーの合間にしていく事で、綺麗を常に保つ事が出来るでしょう。

実践!洗濯機クリーナーを使用した洗い方

それでは、塩素系クリーナーと酸素系クリーナーの洗濯機の洗い方を見ていきましょう。

準備品

塩素系クリーナー、ぬるま湯、ゴム手袋

カビキラー塩素系クリーナー

塩素系クリーナーを使用した洗い方手順①

洗濯槽高水位まで、ぬるま湯または水を入れてください。入浴剤の入ったお風呂の残り湯は使わないでください。

塩素系クリーナーを使用した洗い方手順②

高水位まで洗濯槽にお湯や水を溜めたら、塩素系クリーナーを適量投入してください。投入したら、通常コースまたは槽洗浄コースで洗濯機を運転させて下さい。

塩素系クリーナーを使用した洗い方手順③

洗濯が終わり汚れが洗濯槽に付いている場合は、汚れをティッシュなどて取りすすぎを行なっていきましょう。
また、すすいでも汚れが出てくるようでしたら、再度塩素系クリーナーを使用して汚れを落としていきましょう。

塩素系クリーナーを使用した洗い方のメリットデメリット

メリット

殺菌能力が強い、見えない菌も除菌できる、冷たい水でも使用できる、使用時間が短時間

デメリット

取れた汚れを目視で確認しずらい、消毒のような独特な匂いがする、手荒れや肌へ負担がかかる

準備品

酸素系クリーナー、ぬるま湯、ごみ取りネット

シャボン玉酸素系クリーナー

酸素系クリーナーを使用した洗い方手順①

洗濯槽に高水位まで50度前後の水を入れていきましょう。洗濯機に湯洗い機能が付いている場合はそちらで貯める方が早くたまります。また、お風呂に入浴剤を入れていなければお風呂のお湯を使っていくのも良いです。
お風呂のお湯を使う場合は、必ずごみ取りネットでゴミを取り除いてから行ってください。

酸素系クリーナーを使用した洗い方手順②

お湯が溜まれば、洗濯槽クリーナーを入れていきましょう。そのまま、5分ほど洗いのみで洗濯機を回していきましょう。
5分ほど洗うと、黒いピロピロが出てきますので、ごみ取りネットですくってください。

酸素系クリーナーを使用した洗い方手順③

再度、洗いのみで5分ほど洗濯機を回し6時間ほど放置してください。

酸素系クリーナーを使用した洗い方手順④

放置後、黒いピロピロがゴッソリと浮き上がっていますので、ごみ取りネットで出来る限り取り除いて行ってください。

酸素系クリーナーを使用した洗い方手順⑤

ゴミを取り除けたら、洗濯機を通常コースで回してください。洗濯機コースが終了すると洗濯槽に黒いピロピロが付いている事が多いのでティッシュなどで拭き取りましょう。
2回ほど、すすぎ機能や通常コースで運転させて黒いピロピロをすすいでいきましょう。
洗濯機を使用した際に、2.3回ほど洗濯物に黒いピロピロが付いている場合がありますが徐々に付かなくなっていきます。
長年洗濯機の掃除を行なっていない場合は、一度では取りきれない場合もありますので、続けて使用してみて汚れが浮き上がらない所まで続けてみてもよいでしょう。
また、使用方法は各クリーナーで違いますので使用方法を確認して使用して下さい。

酸素系クリーナーを使用した洗い方のメリットデメリット

メリット

汚れが浮き出て汚れが落ちている事が確認できる、手肌や環境に優しい、衣類にも優しい、匂いは無臭

デメリット

汚れの掃除が大変、時間がかかる、殺菌能力が弱い

塩素系クリーナーと酸素系クリーナーの違い

塩素系クリーナーは、主に殺菌効果に特化しています。除菌をする事で、カビの増殖を抑えカビ自体を無くしていく働きがあります。
酸素系クリーナーは、過炭酸ナトリウムで汚れを浮き上がらせて外していく働きがあります。除菌効果は塩素系クリーナーほどではありませんが酸素系クリーナーでも除菌は望めます。
また、どちらも汚れをゴッソリと落としてくれますが酸素系クリーナーのほうが塩素系よりも確実に汚れを落としてくれます。
塩素系クリーナーは、ほとんどの洗濯機に使用する事ができますが、酸素系クリーナーはドラム式に使用できない場合がありますので注意書きをよく読み使用しましょう。

洗濯機の重曹を使った洗い方

次に、重曹を使った洗い方を見ていきましょう。重曹は、家などに常備していれば直ぐにでも洗濯機の掃除を行うことが出来てとても便利ですね。

準備品

重曹、ぬるま湯、ごみ取りネット

重曹を使用した洗い方手順①

まず、洗濯槽の付属品を外していきましょう。ごみ取りネットやごみ取りフィルターなどを取っておきましょう。付属品は、別で洗っていきます。

重曹を使用した洗い方手順②

50度前後のお湯を用意します。水でもいいのですがお湯の方が断然汚れ落ちがいいのでぜひお湯を使用してください。
50度前後のお湯を洗濯槽に入れていきましょう。お湯は高水位まで入れてください。ドラム式の場合は、水が漏れてしまわないように注意してください。

重曹を使用した洗い方手順③

お湯を入れたら、重曹を入れていきます。重曹は1カップが目安です。重曹の種類によって入れる量が変わってきますので、説明書きを読み適量を入れてください。

重曹を使用した洗い方手順④

洗濯機に重曹を入れたら、洗いコースのみで洗ってください。すすぎや脱水は行わないように注意してください。

重曹を使用した洗い方手順⑤

5時間ほど放置すると、黒いカスが浮いてきます。汚れは、ごみ取りネットですくいましょう。

重曹を使用した洗い方手順⑥

黒いカスをすくえたら、脱水とすすぎを行いましょう。すすぎは、2〜3回行ってください。黒いカスが洗濯槽に付いていたら、ティッシュなどで拭き取りましょう。

重曹を使用した洗い方手順⑦

全ての工程が終了したら、洗濯槽を乾燥させます。洗濯機のフタを開けて窓があれば開けておきましょう。洗濯機を乾燥させれば作業完了です。
洗濯機作動時に、2回ほどまで黒いピロピロが洗濯物に付く場合がありますが、自然に無くなりますので安心してください。

洗濯機の汚れに応じて洗い方を変えよう!

黒いピロピロが出る場合の洗い方

洗濯物に黒いピロピロや茶色いカスが付く場合は、酸素系クリーナーを使用しましょう。酸素系クリーナーは、洗濯槽の裏の黒いピロピロを根こそぎ取り除いてくれます。

洗濯物が臭い場合の洗い方

洗濯物の匂いに悩んでいる方は、塩素系クリーナーや重曹を使用して洗濯機を洗っていきましょう。塩素系クリーナーは、殺菌能力が強い為直ぐに効果がわかるでしょう。
しかし、強い薬剤ですので使用には充分注意していきましょう。
重曹は、人体に影響がありませんので小さいお子さんやペットがいる家庭は重曹での掃除を定期的に行なって改善していきましょう。
###何年も掃除を行なっていない場合の洗い方
何年も掃除を行なっていない場合は、酸素系クリーナーと塩素系クリーナー両方を使用しましょう。効果が異なる二つのクリーナーを使用する事で、様々な汚れに対応していけます。
使う順番は、まず酸素系クリーナーでゴッソリ汚れを剥がして塩素系クリーナーで殺菌防菌をしていくと良いでしょう。
その後は定期的にお掃除していくと綺麗を保つ事ができます。定期的なお掃除は塩素系クリーナーで行うと良いですが、肌への影響が気になる方や小さなお子様やペットがいる家庭は、重曹や酸素系クリーナーを使い分けていくと良いですね。
また、今は非塩素系クリーナーでも殺菌能力が高い商品が出ていますのでそちらを活用していくのもよいでしょう。

非塩素系クリーナー

まとめ

いかがでしたでしょうか。洗濯機は洗い方を考えると、根こそぎ汚れを落とす事が可能です。また、洗濯機の問題に合わせて洗い方を変更していきましょう。
また、塩素系のクリーナーを使用する場合は充分に注意して使用して下さい。
それでは、ピカピカの洗濯機で気持ちよく洗濯を行なっていきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧