洗濯機の脱水が故障⁉上手く脱水できない原因は?

目次

洗濯機が上手に脱水できないと非常に困ってしまう!

毎日使っている洗濯機は日常生活には欠かせない大事な家電ですよね。1日でも機械の故障で使えないとなると、毎日の生活にも悪影響をおよぼしかねません。

そんな家電だからこそエラーが起きると困ってしまうものです。

よく洗濯機の脱水ができないというエラーが起こりますが、それは素人の私たちでも解消できるのかを一緒に考えてみましょう。

洗濯機の脱水ができていない⁉原因は?

選ぶ スピーカー ケーブル 悩み

機械的な誤作動を起こしている

今の家電製品の中のコンピューターは非常に精密にできているため、その分便利に使うことが出来ます。

しかしその反面たまに誤作動を起こしてしまう事もあります。

その場合は電源コンセントを抜いてから5分間待って再度入れなおしてみましょう。

すると治ることがありますが、以前設定していた洗い方やコースなどが解除されてしまっている場合もありますので、注意してくださいね。

洗濯機が一部によっている

洗濯物が片方に片寄ってしまっている場合は、重心が当然片方によってしまいます。

脱水という機能は洗濯槽を激しく揺さぶり回転することによって水気を切る機能ですので重心が中心にないと必要以上に揺さぶられることになります。

昔の2層式洗濯機をご存知の方はわかると思いますが、片方に洗濯物がよってしまっていると、振動がいつも以上にしていましたよね。

それと同じ原理で片方によっていると、本来動くべき範囲よりもさらに前後左右に動いてしまうので、動く範囲外に動いているためエラーとして認識されてしまうのです。

当然洗濯機も片寄りをなくそうとする動作は行ってくれますが、あまりにも片寄りがひどいと修正できずに止まってしまします。

洗濯物の量が少ないまたは多い

洗濯物の適正な量というのが決められていて、例えば4キロの洗濯機は基本1人~2人用となっており、この洗濯機に4人分をいっぱいいっぱい詰めて脱水したところで当然ちゃんとした脱水はできませんよね。

シーツや布団が入っている場合には、面積をとるので1枚や2枚にしてから脱水をするようにしましょう。

また、洗濯物の量が極端に少ない場合もちゃんとした脱水はできません。

少ないからいいじゃないかと思うかもしれませんが、脱水の原理を考えた場合に例えばシャツを1枚入れて脱水をした場合にはどうなるでしょうか。

中の洗濯槽が高速回転しながら前後左右に動きますよね。

このとき中のシャツ1枚はどうなっているかというと、おそらく宙を舞っている状態が多く空回りをしている状態だと思います。

つまり脱水するには洗濯槽の面に接している必要があるため、宙を舞っている状態が多いと脱水がちゃんとできない状態になります。

今の例は極端すぎましたが、洗濯物が洗濯機に見合った量より少ないと、今度は片寄りを起こしやすくなってしまいます。

洗濯機が傾いている

洗濯機が傾いている状態でもちゃんと脱水はできません。

今の洗濯機はあらかじめ水平器が設置されているので、その水平器を見ながら本来は設置するのですが、何らかの原因で水平になっていない場合は、洗濯槽の軸自体がずれてしまっています。

そのため脱水機能を使ったときに中心がずれているために、十分に脱水機能が働いていないことになります。

原理は水をいれたバケツを斜めにして、横に穴をあけてみると、必ず水がなくならず残っていますよね。

少しの傾きでも洗濯機の脱水ができない事があります。

洗濯機には洗濯槽の中心に軸が付いていますので、傾いているとその軸自体も曲がってしまう可能性があり、故障の原因となるので常に洗濯機は水平に保っておくことをおススメします。

排水ができていない

脱水機能というぐらいなので水が当然洗濯槽から流れていく仕組みになっていますが、その排水の状態が悪い場合は、水が当然残っていますので脱水をしても水に浸かっている状態になって脱水を上手にできません。

排水ができない原因としては洗濯槽の水が出る部分の故障だったり、排水溝の目詰まり、ごみ詰まりなどが考えられます。

あるいはこれは内部的な故障になってきますが排水をする時のプログラムに異変が起きてしまい、ちゃんとした手順で機械が動いていない事も考えられます。

脱水機能の故障

脱水機能が故障している事も考えられます。

ちゃんとした手順をしていても脱水が上手に出来ていない場合は機能自体に故障があるかもわかりません。

例えば横の洗濯槽にきちんと水がでていかないとか、回転をしていないとかこの場合はいろいろな原因が考えられます。

洗濯機の脱水が上手くいかな場合の対処法

洗濯機 メーカー おすすめ

洗濯物の片寄りをほぐす

洗濯槽の中を均等になるように調整してみてください。

昔の2層式洗濯機の時のように蓋みたいなもので押さえつけてもいいと思います。

重心が片方にだいたいよっていなければいいと思います。

排水口の詰まりを確認する

脱水の際の水がちゃんと排水口のほうに流れているかを確認してください。排水ホースはエルボという器具で排水溝とつながっているため、外すのはそこまで大変ではありません。

外さなくても一応音で水が流れているかどうかの確認はできますが、目詰まりの状態の確認や掃除をする場合は外したほうがいいと思います。

外してみてから、1回水を流してみましょう。きちんと水が流れていると正常に流れているという事になります。

中のほうにゴミがたまっている場合もありますのでパイプ用の洗剤などであるのもいいと思います。

もしくはもう使わなくなったペットボトル用のブラシなどでもいいと思います。

また排水溝にごみがたまってしまっていることも考えられますのでそちらも確認してみてください。

ちなみに排水溝の先のパイプの部分で何かが詰まってしまっている場合には、水があふれてきますのですぐわかります。

業者へ相談する

近くの電気屋さんに行って相談してみてもいいと思います。

自分たちで対応ができない場合は他の人の力を借りるしかありませんからね。

内部的な故障なのか自分たちで対応できるくらいの故障なのかが判断できると思います。

もしも内部的故障で修理を依頼する場合はメーカーでもいいとは思いますが、確実性の代わりに時間と料金は場合によってはメーカーがかかる事は知っておいたがいいでしょう。

洗濯機の脱水機能が使えない場合はどうする?

手で洗濯物を絞る

脱水機能が使えないのであれば自分達の力で脱水状態と同じようにしてみましょう。

大家族の家庭はちょっと苦労しそうですが、その分手伝ってもらえる人数もおおいので頑張りましょう。

少々根気はいりますが、何もせずにまっすぐ干すのよりはいいと思います。

人によっては足で踏んだりする人もいますが、それは個人の考え方なのでそれもありだと思います。

家族に手伝ってもらうのもいいと思います。

古い場合は買いなおそう!

もしかしたら経年劣化による洗濯機の故障かもわかりませんので、その場合は買い替えることも検討しましょう。

最近は洗濯機の値段も下がってきて、性能的にも昔の洗濯機とくらべるとよくなっているので、下手に修理をするよりは金額的に安く済むかもしれませんね。

洗濯機の脱水機能が故障…業者へ依頼する場合の費用は?

パナソニック エアコン 口コミ ユーザー 評判 レビュー 疑問

はっきりした金額は状況によるためわかりまねますが、単純な内部的な故障でなく、例えば水平器が壊れていた場合や、洗濯槽の排水部分の目詰まり等が原因の場合は数千円程度の金額だと思われます。

一方、内部的な故障の場合は当然部品の交換という修理になってくるため、メーカーに頼んだほうが確実だと思います。

ただ、メーカーの場合は修理に訪問した時点で最低でも出張料と技術料が発生してしまいますので、最低でも修理をするしないに関わらず5000円近くはかかる事は覚えておいてください。

さらにメーカーも順番で対応しているため、今日明日という修理は難しい場合が多く、こちらの要望が通らない事は多いと思います

近くの電気屋さんのほうが早くて安く済むかもわかりませんが、中古の部品などを使わない限りは部品は結局メーカーからの取り寄せという形になりますので、時間的にはあまりメーカーと変わらないと思います。

ただ、いろいろなメーカーも修理を行う電気屋なので、中のほうのあまりにも複雑な専門的な知識が必要な故障の場合は電気屋さんからメーカーに依頼することもあります。

コインランドリーへ持っていこう!

洗濯はできるけど洗濯機の脱水ができない場合には洗濯と脱水に関してはコインランドリーで行うのも一つの方法だと思います。

コインランドリーの場合はお金はかかってしまいますが、機械が大きいために多くの人数分を洗濯と脱水までする事が可能です。

今はコインランドリーも競売の時代なのでどこも料金を安く設定している事が多いです。

まとめ

いつも使う洗濯機だから大事に使いたいですよね。

お手入れも定期的にして長く持たせるように心がけましょう。

それでも急に昨日までは大丈夫だったのに・・・・と思うくらい洗濯機が脱水できないというエラーは起こるものです。

洗濯機が脱水機能がなかったらちょっと洗濯機として使うのは難しいですよね。

しかし近年は便利になって価格も昔と比べてさがってきている分、長くはもたない家電といわれているのは事実です。

最近はその常識を覆すような10年という保証期間を取り入れている販売店も増えてきており、毎月の支払いが必要にはなりますが、7年後や8年後に壊れた時も、内部的故障であれば無償で修理してくれます。

ただ、全ての家電でメーカーの部品の保管期間というのが決まっており、平均で製造終了より6年間となっています。

料金はかかっても長くメンテナンスをしてくれる保障に入っておいたほうが無難かもわかりません。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
IDE です
もともと店舗で家電の販売を行っていました。
家電に関してお客様から聞かれることは多々あります。こちらが準備していない質問もあります。 その際調べて自分の知識として蓄えられるようになりました。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧