洗濯機のゴミ取りネット掃除してる?交換目安は?

目次

洗濯機のゴミ取り

最近の洗濯機には、ごみ取りネットが付属しています。ごみ取りネットは、洗濯物についているほこりや毛玉、髪の毛などのゴミをまとめてくれるとても画期的なモノです。
そんな、ごみ取りネットは日々汚れを蓄積しています。ゴミを取り除かずにそのまま放置しておくと、ゴミが溜まり洗濯物のゴミを取れなくてなってしまいます。
また、取れなくなったごみは、洗濯物にくっ付いたり洗濯槽の裏に入り込んでしまったり、排水口の詰まりの原因となってしまいます。
そこで今回は、ごみ取りネットの掃除方法や交換目安など洗濯機のごみ取りネットについてご紹介していきます。ぜひ、ご参考にされて下さい。

洗濯機のゴミ取りネットを掃除しよう!

では、洗濯機のごみ取りネットはどのような掃除方法があるのでしょうか。見て見ましょう。

毎日ゴミを捨てよう

まず、ごみ取りネット内部には毎日ゴミが貯まります。洗濯物を全て取ったら、ごみ取りネットの中のゴミも捨てる習慣をつけましょう。
大掛かりな掃除はしなくとも中のゴミだけ捨てるように心がければごみ取りネットの機能を果たしてくれます。

週に1度はゴミ取りネットを掃除しよう!

毎日ゴミを捨ててもごみ取りネット自体は綺麗になりません。また、ゴミにより雑菌も湧きます。雑菌と一緒に洗濯物を洗っているような物なので、ごみ取りネット自体も週に1度は掃除するように心がけましょう。

定期的にカビ取りや殺菌をしよう

掃除をマメに行っていても、カビや雑菌が繁殖してしまう場合があります。なので、定期的に酸素系漂白剤や重曹などに浸け置きをすることをおすすめいたします。
定期的につけ置きをしてカビや雑菌を無くしていく事で綺麗な状態をより保てるようになります。

洗濯機のゴミ取りネットには掃除が必要不可欠

ごみ取りネットの掃除は、洗濯機のごみ取りには必要不可欠です。では、ごみ取りネットの掃除を怠るとどのような結果を招いてしまうのでしょうか。

ゴミ取り機能が低下する

まずは、ごみ取り機能が低下してしまいます。ごみ取りネットの中のゴミが溜まり、これ以上ゴミを取り込む事が出来ない場合や、ネットにゴミが付着して思うようにゴミを吸い取れなくなってしまいます。
その結果、洗濯機にゴミが回ってしまったり衣類にゴミがこびり付いてしまったりと様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

雑菌が湧く

ごみ取りフィルターは、定期的に掃除を行わないと、雑菌やカビが直ぐに増殖してしまいます。
なぜゴミ取りネットに雑菌やカビが増殖してしまうのかというと、まず洗濯槽の中にあるという事が問題点です。
洗濯槽の中は、構造上湿気が多く風通しも悪いため中々乾燥させる事が出来ません。そこは、カビや雑菌にとってはとても快適な場所で雑菌が大量に増殖すればそれを餌としカビも大量に増殖していきます。それを繰り返す事でゴミ取りネットには多数のカビや雑菌が住み着いてしまいます。
また、ゴミ取りネットはその名の通りゴミを溜める場所です。そのゴミが少しでも残っていると、カビの餌となってしまいます。
このように、カビ取りネットはカビや雑菌にとってとても住み着きやすい場所なので定期的なお掃除が必要不可欠となってきます。

排水口が詰まってしまう

ゴミ取りネットが充分に機能しなくなってしまうと、そのゴミが洗濯機内に周りそのまま排水口へと流れてしまい排水口でゴミが詰まってしまいます。
排水口が詰まってしまうと最悪の場合、排水口が逆流してしまって水漏れを起こしてしまう可能性があります。
また、排水口だけでなく排水ホースも詰まってしまうと排水ホースが破損してしまったり洗濯機の故障に繋がってしまう事もあります。
たかが、洗濯機のゴミ取りネットと思わずにきちんとお手入れを行なって下さい。

衣類へ影響が出る

ゴミ取りネットの掃除を怠る事で、衣類へゴミが付いてしまったり、衣類に雑菌が残ってしまう可能性があります。衣類に雑菌が残ってしまうと、生乾き臭の原因となってしまいます。
ゴミ取りネットをお掃除する事で予防ができます。

洗濯槽へゴミが溜まる

洗濯槽は、ゴミ取りネットの影響をモロに受けてしまいます。洗濯槽の穴から洗濯槽の裏へと回りゴミが洗濯槽の裏に詰まって出られなくなってしまいます。
その結果、洗濯槽の裏で雑菌が繁殖してしまいゴミや雑菌をエサとしてカビがビッシリとこびり付いてしまいます。また、そのカビのせいで黒いピロピロとしたカスが出始め衣類へとこびり付いてしまいます。
なので、ゴミ取りネットのお掃除はとても大切な事が分かります。

洗濯機のゴミ取りネットの掃除方法

それでは、洗濯機のゴミ取りネットを掃除していきましょう。手順通りに掃除を行いピカピカにしていきましょう。

準備品

使い古しの歯ブラシ、酸素系漂白剤を用意しましょう。酸素系漂白剤がない場合は、重曹などでも代用可能です。

手順①

まずは、ゴミ取りネットを流水で流して付いているゴミを取っていきましょう。

手順②

次に、ゴミ取りネットにゴミが付着していたらブラシなどで優しく擦ると取れやすいです。
また、滑りやカビが生えているようでしたら、酸素系漂白剤を着けて擦っていきましょう。

手順③

ゴミ取りネットのゴミが取れたら、酸素系漂白剤につけ置きして除菌していきましょう。
お持ちの酸素系漂白剤の放置時間に合わせてつけ置きしていきましょう。
酸素系漂白剤を使用する時は、必ずゴム手袋を使用してください。手荒れなどの原因となってしまいます。

ゴミ取りネットの掃除のコツ

ゴミ取りネットに、ゴミがこびり付いて歯ブラシなどで擦っても中々取れない場合があると思います。
そんな時は、ゴミ取りネットをお湯に浸けながらゴミを歯ブラシで取るとスルスルと汚れが落ちてくれます。
また、そのお湯の中に酸素系漂白剤などを溶かし入れて置くと汚れがもっと落ちやすくなります。漂白剤を使用する場合は、ゴム手袋などで手を保護してから使用するようにしましょう。
漂白剤がない場合は、重曹などでも代用する事が可能です。

ゴミ取りネットのこびり付き対策法

ゴミ取りネットのお掃除をしていて一番厄介なのは、ゴミ取りネットにゴミがこびり付いて取れない事ですよね。
実は、ゴミ取りネットにゴミがこびり付きにくくする方法があります。それは、柔軟剤を使う方法です。
方法は、柔軟剤をゴミ取りネットにつけ置きして置くだけです。柔軟剤には、静電気を防止する効果がありホコリを付きにくくしてくれます。
その性質が、ゴミ取りネットにも役立ちゴミをキャッチした際にゴミ取りネットにこびり付く事を防いでくれます。ぜひ、試してみてください。

洗濯機のゴミ取りネットの交換目安は?

ごみ取りネットは消耗品です。いくら掃除を行なっていても、適切な時期に交換をしていかないとゴミ取り機能が低下してしいます。では、ごみ取りネットの交換目安を見ていきましょう。

半年に一度

ゴミ取りネットは、半年に一度交換しましょう。見た目は綺麗であっても、実はカビや雑菌が繁殖している場合があります。
家庭でのお掃除には限界があるので半年に一度を目安に交換を行って下さい。ごみ取りネットは、100均などでも購入できますので高価なものを購入する必要はありません。

破損していれば交換する

ゴミ取りネットを目視してみて、破損していれば必ず交換してください。破損していると、ごみ取り機能はほぼありません。破損している箇所からゴミが出てしまい、洗濯機のにゴミが舞い戻ってしいます。
破損している場合は、速やかにゴミ取りネットを交換して下さい。

カビが取れなくなったら交換する

ゴミ取りネットの、カビがつけ置きなどでも取れなくなったらゴミ取りネットを交換しましょう。
そのまま使用しているとゴミ取りネットのカビは増殖し最悪の場合は洗濯機全体にカビが回ってしまいます。
衣類にも影響が出てしまう場合もありますので早めに交換する事をおすすめいたします。

洗濯機のゴミ取りネットの種類

では、ゴミ取りネットにはどのような種類があるのでしょうか。見ていきましょう。

フック型

フック型のごみ取りネットは、洗濯槽の穴にかけるタイプなのでほとんどの洗濯機に使用する事ができます。また、ゴミのキャッチ能力もとても良くたくさんゴミが取れると評判です。
しかし、たまに洗濯槽からフックが外れてしまう場合があります。

吸盤型

洗濯槽に吸盤を貼り付けて、ゴミをキャッチしていくタイプのごみ取りネットです。設置は簡単で、ゴミの取れも良いのですがたまに吸盤が外れてしまう場合があります。
100均などの吸盤型ゴミ取りネットなどは外れやすいので注意しましょう。吸盤の外れが酷い場合は、吸盤だけ別のものを購入すると良いですね。

浮かし型

水面に浮かすだけでごみ取りが可能なのでとても人気のごみ取りネットです。しかし、フック型などに比べるとゴミのキャッチ能力は少し低いと言えるでしょう。
ゴミ取りネットの効果を強めたい場合は、サブのゴミ取りネットとしてお使いいただくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。洗濯機のごみ取りネットは、とても重要な役割を果たしくれるモノです。しかし、役割をきちんと果たしてもらうには、私たちの日々のお掃除やお手入れが必要不可欠になります。
洗濯物を気持ちよく洗濯していく為にも、洗濯ネットをお掃除していきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧