洗濯機でのドライ機能でハウスクリーニングをしよう!

目次

洗濯機でドライクリーニング?

自宅の洗濯機の機能にドライ機能が搭載されていませんか。何の機能だろうと疑問に思われている方も少なくないでしょう。
洗濯機のドライ機能は、簡単に言うと家でクリーニング店に出し、ドライクリーニングをするような洋服を洗濯できる機能です。
今まで、わざわざクリーニング店に出してドライクリーニングをしていたような洋服も条件さえ満たしていれば洗濯機で洗っていく事が可能です。
そこで今回は、洗濯機のドライ機能についてや、自宅でドライ機能を使用してクリーニング店のような洗い上がりにしていく方法をご紹介致しますので、ぜひご参考にされて下さい。

洗濯機のドライ機能で家でドライクリーニングをしよう!

洗濯機 メーカー おすすめ

おうちでクリーニング店のドライクリーニングの様な洗濯が出来るドライ機能ですが、ドライ機能とは一体何なのでしょうか。見ていきましょう。

そもそもドライ機能とは?

ドライコースとは、例えば型崩れが起きやすい服や、オシャレ着、ニットや特殊な生地の服を洗濯する為のコースです。
最新の洗濯機にはほとんどこの機能が搭載されていて、機種やメーカーによっては、手洗いコースやおうちクリーニングという名称で搭載されています。
洗濯機のドライコースは、クリーニング屋のドライクリーニングにも負けないほどの仕上がりで、なかなかクリーニング屋に行けない人や、クリーニング代が毎月かさんでしまう方には、とても有難い機能ではないでしょうか。
また、洗濯機のドライコースは汗などの水溶性の汚れに強く、クリーニング屋のドライクリーニングは、油汚れやメイク、調味料のシミなどに強いです。
クリーニング屋で水溶性の汚れも落とすとなればプラスでオプション料金をとられてしまいます。なので、ひどい汚れやシミがない限りオシャレ着などは自宅で洗った方がお得です。
汚れの種類によって、自宅でのドライコースと専門店の、ドライクリーニングを使い分けていくと良いですね。

ドライ機能はどのような時に使うの?

洗濯機のドライ機能は、手洗いのように優しく洗濯をしなければならない素材の洋服に使用します。
ドライと書いてあるので一見乾燥系に思われますが、通常の洗濯のように、洗い→すすぎ→脱水を行なっていきます。
また、今はおしゃれ着用洗剤も出ておりますのでドライ機能を使用する際に併用して使用する事で洗濯機のドライ機能を充分に発揮させる事が出来ます。

普通コースとの違いは?

通常コースは、洗濯槽を力強く回しながら水をたっぷり使用して、しっかりとすすぎしっかりと脱水していきます。ですので、弱い衣類は傷んでしまう事が多いです。
シャツなどを洗濯して伸びてしまった経験はありませんか。それは、この通常洗いコースの強い洗い方が原因の可能性があります。通常コースは、汚れを落とすことを最善の目的とされているため、おしゃれ着の洗濯には合いません。
その点、ドライコースはこの痛みの原因となっている、強い洗い方を抑えてあり洗う力や脱水加減が通常コースに比べて弱い傾向にあります。
洗い加減が弱いから汚れが取れない訳ではなく、泡の力を利用して優しく洗い上げていきます。ここで、おしゃれ着用の洗剤を使用する事で、洗い機能を充分に発揮できます。
すすぎの際は、遠心力を使用して流れるプールのようにすすいでいきます。
脱水は、通常洗いコースでは洗濯物は絡み合っていますが、ドライコースでは洗濯物を絡まないように脱水しほぐすように脱水するため洋服への負担を最小限に抑えてくれます。

洗濯機のドライ機能でクリーニング屋のドライクリーニングのような仕上がりにするコツ

では、洗濯機のドライ機能で調味料のシミやメイク汚れなどクリーニング屋のようなドライクリーニングを行うにはどのようなコツがあるのでしょうか。
コツさえ習得すれば、シミやひどい汚れであっても自宅で洗濯出来てしまいます。それでは、ドライ機能を使用する際のコツを見ていきましょう。

シミや汚れには事前に洗剤を揉み込む

まずは、シミや汚れには事前に洗剤を揉み込みつけ置きをしておきましょう。ここで、洗剤を揉み込む時に普段の汚れを落とすようにゴシゴシと擦らないで下さい。
ドライコースで洗濯するような洗濯物は、摩擦などに非常に弱いです。洗濯物が傷んでしまいますので原液を汚れ部分に垂らして軽く叩くように揉み込んでいきましょう。
洗剤の力のみで汚れを落としていく感覚で洗剤をシミや汚れに入れ込みつけ置きしておきましょう。
こうする事で、シミや汚れは洗剤が浮かしてくれてドライコースの優しい洗い方でも充分に汚れを剥がしてくれます。
もし、おしゃれ着にシミや汚れが着いてしまったら直ぐにでも洗剤を付けて対処した方が良いです。
自宅でクリーニング店のドライクリーニングのような仕上がりにするためには、汚れやシミは時間との勝負だと思いましょう。

水の温度は30度以下で洗う

普通の洗濯では、湯洗いをする方が汚れが取れやすいと推奨されています。しかし、ドライコースですとまた話は変わってきます。
確かに湯洗いは、汚れが取れやすいですがその分洋服は縮みやすいです。また、脱水する際にシワの原因ともなってしまいます。
なのでドライコースを使用する場合は、真水を使用することをおすすめいたします。

洗濯機ドライ機能で洗えるものとは

それでは、洗濯機のドライコースで洗える衣類を見ていきましょう。実は、ドライコースで洗った方がよい洋服もありますので確認してみましょう。

型崩れや縮みが心配な衣類

結婚式のお呼ばれなどで着ていくようなワンピース、ニット素材、ウール、生地が繊細なもの、などはドライコースで洗うことが出来ます。
特に結婚式のお呼ばれの服は、頻繁に着るものでは無いので、クリーニングに出していた方も多いのでは無いでしょうか。
しかし、結婚式のお呼ばれのドレスは汚れやシミがひどく無い限りは自宅のドライ機能で洗えます。
ニット素材や、生地が繊細なものは通常洗いコースで洗ってしまう方も多いでしょうが縮みや伸びの原因となってしまうのでドライ機能で洗うことをおすすめします。
ウール素材は、洗濯が終了したら直ぐに取り出して乾かしましょう。シワが寄ったり型崩れを起こしてしまいます。

洗う前に洗濯表記を確認

ドライコースが使用出来るかは洗濯表記を見れば分かります。まず、洗濯機okのマークが付いていたら洗うことが出来ます。また、手洗いokの表記でもドライコースの利用は可能す。
洗濯も手洗いもダメな衣類は、ドライコースであっても使用する事を控えましょう。

実践!洗濯機のドライ機能で家でクリーニングをしよう!

それでは、洗濯機のドライコースを実際に使用していきましょう。

準備品

おしゃれ着用洗剤

洗濯ネット

ドライクリーニング手順①

まず、衣類に汚れやシミがないか確認しましょう。汚れやシミがある場合は、洗剤の原液を漬け込み汚れを浮かして置きましょう。
また、衣類にゴミや髪の毛などが付いていないか事前にチェックしゴミを払って置きましょう。

ドライクリーニング手順②

洗濯機に衣類を入れる時は洗濯ネットに畳んで入れましょう。ネットに入れることで、型崩れや縮みを最小限に抑えることができます。洗濯ネットは、サイズが合ったものを使用して下さい。
また、ニットなどは裏返して洗濯すると毛玉が付きにくくなります。

ドライクリーニング手順③

おしゃれ着用洗剤を入れていきます。一般的な洗剤は洗浄力は高いですが、デリケートな衣類には縮みや色落ちの原因となってしまいます。
その点おしゃれ着用洗剤は、弱い水流でも汚れを落とす効果があります。ドライコースは泡で優しく洗い上げていきますので一般的な洗浄力は必要ありません。

ドライクリーニング手順④

いよいよ洗濯をスタートさせます。洗濯する場合は湯洗いではなく真水を使用してください。洗濯物にウール生地のものが入っていたら、洗濯終了後すぐに取り出し形を整えて陰干しして下さい。乾燥機は使わずに自然乾燥させましょう。

ドライコースで洗濯をした際には、終了後直ぐに洗濯物を取り出してください。せっかくシワが寄らずに優しく洗濯したのに、洗濯機の中で時間を置いてしまうとその分シワも付いてしまいます。
おしゃれ着用洗剤は、アイロンが出来ない生地も多くありますので注意しましょう。

洗濯機のドライ機能で洗えない場合はクリーニング屋を利用しよう!

いくら洗濯機にドライ機能を搭載していても、洗濯厳禁の洋服であれば、自宅でドライ機能を使用して洗濯をする事は出来ません。
そんな時は、専門店で相談をしてみましょう。クリーニング屋などでしたら、自宅で洗濯できない洋服も柔軟に対応してくれます。自宅で無理に洗ってしまうと、型崩れや縮みの原因となってしまいます。
自宅で洗濯出来ない場合は、費用をおしまずプロに依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今まで、ドライ機能は何の機能か分からずに使わなかった方もこれからは、ドライ機能を使用しておうちでクリーニングのような仕上がりを実感してみてはいかがでしょうか。
洗濯機のドライ機能は、使わなければ間違いなく損をしてしまう優れた機能です。クリーニング代も浮きますし、ぜひ皆さんも洗濯機のドライ機能を活用していきましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧