イヤホンジャックを繋ごう!構造や接方法を種類別に紹介!

この記事を執筆するにあたって

イヤホンジャックって何と思っている方も多いのではないでしょうか?イヤホンジャックなんて知る必要ないよなどの意見が聞こえてきそうです。しかし、イヤホンジャックの構造を知っているとイヤホンのトラブル時に大いに役に立ちます。ここでは、イヤホンジャックの構造を紹介していきます。

Written By 廣瀬 裕一

目次

イヤホンジャックの構造

百 均 イヤホン

イヤホンジャックとは、イヤホンを差し込む穴のことです。スマートフォンなどには、イヤホンジャックのアクセサリーもあります。普段、イヤホンジャックなんてあまり意識しないといえます。イヤホンを差し込むただの穴だという程度で認識しているといえます。しかし、イヤホンジャックのことを知っていれば、急なトラブルなどにも対応することができます。ここでは、イヤホンジャックの構造について紹介していきます。

イヤホンジャックの基本の種類と構造

百 均 イヤホン

イヤホンジャックの構造は、難しそうと思う方も多いといえます。ここでは、イヤホンジャックの構造について紹介していきます。

イヤホンジャックの種類と構造① イヤホンで聞く事だけを想定した構造

イヤホンで聞く事だけを想定した構造は、イヤホンジャック内部の接続にスピーカーの接続がないことです。イヤホンのみで聞くことを想定しているため、スピーカーで音楽を聴くことはできません。そのため、イヤホンジャック内部はイヤホン接続のみとなっているのです。

イヤホンジャックの種類と構造②スピーカーとイヤホンで聞く事を想定した構造

スピーカーとイヤホンで聞く事を想定した構造は、イヤホンジャック内にスピーカー接続とイヤホン接続の2つがあることです。イヤホンで音楽を聴く際は、スピーカー接続を遮断します。スピーカーで音楽を聴く場合は、イヤホン接続を断線します。

モノラルとステレオの違い

モノラル型とステレオ型の違いは、ステレオは、テレビやラジオの音響を立体感が出るように音を再生する方法です。また、二つの左右のスピーカーで音が出る仕組みとなっています。一方、モノラル型は、音を単一のチャンネルで再生する音響装置のことです。ステレオと違うのは、音が立体的に再生されないと違いがあります。

イヤホンジャックの構造を知る必要性とは?

百 均 イヤホン

イヤホンジャックの構造を知ることにより、年中イヤホンを買い替える必要はなくなります。ここでは、イヤホンジャックの繋ぎ方と構造について紹介していきます。

イヤホンジャックのつなぎ方と構造

イヤホン断線

イヤホンジャックのつなぎ方と構造①フォーンプラグ

フォーンプラグとは、音響機器の接続に用いられるコネクタのことで、オス型をフォーンプラグと呼びます。フォーンプラグは、主に電子機器やヘッドフォンなどに使用されています。また、フォーンプラグはミニプラグよりも音質のクオリティが上がります。ミニプラグは、プラグの部分が小さいため接触面積が少なくなります。その点、フォーンプラグは、プラグの部分が大きいため接触部分が多くなるからです。

フォーンプラグの構造

フォーンプラグの構造は、2極(モノラル)、3極(ステレオ)接続となります。また、プラグの先端をチップ、根元の部分をスリーブと呼びます。絶縁部分をリングと呼びます。2極タイプは、音声の入出力が、モノラル形式です。3極タイプは、音声の入手力がステレオ形式になります。

プラグの構造

2極と3極のほかに4極と5極タイプのものが存在します。
4極タイプは、3極タイプのイヤホンにマイク機能が付属したものになります。アイフォンやイヤホンにマイクが付いているタイプは、4極タイプです。5極タイプは、3極タイプにノイズキャンセリング機能を追加したイヤホンになります。5極タイプは、最新型であり新しいイヤホンなのです。

イヤホンジャックのつなぎ方と構造②モノラルイヤホンジャック(スピーカー/イヤホン切り替えスイッチ機能付き)

モノラルイヤホンジャックは、その接続方法からイヤホンとスピーカーが両方同時に音が出ることはありません。モノラルは、基本的には一つのサウンドでしか音を聞くことができません。そのため、モノラルイヤホンジャックもスピーカーを聴いてるときには、イヤホンが音楽が出ないのです。

モノラルイヤホンジャックの構造

モノラルイヤホンジャックの構造は、スピーカーとイヤホンを接続する部分が断線する仕組みになっています。そのため、スピーカーを鳴らすときは、イヤホン接続を断線し、イヤホンで音楽を聴くときは、スピーカー接続を断線する仕組みとなっています。

イヤホンジャックのつなぎ方と構造③イヤホンジャック(スピーカー/イヤホン切り替えスイッチ付き)

イヤホンジャックの構造(モノラル)

モノラル出力は、音を出す信号を、接続するところにアンプのモノラル出力を繋ぎます。その後、スピーカー線を接続すれば、モノラル出力となります。

イヤホンジャックの構造(ステレオ)

ステレオ出力は、音を出す信号を、接続するところにアンプのステレオ出力を繋ぎます。その後、スピーカー線を接続すれば、ステレオ出力となります。

イヤホンジャックのつなぎ方と構造④イヤホンジャック(スピーカー/イヤホン切り替えスイッチ無し)

イヤホンジャックの構造(モノラル)

イヤホンプラグを差し込むと、イヤホンジャック内の信号が挿入したプラグにつながります。その後、スリーブにつながることでモノラルイヤホンの音を鳴らす仕組みとなっています。

イヤホンジャックの構造(ステレオ)

イヤホンプラグを差し込むと、イヤホンジャック内の信号が挿入したプラグにつながります。その後、プラグはリングにつながりスリーブにつながるとでステレオイヤホンの音を鳴らす仕組みとなっています。

まとめ

イヤホンジャックを繋ごう!構造や接続方法を種類別に紹介しました。イヤホンジャックの構造は、自分で覚えるのにはなかなか大変なことだといえます。
しかし、イヤホンジャックの仕組みがわかれば修理することができイヤホンを買い替えることがなくなります。
そのため、イヤホンジャックの仕組みは覚えておいて損はないといえます。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small fd373e22 8004 4689 953b f18bc04d892f
Written By
廣瀬 裕一
これから家電を買う人への手助けになればと思っています
私自身、家電を買うときに迷った経験があります。その経験から、適切な情報を提供することにより皆様の手助けになればいいなと思っています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧