PS3にイヤホンを接続しよう!接続できる種類や接続方法は?

この記事を執筆するにあたって

筆者がPS3をメインに遊んでいたときに使っていたのはPanasonicのワイヤレスサラウンドヘッドホンで、有線でスピーカーやヘッドホンを使っていたのはJOYSOUND DiVEというソフトでヒトカラをするとき遅延を少なくする目的ぐらいで、有線接続をそれほど使わなかったんですよね。変な小細工をしなくても目の前のPC&ゲーム機兼用モニターにはイヤホン端子もありましたし。

Written By HN: トゥルーデは俺の嫁

目次

ps3のイヤホン

PlayStation3(以下PS3)はPlayStation4(以下PS4)と異なり、イヤホンを挿す場所が本体にもコントローラーにもありません。

通常は接続したテレビなどのイヤホン端子に接続してプレイすることになるかと思いますが、3m近いコード長があるヘッドホンならともかく、ほとんどのイヤホンはケーブル長が1m強しかないのでプレイ環境によってはテレビに届かなかったりしてあまり使い易いとは言えません。

ps3 イヤホン

PS3はPS4と異なり上記写真のようにBluetoothイヤホンやレシーバー(受信機)を接続することができるのですが、ゲーム中の音楽を聴く目的では使えないのです。筆者は以前の記事に「PS3にあった『Bluetoothイヤホンの接続機能』がなくなりました」という内容を余談として書いたことがあります。

どうやら勘違いしていたようで、PS3のBluetoothイヤホンはあくまでゲーム中のチャット用に使用できるだけで、ゲーム音声などには対応していませんでした。久しぶりにPS3を起動してBluetoothイヤホンの接続テストを行っていたときどうにも上手くいかなくてチェックしてみたら発覚した次第です。ここに訂正してお詫びします。

さて本題に戻りまして…本記事ではPS3で遊ぶときに「お気に入りのイヤホンを使いたい」「有線イヤホンはわずらわしいので、遅延があるのは承知の上でBluetoothイヤホンを使ってゲームや動画を楽しめるようにしたい」という人に向けて、その方法や必要な周辺機器などを紹介してみたいと思います。

PS3にイヤホンを接続する方法

PS3をテレビとどういう方法で繋いでいるか、ケーブルが1m程度の有線イヤホン、ワイヤレスのBluetoothイヤホンを接続したいのか、それぞれ目的や環境によって必要な機器や設定が微妙に異なる場合があります。以下に紹介する方法ではPS3とテレビとを標準的なHDMIケーブルで接続している前提で解説しています。

PS3にイヤホンを接続する方法① RCAコンポジットケーブルから音声を横取りする

PS3の発売当初は別売のHDMIケーブルを使うことでより綺麗な映像でゲームを楽しめることを知らない人が多く、付属のケーブルを使っている人も多かったのですが、今はHDMIで接続するのがスタンダードになっていると思うので『HDMIケーブルでPS3とテレビやPC用モニターとを繋げている』と想定します。
 
その環境で『RCAコンポジットケーブルから音声を横取りする』には、まず以下のような変換アダプタを購入します。

形は違いますがどちらも音声ケーブルをRCA端子とステレオミニ端子につなぎ替える機能は同じなのでお好みの方をどうぞ。もう一つ用意する必要があるものはPS3に最初から付いてくる『AVコンポジットケーブル』です。PS2とPS3共通の独自コネクタと赤白黄のプラグのアレです。
ps3 イヤホン

 
『PS3(またはPS2)用のS端子ケーブル』
ps3 イヤホン

 
『PS3(またはPS2)用D端子ケーブル』でもいいです。
ps3 イヤホン

上記ケーブルのどれかをPS3背面左側、以下写真の真ん中にある『AVマルチ端子』に接続します。HDMIケーブルはテレビと接続したままでいいです。

ps3 イヤホン

購入した変換アダプタにAVコンポジット(S端子、D端子)ケーブルの赤と白の音声ケーブルを、その反対側のステレオミニ端子にイヤホンを挿せば準備は完了です。

PS3側の設定方法

ps3 イヤホン

PS3を起動し、『設定』>『サウンド設定』>『音声出力設定』とたどり…

ps3 イヤホン

出力先を『音声入力端子 / SCART / AV MULTI』に選べば設定も完了です。
ps3 イヤホン

こうすると映像はHDMIケーブル経由でテレビに写り、音声はAVマルチケーブル経由でイヤホンから聴くことができるようになります。
 

『音声同時出力』を『入』にしてHDMIとAVマルチ端子に同時に出力するよう設定すれば上記設定を変更しなくても従来通りテレビから音声を楽しむこともできます。
ps3 イヤホン

 

PS3にイヤホンを接続する方法② HDMI出力から音声信号だけを抜き出してアナログイヤホンへ出力する

その為にはHDMIから音声だけ分離できる下記のような機器を使う必要があります。

上記の様な専用変換機器以外にも高機能HDMIセレクターの一部には『ステレオミニ端子』や『光デジタル用端子(S/PDIF端子やTOSLINK端子とも言う)』を備えているものもあり、そういったものであれば上記製品と同じ機能を備えていますので同様に使うことができます。
 

使い方はシンプルでHDMIケーブルでの接続時、PS3とテレビの間にこの機器を挟んで接続するだけです。あとはこの機器のステレオミニ端子にイヤホンを繋げば簡単にイヤホンでPS3のゲームなどを楽しむことができます。上記製品にはHDMIケーブルは付属していないので別途用意する必要がありますが、この方法であればPS3側での音声出力設定はHDMIのままでOKなのでイヤホンを使いたいときだけ設定を変更するという手間も省けます。
 

筆者は下記写真のような光デジタル端子へ音声出力が可能なHDMIセレクターと、次に説明する光デジタル端子を備えたBluetoothトランスミッターを併用しています。HDMIケーブルで繋げるゲーム機が複数台ある環境でも、利便性&汎用性の高いBluetoothワイヤレスイヤホンを使えるので重宝しています。

ps3 イヤホン

ps3 イヤホン

 

PS3にイヤホンを接続する方法③ 光デジタル端子で音声出力してBluetoothレシーバーで音声信号を送信する

こちらはPS3でどうしてもお気に入りのBluetoothイヤホンを使いたい人や、S端子やD端子セレクタなどPS3とテレビの間にアナログ入出力機器を複数あいだにかましている環境で、クリアに音声を楽しみたい人向けの方法です。

記事冒頭で筆者の勘違いを訂正したようにPS3ではBluetoothイヤホンを接続することはできても、ゲーム音声やPS3に移した動画などの音声を聴くことができませんが、光デジタル(TOSLINK)ケーブルとそれに対応したBluetoothトランスミッター(送信機)を用いれば、ゲーム音楽をクリアな音質で楽しむことができます。ちなみに筆者が使っているのは以下の製品です。

『aptX LL(Low Latency・ローレイテンシー)』という低遅延コーデックによる音声の送信が可能なので、使用しているイヤホンが『aptX LL』に対応していれば、リズムゲームは厳しいかもしれませんがアクションゲームや、FPS程度なら違和感なく遊べるレベルになると思います。
 

筆者は通常のaptXイヤホンを接続して使っておりそれでもSBCなどの通常接続に比べると遅延は少ないので、ゲームに関してはほとんど気になりません。ただリズム系または画面&音声同期型の動画を視聴したときに『音声とのシンクロ具合』に少し違和感を覚えるぐらいです。
 

いわゆる中華製品なのでほぼ同じ形状、同じ仕様のものがAmazonマーケットプレイスで多く販売されていますが、メーカーなどの信頼度を考えるならAnker、TaoTronicsあたりの物を買っておけばもし動かなくても交換対応などスムーズに応じてくれるのでよいでしょう。個人的には以下の製品が度々クーポン発行で3000円を切るのでオススメです。
 

ちなみに筆者がInateckを選んだのはTaoTronicsが以下製品を販売する前で、他のメーカーが同様のコピー商品を売るずっと前からInateckが同じ物を販売してたという実績があったからです。

 
こちらAnker製のものはAmazonの商品ページにはaptXの表記はないようですが搭載している『CSR BC8675』というチップは通常のaptXには対応し、aptX HDに対応したハイレゾイヤホンも使用可能なようですがaptX LLに関しては対応していないようです。

出典:Qualcomm公式、CSR 8675仕様

これらのBluetoothトランスミッターを使えば、お気に入りのBluetoothイヤホンが使え、(aptX・aptX LL対応イヤホンならば)遅延も少なく、光デジタルケーブルなのでノイズも乗りにくく、トイレ中断の際もイヤホンの付け外しの必要が無いので利便性は非常に高いです。

PS3側の設定方法

ps3 イヤホン

設定方法はAVマルチケーブルとほぼ同じで、上記写真AVマルチケーブルの左(左から2番目)の端子に光デジタルケーブルを挿してBluetoothトランスミッターと繋ぎ、『音声設定』の出力先で『光デジタル』を選択するだけです。

ps3 イヤホン

PS3からデジタルで音声が出力されるため、劣化せずにトランスミッターへ送ることができます。まぁよほど質の低いアナログケーブルでない限り、実際に両者を聴き比べてみて差を意識することはまずないと思いますが…ノイズは確かにデジタルオーディオケーブルの方がのりにくいですね。
 
導入するBluetoothトランスミッターにより光デジタル信号の復号の可否が異なるので、音声が出ない場合PS3の設定から光デジタル出力に切り替えた際にでる以下画面にて『Lineer PCM 2 ch 44.1kHz』『Lineer PCM 2 ch 48 kHz』の二つだけにチェックを入れて他のチェックは全て外して再度試してみて下さい。どんな機器でも最低上記二つはサポートされているのでこれで音が出ないようであれば初期不良である可能性があります。Amazonの購入履歴からメッセージを送り完動品と交換してもらいましょう。

ps3 イヤホン

番外編 ps3のUSB端子経由でイヤホンを使うことはできる?

一見こういう製品ならPS3のUSB端子経由でイヤホンが使えそうですが、これレビューにも書かれているとおりPS3のボイスチャット専用でゲーム音声や動画などの音声には対応していないんですよ。似たような製品も同様に対応していないので注意が必要です。製品説明には「Mac PS3でステレオミニプラグ接続のヘッドセットが使える」と書かれていますが「ゲーム音声も聞ける」とは一言も書いてないのでメーカーの宣伝文句もちょっと紛らわしいですよね?
 

という訳でPS3はUSB端子経由ではイヤホンは使えませんので、間違って上記の様な製品を買ってしまわないよう注意して下さい。
 

ps3 イヤホン

まとめ

1番目の方法ではPS3付属の『赤白黄色の端子の付いたAVマルチケーブル』があれば、安い変換アダプタを購入するだけでイヤホンを接続して使うことができます。

2番目のHDMI出力から音声信号を抜き取る方法は、既にHDMIセレクタなどを使用しPS4以外のゲーム機からも音声信号を抜き出してイヤホンへ出力したい場合にも有効です。
 

3番目の光デジタル(TOSLINK)ケーブルとBluetoothトランスミッター(送信機)を使う方法はBluetoothのワイヤレスイヤホンを使いたい場合に有効ですが、PS3とテレビ接続の間にセレクタなどの機器をいくつか間に挟んだり、D端子やS端子などアナログ接続で音声信号にノイズが乗ってしまうような環境でノイズのないクリアな音声を取り出す方法としても有効です。
 

PS3とテレビ(あるいはパソコン用モニター)間の接続環境によっても最適なイヤホンの繋ぎ方は異なるので、「安価に済ませたい」のか「お気に入りの有線またはBluetoothイヤホンを使いたい」のか、目的を明確にすることでどの方法を用いるのかがベストなのかを判断できるでしょう。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧