オーディオインターフェーススピーカーからスピーカーに出力する方法を解説!

目次

オーディオインターフェースにスピーカーを出力

パソコンを使って音楽を作成する事をDTMデスクトップミュージックと言いますが、必ず必要となってくるものの中にオーディオインターフェースがあります。これはパソコンとその音楽機器を繋ぐ役割をするものです。楽器、スピーカー、マイク、ヘッドホンなどをパソコンに直接つなぐのではなくこのオーディオインターフェースに繋ぐことで様々なメリットがあるのでオーディオインターフェースを使う事はDTMにおいて必須の存在です。そのオーディオインターフェースにスピーカーを出力する事は音楽好きならば行いたいものです。しかし単純に繋いでも音が出なかったり、正しく繋げずに音が出てもその中に雑音、小さくピーという耳に響く音、たまに途切れてしまうなど様々な問題が生じてしまう事もあります。故障していたりすると販売元または購入店で修理してもらう必要がありますが、まずは以下で説明するオーディオインターフェースとスピーカーの出力方法を見て試してみて下さい。オーディオインターフェースにスピーカーを出力できれば音楽のより深く楽しい世界を体験する事ができるので、難しい部分があっても是非諦めずにチャレンジして見て下さい。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力しよう!

まずオーディオインターフェースは、音声データを実際に音声にしたり、また音声をデータ化したりすることのできる中間装置です。
しかし初めて触れる方やあまり経験がない方だと混乱してしまう事もよくあると思いますので、簡単に出力方法の基本手順を紹介していきたいと思います。
難しいところもあるかもしれませんが、慣れてしまえば新しいものもすぐわかるようになるので以下の手順でオーディオインターフェースにスピーカーを出力してみましょう。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力手順①

まず、オーディオインターフェースをPCに繋ぎます。PCへの接続は最近はUSBが増えてきたのでUSBでお互いを接続すると簡単に接続できます。また、Firewireでの接続をする場合はPC側も同じく専用のFirewireを差し込む受け口が必要になりますが、備わっている場合はこれでも接続する事ができます。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力手順②

そして次は繋ぎたいスピーカーを確認します。スピーカーはオーディオインターフェースに接続する場合はモニタースピーカーと呼ばれる通常の音楽鑑賞用とは異なるスピーカーを使うことが多いと思います。これは忠実に音を聞くためのスピーカーであったり、より音質の良いスピーカーであったりと音楽を作ったり音などをより細かく聞き分けたい場合は必ず必要なスピーカーとなります。このスピーカーの端子とケーブルを確認し、先がRCA端子であればRCA端子の差し込み口へ、フォーン端子であればフォーン端子の差し込み口へといったようにスピーカーのケーブル・端子に合った差し込み口へ接続します。左右別々となっているスピーカーはモノラルケーブルを使ってスピーカーを繋げるので1-2、3-4といった隣り合った数字の差し込み口へ繋ぐようにして下さい。そして例えば1-2と差し込むのであれば、数字の小さい方の1が白い色の左のケーブル、数字の大きい方の2には赤い色の右のケーブルを差し込むようにして下さい。オーディオインターフェースの差し込み口はアウトプットチャンネルと書いてあるものもあります。また、テレビなどに使われるケーブルと端子を使っても接続ができますが、オーディオインターフェースへ繋ぐのであれば音質と安全を考えてスピーカー用のケーブルを使いましょう。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力手順③

最後にスピーカーから音がでるか確認して見ましょう。無事に音がでれば成功です。
もし、うまくできない場合はオーディオインターフェースによって特殊な操作が必要であったり、特殊な仕様であることもあるので説明書を確認してみて下さい。また、音飛びやノイズなどが多い時は故障ということもあるかも知れないのでメーカーまたは購入店に問い合わせてみるのも良いかも知れません。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力するとどうなる?

オーディオインターフェースにスピーカーを出力する効果①

オーディオインターフェースにスピーカーを出力する事でどうなるかというところですが当然、スピーカーから音を流す事ができるようになります。しかしただパソコンから音が出るというだけではありません。より良い音質の音を出すことができるのが最大の特徴です。音楽を鑑賞するにしても作るにしても、知識や経験が増えるにつれて、また新しい音を聞くにつれてそれでは満足できなくなってきます。そこでオーディオインターフェースを使い、スピーカーを出力する事で音質のレベルが上がり、満足行く音楽の鑑賞、演奏、作成等ができるようにしていきます。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力する必要性

では次になぜオーディオインターフェースにスピーカーを出力するのかというところを説明していきたいと思います。

コード 配線

オーディオインターフェースにスピーカーを出力する必要性①

まず最初に挙げたいのはやりたいことが増えるにつれて、入出力の外部機器が増えてくると思うのですが、そうなると外部機器をパソコンに直接つなぐだけでは入出力の数がパソコンだけでは足りなくなってきます。なのでオーディオインターフェースを使い、更なる外部機器を繋げていく事になると思うのですが、スピーカーもパソコンに直接つなぐよりも音質の改善がみられるのでオーディオインターフェースを使う方が良いので、オーディオインターフェースに出力するようにしましょう。一歩レベルの進んだ事をやりたいと思うようになれば機器も増えるのでオーディオインターフェースは早くから導入するのがおすすめです。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力する必要性②

更に耳も音に対して敏感に、より良いものを聞き分け、作り、選別できるようにするため、オーディオインターフェースにスピーカーを繋いでどんどんより良い音を聞き分けるようにして機器だけでなく自分も成長させるためにパソコンではなく、オーディオインターフェースに出力したスピーカーからの音を聞いていく必要があります。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力するメリット・デメリット

オーディオインターフェースにスピーカーを出力するメリット①

まず一つ目は音質の改善です。音質は自分の音に関する感受性、そして選別する力、さらに聞き分ける力を育てる事ができると同時に、やっぱり音楽を作ったり聞いたりしていて楽しいという利点があります。楽しいという事はそれだけで集中して取り組むことができ、ストレスの軽減や、解消にも大きくつながっていきます。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力するメリット②

二つ目は入出力の数です。パソコンと音楽、このふたつを楽しもうという気持ちが大きくなるにつれ、キーボード等の楽器やマイクといった音楽関係の外部機器が増えてくると思います。そうなると、パソコンに元から備わっている入出力だけではとても足りなくなってくるものです。そうなると入出力の数を増やす為の外部機器は必須となってきます。オーディオインターフェースがあれば音楽の質を上げつつ、入出力の数を増やすことができ、さらにそれらを同時にうまく扱う事ができるようになります。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力するメリット③

そして三つ目はレイテンシーと呼ばれる部分です。レイテンシーとは、音の再生や録音時に起こる遅延の事です。この部分においても、パソコンよりもオーディオインターフェースの方が優れているため、改善する事ができます。スピーカーであれば音楽の再生に関して遅延を改善する事でスムーズな音楽の再生と、画面で同時に見る、同時に録音するといった同時に行う事すべてよりタイミングの合ったストレスのない状態を作る事ができます。

オーディオインターフェースにスピーカーを出力するデメリット

オーディオインターフェースにスピーカーを出力する事はメリットばかりかというと、そうではありません。デメリットも存在します。まず、オーディオインターフェースは安くても6000円ほど、そして高いものは30000円を超えるものまであり、安いものではありません。オーディオインターフェースの中でも安いものを買って、音割れ、音痩せ、ノイズなどがあり後悔してしまったというケースもあるのであまり安いものというわけにも行きません。
相性などもあるので、絶対というものはありませんが、できれば1万円以上のものを購入するようにしましょう。

スタジオ 機材

まとめ

以上、オーディオインターフェースを使ってスピーカーを出力する方法と、そのメリットを説明しましたがうまく接続できたでしょうか?今回紹介したように、オーディオインターフェースを繋げてスピーカーを出力することで素晴らしい音楽ライフに更なる楽しさを見出す事ができると思います。音楽鑑賞が好きな方や、音楽を自分で作ってみたい方など、パソコンを使って音楽を楽しみたい方には是非、オーディオインターフェースを使ってスピーカーを出力し、更に多様な音楽の楽しみ方を広げて見て下さい。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧